現在デフォルトスキンとして「COLORS(ブルー)」を適用中。

PA-API v5に移行する際の注意点。Cocoon 1.9.6.4以降へアップデートする前に。

ショートコード
この記事は約6分で読めます。

Amazonの商品情報を取得APIであるProduct Advertising API (以下PA-API)に新しいバージョンの「PA-API v5」が出ました。

それに伴い、2019年11月30日までにPA-API v5に移行しないと、旧バージョンのPA-APIは使用できなくなるとのアナウンスがありました。

PA-API v5への移行を2019年11月30日までに実施しなかった場合、現在のPA-APIはご利用をいただけなくなります

参用 PA-API v5移行のご案内

Cocoonの「Amazon商品リンクショートコード」機能は、PA-APIを利用しています。

ですのでCocoonで使用している方は、このままだと「Amazon商品リンクショートコード」が利用できなくなります(amazonショートコードを使っても商品情報が表示されなくなります)。

ということで、Cocoon v1.9.7から「Amazon商品リンクショートコード」機能が利用するAPIを、PA-API v5に変更し対応させることにしました。

今後とも、Amazon商品リンク機能を利用する場合は、11月末日までにCocoon v1.9.7以降にアップデートすることを強くおすすめします。

スポンサーリンク

利用者側がしなければならないこと

Cocoonユーザーで、今後とも「Amazon商品リンクショートコード」機能を利用する場合は、以下のことは必ず行ってください。

  1. Cocoon v1.9.6.4以降にアップデート

これは絶対です。これを行わないと、2019年11月30日後は同機能を利用できなくなります。

その他に確認しなければならないこと

その他に確認しなければならないことはこちら。

  • AWSではなくAmazonアソシエイトで取得したAPIキーを利用しているか
  • サーバーの「php.ini設定」の「allow_url_fopen」項目がONになっているか

以下で詳しく説明します。

AWSでPA-APIのキーを取得している場合は再取得&再設定が必要

加えて、AWS(Amazon WEB Services)でPA-APIのアクセスキーとシークレットキーを取得している場合は、Amazonアソシエイトにてキーを再取得する必要があります。

詳細はこちら。

過去にAWSで発行したAWS認証キー(AWSアクセスキー、AWSシークレットキー)をご利用の場合、PA-API v5ではご利用いただけません。 新たに アソシエイト・セントラルのPA-APIページ にて、認証キー(アクセスキー、シークレットアクセスキー)を取得してご利用ください。 アクセスキーを取得するには、アカウントのメインユーザーである必要がありますのでご注意ください。

(中略)

なお、現在すでにアソシエイト・セントラルにて発行したPA-API認証キーをご利用の場合(PA-APIページにアクセスした際に表示されるアクセスキーを利用している場合)は対応は必要ありません

引用 PA-API v5移行ガイド

ということで、過去にPWA(Amazon WEB Services)でAPIキーを入手した方のみ、Amazonアソシエイトの「ツール → Product Advertising API」メニューから新しいアクセスキーとシークレットキーを入手してください。

AmazonアソシエイトのPA-APIメニュー

最初からAmazonアソシエイトでPA-APIキーを入手した場合は、何もする必要がありません。当テーマのヘルプでも、Amazonアソシエイトでの取得方法しか書いていないため、ほとんどの方が変更の必要はないかと思います。

もし、PA-APIキーを変更する必要がある場合は、Cocoon設定「API」タブにある「アクセスキー」と「シークレットキー」をAmazonアソシエイトで取得したのに変更してください。

PA-APIキーの変更

サーバーのPHP.ini設定を確認する

PA-API v5を利用するには、サーバーの「php.ini設定」の「allow_url_fopen」項目が「ON」になっているかを確認してください。

allow_url_fopen=offになっている場合は、Amazon商品リンクに以下のようなエラーメッセージが表示されます。

Amazon商品リンクの503エラーメッセージ

デフォルト設定でallow_url_fopen=offになっているサーバー

現在サーバーデフォルト設定で、「allow_url_fopen」項目が「OFF」になっているサーバはこちら。

エックスサーバー系のレンタルサーバーはOFFになっている可能性が高いと思います。

もし、他にサーバー設定デフォルト状態で「allow_url_fopen=off」になっているサーバーがありましたら、追加するのでフォーラムの方に書き込んでいただければ幸いです。書き込みは登録不要です。

エックスサーバーで「allow_url_fopen=on」にする方法

エックスサーバーで、「php.ini設定」の「allow_url_fopen」項目を「ON」にする場合は、サーバーの管理パネルを開いてください。

メニューの「php.ini設定」を選択してください。

エックスサーバーの「php.ini設定」メニュー

変更するドメインのを選択し、「allow_url_fopen」項目を「ON」にして設定を保存してください。

エックスサーバーで、「php.ini設定」の「allow_url_fopen」項目を「ON」にする

php.ini設定について | レンタルサーバー【エックスサーバー】
レンタルサーバー「エックスサーバー」のご利用マニュアル|PHPプログラムの設定ファイルである「php.ini」をサーバーパネル上で簡単に編集できる「php.ini設定」機能に関するご案内です。

wpX Speedで「allow_url_fopen=on」にする方法

wpX Speedもサーバーパネルを開いて同様に、「php.ini設定」から「allow_url_fopen」項目を「ON」にして設定を保存してください。

wpX SpeedでPHP.ini設定を変更する

php.ini設定 | WordPress専用クラウド型レンタルサーバー【wpX Speed】サポートサイト
PHPプログラムの設定ファイルである「php.ini」を管理パネル上で簡単に編集できる「php.ini設定」機能に関するご案内です。

Cocoon 1.9.7(PA-API v5)に変更することでの主な違い

Cocoon 1.9.7にして旧PA-APIから、PA-API v5に変更することによる主な違いはこちらです。

  1. 商品情報の取得がPA-API v5版を経由する
    少し速くなった?Amazonの負担軽減により?
  2. レビューリンクがPA-API生成のURLではなくなった
    PA-API v5では、AmazonレビューページへのURLを生成しなくなったので、レビューリンクから売上が発生しても、PA-APIの成果にはならない。

大きな違いといったらコレぐらいかなと思います。

レビューリンクというのはこの部分。

Amazon商品リンクのレビューリンク

以前、レビューリンクで使用していたURLは、PA-APIが生成したものだったので、そこから売り上げがあるとPA-APIの売り上げになっていました。

けれど、Cocoon 1.9.7からは、レビューリンクから売上が発生しても、PA-APIの売り上げにはならないのでご注意ください。

詳細はこちら。

Amazon商品情報取得API(PA-API)の仕様変更とCocoonでの対応について
新しいAmazon商品情報取得APIのポリシー変更に関する注意点。
上記の「PA-APIと売上に関する仕様」は従来通りかと思います。

今回の、PA-API v5に関する流れは、以下のトピックを参照してください。

アマゾンの「PA-API v5」に関わるcocoon側で対応すべきことについての質問です
先日「PA-API v5移行のご案内」という記事がリリースされていました。主な変更点として、以下の案内がありました。 これによってCocoon利用者側で対応するのは、バージョンの移行手続きを進めることだと思うんですが、手続きを初めてしまっても大丈夫でしょうか? 2019年11月30日まで現行の仕様が...
ショートコード
スポンサーリンク
わいひら

無料WordPressテーマ、Simplicity、Cocoonを作成。当サイトと寝ログを運営しています。

わいひらをフォローする
わいひらをフォローする
おすすめレンタルサーバー

性能も兼ね備えながら安くブログ運営を開始したいのであればここ1択。

◎LiteSpeedを用いた高速サーバー(完全SSD)
◎http/2・QUIC(高速化プロトコル)に対応
◎東京・大阪でリージョン選択が可能
◎プランのアップ・ダウングレードが自由自在
◎同サービス内でドメイン管理が可能
◎転送量が多い
◎毎日無料バックアップ(14日分)
◎復元ポイントを指定して復旧可能(無料)
◎アダルト・出会い系サイト可
◎ドメインとサーバー代のチャージ払いが可能
○サーバ引っ越しオプションあり(有料)
サービス運営期間:1年3ヶ月

1年以上の契約をする場合は、クーポンコード入力でさらに10%割引(※2019/12/31まで)。

クーポンコード:PK4JK4RJ

クーポンの使用方法はこちら

安定感抜群のサーバーです。あまり急激なアクセス変動がないアフィリエイトサイトに向いています。

◎nginxを用いた高速サーバー(完全SSD)
◎老舗サーバーなので安定感抜群
◎ディスク容量が多い
◎転送量が多い
◎同サービス内でドメイン管理が可能
○http/2(高速化プロトコル)に対応
○毎日無料バックアップ(14日分)
△DBは7日分だけ無料復旧可能(ファイルは有料)
×プラン変更でCPUのスペックアップができない
×プラン変更しても即時反映されない
×アダルト・出会い系サイト不可
サービス運営期間:16年

とにかく速い。サイトに表示スピードを求めるならココ。

◎nginxを用いた高速サーバー(完全SSD)
◎プランのアップ・ダウングレードが自由自在
◎ディスク容量が多い
◎転送量が多い
○http/2(高速化プロトコル)に対応
○毎日無料バックアップ(14日分)
○DB復旧は無料(ファイルは有料)
○サーバ引っ越しツールあり
○サーバー料金をチャージ払いが可能
△新しいサービスなので運営櫪がまだ短い
サービス運営期間:1年1ヶ月

プラン変更で負荷対策が行えるので、ブログ向きのレンタルサーバーです。

◎LiteSpeedを用いた高速サーバー(完全SSD)
◎http/2・QUIC(高速化プロトコル)に対応
◎プランのアップ・ダウングレードが自由自在
◎転送量が多い
◎毎日無料バックアップ(14日分)
◎復元ポイントを指定して復旧可能(無料)
◎アダルト・出会い系サイト可
○サーバ引っ越しオプションあり(有料)
○サーバー料金をチャージ払いが可能
サービス運営期間:3年

格安な値段で始められる高機能サーバーです。
性能も備えつつ最安ならここ。
サイトを続けるうちにアクセスが増えれば、プランのアップグレートで対応可能です。

◎LiteSpeedを用いた高速サーバー(完全SSD)
◎激安プランが用意してある
◎値段あたりのスペックが高い(コスパ良し)
◎サーバ引っ越しオプションあり(無料)
◎アダルト・出会い系サイト可
○http/2(高速化プロトコル)に対応
△プランのアップは可能だがダウンは不可
△毎日自動バックアップ(1日分)
△前日のバックアップからのみ復元できる(無料)
サービス運営期間:3年

Cocoon

コメント テーマの質問はフォーラムへ

  1. koko より:

    はじめまして、ワードプレス初心者です。
    最近こちらのテーマを使用しています。
    更新ボタンに更新情報が反映されません。
    現在親v1.9.6.4 、子v1.0.8になっています。
    現在は子テーマを設定して使用しています。
    v1.9.7のバージョンアップ手順を教えてください。
    Xサーバ使用しています。
    よろしくお願いします(≧∀≦)

  2. koko より:

    わいひら様

    うまくアップデートできました。
    あともう3点教えてください。

    1,お問い合わせホームの下にページ送りナビが表示されてしまいます。
    ページ送りナビを非表示にすると全部非表示されてしまいます。
    フッターの部分だけ非表示にすることはできますか?

    2,トップに人気投稿記事を表示したいのですが、
    設定方法がわかりません><
    アドバイスお願いします。

    3下に小さくあるタブ?カテゴリなどを記事タイトルの上に設定したいです。
    こちらもアドバイスお願いします。

    お忙しいかとは思いますがよろしくお願いします( ; ; )

    • わいひらわいひら より:

      恐れ入りますがコメントの案内にもあるように、できればテーマへの質問はフォーラムにしていただければと思います。
      https://wp-cocoon.com/community/
      フォーラムだと、画像がアップできて説明も楽なので。

      また、フォーラムにトピックを立てる場合は、1つの質問につき1つのトピックを立てていただければと思います。

      お手数でではありますが、そうしていただくと負担軽減にもなるため、よろしくお願いいたします

タイトルとURLをコピーしました