現在デフォルトスキンとして「Bizarre-food(ブルーカレー) 」適用中。近日同梱予定。

テーマのダウンロード

この記事は約4分で読めます。

Cocoonを利用する際は利用規約に同意した上でご利用ください。

Cocoonの利用規約
100%GPL WordpressテーマCocoonの利用規約です。
不具合がありましたらフォーラムにご連絡ください。
スポンサーリンク

親テーマのダウンロード

親テーマのダウンロードはこちら。

“Cocoonテーマ” をダウンロード cocoon-master-1.8.3.zip – 293546 回のダウンロード – 3 MB

必ずPHP7以上でご利用ください。

インストールエラーが出る際には

上記ファイルでインストールするとサーバによっては以下のようなエラーメッセージが出ます。

アップロードしたファイルは php.ini で定義された upload_max_filesize を超過しています

その際には以下のファイルでインストール後しばらくして、自動更新から最新版にアップデートしてください。

“Cocoon 低サイズ版(要自動アップデート)” をダウンロード cocoon-master-1.6.1.1.zip – 3184 回のダウンロード – 2 MB

子テーマのダウンロード

子テーマのダウンロードはこちら。

“Cocoon子テーマ” をダウンロード cocoon-child-master-1.0.8.zip – 88853 回のダウンロード – 78 KB

動作確認サーバー

問題なく動作しているサーバー。

非推奨サーバー

  • エックスドメイン:(WordPress5.0以降に対応していないとの報告。高速化でブラウザキャッシュを有効にすると500エラーが出る。エックスドメインは無料サーバーのため自動的に広告が挿入されます。それが原因と思われる)

推奨環境

Cocoonの推奨環境はこちら。

  • WordPress4.7以上
  • PHP7以上(5.6でも動作するとは思います)
  • Google Chrome
  • Firefox
  • Microsoft Edge
  • Internet Explorer 11以上
  • Safari

インストール

テーマおすすめのインストール方法はこちら。

Cocoonテーマをインストールする方法
WordPressにCocoon親テーマと子テーマをインストールして利用するおすすめのインストール方法です。

自動アップデートの方法

自動アップデートを行うにはWordPress管理画面の「ダッシュボード→更新」メニューを選択してください。

ダッシュボードの更新ボタンを選択

テーマ選択画面で「Cocoon」を選択し更新ボタンを押してください。

更新画面からCocoonテーマを更新する

FTPによるアップデート

FTPソフトを用いたアップデートの方法はこちら。

CocoonテーマをFTPでアップデートする方法
CocoonをFTPの定番ソフト「FFFTP」でアップデートする方法です。

ブロックエディターを使う際は

Cocoon1.6.4以降Cocoon Blocksはテーマ内に組み込まれました。

テーマをインストールするとCocoon用のブロックも利用できます。記事作成時の装飾が楽になります。

対応状況はこちら。

Cocoon Blocksの現在の対応状況
Cocoon Blocksが対応している旧ビジュアルエディタースタイルを紹介しています。

過去バージョン

もし、Cocoonに不具合があったとして、過去のバージョンに戻す際は、以下のページからダウンロードしてください。

yhira/cocoon
100%GPLの無料Wordpressテーマです。. Contribute to yhira/cocoon development by creating an account on GitHub.

過去バージョンに戻す方法

目当てのバージョンのzipファイルをダウンロードしてください。

ダウンロードしたzipファイルは展開(解凍)してください。すると、「cocoon-X.X.X」形式のフォルダが作成されます。

このフォルダ名を「cocoon-master」に変更してください。

あとはこのフォルダを「/wp-content/themes」ディレクトリにアップして「cocoon-master」を上書きアップロードしてください。

ダウンロードした「cocoon-X.X.X」の中身を全て「/wp-content/themes/cocoon-master」ディレクトリに上書きアップロードしてもOKです。

FFFTPによるアップロードの設定方法はこちらを参照してください。

CocoonテーマをFTPでアップデートする方法
CocoonをFTPの定番ソフト「FFFTP」でアップデートする方法です。

ただし、バージョンを戻す際は、アップデートの際に「上書き」を選択し「以降全て」ボタンを押してください。

以降全て上書きでアップロードする

関連ファイル

関連ファイルのダウンロードはこちら。

Cocoonロゴ・素材
Cocoonのロゴやアイキャッチ素材です。商用利用以外であれば自由にご利用ください。
吹き出し用イラストのダウンロード
吹き出しアイコン用のイラストダウンロードページです。
背景画像のダウンロード
サイトの印象変更、スキン素材としても便利な背景画像素材のダウンロードページです。比較的小さめの画像もあります。
スポンサーリンク
おすすめレンタルサーバー

プラン変更で負荷対策が行えるので、ブログ向きのレンタルサーバーです。

◎LiteSpeedを用いた高速サーバー(完全SSD)
◎http/2・QUIC(高速化プロトコル)に対応
◎プランのアップ・ダウングレードが自由自在
◎転送量が多い
◎毎日無料バックアップ(14日分)
◎復元ポイントを指定して復旧可能(無料)
◎アダルト・出会い系サイト可
○サーバ引っ越しオプションあり(有料)
○サーバー料金をチャージ払いが可能
サービス運営期間:2年10ヶ月

性能も兼ね備えながら安くブログ運営を開始したいのであればここ1択。

◎LiteSpeedを用いた高速サーバー(完全SSD)
◎http/2・QUIC(高速化プロトコル)に対応
◎東京・大阪でリージョン選択が可能
◎プランのアップ・ダウングレードが自由自在
◎同サービス内でドメイン管理が可能
◎転送量が多い
◎毎日無料バックアップ(14日分)
◎復元ポイントを指定して復旧可能(無料)
◎アダルト・出会い系サイト可
◎ドメインとサーバー代のチャージ払いが可能
○サーバ引っ越しオプションあり(有料)
△新しいサービスなので運営櫪がまだ短い
サービス運営期間:10ヶ月

安定感抜群のサーバーです。あまり急激なアクセス変動がないアフィリエイトサイトに向いています。

◎nginxを用いた高速サーバー(完全SSD)
◎老舗サーバーなので安定感抜群
◎ディスク容量が多い
◎転送量が多い
◎同サービス内でドメイン管理が可能
○http/2(高速化プロトコル)に対応
○毎日無料バックアップ(14日分)
△DBは7日分だけ無料復旧可能(ファイルは有料)
×プラン変更でCPUのスペックアップができない
×プラン変更しても即時反映されない
×アダルト・出会い系サイト不可
サービス運営期間:15年

とにかく速い。サイトに表示スピードを求めるならココ。

◎nginxを用いた高速サーバー(完全SSD)
◎プランのアップ・ダウングレードが自由自在
◎ディスク容量が多い
◎転送量が多い
○http/2(高速化プロトコル)に対応
○毎日無料バックアップ(14日分)
○DB復旧は無料(ファイルは有料)
○サーバ引っ越しツールあり
○サーバー料金をチャージ払いが可能
△新しいサービスなので運営櫪がまだ短い
サービス運営期間:8ヶ月

格安な値段で始められる高機能サーバーです。
性能も備えつつ最安ならここ。
サイトを続けるうちにアクセスが増えれば、プランのアップグレートで対応可能です。

◎LiteSpeedを用いた高速サーバー(完全SSD)
◎激安プランが用意してある
◎値段あたりのスペックが高い(コスパ良し)
◎サーバ引っ越しオプションあり(無料)
◎アダルト・出会い系サイト可
○http/2(高速化プロトコル)に対応
△プランのアップは可能だがダウンは不可
△毎日自動バックアップ(1日分)
△前日のバックアップからのみ復元できる(無料)
サービス運営期間:3年

わいひらをフォローする
Cocoon
タイトルとURLをコピーしました