シンプルなWordPressテーマ

Cocoonは、SEO・高速化・モバイルフレンドリーに最適化した無料テーマです。
見た目はシンプルですが、初めての方でも感覚的に使えるように
便利な機能を織り込んで作りました。
100%GPLテーマなので自由にご利用いただけます。

ダウンロードページはこちら。

ダウンロード

Amazon商品リンクの初期設定方法と使い方

ショートコード

Cocoonでは、Amazon.co.jp Product Advertising APIから商品情報を取得して、商品リンクを手軽に作成出来るようになっています。

例えばこんな感じの商品リンクです。

もちろんAMPページにも対応しています。

ただ、これを利用するにはAPIの認証キーや、各種アフィリエイトIDを登録する必要があります。以下では、その設定方法を説明します。

加えて、商品リンクを作成するためのASIN(Amazonの商品ID)の取得方法も説明します。

スポンサーリンク

事前準備

以下では、Amazon商品リンクを利用するために必要となる準備設定を説明します。

Amazon APIの認証キーの取得

AmazonアソシエイトからAPIの「アクセスキー」と「シークレットキー」を取得して設定します。

Amazon APIのアクセスキーとシークレットキーを取得する方法
Amazon商品紹介リンク用の認証機能を取得&登録方法です。Amazonアソシエイトからアクセスキーとシークレットキーを作成登録する方法です。
商品リンク機能を使う上で必須情報です。

AmazonアソシエイトのトラッキングIDの取得

もう1つ、Amazonアソシエイトからリンクと商品を紐付けるためのトラッキングIDを取得して設定します。

AmazonアソシエイトのトラッキングIDを入手する方法
AmazonアソシエイトからトラッキングIDを取得して、Cocoonの商品紹介リンクで利用するために設定する方法です。
商品リンク機能を使う上で必須情報です。

楽天アフィリエイトID

楽天の商品検索リンクを表示するのであれば、楽天アフィリエイトIDを取得し設定する必要があります。

楽天アフィリエイトIDの取得方法
楽天ウェブサービスからアフィリエイトIDを取得して設定登録する方法です。

Yahoo!ショッピングのID

Yahoo!ショッピングの検索リンクを表示するには、バリューコマースでYahoo!ショッピングと提携し、sidとpidを取得し設定する必要があります。

バリューコマースでYahoo!ショッピングのsidとpidを取得する方法
バリューコマースでYahoo!ショッピングと提携しsidとpidを取得し設定登録する方法です。

テーマ設定

各種IDを入手したら「Cocoon設定」の「API」タブに入力する必要があります。

テーマ設定のAPIタブ

ショートコードの利用の主な流れ

ショートコード利用する主な手順はこちらになります。

  1. AmazonでASIN(商品ID)の取得
  2. ショートコードにASINを記入
  3. ショートコードにキーワードを記入

手順で言えば、このたった3手順。検索ボタンを表示する必要がなければ、2手順でできます。

以下ではショートコードの利用方法を詳しく説明します。

AmazonでASINの取得

まずは、Amazonから普通に検索して商品紹介ページを開きます。

Amazonの検索フォームから商品を検索する

商品紹介ページを開いたら、そこからASINを取得できます。

ASINとはAmazonの商品IDみたいなものです。一つの商品に対して一意となるASINが割り振られています。

一般的な商品の例

例えば、ルンバを例にします。

ページを開くと中ほどに「登録情報」があると思うので、そこから「ASIN」のID部分を取得します。

ルンバ980のASIN

ショートコード例

[amazon asin="B0162EAZBQ" kw="iRobot ルンバ"]
kwオプションには、商品検索ボタン用のキーワードを入力します。詳しくは後述します。

一般書籍(電子書籍以外)の例

電子書籍ではない一般的な書籍(いわゆる紙の本)を例にします。

ページを開くと中ほどに「登録情報」があると思うので、そこから「ISBN-10」のID部分を取得します。

WordPressの教科書のISBN

ショートコード例

[amazon asin="4797395168" kw="WordPressの教科書"]
一般的な書籍(紙の本)の場合は、AmazonではIDとしてISBN(国際標準図書番号)を利用しています。

電子書籍(Kindle版)の例

電子書籍の場合は普通にASIN入力になります。

Kindle版WordPressの教科書のASIN

ショートコード例

[amazon asin="B079JJZXKV" kw="WordPressの教科書" rakuten=0 yahoo=0]

登録情報がない商品

例えば、Kindle端末のような特別ページには、「登録情報」が掲載しない場合があります。

その際は、ページのURLを見てみてください。

Kindle Paperwhite商品ページのURL

よくURLを見てみると、ASINっぽい10桁の英数字があるので、それを取得します。

URLからASINの取得

慣れると「登録情報」を探すより、URLから取得した方が早いです。

ショートコード例

[amazon asin="B00QJDOM6U" kw="Kindle Paperwhite" rakuten=0 yahoo=0]

ショートコードにASINを記入

Amazonにて、ASIN(ISBN)を取得したら、次はショートコードを書き込みます。

Amazon商品リンクショートコードを利用するには、ビジュアルエディターにある「ショートコード」ドロップダウンから選択すると少し入力の手間が省けるかと思います。

ビジュアルエディターからショートコードの入力

デフォルトで以下のように記入されます。

デフォルトのAmazonリンクショートコード

こちらのASINの値に先程取得したASINを記入(コピペ)します。

ショートコードにASINを入力

あらかじめビジュアルエディターにASINを記述し、ドロップダウンメニューでショートコードを選択することでも同様のことを行うことができます。

ショートコードにキーワードを記入

あとは、商品検索ボタン用のキーワードをkw(Key Word)オプションに書き込みます。

Amazonショートコードに検索キーワードを入力

kwオプションに書き込んだ値によって、以下のような検索ボタンが作成され、キーワードによって通販サイトで検索されます。

商品リンクの検索ボタン表示例

キーワードはスペースで区切ることによって複合キーワードで検索することも可能です。

ショートコードオプション

Amazonショートコードの使用例や、オプション設定方法はこちらを参照してください。

Amazon商品リンクショートコードの使い方。サンプルコード満載で解説。
Amazon商品リンク作成ショートコードの使い方を、出来る限り優しく説明しています。便利なオプションもあるので、欲しい見た目をある程度手に入れることができます。

ブックマークレットでクリック一発で作成しよう

naenote.netを運営されているNAEさんが作成されたブックマークレットを利用すると、Amazon商品ページからクリック一発でショートコードを生成出来ます。

わいひら
わいひら

これマジ便利。

ドラッグ&ドロップで手軽に登録する方法と使い方はこちら。

Amazon商品リンクブックマークレットの使い方
Amazon商品リンクショートコードを手軽に作成するための「Amazonリンク作成ブックマークレット」の登録方法と、使い方の解説です。

NAEさんが作成された本家。詳細はこちら。

CocoonのAmazon商品リンクショートコードをボタン一発で作成するブックマークレットを作った
CocoonのAmazon商品紹介用ショートコードを自動作成するブックマークレットを作りました。カエレバやヨメレバのかわりにCocoonの機能を使う人は便利かと思います。

注意点

Product Advertising API (PA-API) の利用ガイドラインにもあるように、APIにはリクエスト制限があります。

◆[リクエスト数の上限] = 1 + [ (過去30日間の配送済み商品売上実績/460,000円)の小数点以下を四捨五入した数 ]

簡単に説明すると、全く売上のないサイトであれば、1秒あたりに1リクエスト。

過去30日間に414万円以上の売上があるサイトは最大の1秒あたり10リクエスト(最大値)まで利用できます。

ですので、始めたてのサイトであればあるほど「リクエスト制限」がかかってしまいます。

そういう場合は、以下のように商品リンクにエラーメッセージが表示されるかもしれません。

You are submitting requests too quickly. Please retry your requests at a slower rate.

けれどもそういう場合でも、慌てず時間を置いてリロードすれば表示されます。適切に商品リンクが表示されれば、キャッシュが生成されるので、その後キャッシュ期限(デフォルトで約2ヶ月)まで商品リンクは表示されます。

キャッシュ期限が切れた場合は、再び商品リンクが生成されるので、商品名変更などに自動的に対応できます。

キャッシュの詳細はこちら。

Amazon商品リンクキャッシュを削除する方法
Amazon商品リンクのキャッシュ削除機能の使い方。加えて、Cocoonテーマの商品リンクキャッシュ体制の説明です。

追記:ガイドラインのレスポンス制限の改定

2018年7月28日のガイドライン改定で以下の一文が追加されました。

Product Advertising APIへのアクセスのために使用される各アカウントは、標準で最小限1秒間あたり1リクエストまでの利用が認められます。しかしながら、利用開始以降、APIから取得したURL経由での売上がまったく無い場合、30日ごとに1日あたりのリクエスト数上限を0.1ずつ減少させます。最終的に1日あたりのリクエスト数制限は0.1(8640リクエスト/日)まで減少することになります。

簡単に言うと、全く売上のない状態が何ヶ月も続くと、1秒あたり0.1リクエストまで下がります。

つまり10秒あたり1リクエストまで減らされてしまいます。

ただ、1つでも売り上げがあればデフォルト状態(1秒あたり1リクエスト)に戻るので、あまり気にする必要はないかと思います。

Cocoonの商品リンク機能で出力している商品名とサムネイルリンクのURLは、「APIから取得したURL」になっています。検索ボタン部分は違います。
おそらく、複数アカウント取得して無駄にAPIを利用しているアカウント対策かと思われます。

まとめ

こんな感じで、Amazonの商品紹介リンクを結構簡単に作成できます。

加えて、CocoonのAMP機能にも対応しているので、表示が崩れません。

とりあえずはまず、ショートコード機能でのみの実装です。

管理画面でAmazon検索からショートコード作成機能の実装も考えていたのですが、慣れるとショートコードで入力した方が早いので、必要ないようにも思ったり。

現在自分の中でも審議中。

検索機能をつけると、多少利便性は上がるかもしれないけど結構な労力が必要という理由もあります。要は実装が面倒なわりに、個人的にそこまで欲しい機能ではないというか。検索機能は、Amazonサイトで行った方が精度が高いし、あわせ買いなども見れて情報豊富なので。
ショートコードAmazon商品リンク
スポンサーリンク
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
わいひら

無料WordPressテーマ、Simplicity、Cocoonを作成。当サイトと寝ログを運営しています。

わいひらをフォローする
わいひらをフォローする
おすすめレンタルサーバー
mixhost

プラン変更で負荷対策が行えるので、ブログ向きのレンタルサーバーです。

◎LiteSpeedを用いた高速サーバー(完全SSD)
◎http/2・QUIC(高速化プロトコル)に対応
◎プランのアップ・ダウングレードが自由自在
◎転送量が多い
◎毎日無料バックアップ(14日分)
◎復元ポイントを指定して復旧可能(無料)
○サーバ引っ越しオプションあり(有料)
〇アダルト・出会い系サイト可
△安定性にやや欠ける

安定感抜群のサーバーです。あまり急激なアクセス変動がないアフィリエイトサイトに向いています。

◎nginxを用いた高速サーバー(完全SSD)
◎老舗サーバーなので安定感抜群
◎ディスク容量が多い
◎転送量が多い
◎同サービス内でドメイン管理が可能
○http/2(高速化プロトコル)に対応
○毎日無料バックアップ(14日分)
△DBは7日分だけ無料復旧可能(ファイルは有料)
×プラン変更でCPUのスペックアップができない
×プラン変更しても即時反映されない
×アダルト・出会い系サイト不可

性能も兼ね備えながら安くブログ運営を開始したいのであればここ1択。

◎LiteSpeedを用いた高速サーバー(完全SSD)
◎http/2・QUIC(高速化プロトコル)に対応
◎東京・大阪でリージョン選択が可能
◎プランのアップ・ダウングレードが自由自在
◎同サービス内でドメイン管理が可能
◎転送量が多い
◎毎日無料バックアップ(14日分)
◎復元ポイントを指定して復旧可能(無料)
○サーバ引っ越しオプションあり(有料)
△アダルト・出会い系サイト可(条件あり)
△開始したてなので運営能力は未知数(対応良)

格安な値段で始められる高機能サーバーです。
性能も備えつつ最安ならここ。
サイトを続けるうちにアクセスが増えれば、プランのアップグレートで対応可能です。

◎LiteSpeedを用いた高速サーバー(完全SSD)
◎激安プランが用意してある
◎値段あたりのスペックが高い(コスパ良し)
◎サーバ引っ越しオプションあり(無料)
○http/2(高速化プロトコル)に対応
〇アダルト・出会い系サイト可
△プランのアップは可能だがダウンは不可
△毎日自動バックアップ(1日分)
△前日のバックアップからのみ復元できる(無料)

Cocoon

コメント

  1. 商品リンクは大変素晴らしい機能で、無駄をそぎ落とした実装でありながら十分な使い心地を実現されているので、使うたびに感心しております。

    さて、今回はこの商品リンクのCSS設定に個人的に思うことがあったので言及します。
    PC画面での表示は完璧で、これ以上の改善の余地がないほどの完成度です。

    一方でスマホ(画面サイズが768px以下)では(タイトル、スニペット、業者名)のテキストが中心位置に設定されており、画面の横幅サイズによっては非常に不自然な表示となる場合があります。

    product-item-title
    product-item-snippet
    product-item-maker

    個人的な好みの問題だとは思いますで、私はCSSで自分好みに修正していますが、やっぱり商品タイトルが中央寄りな表記に違和感を覚えたのでこちらで共有させていただきました。

  2. これはんろと より:

    あと
    「Yahoo」ボタンだけ大きいのが
    気になるなー

    #知らんけど

    • わいひら わいひら より:

      それは今もどうしようか悩んでいます。
      無理やりにでも3列表示にしたほうが良いのだろうか。
      そうするとまた別の表示崩れの可能性が出てきたりするので。

  3. どろん より:

    3列表示より
    たて1列の方がいいなー

    #わからんけど

    • わいひら わいひら より:

      元々1列だったのですが、要望により変更した部分があります。
      なので人それぞれなのだと思います。
      「わからない」と書かれていることもありますし、根拠的なものも書かれていないので、とりあえずはそのままいこうかと思います。
      やろうと思えばCSSで簡単に変更もできますし。

  4. oomoto より:

    商品リンクボタンについて

    ・縦1列にするカスタマイズ
    ・商品名・価格等のカスタマイズ

    は、ボクのブログにあげているモノを参考にするとできると思いますよ

    https://wvtravelclub.jp/button3/