シンプルなWordPressテーマ

Cocoonは、SEO・高速化・モバイルフレンドリーに最適化した無料テーマです。
見た目はシンプルですが、初めての方でも感覚的に使えるように
便利な機能を織り込んで作りました。
100%GPLテーマなので自由にご利用いただけます。

ダウンロードページはこちら。

ダウンロード

エックスサーバーでサイトの始め方。WordPressでブログ運営。

サーバー設定

レンタルサーバーのエックスサーバーでWordPressサイトを始める手順を詳細に説明したいと思います。

スポンサーリンク

エックスサーバーに登録

エックスサーバーにアクセスして、「申し込み」ボタンを押してください。

レンタルサーバー 高速・高機能・高安定性の【エックスサーバー】

「サーバー新規お申込み」ボタンを押してください。

XSERVER申し込みフォーム

「契約内容」を入力します「サーバID」と「プラン」を入力してください。

エックスサーバーの申し込みフォームから契約内容を入力する

  • サーバID:3文字以上12文字以内の半角英数字を入力
  • プラン:サイトを始めるのであればx10(スタンダード)プランで十分

「会員情報」で住所氏名、電話番号を入力してください。

XSERVERで会員情報の入力

「利用規約の同意」にチェックを入れて「お申し込み内容の確認」ボタンを押してください。

規約に同意して申し込み内容の確認

確認画面が表示されるので内容に問題がなければ「お申し込みをする」ボタンを押してください。

XSERVER登録フォームの入力内容の確認画面

すると、登録時に入力したメールアドレスに「アカウント情報」が記載されたメールが届きます。

そのメールの中に記載されている「インフォパネル」のURLをクリックして開きます。

エックスサーバーのインフォパネルリンクをクリック

メールに書かれている「アカウント情報」を元にログインしてください。

エックスサーバーのインフォパネルにログインする

料金を支払う

インフォパネルが表示されるので「料金のお支払い」メニューを選択します。

インフォパネル管理画面から料金の支払メニューを選択

「契約一覧」の中から取得したサーバーを選択し「お支払い方法を選択する」ボタンを押して支払い手続きを行ってください。

サーバーを選択して支払いを

「更新期間」は、長ければ長いほどサーバー使用料が安くなります。

「X10(スタンダードプラン)」だと、「ひと月あたりの利用料が1200円(3ヶ月)~900円(36ヶ月)」と変わってきます。

契約更新時のお支払い料金

わいひら
わいひら

ちなみに僕は更新期間を12が月で始めました。

利用料金を支払う

「料金のお支払い」画面に移動すると、以下のように必要な金額が表示されます。

料金の支払い画面

支払方法は、以下の中から選択できます。

  • 銀行振り込み
  • クレジットカード
  • コンビニ払い
  • ペイジー

この中で最も手軽なのは、「クレジットカード払い」です。クレジットカードを利用すると、更新期限が来ると自動的に支払いが済まされるので、余計な手間がかからずおすすめです。

クレジットカードで利用料を支払う場合は、「クレジットカード決済画面へ進む」ボタンを押してください。

エックスサーバーの料金をクレジットカードで支払う

「クレジットカードでのお支払い」画面にて、クレジットカード情報を入力し「カードでのお支払い」ボタンを押して支払い手続きを行ってください。

クレジットカードの支払い画面

これで、料金が支払いは完了です。

わいひら
わいひら

すぐに入金したとしたも、10日分の無料体験期間は無くなるわけではなく消化されます。

独自ドメインの取得

Wordpressでサイトを始めるなら、必ず独自ドメインを取得することをおすすめします。

ドメインというのは、当サイトで言えば「wp-cocoon.com」という、言わばWEB上の住所のようなものです。

このドメインに対してサイトの評価が集まります。ドメイン再取得してサーバーを変えたとしても評価をそのまま引き継ぐことが可能です。

僕としては、ムームードメインが使いやすくておすすめしています。

ムームードメインでのドメインの取得方法は以下を参照してください。

ムームードメインで独自ドメインを取得する方法
ムームードメインを利用して独自ドメインを取得する方法の説明です。

ネームサーバーの登録

まずは、ムームードメインの管理画面に入ります。

ムームードメインにログインしたら、「ドメイン操作」の「ネームサーバー設定変更」から、対象ドメインの「ネームサーバー設定変更」ボタンを押してください。

ネームサーバーの設定変更ボタンを押す

「ネームサーバー設定変更」画面が表示されたら、「GMOペパボ以外 のネームサーバを使用する」のネームサーバを以下のように変更してください。

ムームードメインでエックスサーバーのネームサーバ設定

  1. ネームサーバー 1: ns1.xserver.jp
  2. ネームサーバー 2: ns2.xserver.jp
  3. ネームサーバー 3: ns3.xserver.jp
  4. ネームサーバー 4: ns4.xserver.jp
  5. ネームサーバー 5: ns5.xserver.jp
利用中のドメインサービスでネームサーバーを変更すれば、数時間~72時間程度で徐々にサーバーにアクセスが流れてきます。

ネームサーバーの設定を終えたら「ネームサーバー設定変更」ボタン押して変更を確定させてください。

ネームサーバーの設定変更ボタンを押す

あとは、ネームサーバーの変更が浸透するまでただ待つだけです。

サーバーにドメインを反映させる

次に冒頭で取得した独自ドメインをエックスサーバーに反映させます。

次に、取得したドメインをおサーバーに反映させます。

インフォパネルにログイン後、対象サーバーパネルへの「ログイン」ボタンを押してください。

サーバーパネルのログインボタンを押す

すると、以下のようなサーバーパネル(サーバーの設定を変更する画面)が表示されるので、メニューの中から「ドメイン設定」を選択してください。

XSERVER管理画面から「ドメイン設定」メニューを開く

すると「ドメイン設定」画面が表示されるので、「ドメインの追加設定」タブをクリックし、「取得したドメイン」を入力、最後に「ドメインの追加(確認)」ボタンを押してください。

XSERVERでドメインの追加設定を行う

「ドメインの追加(確認)」ボタンを押すと、以下のような確認画面が表示されるので、内容に誤りがなければ「ドメインの追加(確定)」ボタンを押してください。

ドメインの追加を確認する

ドメイン設定後は、以下のように設定情報が表示されます。

ドメイン登録後の確認画面

わいひら
わいひら

ドメインの追加後、サーバーに設定が反映されるまで数時間~24時間程度かかる場合があります。

直ぐには反映されないので、その間に、WordPressのインストールをしておきます。

WordPressをインストール

WordPressをインストールするには、サーバーパネルから「自動インストール」メニューを選択します。

サーバーパネルから自動インストールメニューを選択

「自動インストール」画面が表示されるので、「プログラムのインストール」タブを選択後、WordPressの「インストール設定」ボタンを押します。

プログラムのインストールタブを選択してインストール設定ボタンを押す

以下のように、WordPressの設定情報を入力します。

WordPress設定情報を入力

手順の詳細は以下。

  1. 登録したドメインを選択する
  2. インストールフォルダの設定(基本的に空白でOK)
  3. ブログの名前を変更する(後から変更可)
  4. ログインユーザー名を入力(半角英数字)
  5. ログインパスワードを入力(半角英数字)(後から変更可)
  6. メールアドレスを入力(お知らせやコメントを入力通知に利用)(後から変更可)
  7. 自動でデータベースを生成にチェック
  8. 設定に問題がなければ「インストール(確認)」ボタンを押す

「インストール」ボタンを押すと、以下のような「設定確認画面」が表示されるので、設定に誤りがなければ「インストール(確定)」ボタンを押してください。

WordPressインストールの確認画面

WordPressインストールが完了すると、以下のような設定情報が表示されます。

WordPressのインストール情報

わいひら
わいひら

この情報はWordPress管理画面へのログインや編集に必要な情報になるので、必ずメモするなどして、控えておいてください。

WordPressへのログイン

設定情報の中に、WordPressへのログインURLが含まれているのでクリックします。

WordPressログインURLをクリック

すると、ログイン画面が表示されるので、「ユーザー名」と「パスワード」を入力してログインしてください。

ログイン画面でユーザー名とパスワードを入力

ログインが完了したら以下のような管理画面が表示されます。

WordPress管理画面

サーバーにドメイン設定をしてから24時間以上経過していないと、エラー画面が表示される可能性があるのでご注意ください。そういった場合は、しばらく時間を空けた後ログインしてください。

テーマのインストール

まずはCocoonのダウンロードページに移動してください。

テーマのダウンロード
Wordpressテーマ「Cocoon」の親テーマと子テーマのダウンロードページです。

「Cocoon親テーマ」と「Cocoon子テーマ」を両方ともダウンロードしてください。

Cocoonから親テーマと子テーマをダウンロード

子テーマは必須ではありませんが、双方ダウンロードしてインストールすることを強くおすすめします。

Cocoon親テーマ・子テーマダウンロードファイル

親テーマのみインストールした場合は、テーマのアップデート時にCSSやテンプレートカスタマイズがリセットされてしまいます。子テーマをインストールすることで、テーマカスタマイズを保持したままアップデートができます。CSSやテンプレートをカスタマイズしない場合でも、子テーマを利用することをおすすめします。

次にWordpress管理画面メニューから「テーマ」を選択します。

「外観→テーマ」メニューを選択

「新規追加」ボタンを押します。

Wordpressテーマの新規追加ボタンを押す

「テーマのアップロード」ボタンを押します。

Wordpressテーマをアップロードボタン

「参照」ボタンから親テーマ「cocoon-master.zip」を選択して「今すぐインストール」ボタンを押してください。

Cocoon親テーマをアップロードしてインストール

親テーマをインストールしたら、テーマページに戻ります。

テーマページに戻り子テーマをインストール

そしてまたテーマのアップロードページを開いて今度は子テーマ「cocoon-child-master.zip」をインストールします。

Cocoon子テーマをアップロードしてインストール

子テーマのインストールを終えたら「有効化」リンクをクリックしてください。

子テーマをインストールしたら有効化リンクをクリック

有効化後、以下のように「Cocoon Child」が有効化されていればOKです。

テーマ画面で子テーマが有効になっている

これで、Cocoonの親テーマ、子テーマのインストールが完了しました。

まとめ

こんな感じで、手順通りに行えば、エックスサーバー上でWordPress運営環境が整います。

エックスサーバーは、非常に安定したサーバーです。サーバー機器自体も頻繁にアップグレードされるので、現在なら100万PV以上の人ブログも運営できるポテンシャルは余裕でもっています(古い環境でも100万PVサイトの運営は可能でした)。

わいひら
わいひら

是非、エックスサーバー&WordPress&Cocoonで素晴らしいサイトを作成していただければ幸いです。

無料体験登録はこちら。

公式 エックスサーバー

サーバー設定
スポンサーリンク
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
わいひら

無料WordPressテーマ、Simplicity、Cocoonを作成。当サイトと寝ログを運営しています。

わいひらをフォローする
わいひらをフォローする
Cocoon

コメント

タイトルとURLをコピーしました