サイト全体に「COLORS(ブルー)」スキン適用中。
シンプルなWordPressテーマ

Cocoonは、SEO・高速化・モバイルフレンドリーに最適化した無料テーマです。
見た目はシンプルですが、初めての方でも感覚的に使えるように
便利な機能を織り込んで作りました。
100%GPLテーマなので自由にご利用いただけます。

ダウンロードページはこちら。

ダウンロード

Amazon商品情報取得API(PA-API)の仕様変更とCocoonでの対応について

Amazon商品リンク

先日以下のようなツイートしました。

要は、PA-APIの規制が厳しくなるということなんですが、少し噛み砕いて説明しておきます。

また、Cocoon側でお勧めの設定や注意点についても書いておこうと思います。

スポンサーリンク

新しいPA-APIの仕様

2019年1月23日により、Product Advertising API 利用ポリシーが変更されます。

変更内容抜粋はこちら。

Product Advertising API (以下PA-API)ではこれまで全てのお客様に初期状態にて1秒間に1リクエストのサービス提供をしてまいりました。

2019年01月23日よりこの条件を変更し、初期状態にて1日のリクエスト上限を8,640リクエストとし、追加の日次リクエスト可能数の上限を毎日動的に変更する下記仕様といたします。

  • 初期リクエスト可能数 : 1日あたり 8,640リクエスト(API利用開始より60日間)
  • PA-APIより取得した商品リンクより発生した、過去30日間の発送済み商品売上$0.05(日本円で約5円)ごとに1リクエスト追加
  • 1日の最大リクエスト可能数は、1日あたり864,000リクエスト

また、PA-APIより取得した商品リンク経由の発送済み商品売上が過去30日以内に発生していない場合、PA-APIをご利用いただけなくなる恐れがございます

なお Amazon Link Builder(WordPressプラグイン)のご利用には影響はございません

参考 [重要] Product Advertising API 利用ポリシーの変更について

追記

後日、以下のFAQ内容が追記されました。

1/23以降、PA-APIのアクセス権を失いました。どうしたら再びアクセスができるようになりますか?

過去30日内に売上実績がなかったためにPA-APIへのアクセス権を失った場合でも、Amazonアソシエイト・プログラムの他のサービス(アソシエイト・ツールバーなど)は引き続きご利用いただけます。PA-APIへのアクセスは売上実績が発生することで再びご利用いただけるようになります。

PA-API使用制限が厳しくなった

何度も書きますが、かなり制限が厳しくなりました。

なるべく簡単に書くとこんな感じ。

  1. デフォルトのリクエスト可能数は1日当たりのリクエストは8,640回(10秒に1回)
  2. PA-APIリンクが生成したURLからの売り上げによってリクエスト可能な回数は増える
  3. 1日の最大リクエスト可能数は、1日あたり864,000回(0.1秒に1回)
  4. 最大限のリクエスト数を得るには過去30日あたり42768ドルの売り上げが必要
  5. 日本円では過去30日間あたり約428万円(1ドル=100円換算)以上の売り上げが必要
  6. 30日売り上げがないとAPIが利用できなくなる可能性がある
  7. [追記]30日売上がなくてAPIが利用できなくなった場合でも、その後売上が発生した場合は利用可能になる(←朗報)
  8. Amazon Link Builder(WordPressプラグイン)を使えば問題なく利用可能

ちなみに1日の秒数は86,400秒です。

60秒 x 60分 x24時間 = 86,400秒

一番厳しいのは、「各30日間売り上げがないとAPIが利用できなくなるかも」という点です。

2019年01月22日以前のPA-APIの制限

どれだけ厳しくなったかは、以前の制限と比較すれば分かりやすいかと思います。

以前はこんな感じ。

Product Advertising APIへのアクセスのために使用される各アカウントは、標準で最小限1秒間あたり1リクエストまでの利用が認められます。しかしながら、利用開始以降、APIから取得したURL経由での売上がまったく無い場合、30日ごとに1日あたりのリクエスト数上限を0.1ずつ減少させます。最終的に1日あたりのリクエスト数制限は0.1(8640リクエスト/日)まで減少することになります。

参考 2018年7月28日改定のガイドラインより

  • デフォルトの1日当たりのリクエストは86,400回(1秒に1回)
  • 売上がないと1日当たりのリクエストは8,640回(10秒に1回)まで減少
  • 過去30日間でPA-API経由の売り上げが1つでもあれば1日当たり86,400回(1秒に1回)に戻る
  • 1日の最大リクエスト可能数は、1日あたり864,000回(0.1秒に1回)
  • 過去30日間に414万円(1ドル=100円換算)以上の売上があるサイトは最大の1秒あたり10リクエスト(デフォルトのリクエスト値が違うので新ポリシーとは額が違う)
  • 全く売上がなくてもPA-APIが使えなくなることはない

以前までのガイドラインでは、最低でも1日当たり8,640回(10秒に1回)はリクエストできました。

APIが利用できなくなるということはありませんでした。

新しいPA-API制限の課題

けれど、新しくなったPA-APIでは、以下のように書かれています。

PA-APIより取得した商品リンク経由の発送済み商品売上が過去30日以内に発生していない場合、PA-APIをご利用いただけなくなる恐れがございます。

なので、全く売り上げが上がっていないサイトでは、APIが利用できなくなる可能性が出てきました。

追記:その後、Amazonアソシエイトから、追加アナウンスがありました。仮に30日売り上げが発生しなくてAPIが停止されたとしても、その後、APIが生成したURLから売り上げが上がれば再度利用可能になります。

また、PA-APIが生成したリンクからの売り上げが無い場合も、APIが利用できなくなります。

単に、Amazonでの売り上げがあれば良いというわけではなくて、「APIが生成したリンクからの売り上げがないとダメ」というのがミソです。

これにより、「商品リンクブログパーツ生成ツール」などは、「APIが生成したリンクからの売り上げ」がないため、最終的に利用できなくなります(※ツール作者のリンクを出力して売り上げを上げるとポリシー違反なので)。

これにより、多くの「Amazon商品リンク生成ツール」が存続できなくなるかと思います。

実際、僕が2013年に作成したBabyLinkというリンク生成ツールは、2019年01月16日以降は、利用できなくなります。

「Amazon商品リンク生成ツール」最大手のカエレバですら、楽天API利用をメインに舵を切ることになりました。

【重要】カエレバ・ヨメレバは、国内ショッピングモールを応援するサービスへ生まれ変わります
カエレバ・ヨメレバをご利用いただき、ありがとうございます。2019年1月初旬に、カエレバ・ヨメレバは、メインデータをAmazonから楽天に移行することになりました。これまでは、Amazonの商品画像をメインに、他のショッピングモールを紹介す……

大手でAmazonの売り上げにかなり貢献している「カエレバ」ですら利用できなくなるのであれば、ほとんどのツールは、よほどの仕様変更しない限り利用できなくなるでしょう。

既に作成されたカエレバリンクが利用できなくなるわけではありません。生成したカエレバリンクは静的リンクなので、変更なく今後もそのまま利用可能です。

Amazonの狙い

この仕様変更の、Amazonの狙いとしては、PA-APIの字を負荷を減らしたいというのはあると思います。

これまで、APIのリクエストはやたらあるのに、売上のないサイト(ツール)とかが多数あったのだと思います。

そういった、「滅茶苦茶負荷はあるのに売上に貢献していないサイト(ツール)」はふるい落としたいんだと思います。

あと、その他の意図としては「Amazon Associates Link Builderを使え」ということもあるかと思います。

ポリシー変更文の以下の一文からも、そういうことかと。

なお Amazon Link Builder(WordPressプラグイン)のご利用には影響はございません。

Cocoon側で対応すること

CocoonのAmazon商品リンクショートコードで、ブログパーツを作っている場合は、そこまで影響はないかと思います。

Amazon商品リンクの初期設定方法と使い方
Cocoonの「Amazon商品リンクタグ作成ショートコード」機能の使い方を詳しく解説しています。

Cocoonのショートコードでは、現在デフォルトで180日のキャッシュが作成されます。

なので、1度Amazon商品リンクが表示されれば、180日は表示される仕様です(※デフォルト設定状態でキャッシュを削除しなければ)。

また、仮にキャッシュを削除したとしても、バックアップ用に2重のキャッシュがしてあり、リクエスト制限がかかり読み込めない場合は、そのバックアップのキャッシュが利用されます。

ですので、「30日間に1件のAPI経由の売上が確実にあるサイト」であれば、「商品リンクが出力されずに困る」ということはない仕様になっていると思います。

最低限1日8,640回(最小値)のリクエストができるのであれば、問題ないといっていいでしょう。

キャッシュの保存期間を「1日」とか「リクエスト数が増える設定」にしていると、サイトによっては厳しい可能性もあります。

こんな場合は対応が必要かも

ただ、売り上げが全く上がってないサイトでは、影響はあると思います。

30日間に1件の売上が上がるか怪しいサイトの場合

Amazon APIからの売上が少ないサイトはこんな対策をおすすめします。

APIキャッシュは長めに

過去30日間に1件の売り上げも見込めないサイトは、Cocoon設定の「API」タブから「キャッシュの保存期間」を長めに設定しておくことをおすすめします。

2019-01-10_14h03_56

ポリシー変更文にも以下のように書かれています。

PA-APIより取得した商品リンク経由の発送済み商品売上が過去30日以内に発生していない場合、PA-APIをご利用いただけなくなる恐れがございます

過去30日間に売上が発生していなくても、APIが利用できなくなるとは断言されていません。

あくまで「恐れがある」だけです。

なので、多少30日間を過ぎたとしても、その後PA-API由来の売り上げが発生すれば、利用できる可能性はなくはないと思います。

その後、正式にAmazonアソシエイトからAPIが停止された後でも、売上が上がればPA-APIが使えるようになるというアナウンスがありました。ですので、キャッシュ期間を長めに設定しておけば、仕様変更後もCocoonで問題なく利用できると思います。

AmazonボタンリンクをPA-APIが生成するURLにする設定をしておく

あと、Cocoonデフォルトだと「Amazon検索ボタン」は、PA-APIが生成したURLではありません。

Amazon検索ボタン

少しでも「PA-APIが生成したURL」で売り上げを上げるためには、Cocoon設定の「API」タブの「Amazon」項目にある「検索ボタンのリンク先を詳細ページにする」を有効にしておくことをおすすめします。

検索ボタンのリンク先を詳細ページにする

この設定を有効にしておくと、「Amazon検索ボタン」も「PA-APIが生成したURL」に切り替わるため、API由来の売り上げが上がる可能性が高くなります。

Amazonをもしもアフィリエイト経由にしている場合は注意

Amazonの売り上げを「もしもアフィリエイト」経由にしている場合は注意が必要です。

Amazon売上をもしもアフィリエイト経由にしている場合は注意

以下の設定を行っている場合。

商品リンク機能を、もしもアフィリエイト経由にする方法
Amazon商品リンクのURLを「もしもアフィリエイト」のURLに変換する機能の使い方です。
もしもアフィリエイトでAmazonのa_idを取得する方法
Amazon商品リンクをもしもアフィリエイト経由にする場合、AmazonプロモーションからIDを取得する必要があります。そのIDの取得方法です。

もしもアフィリエイト経由からの売り上げは、「PA-APIが生成したURLからの売上」にはカウントされません

ですので、もしもアフィリエイト経由からどれだけ売り上げがあったとしても、API的には「売り上げなし」と同義です。

Amazon商品情報は、APIから取得しているため、30日後には商品情報取得できなくなる可能性があります。

ですので、Amazonアソシエイト審査に通っている場合は、Amazonリンクで売り上げが上がるようにしておくことをおすすめします。

もし、Amazonアソシエイト審査に通っていなくて、APIが利用できない場合は、その他のツールもしくは、楽天商品ショートコードの利用を検討してください。

楽天商品リンクショートコードの使い方。サンプルつき。
楽天商品リンクを作成するためのショートコードの使い方を詳しく解説しています。オプションを利用することで、様々な表現を行うことが可能です。

もしもアフィリエイト利用でも大丈夫なケース

ただし、以下のような運営状況であれば大丈夫かと思います。

AとB2つのサイトを持っていたとして説明します。

  • AのサイトではPA-APIから30日に1回は売上がある
  • Bのサイトでは「もしもアフィリエイト」経由で利用している
  • AとBのサイトのCocoon設定(APIタブ)で登録しているAmazon APIの「アクセスキー」と「シークレットキー」は同一のものである

この場合、AのサイトもBのサイトもPA-APIを使い続けられるかと思います。

要は、同一API認証キーを利用していれば、他サイトでPA-API経由の売り上げがあれば大丈夫かと思います。おそらく。

まとめ

長々と書きましたがCocoonの場合、「30日間に1件、PA-API経由の売り上げがあるサイト」であれば、問題なく利用できると思います。

PA-APIからの売上

「30日間に1件」であれば、サイト運営者の工夫次第で、何とかなるのではないかと思います。

その「30日に1件の売上でも難しい」ということであれば、安定してPA-APIから売り上げが出るようになるまでは、楽天商品ショートコードの利用をおすすめします。

楽天商品リンクショートコードの使い方。サンプルつき。
楽天商品リンクを作成するためのショートコードの使い方を詳しく解説しています。オプションを利用することで、様々な表現を行うことが可能です。

楽天APIの場合は、今のところ厳しい制限はありません(今後はわからないけど)。

追記:売上が上がればAPI利用権が復活するとAmazonからアナウンスがあったので、長めにキャッシュを設定しておきさえすれば、Amazon商品リンクを利用しても大丈夫と思います。

Amazonポリシー変更文をご一読を

最後に、Amazon APIを利用している場合は、以下のポリシー変更文を詳しく読んでおくことをおすすめします。

アソシエイト・セントラル - ヘルプ

PA-APIの売上実績を確認する方法も上記に記載されています。

Amazon商品リンク
スポンサーリンク
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
わいひら

無料WordPressテーマ、Simplicity、Cocoonを作成。当サイトと寝ログを運営しています。

わいひらをフォローする
わいひらをフォローする
おすすめレンタルサーバー
mixhost

プラン変更で負荷対策が行えるので、ブログ向きのレンタルサーバーです。

◎LiteSpeedを用いた高速サーバー(完全SSD)
◎http/2・QUIC(高速化プロトコル)に対応
◎プランのアップ・ダウングレードが自由自在
◎転送量が多い
◎毎日無料バックアップ(14日分)
◎復元ポイントを指定して復旧可能(無料)
○サーバ引っ越しオプションあり(有料)
〇アダルト・出会い系サイト可
△安定性にやや欠ける

安定感抜群のサーバーです。あまり急激なアクセス変動がないアフィリエイトサイトに向いています。

◎nginxを用いた高速サーバー(完全SSD)
◎老舗サーバーなので安定感抜群
◎ディスク容量が多い
◎転送量が多い
◎同サービス内でドメイン管理が可能
○http/2(高速化プロトコル)に対応
○毎日無料バックアップ(14日分)
△DBは7日分だけ無料復旧可能(ファイルは有料)
×プラン変更でCPUのスペックアップができない
×プラン変更しても即時反映されない
×アダルト・出会い系サイト不可

性能も兼ね備えながら安くブログ運営を開始したいのであればここ1択。

◎LiteSpeedを用いた高速サーバー(完全SSD)
◎http/2・QUIC(高速化プロトコル)に対応
◎東京・大阪でリージョン選択が可能
◎プランのアップ・ダウングレードが自由自在
◎同サービス内でドメイン管理が可能
◎転送量が多い
◎毎日無料バックアップ(14日分)
◎復元ポイントを指定して復旧可能(無料)
○サーバ引っ越しオプションあり(有料)
△アダルト・出会い系サイト可(条件あり)
△開始したてなので運営能力は未知数(対応良)

格安な値段で始められる高機能サーバーです。
性能も備えつつ最安ならここ。
サイトを続けるうちにアクセスが増えれば、プランのアップグレートで対応可能です。

◎LiteSpeedを用いた高速サーバー(完全SSD)
◎激安プランが用意してある
◎値段あたりのスペックが高い(コスパ良し)
◎サーバ引っ越しオプションあり(無料)
○http/2(高速化プロトコル)に対応
〇アダルト・出会い系サイト可
△プランのアップは可能だがダウンは不可
△毎日自動バックアップ(1日分)
△前日のバックアップからのみ復元できる(無料)

Cocoon

コメント

タイトルとURLをコピーしました