サイト全体に「COLORS(ブルー)」スキン適用中。
シンプルなWordPressテーマ

Cocoonは、SEO・高速化・モバイルフレンドリーに最適化した無料テーマです。
見た目はシンプルですが、初めての方でも感覚的に使えるように
便利な機能を織り込んで作りました。
100%GPLテーマなので自由にご利用いただけます。

ダウンロードページはこちら。

ダウンロード

Amazon商品リンク画像変更用のインデックス番号を取得する方法

ショートコード

Cocoon 1.2.9で機能追加した「Amazon商品リンクの画像変更機能」なんですが、画像変更用のインデックス番号を取得する確かな方法がありませんでした。

Amazon商品リンクの画像変更オプションの使い方
Amazon商品リンクショートコードの「商品画像」を「別の商品画像」に変更する方法の紹介です。image_indexオプションの使い方です。

そういったことも含めて1.3.1で「カタログ写真」表示機能を追加しました。

Amazon商品リンクのカタログ写真表示オプションの使い方
Amazon商品の関連写真をカタログ形式でブログパーツに表示する機能です。

以下では、「カタログ写真」機能を利用した「画像更用のインデックス番号」取得方法を紹介します。

スポンサーリンク

画像インデックス番号を取得する方法

サムネイル画像変更用の「画像インデックス番号」を取得するには、投稿をエディターに以下のようなショートコードを入力してください。

[amazon asin="B07B4CVMW3" size="l" catalog=1]
ASIN番号(Amazonの商品ID)は、商品のものに変更してください。ASINの取得方法はこちら

するとこんな感じで商品リンクが表示されます。

ショートコード書き込んだ投稿プレビューすると「大きな商品画像」の下に「小さなサムネイル画像ボタン」が表示されます。

カタログ写真サンプル

この「小さなサムネイル画像ボタン」の最も左のボタンを0として右に番号を数え上げていった数が「画像のインデックス番号」となります。

こんな感じ。

カタログ写真番号

大きな画像を見るには、「画像ボタン」の上にマウスカーソルを乗せることで表示されます。

試しに、インデックス番号②の「画像ボタン」の上にマウスカーソルを乗せるとこんな感じ。

インデックス番号2の画像ボタンにマウスカーソルをのせた状態

あとは、amazonショートコードのimage_indexオプションに取得したインデックス番号を指定すればOKです。

インデックス番号②を指定した場合はこんな感じ。

[amazon asin="B07B4CVMW3" kw="SONY ILCE-7M3K" image_index=2]

サイズを大きくしたらこんな感じ。

[amazon asin="B07B4CVMW3" kw="SONY ILCE-7M3K" image_index=2 size="l"]

ちなみにデフォルトのサムネイル表示はこんな感じ。

良い写真を選んで購買意欲につなげよう

1.3.1の「カタログ写真」機能の追加で、上記のように「画像のインデックス番号」も正確に取得できるようになりました。

これにより、ある程度表示させたい画像を指定出来るようになったかと思います。

商品の写真というのは重要です。

デフォルトでAmazon商品リンクに表示された画像が残念なものだと、購買意欲にも関わってきます。

この画像変更機能により、少しでも購買意欲に繋がる画像の選択がしやすくなれば幸いです。

商品によっては、必ずしも複数の画像が選択できるわけではないのでご了承ください。

ショートコードAmazon商品リンク
スポンサーリンク
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
わいひら

無料WordPressテーマ、Simplicity、Cocoonを作成。当サイトと寝ログを運営しています。

わいひらをフォローする
わいひらをフォローする
おすすめレンタルサーバー
mixhost

プラン変更で負荷対策が行えるので、ブログ向きのレンタルサーバーです。

◎LiteSpeedを用いた高速サーバー(完全SSD)
◎http/2・QUIC(高速化プロトコル)に対応
◎プランのアップ・ダウングレードが自由自在
◎転送量が多い
◎毎日無料バックアップ(14日分)
◎復元ポイントを指定して復旧可能(無料)
○サーバ引っ越しオプションあり(有料)
〇アダルト・出会い系サイト可
△安定性にやや欠ける

安定感抜群のサーバーです。あまり急激なアクセス変動がないアフィリエイトサイトに向いています。

◎nginxを用いた高速サーバー(完全SSD)
◎老舗サーバーなので安定感抜群
◎ディスク容量が多い
◎転送量が多い
◎同サービス内でドメイン管理が可能
○http/2(高速化プロトコル)に対応
○毎日無料バックアップ(14日分)
△DBは7日分だけ無料復旧可能(ファイルは有料)
×プラン変更でCPUのスペックアップができない
×プラン変更しても即時反映されない
×アダルト・出会い系サイト不可

性能も兼ね備えながら安くブログ運営を開始したいのであればここ1択。

◎LiteSpeedを用いた高速サーバー(完全SSD)
◎http/2・QUIC(高速化プロトコル)に対応
◎東京・大阪でリージョン選択が可能
◎プランのアップ・ダウングレードが自由自在
◎同サービス内でドメイン管理が可能
◎転送量が多い
◎毎日無料バックアップ(14日分)
◎復元ポイントを指定して復旧可能(無料)
○サーバ引っ越しオプションあり(有料)
△アダルト・出会い系サイト可(条件あり)
△開始したてなので運営能力は未知数(対応良)

格安な値段で始められる高機能サーバーです。
性能も備えつつ最安ならここ。
サイトを続けるうちにアクセスが増えれば、プランのアップグレートで対応可能です。

◎LiteSpeedを用いた高速サーバー(完全SSD)
◎激安プランが用意してある
◎値段あたりのスペックが高い(コスパ良し)
◎サーバ引っ越しオプションあり(無料)
○http/2(高速化プロトコル)に対応
〇アダルト・出会い系サイト可
△プランのアップは可能だがダウンは不可
△毎日自動バックアップ(1日分)
△前日のバックアップからのみ復元できる(無料)

Cocoon

コメント

  1. アフィリエイトリンク作成機能がさらに強化されたですと!?

    ショートコードを調べて貼り付けるのが結構大変な作業になりつつあるので、チートシートで一発入力できるよう作ろうかと思った矢先にさらに機能追加。

    革新的な取り組みだとは思いますが、わたしらの対応が追いついてない・・・かも(汗)

    • わいひら わいひら より:

      基本的には、ブックマークレットで利用するショートコードオプションと、「Cocoon設定→API」から設定する設定だけで十分だと思っています。

      すべてのショートコードオプションを利用する必要はないと思うので、問題ないかなぁと思っています。

タイトルとURLをコピーしました