現在デフォルトスキンとして「Season(Spring)」適用中。

CocoonテーマをFTPでアップデートする方法

サイト作成準備
この記事は約3分で読めます。

Cocoonは、アップデートのアナウンスをしても、しばらくは以下の理由で自動アップデートはありません。

Cocoonテーマの自動アップデート機能について
テーマの自動アップデート機能に更新通知が来ない、もしくは通知が遅いなんて場合、一応理由があってそのようになっています。その理由は安全策をとっています。詳しくは記事をご参照ください。

アップデートなアナウンス後、すぐに利用したい場合は「FTPで上書きアップデート」を行う必要があります。

以下ではWindows環境のFTPソフトでは最も多く利用されていると思われるFFFTPを利用した方法を簡単に説明します。

GitHub上の開発版にアップデートする際にもFTPでアップデートする必要があります。
スポンサーリンク

FTPアップデートの主な手順

FFFTPを利用してアップデートを行うのに必要なもの手順はこちらです。

  1. FFFTPのインストール
  2. FFFTPにサーバーのFTP情報を入力する
  3. テーマファイルをダウンロード&解凍する
  4. テーマファイルをアップロードする

大変なのは、サーバー情報の登録作業だけかなと思います。

FFFTPのインストール

まずは、以下からFFFTPをダウンロードします。

窓の杜
「FFFTP」定番FTPクライアントソフト

ダウンロードしたファイルを実行します。

ffftp-v3.6-x64.msi

インストーラーの指示に従ってセットアップを行います。

FFFTPのセットアップ

FFFTPにサーバーのFTP情報を入力する

インストールが完了したらFFFTPを起動します。

起動時に以下のようなダイアログが出るので、「新規ホスト」ボタンをクリックします。

新規ホストボタンをクリック

すると、ホストの設定ダイアログが表示されるので、ここに「サーバーのFTP設定項目」を入力します。

FFFTPのホストの設定

MixHostとかで言えば、契約時にメールで送られてきたこんな情報。

2019-03-11_22h44_55

登録が済んだら「接続」ボタンを押してください。

サイトへの接続ボタンを押す

証明書の確認画面が出たら「OK」ボタンを押してください。

証明書の確認でOKボタン

テーマファイルをダウンロード&解凍する

サーバーに接続できたら、以下からテーマファイルをダウンロードします。

テーマのダウンロード
Wordpressテーマ「Cocoon」の親テーマと子テーマのダウンロードページです。

開発版をダウンロードする場合は、こちらからダウンロードしてください。

yhira/cocoon
100%GPLの無料Wordpressテーマです。. Contribute to yhira/cocoon development by creating an account on GitHub.

上記ページのダウンロードボタンからzipファイルをダウンロードしてください。

cocoon-master.zipファイルがダウンロードされます。

ダウンロードしたファイルを解凍(展開)してください。

cocoon-master.zip

すると、「cocoon-master」フォルダが作成されるので、このフォルダをFFFTPでアップロードします。

cocoon-masterフォルダー

テーマファイルをアップロードする

アップロードはWordPressのthemesディレクトリに行います。

FFFTPの右側の画面でthemesを開きます。

themesディレクトリを開く

一般的なサーバーの場合、以下の位置にthemesディレクトリはあります。

/public_html/ドメイン/wp-content/themes

最後に、先程解凍(展開)したテーマフォルダーをFFFTP右側(右ペイン)にドラッグ&ドロップします。

テーマファイルをFTPでアップロードする

以下のようなダイアログが出た場合は、「新しければ上書き」を選択して「以降全て」ボタンを押してください。

アップロードの確認ダイアログ

FTPによるアップロード処理が終了すれば、テーマの上書きアップデートが完了です。

まとめ

初期設定さえ行ってしまえば、2回目以降は簡単です。

単に、テーマをダウンロードしてドラッグ&ドロップでアップロードするだけです。

「サーバー上のファイルをFTPで操作すること」はサイト運営をするにあたって、覚えておいて損はありません。

FTPソフトを使用したことがない場合は、この機会に利用してみることをおすすめします。

サイト作成準備
スポンサーリンク
わいひら

無料WordPressテーマ、Simplicity、Cocoonを作成。当サイトと寝ログを運営しています。

わいひらをフォローする
わいひらをフォローする
おすすめレンタルサーバー

プラン変更で負荷対策が行えるので、ブログ向きのレンタルサーバーです。

◎LiteSpeedを用いた高速サーバー(完全SSD)
◎http/2・QUIC(高速化プロトコル)に対応
◎プランのアップ・ダウングレードが自由自在
◎転送量が多い
◎毎日無料バックアップ(14日分)
◎復元ポイントを指定して復旧可能(無料)
◎アダルト・出会い系サイト可
○サーバ引っ越しオプションあり(有料)
○サーバー料金をチャージ払いが可能
サービス運営期間:2年9ヶ月

性能も兼ね備えながら安くブログ運営を開始したいのであればここ1択。

◎LiteSpeedを用いた高速サーバー(完全SSD)
◎http/2・QUIC(高速化プロトコル)に対応
◎東京・大阪でリージョン選択が可能
◎プランのアップ・ダウングレードが自由自在
◎同サービス内でドメイン管理が可能
◎転送量が多い
◎毎日無料バックアップ(14日分)
◎復元ポイントを指定して復旧可能(無料)
◎アダルト・出会い系サイト可
◎ドメインとサーバー代のチャージ払いが可能
○サーバ引っ越しオプションあり(有料)
△新しいサービスなので運営櫪がまだ短い
サービス運営期間:9ヶ月

安定感抜群のサーバーです。あまり急激なアクセス変動がないアフィリエイトサイトに向いています。

◎nginxを用いた高速サーバー(完全SSD)
◎老舗サーバーなので安定感抜群
◎ディスク容量が多い
◎転送量が多い
◎同サービス内でドメイン管理が可能
○http/2(高速化プロトコル)に対応
○毎日無料バックアップ(14日分)
△DBは7日分だけ無料復旧可能(ファイルは有料)
×プラン変更でCPUのスペックアップができない
×プラン変更しても即時反映されない
×アダルト・出会い系サイト不可
サービス運営期間:15年

とにかく速い。サイトに表示スピードを求めるならココ。

◎nginxを用いた高速サーバー(完全SSD)
◎プランのアップ・ダウングレードが自由自在
◎ディスク容量が多い
◎転送量が多い
○http/2(高速化プロトコル)に対応
○毎日無料バックアップ(14日分)
○DB復旧は無料(ファイルは有料)
○サーバ引っ越しツールあり
○サーバー料金をチャージ払いが可能
△新しいサービスなので運営櫪がまだ短い
サービス運営期間:7ヶ月

格安な値段で始められる高機能サーバーです。
性能も備えつつ最安ならここ。
サイトを続けるうちにアクセスが増えれば、プランのアップグレートで対応可能です。

◎LiteSpeedを用いた高速サーバー(完全SSD)
◎激安プランが用意してある
◎値段あたりのスペックが高い(コスパ良し)
◎サーバ引っ越しオプションあり(無料)
◎アダルト・出会い系サイト可
○http/2(高速化プロトコル)に対応
△プランのアップは可能だがダウンは不可
△毎日自動バックアップ(1日分)
△前日のバックアップからのみ復元できる(無料)
サービス運営期間:3年

Cocoon

コメント

タイトルとURLをコピーしました