シンプルなWordPressテーマ

Cocoonは、SEO・高速化・モバイルフレンドリーに最適化した無料テーマです。
見た目はシンプルですが、初めての方でも感覚的に使えるように
便利な機能を織り込んで作りました。
100%GPLテーマなので自由にご利用いただけます。

ダウンロードページはこちら。

ダウンロード

ウィジェットを利用して広告(AdSense)を表示する方法

広告設定

Cocoonでは、テーマ設定から手軽に広告表示出来るようになっています。

広告(AdSense)を手っ取り早く設定する方法
Cocoonテーマ利用時における、最も簡単なAdSense広告設定方法の紹介です。

ただ、ウィジェットによるより自由度の高い広告設定にも対応しています。

以下では、「ウィジェットによる広告設定方法」について説明したいと思います。

スポンサーリンク

広告(AdSense)コードの設定

Google AdSenseからの広告コードの取得方法は以下の記事を参考にしてください。

広告(AdSense)を手っ取り早く設定する方法
Cocoonテーマ利用時における、最も簡単なAdSense広告設定方法の紹介です。

まずAdSenseコードの設定ですが、「Cocoon設定→広告→広告コード」のテーマの広告設定にコードを入力している場合は、ウィジェット側では、新たにコードを入力する必要ありません。

CocoonのAdSenseコード設定エリア

「広告ユニットごとにパフォーマンスを計測したい」なんて場合は、広告ウィジェットに個別のAdSenseコードを入力することにより、対応できる仕様になっています。

ウィジェットで広告の挿入

あとは、WordPress管理画面の「ウィジェット」画面を開きます。

「PC用広告」ウィジェットは、パソコンのみ(768pxより大きな画面)で表示するための広告を制御します。

CocoonのPC用広告ウィジェット

「モバイル用広告」ウィジェットは、モバイルでのみ(768px以下の画面)表示するウィジェットを制御します。

Cocoonのモバイル用広告ウィジェット

あとは、これらのウィジェットをマウスでドラッグして、「表示したいウィジェットエリア」にドロップします。

設定可能なウィジェットエリアはこちら。

Cocoonテーマの設定可能なウィジェットエリア

ウィジェットエリアに「広告ウィジェット」を放り込むと以下のように表示されます。

ウィジェットエリアに放り込んだPC用広告ウィジェット

AdSenseコードは入力せずとも、「Cocoon設定→広告→広告コード」で入力したものが利用されます。

広告ユニットごとにパフォーマンスを計測したい場合は、ここに新たな広告コードを入力してください。

広告ウィジェットごとにパフォーマンスを計測したい場合はAdSenseコードを入力

ちなみに、ウィジェットの設定にある「広告フォーマット」を変更することによって、ユニットの表示タイプを切り替えて広告掲載させることが可能です。

Cocoonの広告ウィジェットの広告フォーマット設定

上記のように、自由な「広告ユニット表示形式」を選んで、パフォーマンスの高い表示形式を導き出しやすい仕様になっています。

もちろん、各自でパフォーマンス観測は必要になります。

まとめ

このように、Cocoonではウィジェットエリアを用いた自由な広告表示も行うことが可能です。

また、出来る限り設定の負担を減らせるように、最小限のコード入力だけで広告表示できる仕様に作ったつもりです。

これらの機能で、多少なりともサイトの広告パフォーマンスが上がれば幸いです。

広告設定
スポンサーリンク
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
わいひら

無料WordPressテーマ、Simplicity、Cocoonを作成。当サイトと寝ログを運営しています。

わいひらをフォローする
わいひらをフォローする
おすすめレンタルサーバー
mixhost

プラン変更で負荷対策が行えるので、ブログ向きのレンタルサーバーです。

◎LiteSpeedを用いた高速サーバー(完全SSD)
◎http/2・QUIC(高速化プロトコル)に対応
◎プランのアップ・ダウングレードが自由自在
◎転送量が多い
◎毎日無料バックアップ(14日分)
◎復元ポイントを指定して復旧可能(無料)
○サーバ引っ越しオプションあり(有料)
〇アダルト・出会い系サイト可
△安定性にやや欠ける

安定感抜群のサーバーです。あまり急激なアクセス変動がないアフィリエイトサイトに向いています。

◎nginxを用いた高速サーバー(完全SSD)
◎老舗サーバーなので安定感抜群
◎ディスク容量が多い
◎転送量が多い
◎同サービス内でドメイン管理が可能
○http/2(高速化プロトコル)に対応
○毎日無料バックアップ(14日分)
△DBは7日分だけ無料復旧可能(ファイルは有料)
×プラン変更でCPUのスペックアップができない
×プラン変更しても即時反映されない
×アダルト・出会い系サイト不可

性能も兼ね備えながら安くブログ運営を開始したいのであればここ1択。

◎LiteSpeedを用いた高速サーバー(完全SSD)
◎http/2・QUIC(高速化プロトコル)に対応
◎東京・大阪でリージョン選択が可能
◎プランのアップ・ダウングレードが自由自在
◎同サービス内でドメイン管理が可能
◎転送量が多い
◎毎日無料バックアップ(14日分)
◎復元ポイントを指定して復旧可能(無料)
○サーバ引っ越しオプションあり(有料)
△アダルト・出会い系サイト可(条件あり)
△開始したてなので運営能力は未知数(対応良)

格安な値段で始められる高機能サーバーです。
性能も備えつつ最安ならここ。
サイトを続けるうちにアクセスが増えれば、プランのアップグレートで対応可能です。

◎LiteSpeedを用いた高速サーバー(完全SSD)
◎激安プランが用意してある
◎値段あたりのスペックが高い(コスパ良し)
◎サーバ引っ越しオプションあり(無料)
○http/2(高速化プロトコル)に対応
〇アダルト・出会い系サイト可
△プランのアップは可能だがダウンは不可
△毎日自動バックアップ(1日分)
△前日のバックアップからのみ復元できる(無料)

Cocoon

コメント

  1. まてお より:

    教えてください

    「PC用広告」と「モバイル用広告」別々にありますが
    PCとモバイル兼用の広告ウィジェットがないのはどうしてでようか

    PCとスマホに同じ種類の広告を表示させるには
    各ウィジェットに同じコードを入れるしかないのでしょうか?

    カスタムHTMLウィジェットでは広告の制御ができないので

    よろしくお願いします

    • わいひら わいひら より:

      PCとモバイル兼用の広告ウィジェットがないのはどうしてでようか

      ズバリ言うと、後回しにしていたら忘れてしまったというのが理由として一番近い気がします^^;

      兼用の広告ウィジェットを実装したものを以下にアップしました。
      https://github.com/yhira/cocoon/archive/master.zip
      よろしければ、試してみていただけると騒いです。

  2. トミー より:

    はじめまして。
    こちらで質問する内容でなかったら、ごめんなさい。

    Google Adsenseのアカウント有効化前の段階なのですが、
    Cocoon設定>広告>アドセンス設定では、403エラーが出てしまいます。scriptタグをのぞいてみました(?)が、エラーのようです。(有効化前のコードは、広告の種類などを設定できないのでコードも違う感じです。)

    Cocoonを使用しているウェブで、アカウント有効化するためには、どこにコードを記入すればいいのでしょうか?

    よろしくお願い申し上げます。

    • わいひら わいひら より:

      何かセキュリティー関係のプラグインをインストールされていますか?
      インストールしている場合は、一度セキュリティー関係のプラグインを無効にして試してみてください。

      もしそれでもうまくいかないようであれば、最低限以下のように入力すればOKです。

      data-ad-client="ca-pub-270654XXXXXXXXXXX"
      data-ad-slot="54XXXXXXXXX"

      とりあえず、IDが2つわかればOKです。