現在デフォルトスキンとして「Season(Summer)」適用中。

GoogleタグマネージャのトラッキングID設定方法

アクセス解析
この記事は約3分で読めます。

Cocoonは、Googleタグマネージャに対応しています。

基本的にテーマ側では、タグマネージャのトラッキングIDを登録するだけとなっています。

スポンサーリンク

タグマネージャの登録方法

まずは、Googleタグマネージャのページを開いてログインします。

Google Marketing Platform - Unified Advertising and Analytics
Introducing Google Marketing Platform, a unified marketing and analytics platform for smarter marketing measurement and better results.
アカウント登録作業の方法については省きます。

タグマネージャ側の設定

「アカウントを作成」リンクをクリックします。

タグマネージャのアカウントを作成リンクをクリック

新しいアカウント名を入力し「続行」ボタンを押します。。

新しいアカウント名の設定

僕は、わかりやすいので「アカウント名」はドメイン名にしています。

「コンテナ名」を入力し、「ウェブ」を選択後、「作成」ボタンを押してください。

コンテナ名を入力して作成ボタンを押す

利用規約が表示されるので、目を通した後、「はい」ボタンを押してください。

Googleタグマネージャの利用規約を読んだらはいを押す

しばらく待つと、Googleタグマネージャ用のコードが表示されます。

Googleタグマネージャのコードが表示

これらのタグマネージャ用のコードから以下の部分の「トラッキングID」ををコピーしてください。

GoogleタグマネージャのトラッキングコードID

テーマ側の設定

次に、テーマの設定画面を開きます。

WordPress管理画面から「Cocoon設定」を選択してください。

Wordpress管理画面からCocoon設定を選択

「アクセス解析」タブから「Google Tag Manager ID」に先程取得したIDを貼り付け保存してください。

GoogleタグマネージャIDを貼り付けて保存

これでタグマネージャのID登録は終了です。

Google Analyticsで分析する場合

Googleタグマネージャでは、様々な解析タグを一括管理することが可能です。

以下では、Google Analyticsの設定を説明しておきます。

ダッシュボード画面で「新しいタグを追加」リンクをクリックしてください。

Googleタグマネージャで新しいタグを追加

「タグの設定」ボタンを押してください。

タグマネージャのタグの設定

「タグタイプの選択」メニューが表示されるので「ユニバーサルアナリティクス」を選択してください。

タグタイプの選択メニュー

タグの設定

「このタグでオーバーライド設定を有効にする」にチェックを入れてGoogle Analyticsの「トラッキングID」を入力してください。

タグマネージャにAnalyticsトラッキングIDを入力して保存

Google AnalyticsのトラッキングID取得方法は、以下を参照してください。

Google Analyticsでアクセス解析する方法
Google AnalyticsのトラッキングIDをテーマに登録する方法です。

Google Analyticsの設定方法は、以下のキーワードで検索してみてください。

Google Analytics 使い方
検索

トリガーの設定

トリガーの設定マークをクリックしてください。

タグマネージャでトリガーの設定

「トリガーの選択」で「All Pages」を選択します。

トリガーの選択でホールページを選択する

以下のようにトリガーが設定されます。

トリガーにオールページが設定された

ここまでの設定を終えたら、右上にある「保存」ボタンを押してください。

ユニバーサルアナリティクスの設定を保存

タグ名の入力

すると、「タグ名の変更」ダイアログが表示されるので、「タグ名」を入力し「保存」ボタンを押してください。

タグ名の変更ダイアログ

登録が済んだら最後に「公開」ボタンを押してください。

タグマネージャの公開ボタンを押す

やったことがわかりやすいようにバージョン名に「Google Analyticsタグ追加」とでも入力して、「公開」ボタンを押せば良いでしょう。

バージョン名を入力して公開

公開が完了するとバージョン名が表示されます。

バージョン 1 ~Google Analyticsタグ追加

まとめ

Googleタグマネージャは、Google Analyticsの他にも、様々なサービスに対応しています。

タグマネージャで管理できるタグタイプ

面倒なタグ管理は、すべてタグマネージャに任せてしまうというのも、サイト運営をする上で賢明な選択かもしれません。

わいひら
わいひら

タグマネージャで様々のタグを一元管理して楽しましょう。

タグマネージャ登録をするとアナリティクスの「トラッキングID」登録は不要です。既に「トラッキングID」を設定済みの場合は削除してください。二重カウントになります。

アクセス解析
スポンサーリンク
わいひら

無料WordPressテーマ、Simplicity、Cocoonを作成。当サイトと寝ログを運営しています。

わいひらをフォローする
わいひらをフォローする
おすすめレンタルサーバー

プラン変更で負荷対策が行えるので、ブログ向きのレンタルサーバーです。

◎LiteSpeedを用いた高速サーバー(完全SSD)
◎http/2・QUIC(高速化プロトコル)に対応
◎プランのアップ・ダウングレードが自由自在
◎転送量が多い
◎毎日無料バックアップ(14日分)
◎復元ポイントを指定して復旧可能(無料)
◎アダルト・出会い系サイト可
○サーバ引っ越しオプションあり(有料)
○サーバー料金をチャージ払いが可能
サービス運営期間:2年9ヶ月

性能も兼ね備えながら安くブログ運営を開始したいのであればここ1択。

◎LiteSpeedを用いた高速サーバー(完全SSD)
◎http/2・QUIC(高速化プロトコル)に対応
◎東京・大阪でリージョン選択が可能
◎プランのアップ・ダウングレードが自由自在
◎同サービス内でドメイン管理が可能
◎転送量が多い
◎毎日無料バックアップ(14日分)
◎復元ポイントを指定して復旧可能(無料)
◎アダルト・出会い系サイト可
◎ドメインとサーバー代のチャージ払いが可能
○サーバ引っ越しオプションあり(有料)
△新しいサービスなので運営櫪がまだ短い
サービス運営期間:9ヶ月

安定感抜群のサーバーです。あまり急激なアクセス変動がないアフィリエイトサイトに向いています。

◎nginxを用いた高速サーバー(完全SSD)
◎老舗サーバーなので安定感抜群
◎ディスク容量が多い
◎転送量が多い
◎同サービス内でドメイン管理が可能
○http/2(高速化プロトコル)に対応
○毎日無料バックアップ(14日分)
△DBは7日分だけ無料復旧可能(ファイルは有料)
×プラン変更でCPUのスペックアップができない
×プラン変更しても即時反映されない
×アダルト・出会い系サイト不可
サービス運営期間:15年

とにかく速い。サイトに表示スピードを求めるならココ。

◎nginxを用いた高速サーバー(完全SSD)
◎プランのアップ・ダウングレードが自由自在
◎ディスク容量が多い
◎転送量が多い
○http/2(高速化プロトコル)に対応
○毎日無料バックアップ(14日分)
○DB復旧は無料(ファイルは有料)
○サーバ引っ越しツールあり
○サーバー料金をチャージ払いが可能
△新しいサービスなので運営櫪がまだ短い
サービス運営期間:7ヶ月

格安な値段で始められる高機能サーバーです。
性能も備えつつ最安ならここ。
サイトを続けるうちにアクセスが増えれば、プランのアップグレートで対応可能です。

◎LiteSpeedを用いた高速サーバー(完全SSD)
◎激安プランが用意してある
◎値段あたりのスペックが高い(コスパ良し)
◎サーバ引っ越しオプションあり(無料)
◎アダルト・出会い系サイト可
○http/2(高速化プロトコル)に対応
△プランのアップは可能だがダウンは不可
△毎日自動バックアップ(1日分)
△前日のバックアップからのみ復元できる(無料)
サービス運営期間:3年

Cocoon

コメント

  1. あらい より:

    こんにちは。
    トリガーとタグの設定がわからなくて困っています。
    ダッシュボード画面で「新しいタグを追加」
    トリガーのマークをっていうのがわからなくて。

    グーグルアナリティクスにログイン、
    アナリティクスアカウントいって
    プロパティとアプリから自分のサイト名のところいって、
    ビューからすべてのウェブサイトのデータっていうのを見てます。

    ダッシュボードの画面はどうやってだしてますか?

    • わいひら わいひら より:

      現在、インターフェースが変わってしまったのかもしれません。
      現在は、横のメニューのトリガーを選択して「新規」ボタンなのかもしれません。

タイトルとURLをコピーしました