GoogleタグマネージャでGoogle Analytics 4(GA4)を用いたアクセス解析設定方法

アクセス解析
この記事は約3分で読めます。

CocoonでGoogle Analytics 4(以下、GA4)の設定方法を紹介します。

GA4でアクセス解析をするには、「Google Analytics」を用いた方法と、「Googleタグマネージャー」を用いた方法がありますが、以下ではGoogleタグマネージャを用いた方法を紹介します。

\お得なキャンペーン実施中!/
エックスサーバーキャンペーン

Google Analyticsアカウントの作成

まず、Google Analyticsにアカウントがない場合は作成します。すでにアカウントを持ちの方はこの項目をとばしてください。

まずは以下のページに移動してください。

Redirecting...

「測定を開始」ボタンを押してください。

Google Analyticsの測定を開始ボタンを押す

「アカウント設定」項目にある「アカウント名」を入力し、オプション選択を行い「次へ」ボタンを押してください。

Google Analyticsアカウント名の入力

「プロパティー設定」では以下のように入力してください。

  • プロパティー名:計測対象の識別名
  • レポートのタイムゾーン:日本(※日本のサイトならば)
  • 追加:日本円(※日本のサイトならば)

Google Analyticsのプロパティー設定

入力を終えたら「次へ」ボタンを押してください。

次に「ビジネスの概要」項目に入力して「作成」ボタンを押してください。

Google Analyticsのビジネスの概要を入力する

利用規約が表示されるので目を通して問題なければ「同意する」を押してください。

Google アナリティクス利用規約

メール配信に関するダイアログが表示されるので設定を行い「保存」ボタンを押してください。

Google アナリティクスの最新情報をメール

以下のような画面が表示されれば登録完了です。

Google Analyticsのホーム画面

初回はこんな感じでプロパティまで作成されます。

プロパティを追加する場合は

すでにアカウントを持っている場合で、新しくプロパティを追加する場合は以下のように行います。

画面右下の「管理」メニューを選択します。

Google Analyticsの管理メニュー

以下のような画面が表示されるので「プロパティを作成」ボタンを押します。

Google Analyticsのプロパティを作成ボタンを押す

「プロパティの設定」でプロパティ名、レポートのタイムゾーン、通貨を設定し「次へ」ボタンを押してください。

Google Analyticsのプロパティの作成画面

「ビジネスの概要」を入力して「作成」ボタンを押してください。

ビジネス代用情報を入力

GA4測定IDの取得

「プロパティ」項目の「データストリーム」を選択します。

Google Analyticsでデータストリームの設定

以下のような画面が表示されるので、プラットホームで「ウェブ」を選択してください。

データ処理も設定してデータの収集を開始する

「ウェブサイトのURL」と「ストリーム名」を入力し「ストリームを作成」ボタンを押します。

Google Analyticsのデータストリームの設定

すると以下のような画面が表示されるので「測定ID」をメモしておきます。

GA4の測定IDの取得

タグマネージャアカウントの作成

次に、Googleタグマネージャーにアカウントがない場合は作成します。すでにアカウントを持ちの方はこの項目をとばしてください。

まずは以下のページに移動してください。

ウェブとモバイル用のタグ管理ソリューション - Google タグ マネージャー
Google タグ マネージャーは、すべてのウェブサイト タグを 1 か所で実装できるタグ管理ソリューションを中小企業に提供し、シンプルで使いやすく、信頼性の高いタグ管理を実現できるようサポートします。

「無料で利用する」ボタンを押してください。

Googleマーケティングプラットフォーム画面

「アカウントを作成」ボタンを押してください。

タグマネージャのアカウントの作成

アカウント情報入力して、「作成」ボタンを押してください。

Googleタグマネージャに新しいアカウントの追加

解析対象がWEBなので「ターゲットプラットホーム」は「ウェブ」を選択してください。

利用規約に目を通して問題なければ「はい」を選択してください。

Googleタグマネージャの利用規約

以下のような画面が表示されれば、アカウントの作成完了です。

Googleタグマネージャアカウントの作成完了

Googleタグマネージャのコードが表示されますが、今回は使用しないのでダイアログを閉じてください。

タグマネージャでGoogle Analytics 4(GA4)の設定

作業はGoogleタグマネージャに戻ります。

デフォルトのワークスペース画面はこちら。

Googleタグマネージャのワークスペース画面

「タグ」メニューを選択してください。

Googleタグマネージャでタグを選択

以下のような画面が表示されるので「新規」ボタンを押してください。

タグメニューの新規ボタンを押す

まずは「名前」を入力してください。

タグの名前の入力

「タグの設定」を選択してください。

タグタイプの選択

タグタイプの選択画面が表示されるので「Google アナリティクス:GA4 設定」を選択してください。

タグタイプの選択画面

以下のような画面が表示されるので、「タグの設定」に対して先程Google Analyticsでメモした「測定ID」を入力します。

タグの設定に測定IDを入力する

次に「トリガー」項目を選択してください。

タグマネージャGA4のトリガー設定

「トリガーの選択」画面が表示されるので「All Pages」を選択してください。

トリガーの選択でオールページを選択

「タグ」の設定がすべて完了したら以下のような表示になります。

タグマネージャのタグ設定完了

設定に問題なければ「保存」ボタンを押してください。

タグマネージャのタグ設定を保存

「タグ」設定を終えると、こんな感じのワークスペース画面が表示されます。

タグ設定を終えたタグマネージャはワークスペース画面

あとは画面右上にある「公開」ボタンを押して、今回行った設定をタグマネージャに反映させましょう。

タグマネージャ設定の公開

すると「変更の送信」画面が表示されるので、「バージョン名」と「バージョンの説明(任意)」を入力して「公開」ボタンを押してください。

タグマネージャバージョン情報の入力

こんな感じの画面が表示されれば、バージョンの公開が完了です。

タグマネージャでバージョンの公開後

タグマネージャIDの取得

設定が完了したら「管理」メニューを選択します。

タグマネージャの管理メニューを選択

「GTM-XXXXXXX」といったようなタグマネージャIDが表示されるので、メモしておきます。

タグマネージャIDの取得

CocoonにタグマネージャIDを入力

最後に、Cocoonに取得した「タグマネージャID」を入力します。

Cocoon管理画面メニューにある「Cocoon設定」から「アクセス解析・認証」タグを開いてください。

「Googleタグマネージャ設定」の「タグマネージャID」項目に先程取得したタグマネージャIDを入力して設定を保存してください。

タグマネージャIDをCocoon設定に入力

これでCocoonテーマ側での設定は完了です。

GA4利用する際の注意点

GA4は、この記事を書いた時点ではAMPには対応していません

なので、AMP機能が有効になっていたとしても、AMPページの解析はできません。

動作確認

最後に、WordPressからログアウトした状態でサイトトップページにアクセスを行います。

解析ホーム画面の「過去30分のユーザー」に対して、自分のアクセス分の1以上が表示されていれば設定は成功です。

GA4の動作確認

公開サイトであれば、不特定多数の訪問者からのアクセスもあるので、1より大きな数字が出るかと思います。

これで、GA4解析の設定方法についての説明を終わります。

タイトルとURLをコピーしました