特典機能について

このテーマは壊れています。 テンプレートが不足しています。と表示されている事にきがついて | Cocoonテーマに関する質問 | Cocoon フォーラム

サイト内検索
運営者(わいひら)は、骨の手術明けのためしばらく体調を優先して運営させていただきます。ですので、フォーラム負担軽減のため登録者のみ書き込めるようを制限をさせていただきます。フォーラム未登録の方はこちらの手順で登録を行ってください。予定としては12月前半まで実施させていただきます。
書き込みの前に以下の3点をご確認ください。
  1. 1つのトピックにつき1つの質問を書き込んでください
  2. 不具合・カスタマイズ対象ページのURLを提示高速化を無効にしてください
  3. 該当部分のキャプチャ・環境情報とともに書き込んでいただけると助かります

何を書き込んだら良いか分からない場合は、以下のテンプレートをコピペしてご利用ください。

不具合・カスタマイズ対象ページのURL:

相談内容:

解決のために試したこと:

※文字だけでは正しく伝わらない可能性があるため、スクショ画像の添付もお願いします。
※高速化設定をしている場合は無効にしてください。
環境情報:

※↑こちらに「Cocoon設定 → テーマ情報」にある「環境情報」を貼り付けてください。

環境情報の取得方法はこちら。
https://wp-cocoon.com/theme-report/
高速化設定を無効にするにはこちら。
https://wp-cocoon.com/theme-trouble/

フォーラム利用ガイドリンク

  1. フォーラムガイドライン
  2. よくある質問と答え(FAQ)
  3. サポート対象外のケース
  4. 原因不明の不具合用トラブルシューティング
  5. トピックにHTMLを貼り付ける方法(推奨ツール:notepad.pw
  6. 真っ白画面でのエラーメッセージの確認方法 
  7. ブラウザ環境チェックツール

フォーラム質問後、問題等が解決した場合は結果を書き込んでいただけると幸いです。同様の問題で調べている方には、結果が一番気になる部分となります。

また、問題の解決に至った場合には、トピック冒頭の「解決済み」リンクをクリックしていただけますと幸いです。

wpForoの解決済みリンク

また、有用な返信があった場合は「いいね!」リンクもご活用ください。返信者の励みになります。

wpForoのいいねリンク

「いいね!」機能はフォーラム登録者のみが利用できる機能です。

CC BY-ND 2.1)準じていれば(リンクを貼っていただければ)転載も自由です。カスタマイズ記事を書く際にコード等をコピペ利用していただいて構いません。

フォーラムの使い方がよくわからない場合は、テストトピックで自由にテストしていただいて構いません。

最近の書き込みはこちら。

詳細なカスタマイズ依頼をするならこちら。

スポンサーリンク
このテーマは壊れています。 テンプレー...
 
共有:
通知
すべてクリア

[解決済] このテーマは壊れています。 テンプレートが不足しています。と表示されている事にきがついて


ぺっぢょ
 ぺっぢょ
(@ぺっぢょ)
ゲスト
結合: 9か月前
投稿: 6
Topic starter  

cocoonでブログを始めたばかりの初心者なのですが、自分で調べてもなかなか解決できない問題に当たり、お力をお借りしたく質問投稿させていただきます。

cocoonを利用させていただいておりますが、最近子テーマ内の下記のエラーメッセージに気がつきました。

 

このテーマは壊れています。 テンプレートが不足しています。独立したテーマには index.php テンプレートファイルが必要です。子テーマでは style.css スタイルシートにテンプレートヘッダーが必要です。

 

こちらのサイト内検索で同様のエラーメッセージが表示される方の投稿を読み、どうやらstyle cssにデフォルトで書かれているコードを削除してしまっている事に気がつきました。

 

こちらの質問です↓

https://wp-cocoon.com/community/cocoon-theme/%E3%83%86%E3%83%BC%E3%83%9E%E3%81%8C%E5%A3%8A%E3%82%8C%E3%81%A6%E3%81%84%E3%82%8B%E3%81%A8%E8%A1%A8%E7%A4%BA%E3%81%95%E3%82%8C%E3%81%BE%E3%81%99%E3%80%82/

 

こちらの質問投稿では、style cssの最上部に、

@charset "UTF-8";

/*!
Theme Name: Cocoon Child
Template: cocoon-master
Version: 1.1.1
*/

 

と入力すると解決すると返答されていたので試して見ましたが今度は、

 

このテーマは壊れています。 親テーマが見つかりません。「cocoon-master」の親テーマをインストールしてください。

 

と表示される様になってしまいました。

サイトは普通に表示されているのですがエラーメッセージが気になってしまいます。

どうしたら解決できますでしょうか?

お力をお貸しください!

 

 


引用未解決
リフィトリー
(@leafytree)
メンバー Moderator
結合: 3年前
投稿: 6436
 

前略、ぺっぢょ さん

お使いのレンタルサーバーは ConoHa WING でしょうか?

 

ConoHa WING では、以下のトピックのような問題が生じてしまうことがあるようです。

 

WordPress更新画面での親テーマ表示がおかしい

 

[解決済] ConoHaウィングからテーマを登録したら親しかダウンロードできてない場合

 

[解決済] サーチコンソールのモバイルユーザビリティエラーが解決できない

 

同様の問題でしたら、ConoHa WING のサポートにお問い合わせになってみてください。

 

他のレンタルサーバーをお使いでしたら、原因は別の問題かもしれません。


返信引用
リフィトリー
(@leafytree)
メンバー Moderator
結合: 3年前
投稿: 6436
 

ぺっぢょ さん

お差し支えがなければ、フォーラム冒頭の案内にありますとおり、対象ページのURLをご提示いただき、高速化設定を無効にして、環境情報を貼り付けていただければと思います。

 

上記の問題なのかどうか、ある程度までは、わかるかもしれません。

 


わいひら 件のいいね!
返信引用
ぺっぢょ
 ぺっぢょ
(@ぺっぢょ)
ゲスト
結合: 9か月前
投稿: 6
Topic starter  

@leafytree様

早速のご返信ありがとうございます!

まさにconoha wingを使っております。リンクまでありがとうございます読ませていただきます。

 

ご指摘いただいた『不具合・カスタマイズ対象ページのURL』がどのページをさしているのかがわからず先に質問投稿してしまいました申し訳ございません。

 

まず私のブログのリンクをこちらにつけてみます。カスタマイズ対象ページという点で間違った箇所をリンクしていたらご指摘くださると助かります。初心者でご迷惑かけて申し訳ございません。

 

高速化の設定を確認しましたが全てチェックが外れておりましたのでこのままにしておきます。

 

以下環境情報になります。

 

----------------------------------------------
サイト名:釣りが好きな君がすき!
サイトURL: https://tsurigasukinakimigasuki.com
ホームURL: https://tsurigasukinakimigasuki.com
コンテンツURL:/wp-content
インクルードURL:/wp-includes/
テンプレートURL:/wp-content/themes/cocoon
スタイルシートURL:/wp-content/themes/cocoon-child
親テーマスタイル:/wp-content/themes/cocoon/style.css
子テーマスタイル:/wp-content/themes/cocoon-child/style.css
WordPressバージョン:5.6.2
PHPバージョン:7.4.14
ブラウザ:Mozilla/5.0 (Macintosh; Intel Mac OS X 10_12_6) AppleWebKit/537.36 (KHTML, like Gecko) Chrome/88.0.4324.192 Safari/537.36
サーバーソフト:Apache
サーバープロトコル:HTTP/1.1
エンコーディング:gzip, deflate, br
言語:ja,en-US;q=0.9,en;q=0.8
----------------------------------------------
テーマ名:Cocoon
バージョン:2.2.5.1
カテゴリ数:10
タグ数:4
ユーザー数:1
----------------------------------------------
子テーマ名:Cocoon Child
バージョン:1.1.1
style.cssサイズ:30139バイト
functions.phpサイズ:203バイト
----------------------------------------------
Gutenberg:0
AMP:0
PWA:0
Font Awesome:4
Auto Post Thumbnail:0
Retina:0
ホームイメージ:/wp-content/uploads/2021/02/44FBAEEE-954A-486F-951B-0A75E8209402.png
----------------------------------------------
ブラウザキャッシュ有効化:0
HTML縮小化:0
CSS縮小化:0
JavaScript縮小化:0
Lazy Load:0
WEBフォントLazy Load:0
----------------------------------------------
利用中のプラグイン:
AddQuicktag 2.5.3
Akismet Anti-Spam 4.1.8
BackWPup 3.8.0
Broken Link Checker 1.11.15
ConoHa WING コントロールパネルプラグイン 1.0
ConoHa WING 自動キャッシュクリア 1.0.0
Contact Form 7 5.3.2
EWWW Image Optimizer 6.0.1
Google XML Sitemaps 4.1.1
SiteGuard WP Plugin 1.5.2
WP Multibyte Patch 2.9
----------------------------------------------

 


返信引用
リフィトリー
(@leafytree)
メンバー Moderator
結合: 3年前
投稿: 6436
 

ぺっぢょ さん

やはり、親テーマのフォルダ名が「cocoon」になっているので、ConoHa WING からインストールされたもののようです。

 

本来、Cocoonの親テーマのフォルダ名は、「cocoon-master」でなければならないはずなのです。

 

でも、現状、子テーマのCSSを読み込んでいるんですよね?

 

となると、ConoHa WING の方で読み込めるようにしているのか?その辺りは ConoHa WING でないとわからないかと思われます。

 

ダッシュボードのテーマのところに親テーマが2つあったりするのでしょうか?

 

このCocoonのサイトから最新の親テーマをダウンロードしてインストールするなどの方法もあろうかとは思いますが、何しろ、ConoHa WING 特有のことのようなので、アドバイスする側としては、ConoHa WING にお問い合わせしてみては、ということになっちゃうんですけど・・(なんか冷たい対応に思われてしまいそう・・)

 

でもまあ、原因としては、要するに、ConoHa WING がCocoonのテーマのフォルダ名を変更している、ということに尽きるような気がします。

 

あとは、貼り付けた過去のトピックをよくお読みいただいて、良いと思う方法を自己責任で試すということになっちゃうかもしれません。

 

いま、このサイトからダウンロードした子テーマのCSSのヘッダーテンプレートを貼ってみますね。

 

すでに、ヘッダーテンプレートは修正されているので、取り替えてもなにも変わらないとは思いますが。

@charset "UTF-8";

/*!
Theme Name: Cocoon Child
Description: Cocoon専用の子テーマ
Theme URI:  https://wp-cocoon.com/ 
Author: わいひら
Author URI:  https://nelog.jp/ 
Template:   cocoon-master
Version:    1.1.2
*/

 


わいひら 件のいいね!
返信引用
リフィトリー
(@leafytree)
メンバー Moderator
結合: 3年前
投稿: 6436
 

ぺっぢょ さん

私のテスト環境の環境情報をはりつけてみます。

子テーマのフォルダ名も、Cocoonのデフォルトのフォルダ名と異なっているようです。

----------------------------------------------
サイト名:demo
サイトURL: http://demo.local 
ホームURL: http://demo.local 
コンテンツURL:/wp-content
インクルードURL:/wp-includes/
テンプレートURL:/wp-content/themes/cocoon-master
スタイルシートURL:/wp-content/themes/cocoon-child-master
親テーマスタイル:/wp-content/themes/cocoon-master/style.css
子テーマスタイル:/wp-content/themes/cocoon-child-master/style.css
WordPressバージョン:5.6.2
PHPバージョン:7.4.1
ブラウザ:Mozilla/5.0 (Windows NT 10.0; Win64; x64; rv:86.0) Gecko/20100101 Firefox/86.0
サーバーソフト:nginx/1.16.0
サーバープロトコル:HTTP/1.0
エンコーディング:gzip, deflate
言語:ja,en-US;q=0.7,en;q=0.3
----------------------------------------------
テーマ名:Cocoon
バージョン:2.2.7.4
カテゴリ数:5
タグ数:5
ユーザー数:1
----------------------------------------------
子テーマ名:Cocoon Child
バージョン:1.1.1
style.cssサイズ:6687バイト
functions.phpサイズ:428バイト
----------------------------------------------

返信引用
リフィトリー
(@leafytree)
メンバー Moderator
結合: 3年前
投稿: 6436
 

ぺっぢょ さん

子テーマのフォルダ名も、本来は、「cocoon-child-master」なのに対して、「cocoon-child」に変更されているようです。

 

やっぱり、ConoHa WING にお問い合わせください、としか言いようがなくなってきますね。


返信引用
リフィトリー
(@leafytree)
メンバー Moderator
結合: 3年前
投稿: 6436
 

ぺっぢょ さん

もしかしたら、ですが、子テーマのCSSファイルのテンプレートヘッダーを

 

Template:   cocoon

に書き替えたら、エラーは消えるのかもしれませんが、それでは、根本的な解決にはならないし、Cocoonの親テーマを最新版にアップデートすることもできないかと思われます。


返信引用
わいひら
(@yhira)
メンバーサイト Admin
結合: 4年前
投稿: 12932
わいひら - Facebookわいひら - Twitter
 

ここに書かれていることを行うとどうなりますでしょうか。
https://wp-cocoon.com/community/postid/40648/


返信引用
ぺっぢょ
 ぺっぢょ
(@ぺっぢょ)
ゲスト
結合: 9か月前
投稿: 6
Topic starter  

ご返信ありがとうございます。conoha wingに問い合わせを送って見ましたが土日はお休みの様で返信を待つ間ご指導いただいた内容を試みてみようと思います。

ただ、また新たな問題が発生しました。。

ほんとなんでこんな事をしたのか、テーマ一覧画面で出来心でcocoonの親テーマを有効化のボタンを押しました。そうしましたら子テーマが消えてしまいました。。

 

子テーマをすぐ有効化すれば元に戻ると思っていましたが子テーマが見つかりません。。

どこへ行ってしまったのでしょうか。。

現状サイトはとんでもない表示になってしまっております。。

1トピックにつき1質問のルールを破ってしまっている形になり重ね重ね申し訳ありません。


返信引用
リフィトリー
(@leafytree)
メンバー Moderator
結合: 3年前
投稿: 6436
 

ぺっぢょ さん

これは推測でしかないのですが、子テーマのテンプレートヘッダーの名前を既に変えていたため、ダッシュボードに表示されないのかもしれません。

 

だからといって、サーバーのWordPress の themes フォルダ内から無くなってしまう、ということは考えにくいので、きっと themes フォルダ内にはあるのだろうと推測します。


わいひら 件のいいね!
返信引用
リフィトリー
(@leafytree)
メンバー Moderator
結合: 3年前
投稿: 6436
 

ぺっぢょ さん

最新版の親テーマへのアップデートはとりあえず、おいといて、とりあえずいままで使っていた子テーマの復旧を行った方が良いのかもしれません。

 

子テーマのCSSでけっこうカスタマイズされていらしたようですので。

 

ちょっと、やってみないとなんともわからないですが、FTPソフト、もしくはレンタルサーバーのファイルマネージャーで、子テーマのファイル「cocoon-child」にアクセスして、その中にある「style.css」ファイルを開いて、テンプレートヘッダーを「Template: cocoon」に書き直せば、ダッシュボードに表示されるかもしれません。(確証は全くありませんが)

 

ファイルマネージャーを利用する


わいひら 件のいいね!
返信引用
リフィトリー
(@leafytree)
メンバー Moderator
結合: 3年前
投稿: 6436
 

ぺっぢょ さん

FTPソフトが使えれば、それに越したことはないので、FTPソフトでアクセスすれば良いのですが、使ったことがない、という場合は、ファイルマネージャーぐらいしかサーバーにアクセスする方法がないかもしれません。


返信引用
ぺっぢょ
 ぺっぢょ
(@ぺっぢょ)
ゲスト
結合: 9か月前
投稿: 6
Topic starter  

@leafytree様

本当になんども助けていただいてありがとうございます!!

帰宅後話しかけてくる家族の声も耳にはいらず絶望していたところ光がさしました!!

ご助言いただいた通りサーバーのディレクトリにcocoon childを発見しstyle cssのファイルのヘッダー部分を編集したらダッシュボードに復活しました!!そして有効化したらサイトが元に戻りました!!まだ記事も少ないですが仕事から帰って毎晩チョコチョコいぢってきたので愛着があり、不注意で落としてしまった結婚指輪を婚約者の小泉進次郎氏が見つけ出してくれて感動した時の滝川クリステル氏みたいな心境です!!涙

本当にありがとうございます!!


わいひら 件のいいね!
返信引用
リフィトリー
(@leafytree)
メンバー Moderator
結合: 3年前
投稿: 6436
 

あ、子テーマ復旧しましたね!


返信引用
リフィトリー
(@leafytree)
メンバー Moderator
結合: 3年前
投稿: 6436
 

ぺっぢょさん

これから、親テーマを最新版にアップデートする方向になるかと思いますが、その前に、いろいろとバックアップしておくことをオススメします。

 

子テーマの style.css ファイルをファイルマネージャでダウンロードできればそれでもいいですし、記述したコードを全てコピーして、ローカルのパソコンに新たにファイルを作って保存しておきましょう。

 

コードを保存する際は、文字コードをUTF-8(BOMなし)でプレーンテキストを扱うことができるテキストエディターの使用をオススメします。

 

Windows10のメモ帳でも最近、UTF-8(BOMなし)で保存ができるようになっています。

 

あと、Cocoon設定のバックアップもしておきましょう。

 

一部、バックアップできないところもあるようなので、マニュアルページをよくお読みください。

 

テーマ設定のバックアップ方法

 

このバックアップファイルから、設定を復元することが可能です。

 

テーマ設定の復元(レストア)方法

 

その他、バックアップできるものは手動でバックアップしておきましょう。

 

そうすれば、最悪、親テーマ、子テーマともに入れ替えるような事態になったとしても、サイトを簡単に復旧することができるかと思います。

 

その上で、週明けにレンタルサーバーの連絡を待てばよいかと思います。


わいひら 件のいいね!
返信引用
ぺっぢょ
 ぺっぢょ
(@ぺっぢょ)
ゲスト
結合: 9か月前
投稿: 6
Topic starter  

@leafytree様

有効化した後状態を確認しましたがなぜかフロントページのサイドバーに削除したはずのメタ情報が出ていたので外観→ヴィジェットから非表示に直しました。

とりあえず、エラーが出ていた時のページまで戻れたな、と思ったらエラーメッセージが消えていました!!

親テーマが見つかりませんというメッセージが消えています。

もうわけわからなくなってきました。。

 


返信引用
リフィトリー
(@leafytree)
メンバー Moderator
結合: 3年前
投稿: 6436
 

ぺっぢょさん

とりあえず、テンプレートヘッダーは、そのままの状態の方が良いような気がします。

 

まだ、今は親テーマのフォルダ名は、Cocoon なので、それでつり合いがとれているのだろうと推測します。


返信引用
ぺっぢょ
 ぺっぢょ
(@ぺっぢょ)
ゲスト
結合: 9か月前
投稿: 6
Topic starter  

@leafytree様

テーマの設定のバックアップなど了解致しました。細かいところまでありがとうございます。

 

cocoonの最新バージョンは2.2.8かと思うのですが、自分の環境情報を見ると2.2.5.1になっています。つい最近cocoonのバージョアップのアナウンスをwordpressのダッシュボードかどこかで見かけた気がしていて、てっきり自分のcocoonは最新版に自動アップデートされているものと思っていました。こちら親テーマは最新版に手動でアップデートしていくものなのでしょうか?


返信引用
リフィトリー
(@leafytree)
メンバー Moderator
結合: 3年前
投稿: 6436
 

ぺっぢょさん

通常なら、わいひらさんが自動更新を設定されれば新しい親テーマがダッシュボードの更新のところに表示されるので、チェックを入れてアップデートすれば良いだけなのですが、表示されてアップデートしたら、親テーマがWordPressのテーマのところに2つ表示されたまま、古い方の親テーマが有効になっていて、新しい親テーマが適用されない、といった方が多いように思います。(過去のトピック参照)

 

親テーマ、子テーマとも、ConoHa WING からインストールすると、デフォルトのフォルダ名とは異なっているようなので、スムーズにアップデートできないのだろうと推測します。

 

これは、ConoHa WING だけに起こることのようで、他のレンタルサーバーでは、1度だけ似たようなことがありましたが、私がフォーラムで読んだ限りでは、ほぼ、ありません。


わいひら 件のいいね!
返信引用
ぺっぢょ
 ぺっぢょ
(@ぺっぢょ)
ゲスト
結合: 9か月前
投稿: 3
 

リフィトリー様

わいひら様

初心者の説明不足の質問投稿に大変ご丁寧なご回答を頂き本当にありがとうございました。

数日たちましたが一連の流れの後、同じエラーは出なくなりました。

 

しかしcocoonのバージョンアップが適用されていない問題は解決しないといけないかと思いますので、リンクしていただいた過去記事を読みつつしっかりバックアップして備え、conoha wingに質問しながら親テーマのバージョンアップを試みてみようと思っています。自力で情報収集し初めての事ばかりですので、また困った時はこちらに質問投稿するかもしれませんが、どうぞその時はまたお力をお借りできないでしょうか。

 

この度は本当にありがとうございました。

 

 


わいひらリフィトリー 件のいいね!
返信引用
リフィトリー
(@leafytree)
メンバー Moderator
結合: 3年前
投稿: 6436
 

ぺっぢょさん

conoha wingに質問しながら親テーマのバージョンアップを試みてみようと思っています。

これをどうやって解決するのかをフォーラムを読んでいる方々が興味を持って注視しています。

 

解決に至った場合は、どのように解決したのかを書きこんでいただけますと、とてもありがたいです。


わいひら 件のいいね!
返信引用
ぺっぢょ
 ぺっぢょ
(@ぺっぢょ)
ゲスト
結合: 9か月前
投稿: 3
 

@leafytree

 

かしこまりました!

お役に立てることがあれば嬉しいので今後実践してみます!


わいひらリフィトリー 件のいいね!
返信引用
共有:
スポンサーリンク
SWELLと業務提携しています
WordPressテーマSWELL
わいひらをフォローする
おすすめサーバー(コスパ・バックアップ重視型)

性能も兼ね備えながら安くブログ運営を開始できる点においてのNo.1。
それでいてブログ成長後は、十分すぎるほどのスペックアップ余力も担保されている。

◎安く始められる
◎LiteSpeedを用いた高速サーバー(完全SSD)
◎http/3(高速化プロトコル)に対応
◎東京・大阪でリージョン選択が可能
◎プランのアップ・ダウングレードが自由自在
◎同サービス内でドメイン管理が可能
◎ディスク容量が多い
◎転送量が多い
◎毎日無料バックアップ(14日分)
◎DBは14日以内なら無料自動復旧可能
◎ファイルも14日以内なら無料自動復旧可能
◎アダルト・出会い系サイト可
◎ドメインとサーバー代のチャージ払いが可能
○サーバ引っ越し依頼が可能(有料)

サービス運営期間:3年

1年以上の契約をする場合は、クーポンコード入力でさらに50%割引キャンペーン中!
※BOX2 ~ BOX8プラン契約の場合

クーポンコード:PK4JK4RJ

クーポンの使用方法はこちら

とにかく速い。サイトに表示スピードを求めるならココ。
管理画面がシンプルで使いやすい。

◎nginxを用いた高速サーバー(完全SSD)
◎プランのアップ・ダウングレードが自由自在
◎同サービス内でドメイン管理が可能
◎ディスク容量が多い
◎転送量が多い
○http/2(高速化プロトコル)に対応
◎毎日無料バックアップ(14日分)
◎DBは14日以内なら無料自動復旧可能
◎ファイルも14日以内なら無料自動復旧可能
◎サーバ引っ越しツールあり(無料)
○サーバ引っ越し依頼が可能(有料)
◎ドメインとサーバー代のチャージ払いが可能

サービス運営期間:3年

安定感抜群のサーバーです。あまり急激なアクセス変動がないアフィリエイトサイトに向いています。

◎nginxを用いた高速サーバー(完全SSD)
◎老舗サーバーなので安定感抜群
◎ディスク容量が多い
◎転送量が多い
◎同サービス内でドメイン管理が可能
○http/2(高速化プロトコル)に対応
○毎日無料バックアップ(14日分)
○DBは7日以内なら無料自動復旧可能
×ファイルは有料かつ手動での復旧
×プラン変更でCPUのスペックアップができない
×プラン変更しても即時反映されない
×アダルト・出会い系サイト不可

サービス運営期間:18年

常に新しいことに挑戦しているフロンティア精神あふるるレンタルサーバーです。
LiteSpeedやHTTP/2を日本で初めて導入したサーバー。

◎LiteSpeedを用いた高速サーバー(完全SSD)
◎http/3(高速化プロトコル)に対応
◎プランのアップ・ダウングレードが自由自在
◎同サービス内でドメイン管理が可能
◎転送量が多い
◎ディスク容量が多い
◎毎日無料バックアップ(14日分)
◎DBは14日以内なら無料自動復旧可能
○ファイルは14日以内なら無料復旧可能(※手動)
◎アダルト・出会い系サイト可
◎ドメインとサーバー代のチャージ払いが可能
○サーバ引っ越し依頼が可能(有料)

サービス運営期間:5年

格安な値段で始められる高機能サーバーです。
性能も備えつつ最安ならここ。
ただし少し機能は弱い。

◎LiteSpeedを用いた高速サーバー(完全SSD)
◎激安プランが用意してある
◎値段あたりのスペックが高い(コスパ良し)
◎サーバ引っ越し依頼が可能(無料)
◎アダルト・出会い系サイト可
○http/2(高速化プロトコル)に対応
△プランのアップは可能だがダウンは不可
△毎日自動バックアップ(1日分)
△前日のバックアップからのみ復元できる(無料)

サービス運営期間:5年

Cocoon
タイトルとURLをコピーしました