現在「イノセンス」スキンを適用中です。

cocoon設定 から「高速化」設定を実行⇒ 500Internal Server Error発生 | Cocoonテーマに関する質問 | Cocoon フォーラム

サイト内検索
書き込みの前に以下の3点をご確認ください。
  1. 1つのトピックにつき1つの質問を書き込んでください
  2. 不具合・カスタマイズ対象ページのURLを提示高速化を無効にしてください
  3. 該当部分のキャプチャ・環境情報とともに書き込んでいただけると助かります

何を書き込んだら良いか分からない場合は、以下のテンプレートをコピペしてご利用ください。

対象のページのURL:

相談内容:

解決のために試したこと:

※文字だけでは正しく伝わらない可能性があるため、画像の添付もお願いします。
※高速化設定をしている場合は無効にしてください。
環境情報:

※↑こちらに「Cocoon設定 → テーマ情報」にある「環境情報」を貼り付けてください。

環境情報の取得方法はこちら。
https://wp-cocoon.com/theme-report/
高速化設定を無効にするにはこちら。
https://wp-cocoon.com/theme-trouble/

フォーラム利用ガイドリンク

  1. フォーラムガイドライン
  2. よくある質問と答え(FAQ)
  3. サポート対象外のケース
  4. 原因不明の不具合用トラブルシューティング
  5. トピックにHTMLを貼り付ける方法(推奨ツール:notepad.pw
  6. 真っ白画面でのエラーメッセージの確認方法 
  7. ブラウザ環境チェックツール

フォーラム質問後、問題等が解決した場合は結果を書き込んでいただけると幸いです。同様の問題で調べている方には、結果が一番気になる部分となります。

また、問題の解決に至った場合には、トピック冒頭の「解決済み」リンクをクリックしていただけますと幸いです。

wpForoの解決済みリンク

また、有用な返信があった場合は「いいね!」リンクもご活用ください。返信者の励みになります。

wpForoのいいねリンク

「いいね!」機能はフォーラム登録者のみが利用できる機能です。

CC BY-ND 2.1)準じていれば(リンクを貼っていただければ)転載も自由です。カスタマイズ記事を書く際にコード等をコピペ利用していただいて構いません。

フォーラムの使い方がよくわからない場合は、テストトピックで自由にテストしていただいて構いません。

最近の書き込みはこちら。

詳細なカスタマイズ依頼をするならこちら。

スポンサーリンク
cocoon設定 から「高速化」設定を...
 
共有:
通知
すべてクリア

[解決済] cocoon設定 から「高速化」設定を実行⇒ 500Internal Server Error発生


yoppy
 yoppy
(@yoppy)
ゲスト
結合: 3か月前
投稿: 2
Topic starter  

XFreeという無料サーバー上で
WordPressのテーマを「cocoon」に変更し、
cocoon設定 から高速化する設定を行ったところ、

500Internal Server Errorが出ました。

設定を元に戻そうと、管理画面からダッシュボードに入ろうとしても、
500Internal Server Errorが出て、修正することもできなくて困っています。

環境は、XFreeという無料サーバーで、WordPressは最新版です。

解決方法を検索したところ、
下記ページにまったく同様の事例があり、
その方法を試そうとしたのですが、できませんでした。
https://secure.xfree.ne.jp/bbs/detail.cgi?td=982

具体的には、
上記ページに記載の解決策では、
 >htaccessを編集してみてください。
 >#BEGIN COCOON HTACCESS
 >から
 >#END COCOON HTACCESS
 >までを全部削除。
と書いてあったのですが、

私の場合、htaccessを開いてみると、最初から何も書かれておらずで、
編集しようがない状態でした。

どうすれば解決できるのか、ご教示頂けると幸いです。

よろしくお願いいたします。


引用未解決
mofumofu
(@mofumofu)
Trusted Memberサイト
結合: 6か月前
投稿: 73
 

@yoppy さん

参考サイトではエラーログを載せていますが、エラーログを確認することはできますでしょうか?

それと、.htaccessに何も書かれていないというのは少し変ですね。

XFreeという無料サーバーについてはよくわかりませんが、apacheやnginxなどのconfファイルは変更できるのでしょうか?


わいひらリフィトリー 件のいいね!
返信引用
Yamachan11
(@yamachan11)
Estimable Memberサイト
結合: 1年前
投稿: 225
Yamachan11 - FacebookYamachan11 - Twitter
 

こんにちは、

500 Internal Server Error

このエラーはほとんどの場合、次のいずれかの方法で効率的に解決できると思います。

1.一般的なソフトウェア問題のトラブルシューティング

2.サーバーサイドスクリプトのデバッグ

3.サーバー管理者へのヘルプ依頼

 の3つです。

 

1.一般的なソフトウェア問題のトラブルシューティング

インストールの失敗、互換性の問題、サーバーのアクセス権限の設定ミスなどが原因で
500 Internal Server Errorが発生している可能性があります。

この場合、以下の方法で解決が可能です。

  • 最近インストールまたはアップグレードしたソフトウェアが、インストールまたはアップグレードに失敗していないか確認します。
     ソフトウェアを更新するには、ベンダーのウェブサイトで手順を確認してください。
  • 新しく有効にしたプラグインやテーマと既存のプラグインやテーマの互換性の問題がないかを確認します。
     それらを1つずつ無効にすることで原因を特定します。
  • 最近ソフトウェアをアップグレードした場合も既存のプラグインやテーマとの互換性の問題でエラーが発生している可能性があります。
     同様にプラグインやテーマを1つずつ無効にすることで原因を特定します。

 

2.サーバーサイドスクリプトのデバッグ

 現在テストしている開発途中のカスタムスクリプトが500 Internal Server Errorの原因となっている可能性があります。

 この場合、以下に挙げる方法で解決が可能です。

  • サーバーの権限が正しく設定されていることを確認します。
     PHPやCGIなどのスクリプトを含むファイルやフォルダの権限が正しくない場合、スクリプトを実行できません。

 

  • プログラムのミスや使用不能のリソースがないか確認します。
     何らかのスクリプトが無限ループで実行され、タイムアウトしている可能性があります。

 

  • htcaccessファイルやカスタムスクリプトにコーディングエラーがないか確認します。
     こうしたコーディングエラーも500 Internal Server Errorの原因になります。

 

3.サーバー管理者へのヘルプ依頼

 一般的なソフトウェアの問題をトラブルシューティングしたり、
 サーバーサイドスクリプトをデバッグしたりしても解決しない場合は、

 サーバーのマニュアルを参照して、この種の問題で最もよくある原因を調べてみましょう。

 

 500 Internal Server Errorは、各種のオペレーティングシステムで幅広い原因で発生する可能性があります。

サーバープロバイダーに依頼して、エラーログの中から問題の根本原因を裏付ける情報を探してもらってください。

This post was modified 3か月前 2回 by Yamachan11

わいひらリフィトリー 件のいいね!
返信引用
さる子
(@saruko)
メンバーサイト Moderator
結合: 1年前
投稿: 214
さる子 - Twitter
 

マニュアルに対処方法が載っていました。

.htaccessの編集|無料レンタルサーバー【エックスフリー】

WordPress運用中に「Internal Server Error」(ERROR番号:500)が表示された場合、プラグイン等の影響により「.htaccess」が書き換えられ、当サービスに沿わない設定がされている可能性があります。

 

 

こちらの手順を一度試してみてください。

公式マニュアルにも書かれているように、バックアップを取ってから行ったほうがいいと思います。


リフィトリーmofumofu 件のいいね!
返信引用
yoppy
 yoppy
(@yoppy)
ゲスト
結合: 3か月前
投稿: 2
Topic starter  

@mofumofu

ご回答ありがとうございます!

エラーログというのかどうかわかりませんが、

画像のエラーメッセージが表示されました。

 

 


返信引用

返信する

投稿者名

投稿者メールアドレス

タイトル *

許可された最大ファイルサイズ 5MB

 
プレビュー 0リビジョン 保存しました
共有:
スポンサーリンク
わいひらをフォローする
おすすめサーバー(コスパ・バックアップ重視型)

性能も兼ね備えながら安くブログ運営を開始できる点においてのNo.1。
それでいてブログ成長後は、十分すぎるほどのスペックアップ余力も担保されている。

◎安く始められる
◎LiteSpeedを用いた高速サーバー(完全SSD)
◎http/3(高速化プロトコル)に対応
◎東京・大阪でリージョン選択が可能
◎プランのアップ・ダウングレードが自由自在
◎同サービス内でドメイン管理が可能
◎ディスク容量が多い
◎転送量が多い
◎毎日無料バックアップ(14日分)
◎DBは14日以内なら無料自動復旧可能
◎ファイルも14日以内なら無料自動復旧可能
◎アダルト・出会い系サイト可
◎ドメインとサーバー代のチャージ払いが可能
○サーバ引っ越し依頼が可能(有料)

サービス運営期間:2年9ヶ月

1年以上の契約をする場合は、クーポンコード入力でさらに10%割引(※2021/6/30まで)。

クーポンコード:PK4JK4RJ

クーポンの使用方法はこちら

とにかく速い。サイトに表示スピードを求めるならココ。
管理画面がシンプルで使いやすい。

◎nginxを用いた高速サーバー(完全SSD)
◎プランのアップ・ダウングレードが自由自在
◎同サービス内でドメイン管理が可能
◎ディスク容量が多い
◎転送量が多い
○http/2(高速化プロトコル)に対応
◎毎日無料バックアップ(14日分)
◎DBは14日以内なら無料自動復旧可能
◎ファイルも14日以内なら無料自動復旧可能
◎サーバ引っ越しツールあり(無料)
○サーバ引っ越し依頼が可能(有料)
◎ドメインとサーバー代のチャージ払いが可能

サービス運営期間:2年7ヶ月

安定感抜群のサーバーです。あまり急激なアクセス変動がないアフィリエイトサイトに向いています。

◎nginxを用いた高速サーバー(完全SSD)
◎老舗サーバーなので安定感抜群
◎ディスク容量が多い
◎転送量が多い
◎同サービス内でドメイン管理が可能
○http/2(高速化プロトコル)に対応
○毎日無料バックアップ(14日分)
○DBは7日以内なら無料自動復旧可能
×ファイルは有料かつ手動での復旧
×プラン変更でCPUのスペックアップができない
×プラン変更しても即時反映されない
×アダルト・出会い系サイト不可

サービス運営期間:17年

常に新しいことに挑戦しているフロンティア精神あふるるレンタルサーバーです。
LiteSpeedやHTTP/2を日本で初めて導入したサーバー。

◎LiteSpeedを用いた高速サーバー(完全SSD)
◎http/3(高速化プロトコル)に対応
◎プランのアップ・ダウングレードが自由自在
◎同サービス内でドメイン管理が可能
◎転送量が多い
◎ディスク容量が多い
◎毎日無料バックアップ(14日分)
◎DBは14日以内なら無料自動復旧可能
○ファイルは14日以内なら無料復旧可能(※手動)
◎アダルト・出会い系サイト可
◎ドメインとサーバー代のチャージ払いが可能
○サーバ引っ越し依頼が可能(有料)

サービス運営期間:4年

格安な値段で始められる高機能サーバーです。
性能も備えつつ最安ならここ。
ただし少し機能は弱い。

◎LiteSpeedを用いた高速サーバー(完全SSD)
◎激安プランが用意してある
◎値段あたりのスペックが高い(コスパ良し)
◎サーバ引っ越し依頼が可能(無料)
◎アダルト・出会い系サイト可
○http/2(高速化プロトコル)に対応
△プランのアップは可能だがダウンは不可
△毎日自動バックアップ(1日分)
△前日のバックアップからのみ復元できる(無料)

サービス運営期間:5年

Cocoon
タイトルとURLをコピーしました