現在「イノセンス」スキンを適用中です。

WordPress5.6~2021年のアップデートについて | 雑談 | Cocoon フォーラム

サイト内検索
書き込みの前に以下の3点をご確認ください。
  1. 1つのトピックにつき1つの質問を書き込んでください
  2. 不具合・カスタマイズ対象ページのURLを提示高速化を無効にしてください
  3. 該当部分のキャプチャ・環境情報とともに書き込んでいただけると助かります

フォーラム利用ガイドリンク

  1. フォーラムガイドライン
  2. よくある質問と答え(FAQ)
  3. サポート対象外のケース
  4. 原因不明の不具合用トラブルシューティング
  5. トピックにHTMLを貼り付ける方法(推奨ツール:notepad.pw
  6. 真っ白画面でのエラーメッセージの確認方法 
  7. ブラウザ環境チェックツール

フォーラム質問後、問題等が解決した場合は結果を書き込んでいただけると幸いです。同様の問題で調べている方には、結果が一番気になる部分となります。

また、問題の解決に至った場合には、トピック冒頭の「解決済み」リンクをクリックしていただけますと幸いです。

wpForoの解決済みリンク

また、有用な返信があった場合は「いいね!」リンクもご活用ください。返信者の励みになります。

wpForoのいいねリンク

「いいね!」機能はフォーラム登録者のみが利用できる機能です。

CC BY-ND 2.1)準じていれば(リンクを貼っていただければ)転載も自由です。カスタマイズ記事を書く際にコード等をコピペ利用していただいて構いません。

フォーラムの使い方がよくわからない場合は、テストトピックで自由にテストしていただいて構いません。

最近の書き込みはこちら。

詳細なカスタマイズ依頼をするならこちら。

フォーラムのTwitterアカウント(@CocoonForum)はこちら

スポンサーリンク
共有:
通知
すべてクリア

WordPress5.6~2021年のアップデートについて


ろこ
(@lococo)
Prominent Memberサイト
結合: 3年前
投稿: 807
Topic starter  

年末なのとWordPress5.6での仕様変更の影響が大きかったこと、今回のリリース版をテストして不具合報告したのが前日になってしまったこともあり、近いアップデートで予定されている主な変更点をまとめておきます。

開発者だけでなく、運営者にも影響する点が多いので、2021年もWordPressを利用する方は知っておいて損はないと思います。

ロードマップに沿って現在開発が進んでいる内容をまとめたので、細かい変更点は省いています。
補足や訂正、不明な点などがあれば、書き込んでいただけると幸いです。

引用内はCocoonで使用してみた結果、またはCocoonのコードを読んだ上での所感。

 


 

【WordPress5.6の主な変更点】

https://wp-cocoon.com/community/postid/42433/

にまとめてあります。

開発者であれば、Block API v2

https://make.wordpress.org/core/2020/11/18/block-api-version-2/

などもけっこう大きな変更だったのではないかと思います。

あと、まだクラシックエディターで記事を書いている方にとっては、5.6がブロックエディターへスムーズに移行できる最後の期間になるかもしれません。

 

 

【WordPress5.7で予定されている変更点】

ウィジェットページがブロックエディター化されます。

https://make.wordpress.org/core/2020/09/30/call-for-testing-the-widgets-screen-in-gutenberg-9-1/

5.6で追加される予定だったのですが、カスタマイザーの開発が不十分ということで5.7になりました。
ウィジェットエリアにウィジェットだけではなく、ブロックも並べることができる仕様になります。

Cocoonでは少なくともブログカードブロックが対応できておらず、現在行っている余白の修正に関しても対応が必要になります。

従来のウィジェットも動作しますが、いつまでサポートされるかなどは把握していません。
個人的には、半ばFSEに向けてウィジェットをブロック化するための期間と考えています。

 

メニュー画面もブロックエディター化され、メニューをブロックでも表示できるようになります。

https://make.wordpress.org/core/2020/09/16/whats-new-in-gutenberg-16-september/

https://make.wordpress.org/core/2020/02/07/navigation-block-exclusion-from-wp-5-4/

ウィジェットと同様、5.6で追加される予定でしたが、より柔軟に機能する方向で開発が進められているため、5.7から5.8に遅れる可能性もありそうです。

メニューの作成は容易になりますが、Cocoonの各ショートコード設定で用いるような使い方には現状あまり適していないので、ブロック化を考えた方がいいのかもしれません。

 

 

【FSE(Full Site Editing)】

自身の環境では対応を進めていますが、すでにβ版は出ていて、FSEに対応したブロックベーステーマもいくつか公式テーマとして登録されています。

https://developer.wordpress.org/block-editor/tutorials/block-based-themes/

https://github.com/WordPress/theme-experiments

ウィジェットやメニューなども含め、ひとつのサイトエディター上でブロックを組み合わせ、サイト全体を作成・編集することができるようになります。

今まではテーマの各テンプレートファイルに書き込んでいたHTMLですが、テーマ有効化とともに一度データベースに保存され、ブロックエディターから編集します。
テンプレートファイルに直接追記しないといけなかったことが、ウィジェット感覚でできるようになるイメージです。

ブロックベーステーマのテンプレートファイルはHTMLで書かないといけないため、Cocoonのような多機能テーマやプラグインの開発・カスタマイズでは基本的にブロックを扱わないといけなくなります。

また、head要素(wp_head関数)以上やwp_footer関数以下のHTMLは直接触れないので、header.phpやfooter.phpに記述しているHTMLは全部フックを通さないといけません。

最近のGutenberg開発の大半はFSE関連に費やされているので、早ければ5.8-5.9あたりで正式にリリースされるのではと考えています。
今のところ、ブロックベーステーマにしない限りはFSEはオフになります。

 

FSEとおそらく同時に、グローバルスタイルというシステムも導入されます。

https://developer.wordpress.org/block-editor/developers/themes/theme-json/

https://github.com/WordPress/gutenberg/issues/19611

サイト全体の

  • フォント
  • 余白
  • カラー

といったデザインをJSONで記述し、JSONをもとにCSSが出力されます。

グローバルスタイルに基づいてブロックを設計しておくことで、テーマ変更時やブロックディレクトリのブロック追加時にブロックのデザインが崩れないようにするための仕組みです。

サイト制作のエコシステムとしては非常に便利だと感じますが、初心者にとっては今までよりもカスタマイズのハードルが少し高くなりそうです。

グローバルスタイルはFSE専用というわけではなさそうなので、開発が進むにしたがってCocoonでCSS関連の不具合が出ると思います。


pono, ichigo, stmap と 7 人の方がいいね!
引用
ろこ
(@lococo)
Prominent Memberサイト
結合: 3年前
投稿: 807
Topic starter  

FSEやグローバルスタイルに関する補足です。

 

FSEではグローバルスタイルなど、主にサイドバー上で各種スタイルの設定値を制御する機会が増えるのですが、そのUI/UXを向上させるために、

WordPress Components V2 (G2 Components)

というプロジェクトが立ち上がっています。

FSEがリリースされるまでには、ブロックエディター上の少なくとも設定周りのデザインや操作性が一新されるようです。

(ただし、個々のブロックの操作性はそのブロックが各所に適切なコンポーネントを採用できているかどうかにもよる。)

 

https://make.wordpress.org/core/2020/11/10/twenty-twenty-one-dark-mode-update/

WordPress5.6に同梱されている公式テーマ「Twenty Twenty-One」ではダークモード機能が実装されていますが、その辺りもエディター側に反映しやすい仕様になるのではないかと思います。


pono, ichigo, stmap と 1 人の方がいいね!
返信引用
わいひら
(@yhira)
メンバーサイト Admin
結合: 3年前
投稿: 11663
わいひら - Facebookわいひら - Twitter
 

詳しい情報をありがとうございます。
劇的に変わってきますね…。


stmap 件のいいね!
返信引用
ichigo
(@ichigo)
Active Member
結合: 3か月前
投稿: 5
 

はじめまして。

よくCocoonにお世話になっているしがないデザイナーしております。

大変興味深く読ませていただきました。

Cocoonはどこまで対応するのか知りたいところであります。

直近のアップデートはまだ不具合の報告が散見され、よく分かっておらずなので、どれが修正されればWordpress共々更新してもよいのかも知りたくあります。


返信引用
ichigo
(@ichigo)
Active Member
結合: 3か月前
投稿: 5
 

度々申し訳ございません。

昨夜、フルサイトの機能を触ってどのようにサイトを作ればよいのか勉強しておりました。

ブロックのウィジェットを触った経験はありましても、1日2日で理解は難しそうであります。

そこで、フォーラムで回答されておられる皆さんは、ブロックの制作などどう学習されたのかお聞きしたいところであります。


返信引用
ろこ
(@lococo)
Prominent Memberサイト
結合: 3年前
投稿: 807
Topic starter  

劇的に変わってきますね…。

フェーズ2は元々2020年中に完成予定だったことから、2021年は大変な1年になりそうです。

特にFSEと旧エディターの対応は両立しないので、次回アップデートあたりでそろそろ旧エディターのサポートをどうするか考えないといけなくなるかもしれません。

 

直近のアップデートはまだ不具合の報告が散見され、よく分かっておらずなので、どれが修正されればWordpress共々更新してもよいのかも知りたくあります。

エラーなく動作するレベルを求めるのであれば、少なくとも

ボタンブロックの不具合

が修正されるまでではないかと。

 

ブロックの制作などどう学習されたのかお聞きしたいところであります。

私は元々フロントエンドの技術には疎く、Gutenbergが出るまではなるべく避けてきたのですが、Gutenberg時代のWordPressではモダンなフロントエンド開発のノウハウがそのまま役に立つと思い、幅広く学習する時間を作っています。

Gutenbergでできる大抵のことはブロックエディターの公式ドキュメントに書かれていますが、React自体を理解しない限りサンプル以上のコードは書けないので、ただブロックを作ってみるだけでなく、React系のフレームワークなども触ってみるのがいいと思います。


ichigo 件のいいね!
返信引用
ichigo
(@ichigo)
Active Member
結合: 3か月前
投稿: 5
 

アップデートの件、承知しました。

まだしばらくは様子を見る所存であります。


返信引用
ichigo
(@ichigo)
Active Member
結合: 3か月前
投稿: 5
 

今後ブロックを制作していくにはバックにある技術、周辺にある技術を幅広く理解していかないと難しいわけですか。

この年末年始を使って、まずは最新バージョンまで知識が追いつけるよう勉強するつもりでおります。

他の回答者様方、制作者様方にも意見を伺いたく思っております。

フルサイトに向けて、皆さんは知識面や制作面でどのように進めておられるのでしょうか?


返信引用
はる
(@haruinoue)
Reputable Memberサイト
結合: 7か月前
投稿: 395
 

「ブロック制作」というのは、ブロックベーステーマのテーマをご自身で制作されるという意味で合ってますかね??

 

私は単に利用者側なので特に勉強等していません。
既存のテーマをFSEに対応させるとしたら大変そうだな~と思っています。


返信引用
ichigo
(@ichigo)
Active Member
結合: 3か月前
投稿: 5
 

申し訳ありません。

ブロック制作と言いますのは、gutenbergエディターで使用するブロックの制作という意味で申し上げたつもりであります。

フルサイト関係なく、サイトをデザインするにしましても、カスタマイズするにしましても、結局ブロックを介さなければならないというところは理解しております。

制作者様やフォーラムの回答者様はブロックへの理解が必要不可欠となるわけでありますので、どのように理解を深めておられるのか知りたかったところであります。


返信引用

返信する

投稿者名

投稿者メールアドレス

タイトル *

許可された最大ファイルサイズ 5MB

 
プレビュー 0リビジョン 保存しました
共有:
スポンサーリンク
わいひらをフォローする
おすすめサーバー(コスパ・バックアップ重視型)

性能も兼ね備えながら安くブログ運営を開始できる点においてのNo.1。
それでいてブログ成長後は、十分すぎるほどのスペックアップ余力も担保されている。

◎安く始められる
◎LiteSpeedを用いた高速サーバー(完全SSD)
◎http/3(高速化プロトコル)に対応
◎東京・大阪でリージョン選択が可能
◎プランのアップ・ダウングレードが自由自在
◎同サービス内でドメイン管理が可能
◎ディスク容量が多い
◎転送量が多い
◎毎日無料バックアップ(14日分)
◎DBは14日以内なら無料自動復旧可能
◎ファイルも14日以内なら無料自動復旧可能
◎アダルト・出会い系サイト可
◎ドメインとサーバー代のチャージ払いが可能
○サーバ引っ越し依頼が可能(有料)

サービス運営期間:2年7ヶ月

1年以上の契約をする場合は、クーポンコード入力でさらに10%割引(※2021/6/30まで)。

クーポンコード:PK4JK4RJ

クーポンの使用方法はこちら

とにかく速い。サイトに表示スピードを求めるならココ。
管理画面がシンプルで使いやすい。

◎nginxを用いた高速サーバー(完全SSD)
◎プランのアップ・ダウングレードが自由自在
◎同サービス内でドメイン管理が可能
◎ディスク容量が多い
◎転送量が多い
○http/2(高速化プロトコル)に対応
◎毎日無料バックアップ(14日分)
◎DBは14日以内なら無料自動復旧可能
◎ファイルも14日以内なら無料自動復旧可能
◎サーバ引っ越しツールあり(無料)
○サーバ引っ越し依頼が可能(有料)
◎ドメインとサーバー代のチャージ払いが可能

サービス運営期間:2年5ヶ月

安定感抜群のサーバーです。あまり急激なアクセス変動がないアフィリエイトサイトに向いています。

◎nginxを用いた高速サーバー(完全SSD)
◎老舗サーバーなので安定感抜群
◎ディスク容量が多い
◎転送量が多い
◎同サービス内でドメイン管理が可能
○http/2(高速化プロトコル)に対応
○毎日無料バックアップ(14日分)
○DBは7日以内なら無料自動復旧可能
×ファイルは有料かつ手動での復旧
×プラン変更でCPUのスペックアップができない
×プラン変更しても即時反映されない
×アダルト・出会い系サイト不可

サービス運営期間:17年

常に新しいことに挑戦しているフロンティア精神あふるるレンタルサーバーです。
LiteSpeedやHTTP/2を日本で初めて導入したサーバー。

◎LiteSpeedを用いた高速サーバー(完全SSD)
◎http/3(高速化プロトコル)に対応
◎プランのアップ・ダウングレードが自由自在
◎同サービス内でドメイン管理が可能
◎転送量が多い
◎ディスク容量が多い
◎毎日無料バックアップ(14日分)
◎DBは14日以内なら無料自動復旧可能
○ファイルは14日以内なら無料復旧可能(※手動)
◎アダルト・出会い系サイト可
◎ドメインとサーバー代のチャージ払いが可能
○サーバ引っ越し依頼が可能(有料)

サービス運営期間:4年

格安な値段で始められる高機能サーバーです。
性能も備えつつ最安ならここ。
ただし少し機能は弱い。

◎LiteSpeedを用いた高速サーバー(完全SSD)
◎激安プランが用意してある
◎値段あたりのスペックが高い(コスパ良し)
◎サーバ引っ越し依頼が可能(無料)
◎アダルト・出会い系サイト可
○http/2(高速化プロトコル)に対応
△プランのアップは可能だがダウンは不可
△毎日自動バックアップ(1日分)
△前日のバックアップからのみ復元できる(無料)

サービス運営期間:5年

Cocoon
タイトルとURLをコピーしました