特典機能について

cocoon更新後「 親テーマが見つかりません。」と表示されます | Cocoonテーマに関する質問 | Cocoon フォーラム

サイト内検索
運営者(わいひら)は、骨の手術明けのためしばらく体調を優先して運営させていただきます。ですので、フォーラム負担軽減のため登録者のみ書き込めるようを制限をさせていただきます。フォーラム未登録の方はこちらの手順で登録を行ってください。予定としては12月前半まで実施させていただきます。
書き込みの前に以下の3点をご確認ください。
  1. 1つのトピックにつき1つの質問を書き込んでください
  2. 不具合・カスタマイズ対象ページのURLを提示高速化を無効にしてください
  3. 該当部分のキャプチャ・環境情報とともに書き込んでいただけると助かります

何を書き込んだら良いか分からない場合は、以下のテンプレートをコピペしてご利用ください。

不具合・カスタマイズ対象ページのURL:

相談内容:

解決のために試したこと:

※文字だけでは正しく伝わらない可能性があるため、スクショ画像の添付もお願いします。
※高速化設定をしている場合は無効にしてください。
環境情報:

※↑こちらに「Cocoon設定 → テーマ情報」にある「環境情報」を貼り付けてください。

環境情報の取得方法はこちら。
https://wp-cocoon.com/theme-report/
高速化設定を無効にするにはこちら。
https://wp-cocoon.com/theme-trouble/

フォーラム利用ガイドリンク

  1. フォーラムガイドライン
  2. よくある質問と答え(FAQ)
  3. サポート対象外のケース
  4. 原因不明の不具合用トラブルシューティング
  5. トピックにHTMLを貼り付ける方法(推奨ツール:notepad.pw
  6. 真っ白画面でのエラーメッセージの確認方法 
  7. ブラウザ環境チェックツール

フォーラム質問後、問題等が解決した場合は結果を書き込んでいただけると幸いです。同様の問題で調べている方には、結果が一番気になる部分となります。

また、問題の解決に至った場合には、トピック冒頭の「解決済み」リンクをクリックしていただけますと幸いです。

wpForoの解決済みリンク

また、有用な返信があった場合は「いいね!」リンクもご活用ください。返信者の励みになります。

wpForoのいいねリンク

「いいね!」機能はフォーラム登録者のみが利用できる機能です。

CC BY-ND 2.1)準じていれば(リンクを貼っていただければ)転載も自由です。カスタマイズ記事を書く際にコード等をコピペ利用していただいて構いません。

フォーラムの使い方がよくわからない場合は、テストトピックで自由にテストしていただいて構いません。

最近の書き込みはこちら。

詳細なカスタマイズ依頼をするならこちら。

スポンサーリンク
cocoon更新後「 親テーマが見つか...
 
共有:
通知
すべてクリア

[解決済] cocoon更新後「 親テーマが見つかりません。」と表示されます


ukkarin
(@ukkarin)
Active Member
結合: 1週間前
投稿: 6
Topic starter  

不具合・カスタマイズ対象ページのURL:ウッカリンチャッカリン - シンママでも娘をフィリピンの大学に通わせる奮闘記 (ukkarin.com)

相談内容:ConoHaからcocoonを更新するように案内が来たため、ガイドに沿って更新したら文字は読めるものの、サイトが白くなってしまいました。

解決のために試したこと:templateを変更すればいいというネットの書き込みを見て試したんですが、やり方が分からず断念しています。ディレクトリ名が違うのもよく分かりません。Conohaでcocoonのディレクトリが3つあるのも気になります(スクショ添付しています。)

初心者で全く分かりませんので、よろしくお願いします。

環境情報:----------------------------------------------
サイト名:ウッカリンチャッカリン
サイトURL: https://ukkarin.com
ホームURL: https://ukkarin.com
コンテンツURL:/wp-content
インクルードURL:/wp-includes/
テンプレートURL:/wp-content/themes/cocoon-master
スタイルシートURL:/wp-content/themes/cocoon-child-master
親テーマスタイル:/wp-content/themes/cocoon-master/style.css
子テーマスタイル:/wp-content/themes/cocoon-child-master/style.css
WordPressバージョン:5.8.2
PHPバージョン:7.4.25
ブラウザ:Mozilla/5.0 (Windows NT 10.0; Win64; x64) AppleWebKit/537.36 (KHTML, like Gecko) Chrome/96.0.4664.45 Safari/537.36 Edg/96.0.1054.29
サーバーソフト:Apache
サーバープロトコル:HTTP/1.1
エンコーディング:gzip, deflate, br
言語:ja,en;q=0.9,en-GB;q=0.8,en-US;q=0.7
----------------------------------------------
テーマ名:Cocoon
バージョン:2.3.7.2
カテゴリ数:18
タグ数:0
ユーザー数:1
----------------------------------------------
子テーマ名:Cocoon Child
バージョン:1.1.3
style.cssサイズ:845バイト
functions.phpサイズ:203バイト
----------------------------------------------
Gutenberg:1
AMP:0
PWA:0
Font Awesome:4
Auto Post Thumbnail:0
Retina:0
ホームイメージ:/wp-content/themes/cocoon-master/screenshot.jpg
----------------------------------------------
ブラウザキャッシュ有効化:0
HTML縮小化:0
CSS縮小化:0
JavaScript縮小化:0
Lazy Load:0
WEBフォントLazy Load:0
----------------------------------------------
利用中のプラグイン:
Ad Inserter 2.7.4
Akismet Anti-Spam 4.2.1
All in One SEO 4.1.5.2
BackWPup 3.10.0
Classic Editor 1.6.2
ConoHa WING コントロールパネルプラグイン 1.0
ConoHa WING 自動キャッシュクリア 1.0.0
Contact Form 7 5.4.2
Flying Scripts by WP Speed Matters 1.2.2
Google Analytics for WordPress by MonsterInsights 8.2.0
Head, Footer and Post Injections 3.2.2
LIQUID SPEECH BALLOON 1.1.5
Phoenix Media Rename 3.4.4
Pretty Links 3.2.3
Redirection 5.1.3
SiteGuard WP Plugin 1.6.0
WordPress Ping Optimizer 2.35.1.2.3
WP Fastest Cache 0.9.4
WPForms Lite 1.6.9
----------------------------------------------

 


mk2
(@mk2_mk2)
メンバー Moderator
結合: 9か月前
投稿: 2311
 

ukkarinさん

個人的には、ConoHaの手順なのであれば、ConoHaにお問い合わせもした方が良いようには思いますが・・・。

 

ConoHaは、Cocoonを独自に改変していました。
そのため、インストールされるフォルダが違い、アップデートもできないという状態が続いていました。

それをConoHaは改善しようとしたということだと思います。

ConoHa独自に改変したテーマは、以下にインストールされていました。

  • 親テーマ:cocoon
  • 子テーマ:cocoon-child

  
ukkarinさんが添付なさった画像を拝見すると、上記の子テーマだけが残っています。

これを有効化していれば、「親テーマが見つかりません。」と表示されると思われます。

WordPressのメニューの「外観」-「テーマ」を、ukkarinさんの環境で確認すると、おそらく子テーマが2つあると思います。

 

ConoHaのサイトの手順を拝見すると、「cocoon-child」も削除するような記載があります。(項番[14])
その手順通りに作業をするのであれば、作業を漏らしたということだと思います。

 

ちなみに、Cocoon標準のインストールフォルダは以下です。

  • 親テーマ:cocoon-master
  • 子テーマ:cocoon-child-master

 

ConoHaが独自に改変したテーマと、Cocoon公式からダウンロードできるテーマは、WordPress上では別物として扱われます。

 

投稿者:: @ukkarin

更新したら文字は読めるものの、サイトが白くなってしまいました。

これは、以前どうやってサイトの色を指定していたかですが・・・。

テーマ設定からしていたのであれば、ConoHa独自に改変したテーマと、Cocoon公式とは、WordPress上では別物扱いです。

よって、テーマの設定情報も別物です。
テーマの設定情報の移行をしない限りは、引継ぎされないという事かと思います。

ConoHaの手順を拝見する限り、テーマの設定情報の移行などの手順は記載されていないようです。


さる子わいひら 件のいいね!
mk2
(@mk2_mk2)
メンバー Moderator
結合: 9か月前
投稿: 2311
 

もし、まだConoHa独自に改変した親テーマ(※)をインストールすることが可能であれば、テーマの設定情報をバックアップして、新しいテーマへリストアすることは可能だと思います。
(※「cocoon」フォルダのもの。)

おそらくですが。
(データベースにレコードはおそらく残っているものと思いますが、確証はないです。)

上記ができないのであれば、疑似的に作り出す必要がありそうです。
(それで上手くいくかは分かりませんし、試してもいませんので。)

少しややこしくなると思いますので、あまり詳しくないということであれば、設定情報は手で再設定するのが良いように思います。

 

1番良いのは、ConoHa独自に改変したテーマを消す前に、テーマ設定情報をバックアップしておくことなんですよね、本当は。


さる子わいひら 件のいいね!
はる
(@haruinoue)
メンバーサイト Moderator
結合: 1年前
投稿: 802
 

ukkarinさんの「サイトが白くなった」状態は、テーマの設定が初期化されてる状態です。

 

テーマの設定は子テーマ名で保存されているかと思います。

旧子テーマ(cocoon-child)はまだサーバー上に残っているようですので、ダッシュボードのテーマ選択画面にCocoon子テーマが2つ表示されているんじゃないかと思います。

なので今選択してるもの(新子テーマ)とは別の方(旧子テーマ)を有効化→Cocoon設定>バックアップで設定を保存>新子テーマに切り替え>設定をリストア、でいけそうな気が…?

 

追記:もしかして対応する親テーマがないと子テーマに切り替えられなかったりしたかも知れません…。


さる子わいひら 件のいいね!
mk2
(@mk2_mk2)
メンバー Moderator
結合: 9か月前
投稿: 2311
 

疑似的な環境を作りました。

ConoHa独自のテーマは

  • 親テーマ削除済
  • 子テーマは残っている

という状態です。

Cocoon公式テーマは、親子とも存在します

 

上記の状態で、ConoHaの子テーマを有効にしようとすると、以下のようになエラーメッセージが表示されます。

 
 
先にも書きましたが・・・。

おそらくですが、ConoHaの子テーマの時の設定はまだデータベースに残っているとは思います。

それを取り出す(バックアップ)するには、疑似的にでもConoHaの親テーマを作り出す必要があるものと思います。
(取り出せるものとは思いますが、試してはいません。親テーマを入れても上書きはされないはず・・・ですが。)


さる子, はるわいひら 件のいいね!
mk2
(@mk2_mk2)
メンバー Moderator
結合: 9か月前
投稿: 2311
 

試した結果。

ConaHaの子テーマだけが残った状態でも、ConoHaの親テーマと同じフォルダにインストールすれば、子テーマの設定情報のバックアップはできそうです。
(そのまま残っているようです。)

ただ、管理画面上からは、どちら(ConoHa独自・公式)の親テーマなのか、子テーマなのかが、訳が分からないです。
(バージョンが同じだと、区別がつきません。)

その辺りの工夫は必要かもしれませんね。


ukkarin
(@ukkarin)
Active Member
結合: 1週間前
投稿: 6
Topic starter  

mk2様、検証までたくさんしていただき、ありがとうございます!

ただただ、感動です(ノД`)・゜・。

そうなんです、「壊れているテーマ」の文言も確かに見ました。

やはり子テーマが二つ入っているみたいんでしょうか…。テーマの画面には二つないんですが、テーマエディターには二つあるようです。前回送ったConoHaのCocoon-childを削除すればいいんでしょうか?

ConoHaのお問い合わせメールにも送信してみましたが、また何の返事もありません。

よろしくお願いします。


ukkarin
(@ukkarin)
Active Member
結合: 1週間前
投稿: 6
Topic starter  

テーマエディターの子テーマの中身はこうです。

単純に古いバージョン?を消したら済むという話でもないんですよね…。

どうしたらいいのか、全く分からずただただ更新したことを後悔するだけです。

This post was modified 7日前 by ukkarin

mk2
(@mk2_mk2)
メンバー Moderator
結合: 9か月前
投稿: 2311
 

ukkarinさん

ちょっと今時間がありません。
この後、通院しなくてはならず、もう直ぐ2~3時間席を外すと思います。

 


とりあえず私の環境で再現した感じだと・・・。

親子テーマが2つずつある状態を作りました。

 
 
この状態から、親テーマを1つ削除すると以下のように、まだ子テーマは2つあります。
 
 
しかし、リロードすると、子テーマの表示は消えて、テーマが壊れているような表示になりました。
 
 
ペア相手の親テーマがいないと、3枚目のような状態になってしまうようです。
しかし、この状態でも、サーバー上には子テーマは存在はしています。
 
WordPressが気を利かせて、有効化できない子テーマを表示させないようにしているものと思われます。
 
 
 
ConoHaにはファイルマネージャーがあるようですから、それを使ってサーバーの状態を確認するのが確実だと思います。
 

 
対応方法は、ukkarinさんがどうなさりたいかだと思います。
 
「サイトが真っ白になった」ということをどう考えるかです。
 
テーマ設定でサイトの色を設定していれば、今回のテーマ切替で、テーマ設定が引き継がれていないことが原因と思われます。
 
これをどうするのかです。
  • 何としても引き継ぎたいのか
  • 手で再設定するものやむなしとするのか
 
前者の場合は、かなり慎重に、そして正確に作業をする必要があります。
見た目の区別がつきづらいですし、不慣れな方には難しい作業かもしれません。
 
後者の場合は、要らない子テーマを削除するだけです。
(テーマ設定は、再度手で再設定する必要はあります。)
 

すみませんが、そろそろ通院準備を始めます。

この後、しばらく席を外してしまいます。


わいひら 件のいいね!
ukkarin
(@ukkarin)
Active Member
結合: 1週間前
投稿: 6
Topic starter  

mk2様

さっそくのご返信ありがとうございます。

お忙しいところ、本当にありがたいです‼やっぱり二つ入ってるんですね…。

再設定で全く問題ありません!

白い上に、よく見るとアドセンス広告も貼られていないところもあるようなので、手動でいいので普通に戻れば万々歳です。

ファイルマネージャーのどの部分を見たらいいのでしょうか?

cocoon-childのディレクトリを開くと、前回添付したバージョン1.1.2の子テーマになります。ConoHaのファイルマネージャーからこのcocoon-childを削除すれば通常の状態に戻りますか?

お時間のある時で構いません、返信お待ちしています。

 


mk2
(@mk2_mk2)
メンバー Moderator
結合: 9か月前
投稿: 2311
 

ukkarinさん

遅くなりました。

結局のところ何が問題なのか、ちょっと分からなくなってきているのですか・・・。

管理画面に出てこないのであれば、サーバー上に残っていても、そのままにしておいても良い気がしてきました。

ただ、テーマエディタにでてきてしまうので、そこが問題という事ですよね。

 


以前の状態・設定は、もう何もかも捨ててしまって、手で再設定しますということであれば。

最初に添付いただいた上記の「cocoon-child」を削除してしまえば良いと思います。

 

そうでなく、以前の状態を少しでも引き継ぎたいとなると、いろいろと手間は掛かります。
(全てが救える訳でもないのですが、ある程度は救えると思います。)

 


AdSenseは、Cocoon設定から設定していれば、テーマ設定の引き継ぎはされませんので、消えてしまっていると思います。

また、ウィジェット設定も引き継がれませんので、ウィジェットで設定していれば、新しいテーマにすると消えると思います。


わいひら 件のいいね!
さる子
(@saruko)
メンバーサイト Moderator
結合: 2年前
投稿: 420
さる子 - Twitter
 
投稿者:: @ukkarin

cocoon-childを削除すれば通常の状態に戻りますか?

もし削除するのであれば、念のためローカルにcocoon-childフォルダをバックアップ(ダウンロード)を取っておいたほうがいいかもしれません。

バックアップを取っておけば、style.cssやfunctions.phpなどのファイルは後から復元できます。


わいひらmk2 件のいいね!
ukkarin
(@ukkarin)
Active Member
結合: 1週間前
投稿: 6
Topic starter  

mk2様

何から何まで、入院前のお忙しい大変な時間を割いてご指導いただき、本当にありがとうございました!無事、「親テーマが見つかりません」の文言が消えました!

これでブログも終わりか…と半ばあきらめていただけに本当に感謝しかありません(ノД`)・゜・。

一から新しい気持ちで設定していきます。

ご教授、本当に本当に感謝しています。

無事、退院されることを祈っています。ご自愛ください。そして、また何か困ったことが起きたときは是非ともお助けください。

 


ukkarin
(@ukkarin)
Active Member
結合: 1週間前
投稿: 6
Topic starter  

@saruko

ありがとうございます!

mk2様から教えていただいて、速攻で削除しようとしていたのでダウンロードは全く考えていませんでした💦

すぐ動いてはダメですね、アドバイスありがとうございました。

 


mk2
(@mk2_mk2)
メンバー Moderator
結合: 9か月前
投稿: 2311
 

ukkarinさん

投稿者:: @ukkarin

これでブログも終わりか…と半ばあきらめていただけに本当に感謝しかありません(ノД`)・゜・。

先にも書きましたが、「子テーマと対になる親テーマがない」と言っているだけですので、そんなに大したものではないと思います。

何らかの障害でなったのであればともかく、今回は人為的に親テーマを削除した訳ですし。
(単なる子テーマの削除漏れでしかないです。)

それでも、解決して安心なさったようですので、良かったです。

 

ただ、ConoHaの手順には不備がありますから、これからも多くの方が、サイト真っ白状態を経験することになりそうで、少し怖いですね。

Twitterでは、いくつかそういうものを見掛けます。
(ConoHaには、テーマ作者様が改善要望?を出してくださっています。)

 

ちなみに、何かがごっちゃになっていそうですが・・・

私は入院の予定はありません😅、今のところ。
単なる定例の通院ですので、ご心配いただくほどのことではないです。
ありがとうございます。


わいひら 件のいいね!
共有:
スポンサーリンク
SWELLと業務提携しています
WordPressテーマSWELL
わいひらをフォローする
おすすめサーバー(コスパ・バックアップ重視型)

性能も兼ね備えながら安くブログ運営を開始できる点においてのNo.1。
それでいてブログ成長後は、十分すぎるほどのスペックアップ余力も担保されている。

◎安く始められる
◎LiteSpeedを用いた高速サーバー(完全SSD)
◎http/3(高速化プロトコル)に対応
◎東京・大阪でリージョン選択が可能
◎プランのアップ・ダウングレードが自由自在
◎同サービス内でドメイン管理が可能
◎ディスク容量が多い
◎転送量が多い
◎毎日無料バックアップ(14日分)
◎DBは14日以内なら無料自動復旧可能
◎ファイルも14日以内なら無料自動復旧可能
◎アダルト・出会い系サイト可
◎ドメインとサーバー代のチャージ払いが可能
○サーバ引っ越し依頼が可能(有料)

サービス運営期間:3年

1年以上の契約をする場合は、クーポンコード入力でさらに50%割引キャンペーン中!
※BOX2 ~ BOX8プラン契約の場合

クーポンコード:PK4JK4RJ

クーポンの使用方法はこちら

とにかく速い。サイトに表示スピードを求めるならココ。
管理画面がシンプルで使いやすい。

◎nginxを用いた高速サーバー(完全SSD)
◎プランのアップ・ダウングレードが自由自在
◎同サービス内でドメイン管理が可能
◎ディスク容量が多い
◎転送量が多い
○http/2(高速化プロトコル)に対応
◎毎日無料バックアップ(14日分)
◎DBは14日以内なら無料自動復旧可能
◎ファイルも14日以内なら無料自動復旧可能
◎サーバ引っ越しツールあり(無料)
○サーバ引っ越し依頼が可能(有料)
◎ドメインとサーバー代のチャージ払いが可能

サービス運営期間:3年

安定感抜群のサーバーです。あまり急激なアクセス変動がないアフィリエイトサイトに向いています。

◎nginxを用いた高速サーバー(完全SSD)
◎老舗サーバーなので安定感抜群
◎ディスク容量が多い
◎転送量が多い
◎同サービス内でドメイン管理が可能
○http/2(高速化プロトコル)に対応
○毎日無料バックアップ(14日分)
○DBは7日以内なら無料自動復旧可能
×ファイルは有料かつ手動での復旧
×プラン変更でCPUのスペックアップができない
×プラン変更しても即時反映されない
×アダルト・出会い系サイト不可

サービス運営期間:18年

常に新しいことに挑戦しているフロンティア精神あふるるレンタルサーバーです。
LiteSpeedやHTTP/2を日本で初めて導入したサーバー。

◎LiteSpeedを用いた高速サーバー(完全SSD)
◎http/3(高速化プロトコル)に対応
◎プランのアップ・ダウングレードが自由自在
◎同サービス内でドメイン管理が可能
◎転送量が多い
◎ディスク容量が多い
◎毎日無料バックアップ(14日分)
◎DBは14日以内なら無料自動復旧可能
○ファイルは14日以内なら無料復旧可能(※手動)
◎アダルト・出会い系サイト可
◎ドメインとサーバー代のチャージ払いが可能
○サーバ引っ越し依頼が可能(有料)

サービス運営期間:5年

格安な値段で始められる高機能サーバーです。
性能も備えつつ最安ならここ。
ただし少し機能は弱い。

◎LiteSpeedを用いた高速サーバー(完全SSD)
◎激安プランが用意してある
◎値段あたりのスペックが高い(コスパ良し)
◎サーバ引っ越し依頼が可能(無料)
◎アダルト・出会い系サイト可
○http/2(高速化プロトコル)に対応
△プランのアップは可能だがダウンは不可
△毎日自動バックアップ(1日分)
△前日のバックアップからのみ復元できる(無料)

サービス運営期間:5年

Cocoon
タイトルとURLをコピーしました