現在デフォルトスキンとして「Bizarre-food(ブルーカレー) 」適用中。近日同梱予定。

Amazonショートコードで表示されるエラーについて | Cocoonテーマに関する質問 | Cocoon フォーラム

書き込みの前に以下の3点をご確認ください。

  1. 1つのトピックにつき1つの質問を書き込んでください
  2. 不具合・カスタマイズ対象ページのURLを提示してください
  3. 該当部分のキャプチャ環境情報とともに書き込んでいただけると助かります

フォーラム利用ガイドリンク

  1. フォーラムガイドライン
  2. よくある質問と答え(FAQ)
  3. サポート対象外のケース
  4. 原因不明の不具合用トラブルシューティング
  5. トピックにHTMLを貼り付ける方法(推奨ツール:notepad.pw
  6. 真っ白画面でのエラーメッセージの確認方法 
  7. ブラウザ環境チェックツール

フォーラムの内容は、CCライセンス(CC BY-ND 2.1)準じていれば(リンクを貼っていただければ)転載も自由です。カスタマイズ記事を書く際にコード等をコピペ利用していただいて構いません。

フォーラムの使い方がよくわからない場合は、テストトピックで自由にテストしていただいて構いません。

フォーラムのTwitterアカウント(@CocoonForum)はこちら

スポンサーリンク
Amazonショートコードで表示される...
 
Share:

Amazonショートコードで表示されるエラーについて  

  RSS

mayfly
(@mayfly)
Active Member
参加: 5か月 前
投稿: 12
2019年2月4日 12:42  

こんにちは。

どうしても解決できないのですが、難しすぎて設定が悪いのか不具合なのか何なのかまったくわからないのでこのフォーラムに書かせていただきます。

ショートコードを利用してAmazonの広告?商品リンク?を表示したいのですが、以下のように表示されてしまいます。

RequestThrottled
You are submitting requests too quickly. Please retry your requests at a slower rate.

画像だと以下の感じです。

https://gyazo.com/4afb56c3a72444d359d369a2a550a709

貼っているショートコードは以下です。

[amazon asin="B001ET6OEW" kw="Canon EOS 50D EF-S18-200 IS レンズキット"]

[amazon asin="B0001DQIF2" kw="Canon EF28mm F1.8 USM"]

[amazon asin="B0007VRPZK" kw="Canon EF-S60mm F2.8マクロ USM"]

 

このメッセージについて色々調べた中で

https://wp-cocoon.com/amazon-link/

のページに行き着き、その中に「APIにはリクエスト制限があります。」との記述があり、

全く売上のないサイトであれば、1秒あたりに1リクエスト。

過去30日間に414万円以上の売上があるサイトは最大の1秒あたり10リクエスト(最大値)まで利用できます。

ですので、始めたてのサイトであればあるほど「リクエスト制限」がかかってしまいます。

と書いてあります。

今回のメッセージはこの制限にかかったときに表示されるメッセージのようで、

そういう場合でも、慌てず時間を置いてリロードすれば表示されます。

とのことで、2日置いてリロードしてみたのですが、同じ表示のままでした。

そもそも、”慌てず時間を置いて”の時間がどれくらいなのかまったくわからないので「2日なんかじゃ無理だよ!」って話しなのかもしれませんが…。

あと、画像のメッセージ自体も全部Amazonが出しているのか、一部だけAmazonなのかなど、そういう部分含め未知の世界すぎて見当がつきません。

メッセージの最下部には「不具合報告フォーラム」のリンクもあり、そこに行けば有益な情報にたどり着けるかもしれないと思ったのですが、リンクしても同じページ(メッセージが表示されているページそのもの)にリダイレクトされるだけでした。

ちなみに、Amazonアソシエイトのレポート>サマリーで確認すると、昨年(2018年)1月に紹介料が発生したのを最後に(2月以降昨年末までブログを閉じていたので)紹介料の発生はありせん。

「まず〇〇を確認」などありましたらご教示いただけると助かります。

当該ページ
https://katatchauno.com/2008/12/825215/

エラーが出ているページを見られたくないので、敢えて過去のページでテストしています。

キチンと表示されるようになったら新しいページに貼りたいと考えています。

----------------------------------------------
サイト名:カタッチャウーノ
サイトURL: https://katatchauno.com/wp
ホームURL: http://katatchauno.com
コンテンツURL: https://katatchauno.com/wp/wp-content
インクルードURL: https://katatchauno.com/wp/wp-includes/
テンプレートURL: https://katatchauno.com/wp/wp-content/themes/cocoon-master
スタイルシートURL: https://katatchauno.com/wp/wp-content/themes/cocoon-child-master
子テーマスタイル: https://katatchauno.com/wp/wp-content/themes/cocoon-child-master/style.css
Wordpressバージョン:5.0.3
PHPバージョン:7.1.5
ブラウザ:Mozilla/5.0 (Windows NT 10.0; Win64; x64) AppleWebKit/537.36 (KHTML, like Gecko) Chrome/72.0.3626.81 Safari/537.36
サーバーソフト:Apache
サーバープロトコル:HTTP/1.1
エンコーディング:gzip, deflate, br
言語:ja
----------------------------------------------
テーマ名:Cocoon
バージョン:1.5.8.5
カテゴリ数:43
タグ数:181
ユーザー数:1
----------------------------------------------
子テーマ名:Cocoon Child
バージョン:0.0.5
----------------------------------------------
Gutenberg:0
ホームイメージ:/wp/wp-content/uploads/home-image.jpg
----------------------------------------------
ブラウザキャッシュ有効化:0
HTML縮小化:0
CSS縮小化:0
JavaScript縮小化:0
Lazy Load:0
WEBフォントLazy Load:0
----------------------------------------------
利用中のプラグイン:
Akismet Anti-Spam 4.1.1
Broken Link Checker 1.11.5
Category Order and Taxonomy Terms Order 1.5.5
Contact Form 7 5.1.1
Edit Author Slug 1.6.0
Enable Media Replace 3.2.8
Google Captcha (reCAPTCHA) by BestWebSoft 1.40
Google XML Sitemaps 4.1.0
Jetpack by WordPress.com 6.9
Media Library Assistant 2.78
Search Regex 1.4.16
SiteGuard WP Plugin 1.4.3
TinyMCE Advanced 5.0.1
VA Removing Exif 1.0.1
Wordfence Security 7.1.20
WP-PostViews 1.76.1
WP Fastest Cache 0.8.9.0
WP Maintenance Mode 2.2.2
WP Multibyte Patch 2.8.2
----------------------------------------------


引用
わいひら
(@yhira)
メンバーサイト Admin
参加: 1年 前
投稿: 5424
2019年2月4日 20:30  

環境情報から、ビジュアルエディターで編集されていると思われますが、(ビジュアルエディターからではなく)テキストエディターでソースコードを表示させるとどのようになっていますか?

よろしければ、テキストエディターの内容を以下の方法で教えていただけたらと思います。
https://wp-cocoon.com/notepad-pw/

ちなみに、僕の環境で同じショートコードを動作させたら、添付画像のように表示されます。


返信引用
わいひら
(@yhira)
メンバーサイト Admin
参加: 1年 前
投稿: 5424
2019年2月4日 20:33  

あと、今回のこととは関係ないかもしれませんが、「サイトURL」と「ホームURL」のURLスキームが違っています(httpとhttpsになっている)。

サイトURL:  https://katatchauno.com/wp 
ホームURL: http://katatchauno.com

WordPress管理画面の一般設定から、「Wordpressアドレス」と「サイトアドレス」のURLスキームは揃えておいた方が良いかもしれません(添付画像)。


返信引用
mayfly
(@mayfly)
Active Member
参加: 5か月 前
投稿: 12
2019年2月4日 22:10  

わいひらさん、早速ご連絡ありがとうございます。

ソースです。

https://notepad.pw/share/br3pt7ixo

URLスキームの指摘もありがとうございます。
全然気づきませんでした(汗)
早速直しました。

ありがとうございます。


返信引用
わいひら
(@yhira)
メンバーサイト Admin
参加: 1年 前
投稿: 5424
2019年2月4日 23:07  

ソースコードを見た感じでは、問題はないようです。
この他にAmazon商品リンクを貼ってあるページはありますか?
またそのページは、正常表示されていますか?

もし表示されないのだとしたらだとしたらこれが原因かもしれません。

ちなみに、Amazonアソシエイトのレポート>サマリーで確認すると、昨年(2018年)1月に紹介料が発生したのを最後に(2月以降昨年末までブログを閉じていたので)紹介料の発生はありせん。

これは2019年1月23日に新しい仕様をが適用され、1ヶ月以上売り上げがないPA-APIは使用できなくなりました。
https://affiliate.amazon.co.jp/help/topic/t52/ref=amb_link_zYXX0aRKMACI_Qkj9rR6Nw_3?pf_rd_p=52bc14ee-db71-4ae7-902e-b0e5053949f4

僕は、1月23日から開始されたので、2月23日までは大丈夫と思っていました。
ただ、mayflyさんの場合、以前からPA-APIを使用していた様子です。
なので、「API利用開始より60日間」という条件から外れています。
加えて、30日以上発生がないということで、もし1月23日から遡って30日前で計算される仕様ならば、PA-APIが停止されている可能性もあります。

Amazonアソシエイトから、PA-APIは2つ作成できたと思うので、もう一つ作成して、「アクセスキーID」と「シークレットキー」をもう一度設定し直すと動作しませんでしょうか?


返信引用
mayfly
(@mayfly)
Active Member
参加: 5か月 前
投稿: 12
2019年2月4日 23:58  

わいひらさん、ありがとうございます。

この他にAmazon商品リンクを貼ってあるページはありますか?
またそのページは、正常表示されていますか?

他に貼ってあるのは以下のページです。

https://katatchauno.com/2009/04/839890/

ソースは以下です。

https://notepad.pw/share/ixohombr

こちらのページも同様のエラーが表示されています。

Amazonアソシエイトから、PA-APIは2つ作成できたと思うので、もう一つ作成して、「アクセスキーID」と「シークレットキー」をもう一度設定し直すと動作しませんでしょうか?

実はエラーの原因がわからなくて色々やっていたのですが、その中で2個目の認証キーを取得していて、今は2個目の方を「Cocoon設定>API」に設定しています。

1個目の認証キーでも2個目の認証キーでも状態は変わらずでした。

これは解決困難な現象ですかね。


返信引用
通りすがり
 通りすがり
(@通りすがり)
ゲスト
参加: 4か月 前
投稿: 2
2019年2月5日 10:10  

横から失礼します。私もmayflyさんとまったく同じ現象に悩まされています。

私とmayflyさんの共通点は長らく紹介料が発生していないことですので、

2019年1月23日に新しい仕様をが適用され、1ヶ月以上売り上げがないPA-APIは使用できなくなりました。
https://affiliate.amazon.co.jp/help/topic/t52/ref=amb_link_zYXX0aRKMACI_Qkj9rR6Nw_3?pf_rd_p=52bc14ee-db71-4ae7-902e-b0e5053949f4

僕は、1月23日から開始されたので、2月23日までは大丈夫と思っていました。
ただ、mayflyさんの場合、以前からPA-APIを使用していた様子です。
なので、「API利用開始より60日間」という条件から外れています。
加えて、30日以上発生がないということで、もし1月23日から遡って30日前で計算される仕様ならば、PA-APIが停止されている可能性もあります。

この推測は合っているのだと思います。こうなると対策のしようがありませんから、私はもう諦めました。アソシエイトでリンクを作ってブログに貼り付け、紹介料が発生するのを待つことにします。


返信引用
mayfly
(@mayfly)
Active Member
参加: 5か月 前
投稿: 12
2019年2月5日 18:30  

わいひらさん、こんばんは。

今回の件で、色々と嫌になりまして、当方、運営しているサイトをすべて閉鎖しましたので報告いたします。

色々と相談に載っていただきありがとうございました。


返信引用
わいひら
(@yhira)
メンバーサイト Admin
参加: 1年 前
投稿: 5424
2019年2月5日 20:35  

全部の商品リンクが表示されないということは、PA-APIの制限の可能性が大のようです。

そういう場合の唯一の対策としては、とりあえずはAmazon Associates Link Builderを使うことかもしれません。
https://ja.wordpress.org/plugins/amazon-associates-link-builder/
これに登録したPA-API情報から発声した場合は、APIが復活するかと思います。
使い方はこちら。
https://webicky.net/usage-amazon-associates-link-builder/

また、発送済み商品売上が過去30日以内に発生していない場合、PA-APIをご利用いただけなくなる恐れがございます。
なお Amazon Link Builder(WordPressプラグイン)のご利用には影響はございません。

引用: https://affiliate.amazon.co.jp/help/topic/t52/ref=amb_link_zYXX0aRKMACI_Qkj9rR6Nw_3?pf_rd_p=52bc14ee-db71-4ae7-902e-b0e5053949f4

当初は、Amazon Associates Link Builderで商品を紹介する用にして、ブログ運営が軌道に乗って1ヶ月に1度は、安定的に発生するようになれば、Cocoonのショートコードも併用していくという方法はできるかと思います。
※アソシエイトに問い合わせたわけではないので、必ずうまくいくという保証はできません。

とりあえず、デザインを似せるのであれば、こちらのソースコードを利用すると良いかもしれません。

アマゾン公式プラグインをカエレバ風に利用する方法 Amazon Associates Link Builder
http://www.wakatta-blog.com/amazon-associates-link-builder-kaereba.html


返信引用
通りすがり
 通りすがり
(@通りすがり)
ゲスト
参加: 4か月 前
投稿: 2
2019年2月6日 08:36  

>わいひらさん

mayflyさんがブログを閉鎖されてしまったので、代わりにこの件についてもう少し詳しく報告させていただきます。

「RequestThrottledというエラーが出る」という報告はここ1週間でネット上に何件か報告されています。もちろんPA-APIの利用ポリシーが変更されたことによるものですが、報告に共通しているのは、紹介料が少ないユーザーであること、またはポリシーが変更されてからPA-APIを利用しようとしている、ということです。

これらの報告の中に「Amazon Associates Link Builderさえも使えない」というものを発見しました。私もそうです。まったく同じエラーが出ます。以下のリンク先は「CocoonもRinkerもAALBも使えない」状況に陥ったユーザーがAmazonに問い合わせたという内容のエントリーです。

https://konpure.com/2019/02/04/post-9786/

問い合わせ内容と返答を引用します。

いつもお世話になっております。

1つ質問させてください。

2019年1月31日にProduct Advertising API の認証キーを発行してもらい、それを利用して商品へのリンクを貼ろうと思ったのですが、「RequestThrottled」というエラーメッセージが表示されてリンクが作成できません。

調べてみるとこれはリクエストが頻繁なので出るメッセージらしいのですが、私は短時間に何度もリクエストはしておらず心当たりがありません。

しばらく時間を置いて再度リンクを作成しようとしても同じメッセージが出ますし、広告を作成するプラグインを変更しても出るのでリンクが作成できない状態になっています。

これは、どのようにすれば改善するのでしょうか?

確認したところ、お客様のアソシエイト・プログラムアカウントは売上実績が多くはないようでございます。

PA-APIをより快適に使用するためには、売上実績を積み、リクエスト上限を増やすということが必要となります。

よって、まずは通常のリンクをご利用いただき、アソシエイト・プログラム活動を開始の上、実績を積んでいただくことをお勧めいたします。

要するに、公式には利用に影響はないとされているAALBを使うにも実績が必要だ、ということになります。零細ブロガーや出戻りブロガーにとっては厳しい状況だと判断せざるを得ません。実績を積むまでは不便に耐えるしかなさそうです。


わいひら 件のいいね!
返信引用
わいひら
(@yhira)
メンバーサイト Admin
参加: 1年 前
投稿: 5424
2019年2月6日 19:23  

これらの報告の中に「Amazon Associates Link Builderさえも使えない」というものを発見しました。

マジか…。厳しすぎる…。
「Amazon Link Builderのご利用には影響はございません。」とは何だったのか…。
これは知りませんでした。

ということは、これからPA-APIを利用しようと思ったら、以下の手順を踏む必要があるんですね…。

  1. まずは通常の「Amazonリンク(もしくはテキストリンク)」で売上の実績を積む(※PA-API経由の売上にはならない)
  2. ある程度実績が積まれればPA-APIも解放される
  3. これまでのリンクをPA-APIが生成するリンクのものに貼り替える(PA-APIを継続利用するためには、リンクが生成したURL空の売り上げが必要)
  4. そこから2ヶ月以内に売上が発生しないと停止に
  5. それ以降も過去30日以内に売上が発生しないと停止に

本当厳しすぎますね。。


返信引用
DGC
 DGC
(@DGC)
ゲスト
参加: 4か月 前
投稿: 7
2019年2月7日 15:27  

今日からCocoonを使わせていただいてます。
素晴らしいテーマをありがとうございます。

私も同じ状態でAmazon Link Builderすら使えません。

はてなブログからの移行で、そこで生成できるテキストリンクから月間数百件をコンスタントに売っていたので実績が無くはないのですが…

APIキーを発行すること自体は初めてなので、そこからはじめてカウントされはじめるのか、あるいはAmazon側の不具合なのか。

問い合わせはかけてみたので、報告できることがあればまた書かせてもらいます。


返信引用
わいひら
(@yhira)
メンバーサイト Admin
参加: 1年 前
投稿: 5424
2019年2月7日 20:28  

APIキーを発行すること自体は初めてなので、そこからはじめてカウントされはじめるのか、あるいはAmazon側の不具合なのか。

おそらく、実績があるので大丈夫かなとは思うのですが。
仕様変更の案内によると、開始した状態から約2ヶ月は大丈夫そうですね。

初期リクエスト可能数 : 1日あたり 8,640リクエスト(API利用開始より60日間)

ただ、確かに問い合わせ後に実行した方が確実かと思います。
もし、何かありましたらまた教えていただけると嬉しいです 🙂 

This post was modified 4か月 前 by わいひら

返信引用
DGC
 DGC
(@DGC)
ゲスト
参加: 4か月 前
投稿: 7
2019年2月21日 11:33  

問い合わせの回答がきましたが「細かいことは答えられない」
という感じで何も解決しませんでした。

問い合わせた内容は以下です。

・売上実績はそれなりにあるのにAPIが使えないのはなぜか?
・売上実績は2019年1月23日から改めてカウントされるのか?
・初期リクエストは1日あたり8,640リクエスト(60日間)とあるが一度も利用できないのはなぜか?
・売上実績に関わらずAmazon Link Builderの利用には影響ないとあるが使えないのはなぜか?

これについて各項目の具体的な回答はなく、
「これまで通り、通常のリンクをご利用いただき、売上実績を積んでいただくことをお勧めいたします。」
という、先に紹介されていたブログにあったのと同じテンプレ回答でした。

通常リンク経由とはいえ、去年売上は4桁万円を超えてるのに実績として認められないのかと…

何度も問い合わせし直してると向こうも苛立っているような文体に
なってきて、BANされては困るのでこれ以上突っ込むのはやめておきます。

いろいろ矛盾があるのでシステムの不具合としか思えないのですが
これ以上どうしようもないですね。

こうなると通常リンクで実績積んだら解除されるってのも
怪しいんですが、しばらく地道にやって様子をみます。


返信引用
わいひら
(@yhira)
メンバーサイト Admin
参加: 1年 前
投稿: 5424
2019年2月21日 20:18  

完全に先日の記事と同様の対応ですね。
要は「Amazonアソシエイトが生成するタグを使え」ということなんですかね…。
先日の仕様変更アナウンスもかなり厳しいものでしたが、実はさらにそれよりも厳しいという…。
せめて、アナウンスに書かれていたことをは守って欲しいですよね。。

教えていただきありがとうございます。


返信引用
わいひら
(@yhira)
メンバーサイト Admin
参加: 1年 前
投稿: 5424
2019年2月21日 20:19  

このトピックは、何か情報があれば書き込めるように閉じないで残しておこうと思います。


返信引用
DGC
 DGC
(@DGC)
ゲスト
参加: 4か月 前
投稿: 7
2019年2月28日 19:10  

仕様変更の案内、ちょっと内容が書き換わってますね。差分を取ってないので確実ではないですが、こんな記述ではなかったはず。

なお 、Amazon Link Builder(WordPressプラグイン)のご利用についても、先に挙げた条件が適用となり、売上実績が必要となります。

開発者フォーラムでも話題になっているようです。


返信引用
わいひら
(@yhira)
メンバーサイト Admin
参加: 1年 前
投稿: 5424
2019年2月28日 20:20  

本当ですね…。
以前の内容と変わってますね。記録のため、以前の内容を残しておこうと思います。

前はこうだったのに…。

なお Amazon Link Builder(WordPressプラグイン)のご利用には影響はございません。

引用:Amazon商品情報取得API(PA-API)の仕様変更とCocoonでの対応について | Cocoon

上記リンクの記事を書き直さないと…。

This post was modified 4か月 前 by わいひら

返信引用
DGC
 DGC
(@DGC)
ゲスト
参加: 4か月 前
投稿: 7
2019年5月28日 15:45  

先ほど確認したところようやくPA-APIが解放されて、Amazonショートコードが利用できるようになっていました!

仕様変更(という名のバグフィックス)があったのか、それともAmazonがいうところの売り上げ実績のバーを超えたのか。なお、売上額的にはだいたい300万円を超えたぐらいで解放されたようでした。

なんにしろこれでようやくAmazonショートコードの恩恵が受けられそうです。いままで外部で生成したHTMLをわざわざ貼り付けてたので、驚くほど作業の手間が減りました。ありがとうございます!便利に使わせていただきます。


わいひら 件のいいね!
返信引用
わいひら
(@yhira)
メンバーサイト Admin
参加: 1年 前
投稿: 5424
2019年5月28日 19:17  

おお!PA-APIの解放情報に初めて触れました。
何気に全然情報がなかったので。

300万円というのは、ひと月(30日)あたりですよね?
だとしたら、結構ハードルが高いですね。

いずれにせよ、PA-APIが解放されることが今回わかりました。
教えていただきありがとうございます。
Amazonショートコードが更なる売上げに貢献出来れば幸いです。

This post was modified 3週間 前 by わいひら

返信引用
DGC
 DGC
(@DGC)
ゲスト
参加: 4か月 前
投稿: 7
2019年5月28日 20:44  

>300万円というのは、ひと月(30日)あたりですよね?

ややこしくてすいません。

自分が初めてAPIキーを発行したのが仕様変更があった一週間後ぐらいなんですが、そこからの累計になります。なんにしろ、もしその数字が基準となるなら初心者には高すぎるハードルですよね…


わいひら 件のいいね!
返信引用
わいひら
(@yhira)
メンバーサイト Admin
参加: 1年 前
投稿: 5424
2019年5月29日 19:21  

なるほど。
登録からトータルで300万円なら、問題なさそうです。
それなら、ブログをやめずに続けていれば、必ず達成できる額だと思うので。
月でリセットされての売上300万円だと、サイトがある程度の規模になっていないと、かなり厳しいと思ったもので。

実際に、他にPA-APIが解放された方が、どれくらいで解放されたのかも聞いてみたいですね。


返信引用
DGC
 DGC
(@DGC)
ゲスト
参加: 4か月 前
投稿: 7
2019年5月29日 21:33  

Twitterで観測する限り、私と同じタイミングで開放された人がたくさんいるみたいですね。

https://twitter.com/search?f=tweets&q=amazon%20api%20lang%3Aja&src=typd

実は実績ってほとんど関係ないのでは?と思いつつ、とりあえず皆さん楽になってなによりです。


わいひら 件のいいね!
返信引用
わいひら
(@yhira)
メンバーサイト Admin
参加: 1年 前
投稿: 5424
2019年5月30日 19:11  

最近解放された方が多いみたいですね。
Twitterでは、500円で解除された方もおられました。
となると、仕様変更とかなのかもしれないですね。今後も実際のところどうなのか、観測しようと思います。
教えていただきありがとうございます。


返信引用

返信する


許可された最大ファイルサイズ 3MB

 
Share:
スポンサーリンク
わいひらをフォローする
おすすめサーバ

プラン変更で負荷対策が行えるので、ブログ向きのレンタルサーバーです。

◎LiteSpeedを用いた高速サーバー(完全SSD)
◎http/2・QUIC(高速化プロトコル)に対応
◎プランのアップ・ダウングレードが自由自在
◎転送量が多い
◎毎日無料バックアップ(14日分)
◎復元ポイントを指定して復旧可能(無料)
◎アダルト・出会い系サイト可
○サーバ引っ越しオプションあり(有料)
○サーバー料金をチャージ払いが可能
サービス運営期間:2年10ヶ月

性能も兼ね備えながら安くブログ運営を開始したいのであればここ1択。

◎LiteSpeedを用いた高速サーバー(完全SSD)
◎http/2・QUIC(高速化プロトコル)に対応
◎東京・大阪でリージョン選択が可能
◎プランのアップ・ダウングレードが自由自在
◎同サービス内でドメイン管理が可能
◎転送量が多い
◎毎日無料バックアップ(14日分)
◎復元ポイントを指定して復旧可能(無料)
◎アダルト・出会い系サイト可
◎ドメインとサーバー代のチャージ払いが可能
○サーバ引っ越しオプションあり(有料)
△新しいサービスなので運営櫪がまだ短い
サービス運営期間:10ヶ月

安定感抜群のサーバーです。あまり急激なアクセス変動がないアフィリエイトサイトに向いています。

◎nginxを用いた高速サーバー(完全SSD)
◎老舗サーバーなので安定感抜群
◎ディスク容量が多い
◎転送量が多い
◎同サービス内でドメイン管理が可能
○http/2(高速化プロトコル)に対応
○毎日無料バックアップ(14日分)
△DBは7日分だけ無料復旧可能(ファイルは有料)
×プラン変更でCPUのスペックアップができない
×プラン変更しても即時反映されない
×アダルト・出会い系サイト不可
サービス運営期間:15年

とにかく速い。サイトに表示スピードを求めるならココ。

◎nginxを用いた高速サーバー(完全SSD)
◎プランのアップ・ダウングレードが自由自在
◎ディスク容量が多い
◎転送量が多い
○http/2(高速化プロトコル)に対応
○毎日無料バックアップ(14日分)
○DB復旧は無料(ファイルは有料)
○サーバ引っ越しツールあり
○サーバー料金をチャージ払いが可能
△新しいサービスなので運営櫪がまだ短い
サービス運営期間:8ヶ月

格安な値段で始められる高機能サーバーです。
性能も備えつつ最安ならここ。
サイトを続けるうちにアクセスが増えれば、プランのアップグレートで対応可能です。

◎LiteSpeedを用いた高速サーバー(完全SSD)
◎激安プランが用意してある
◎値段あたりのスペックが高い(コスパ良し)
◎サーバ引っ越しオプションあり(無料)
◎アダルト・出会い系サイト可
○http/2(高速化プロトコル)に対応
△プランのアップは可能だがダウンは不可
△毎日自動バックアップ(1日分)
△前日のバックアップからのみ復元できる(無料)
サービス運営期間:3年

Cocoon
  
動作中

ログイン または 登録 してください

タイトルとURLをコピーしました