現在デフォルトスキンとして「Bizarre-food(ブルーカレー) 」適用中。近日同梱予定。

Cocoonのテーマを有効にすると、記事一覧で500InternationalServerErrorが出ます。 – ページ 2 | 不具合報告 | Cocoon フォーラム

書き込みの前に以下の3点をご確認ください。

  1. 1つのトピックにつき1つの質問を書き込んでください
  2. 不具合・カスタマイズ対象ページのURLを提示してください
  3. 該当部分のキャプチャ環境情報とともに書き込んでいただけると助かります

フォーラム利用ガイドリンク

  1. フォーラムガイドライン
  2. よくある質問と答え(FAQ)
  3. サポート対象外のケース
  4. 原因不明の不具合用トラブルシューティング
  5. トピックにHTMLを貼り付ける方法(推奨ツール:notepad.pw
  6. 真っ白画面でのエラーメッセージの確認方法 
  7. ブラウザ環境チェックツール

フォーラムの内容は、CCライセンス(CC BY-ND 2.1)準じていれば(リンクを貼っていただければ)転載も自由です。カスタマイズ記事を書く際にコード等をコピペ利用していただいて構いません。

フォーラムの使い方がよくわからない場合は、テストトピックで自由にテストしていただいて構いません。

フォーラムのTwitterアカウント(@CocoonForum)はこちら

スポンサーリンク
Cocoonのテーマを有効にすると、記...
 
Share:

[解決済] Cocoonのテーマを有効にすると、記事一覧で500InternationalServerErrorが出ます。  

ページ 2 / 2
  RSS

かうたっく
(@kautakku)
メンバーサイト Moderator
参加: 1年 前
投稿: 2740
2019年4月6日 20:22  

現状PHPエラー的にどれ程重要度が高いエラーが出ているのかが不明ですが、それとは別に何かが『Request Timeout』とさせている。という事なのかもしれない。

文面だけを見ている状況の第三者的に感じる事。って感じ以上でも以下でもない。これが正直な感想・印象と言ったところです。ごめんなさいね…


oomoto
(@oomoto)
Reputable Memberサイト
参加: 1年 前
投稿: 250
2019年4月6日 20:25  

かうたっくさんありがとう御座います。

簡単に言うと、乗っ取られている可能性があるってことですか?


かうたっく
(@kautakku)
メンバーサイト Moderator
参加: 1年 前
投稿: 2740
2019年4月6日 20:38  

違います。

説明するのにもっと時間が掛かるので割愛しますが、『改ざん』と単語を見て即返信されたんだともいます。

 

その可能性を一瞬考えたって話で、個人的には解決したつもりです。詳細をよーーくチェックしていただいてから、ブログ内検索『oldno07.com』していただけたら。と思います。

私的に時間を費やしてチェックした内容については『message:file_get_contents(h ttps://oldno07.com/wp/wp-content/uploads/2017/12/Media-that-raises-the-quality-of-life-slightly-2.png ): failed to open stream: HTTP request failed! HTTP/1.1 404 Not Found』です。

https://wp-cocoon.com/community/bugs/cocoon%E3%81%AE%E3%83%86%E3%83%BC%E3%83%9E%E3%82%92%E6%9C%89%E5%8A%B9%E3%81%AB%E3%81%99%E3%82%8B%E3%81%A8%E3%80%81%E8%A8%98%E4%BA%8B%E4%B8%80%E8%A6%A7%E3%81%A7500internationalservererror%E3%81%8C/#post-15002

この以下画像部分は、次の返信でリンクを文字列に変更して書きだしました。

https://gyazo.com/7f5c0767f1993c4f3c937e1fedb0c774

一瞬思ったのは改ざんかと思ったけど、調べれば外部ブログカードだった。みたいな。(oomotoさんが)アクセスしたページのエラーがエラーコードとして表示されてる可能性もあるのと、どの程度のエラーなのか。など、詳細がわかる画像の添付

日時を書いてもらってもそれはいつのモノかなど分からないんです。

過去の時点に復元するのがベストですよ。と言ってる。これが正解カモです❦


かうたっく
(@kautakku)
メンバーサイト Moderator
参加: 1年 前
投稿: 2740
2019年4月6日 20:40  

復元を考えるのがまだ早い!と思うのであれば、改ざんの可能性も一応チェックしておけば安心かもですね❦


oomoto
(@oomoto)
Reputable Memberサイト
参加: 1年 前
投稿: 250
2019年4月6日 21:02  
  • プラグインを全て無効化
  • functions.phpも初期化
  • ePanelのdisplay_errorsを有効化

した状態で、投稿一覧をクリックするとやっぱりエラーが出ないです。

添付画像の表示だけです…

 

ただ、Cocoonの親テーマを有効にすると、なにも問題が起こらないようです。

Cocoonの子テーマを有効にした時のみ画像のような症状がおきます。


oomoto
(@oomoto)
Reputable Memberサイト
参加: 1年 前
投稿: 250
2019年4月6日 21:05  

あ!現在のテーマ状況も貼っておきます^^;

----------------------------------------------
サイト名:おおもとブログ
サイトURL: https://wvtravelclub.jp
ホームURL: https://wvtravelclub.jp
コンテンツURL:/wp-content
インクルードURL:/wp-includes/
テンプレートURL:/wp-content/themes/cocoon-master
スタイルシートURL:/wp-content/themes/cocoon-child-master
子テーマスタイル:/wp-content/themes/cocoon-child-master/style.css
Wordpressバージョン:5.1.1
PHPバージョン:7.2.16
ブラウザ:Mozilla/5.0 (Macintosh; Intel Mac OS X 10_14_4) AppleWebKit/537.36 (KHTML, like Gecko) Chrome/73.0.3683.86 Safari/537.36
サーバーソフト:LiteSpeed
サーバープロトコル:HTTP/1.1
エンコーディング:gzip, deflate, br
言語:ja,en-US;q=0.9,en;q=0.8
----------------------------------------------
テーマ名:Cocoon
バージョン:1.7.4.5
カテゴリ数:16
タグ数:0
ユーザー数:1
----------------------------------------------
子テーマ名:Cocoon Child
バージョン:0.0.5
----------------------------------------------
Gutenberg:1
AMP:1
PWA:1
ホームイメージ:
----------------------------------------------
ブラウザキャッシュ有効化:0
HTML縮小化:0
CSS縮小化:0
JavaScript縮小化:0
Lazy Load:1
WEBフォントLazy Load:1
----------------------------------------------
利用中のプラグイン:
----------------------------------------------


かうたっく
(@kautakku)
メンバーサイト Moderator
参加: 1年 前
投稿: 2740
2019年4月7日 05:11  

完全にCocoon子テーマのみとなった感じですね。

一瞬思ったのが『wp-content/uploads/cocoon-resources』にapiのエラーログがたまりにたまっている的な感じ。でも親テーマでも同じなので可能性的にはどうかな?ってイメージです。

※削除する場合は一応、わいひらさんが確認される(トピックが閉じられる)まで保管しておいてくださいね。例えば容量とか、何かの役にたつかもしれませんし?

 

2つ目

cocoon-child-masterフォルダ内を復元できるようにバックアップをとる。

新規子テーマをダウンロードしてチェックする

 

3つ目

.htaccessファイルをチェックしてみる。デフォルトであるBEGIN WordPressは必須・Cocoonが出力する.htaccess.cocoonが追記されるのも普通。リダイレクトの設定は普通。

その他サーバーサイドの設定が入ったりする事もあるかもですが、サーバー側は関与なしとの事。念のためチェック

それ以外『408 Request Timeout』を指定するような記載がないかなど

 

※.htaccessファイルの扱いは文字コード間違いで即エラーになるので注意が必要です。あとバックアップは必須事項です❦

思いついたとき書き込まないと忘れるので思いついたまま書き出したです。スルーしたい気持ちもわかりますが、分かる所から順番にチェックしてみてくださいね。


わいひら 件のいいね!
かうたっく
(@kautakku)
メンバーサイト Moderator
参加: 1年 前
投稿: 2740
2019年4月7日 05:17  

子テーマフォルダ内に新規フォルダ・もしくは新規ファイルが生成された可能性もあるかもなので、

2つ目を試すとき、ファイル単位で復元して、動作確認してくださいね。


oomoto
(@oomoto)
Reputable Memberサイト
参加: 1年 前
投稿: 250
2019年4月7日 11:02  

『wp-content/uploads/cocoon-resources』にapiのエラーログがたまりにたまっている的な感じ。

ログファイルをバックアップを取った後、管理画面から投稿一覧を開けるか試したところ変化がありませんでした。

cocoon-child-masterフォルダ内を復元できるようにバックアップをとる。

新規子テーマをダウンロードしてチェックする

先日、親子テーマを再インストールして初期化していますが、再チェックしたところ問題が無いと思います。

htaccessファイルをチェックしてみる。

htaccessに関しては、

  • サーバー側
  • プラグイン側
  • Cocoon側

の設定が入り乱れていてどの状態が正しいのか判断がつかず、よくわからないのが現状です…ただ、408 Request Timeoutを指定する記述はなかったかと…

 

あとやったのが、容量の大きなファイルを削除をしてみました。

特に、AmazonAPIに今月から引っかかったこともあり、AmazonAPI関連のエラーが多く検出されていましたので、一度きれいにしてみたところ問題は解決しなかったです。

 

 

 

 

 

 

 


かうたっく
(@kautakku)
メンバーサイト Moderator
参加: 1年 前
投稿: 2740
2019年4月7日 15:58  

cocoon-child-masterフォルダ内を復元できるようにバックアップをとる。

新規子テーマをダウンロードしてチェックする

先日、親子テーマを再インストールして初期化していますが、再チェックしたところ問題が無いと思います。

どういう意味です??

もし問題ない。というのがエラー408が出ない:正常な動作をする。という事であれば、上述通りに対応してみるのが良いと思います。

そちらで対応いただかないとデフォルトのままかと。現状状況も分からないので、第三者が対応できないと可能性が高いと思います。

 

この返信内容で何を答えれば良いの状態(笑)

何かを待ってそうなので。

おそらくこの返信で良いかと思いますが、分からないのでどんな返信を求めてるか教えてくださいね❦

解決であれば良かったです。元通りになって。これであってます???


oomoto
(@oomoto)
Reputable Memberサイト
参加: 1年 前
投稿: 250
2019年4月7日 16:55  

かうたっくさんすみません^^;

現状なにも解決してないです…

親・子テーマをダウンロードして、今インストールしているテーマと比べたところおかしな点がなかったという意味です。

 

現状、Cocoonの子テーマを使うと不具合が起きている。ので、かうたっくさんのアドバイスどおり3つを試した(わかる範囲で)けど、解決しなかったと言う意味ですorz

 

ボク個人的には、AmazonAPI関連のエラーと時期がかぶっているので、CocoonのAmazonAPI関連が影響しているのでは無いのか?と思いそちらを同時進行で調べたけど解決しませんでした…

 

残されたのは、htaccessファイルのチェックですがPHPが分かって無いのでチェックの使用が無いのが現状です…


oomoto
(@oomoto)
Reputable Memberサイト
参加: 1年 前
投稿: 250
2019年4月7日 22:08  

ワードプレスのフォーラムで相談をしましたが、ワードプレスに問題が無いと言うことでやはり、Cocoonの子テーマの運用に問題があるのでは無いのか?と意見を頂きました…

 

今回の問題は、かなり専門的な知識が必要とされるみたいなので手にあまる症状だと思っています。

AmazonのAPIのErrorの時期とほぼかぶっているのでAmazonのAPIが関係しているかもしれませんが、よくわからない^^;


かうたっく
(@kautakku)
メンバーサイト Moderator
参加: 1年 前
投稿: 2740
2019年4月7日 23:05  

親・子テーマをダウンロードして、今インストールしているテーマと比べたところおかしな点がなかったという意味です。

見比べるのではなく、上書きでもなく、バックアップをとってから削除。その後子テーマをインストールするという事を行ったほうが良いと思います。

上で書いたかもですが、理由は

子テーマ内にデフォルト以外のファイルが生成されてたら、ご自身でどうにゅうされていたら、上書きされない・デフォルト状態に戻らないからです。

 

Cocoonの子テーマの運用に問題があるのでは無いのか?と意見を頂きました…

おそらくそうだと思います。おそらくのところを、確定するために提案をしてたりするんですが… 😓 ・・・


oomoto
(@oomoto)
Reputable Memberサイト
参加: 1年 前
投稿: 250
2019年4月7日 23:56  

見比べるのではなく、上書きでもなく、バックアップをとってから削除。その後子テーマをインストールするという事を行ったほうが良いと思います。

上で書いたかもですが、理由は

子テーマ内にデフォルト以外のファイルが生成されてたら、ご自身でどうにゅうされていたら、上書きされない・デフォルト状態に戻らないからです。

については先日行っていて、それでも改善されませんでした…

ボクのインストール方法が悪いのかな〜と思い。インストール前と後でCocoonの親・子テーマに変化がないのか見比べて見たのですが変化がなかったです。

 

Cocoonの子テーマの運用に問題があるのでは無いのか?と意見を頂きました…

おそらくそうだと思います。おそらくのところを、確定するために提案をしてたりするんですが… 😓 ・・・

Cocoonの子テーマの運用に問題があるのでは無いのか?と意見を頂きました…

というのは、

ワードプレスが問題ではなく、子テーマに問題があると言う認識で

てっきり、子テーマの運用を阻害するモノがワードプレスの中にまぎれているモノだと思っていて、子テーマは悪くないワードプレスが悪いと思ってました。


かうたっく
(@kautakku)
メンバーサイト Moderator
参加: 1年 前
投稿: 2740
2019年4月8日 00:40  

については先日行っていて、それでも改善されませんでした…

削除したうえでって事でしたか?文字列しか見てないので、書いてないとわかりません。また書いてても斜め読みして見逃してるかもです。※後者のばあいはゴメンナサイ❦

 

てっきり、子テーマの運用を阻害するモノがワードプレスの中にまぎれているモノだと思っていて、子テーマは悪くないワードプレスが悪いと思ってました。

可能性を考えてかなきゃダメかも。まだその可能性も残ってるかもしれませんし。

どこまで正確に状況を伝えきてる、把握してもらえてるかもあるので。

1つ1つ丁寧に原因の可能性を潰す。ってことで。丁寧にしてないとまた同じ作業を行うのも手間なので。


わいひら
(@yhira)
メンバーサイト Admin
参加: 1年 前
投稿: 5402
2019年4月8日 19:28  

ただ、Cocoonの親テーマを有効にすると、なにも問題が起こらないようです。
Cocoonの子テーマを有効にした時のみ画像のような症状がおきます。

普通、この状態だと、子テーマのコードに何かしらの問題があるかと思います。
それを確かめる上でも、先日以下のように書きました(エラーが子テーマから出ていないかの確認のため)。

とりあえず、全てのプラグインを無効にして、子テーマのfunctions.phpも初期化して、もう一度エラーメッセージの確認になると思います。

また、長いエラーメッセージを貼る場合は、こちらで紹介しているツールを利用して貼り付けていただけるとトピックの表示が崩れないので助かります。
https://wp-cocoon.com/notepad-pw/
出来ればキャプチャーも。

とにかく、プラグインOFF、子テーマを新規インストールした上で、edumpでエラーチェックを行ってください。
そのエラーメッセージを、notepad-pwに貼り付けて、キャプチャーも見える範囲で良いのでアップしていただけたらと思います。

Amazon APIに問題がある場合は、親テーマも動作しなくなると思います。子テーマがAmazon APIに影響してるということは、PHPコードをカスタマイズしてない限り普通はありえないと思います。

This post was modified 2か月 前 by わいひら

わいひら
(@yhira)
メンバーサイト Admin
参加: 1年 前
投稿: 5402
2019年4月8日 19:31  

また、Local by Flywheel等でローカル環境構築して動作確認しても同様の問題が出ますでしょうか?
https://nelog.jp/local-by-flywheel-install


わいひら
(@yhira)
メンバーサイト Admin
参加: 1年 前
投稿: 5402
2019年4月8日 19:33  

あと、PWAや高速化設定を全て無効にして試してみるとどうなりますか?


oomoto
(@oomoto)
Reputable Memberサイト
参加: 1年 前
投稿: 250
2019年4月8日 21:15  

子テーマ削除後、再インストールしましたが症状は回復しませんでした…

あと、Errorコードも出なかったです…

 

ローカル環境で試してみます

----------------------------------------------
サイト名:おおもとブログ
サイトURL: https://wvtravelclub.jp
ホームURL: https://wvtravelclub.jp
コンテンツURL:/wp-content
インクルードURL:/wp-includes/
テンプレートURL:/wp-content/themes/cocoon-master
スタイルシートURL:/wp-content/themes/cocoon-child-master
子テーマスタイル:/wp-content/themes/cocoon-child-master/style.css
Wordpressバージョン:5.1.1
PHPバージョン:7.2.16
ブラウザ:Mozilla/5.0 (Macintosh; Intel Mac OS X 10_14_4) AppleWebKit/537.36 (KHTML, like Gecko) Chrome/73.0.3683.103 Safari/537.36
サーバーソフト:LiteSpeed
サーバープロトコル:HTTP/1.1
エンコーディング:gzip, deflate, br
言語:ja,en-US;q=0.9,en;q=0.8
----------------------------------------------
テーマ名:Cocoon
バージョン:1.7.4.5
カテゴリ数:18
タグ数:0
ユーザー数:1
----------------------------------------------
子テーマ名:Cocoon Child
バージョン:1.0.6
----------------------------------------------
Gutenberg:1
AMP:0
PWA:0
ホームイメージ:
----------------------------------------------
ブラウザキャッシュ有効化:0
HTML縮小化:0
CSS縮小化:0
JavaScript縮小化:0
Lazy Load:0
WEBフォントLazy Load:0
----------------------------------------------
利用中のプラグイン:
----------------------------------------------


oomoto
(@oomoto)
Reputable Memberサイト
参加: 1年 前
投稿: 250
2019年4月8日 21:16  

あっちなみに、子テーマの初期状態(カスタマイズしていない)状態で試しました。


わいひら
(@yhira)
メンバーサイト Admin
参加: 1年 前
投稿: 5402
2019年4月8日 22:39  

エラーメッセージが出ないということは、何かしら無限ループ or コネクション問題が起きているだけなのかもしれませんね。

高速化やPWAが原因でないとすると、何だろう。

とりあえず、原因を考察する上で2点質問です。

投稿一覧画面でタイムアウトが出るとのことですが、固定ページ一覧ではでないのでしょうか?投稿一覧画面以外でタイムアウトエラーが出るステージがあれば教えていただければと思います。

また、このタイムアウトエラー画面で、デベロッパーツールのコンソールを開いて、何かエラーは出ていますでしょうか?


わいひら
(@yhira)
メンバーサイト Admin
参加: 1年 前
投稿: 5402
2019年4月8日 22:42  

ちなみに、投稿画面一覧とは、以下のURLのようなページですよね?
wp-cocoon.com/wp-admin/edit.php

投稿画面一覧以外にも、エラーが出るページがあれば、上記のようにURLも付け加えて教えていただければと思います。


oomoto
(@oomoto)
Reputable Memberサイト
参加: 1年 前
投稿: 250
2019年4月9日 06:58  

投稿一覧画面でタイムアウトが出るとのことですが、固定ページ一覧ではでないのでしょうか?投稿一覧画面以外でタイムアウトエラーが出るステージがあれば教えていただければと思います。

タイムアウトの症状が出ているのは「wp-cocoon.com/wp-admin/edit.php」の投稿一覧のみです。

また、このタイムアウトエラー画面で、デベロッパーツールのコンソールを開いて、何かエラーは出ていますでしょうか?

  • Failed to load resource: the server responded with a status of 500 ()
  • Unchecked runtime.lastError: The message port closed before a response was received.
  • A bad HTTP response code (404) was received when fetching the script.
  • Failed to load resource: net::ERR_INVALID_RESPONSE

が出ています。一応画像を貼り付けます。

 

あと、昨日からでも環境を試そうとしていますが、Local by Flywheelが動いてくれないのでまだ試せてません…


かうたっく
(@kautakku)
メンバーサイト Moderator
参加: 1年 前
投稿: 2740
2019年4月9日 07:29  

4つのエラーを検索したら、解決策が出てくるのでそれらを試していけばエラーが減っていくと思います。

 

Localが無理ならWindowsならBitNamiなどもあったり、サブドメインでテスト環境を作るなどで対応できると思います。

会社のPCなどログインしたことが無いPCやスマホなどのシークレットウィンドーで試しても無理なんですよね?


わいひら 件のいいね!
わいひら
(@yhira)
メンバーサイト Admin
参加: 1年 前
投稿: 5402
2019年4月9日 20:24  

ちなみに、Chrome以外のブラウザでは試してみられたのでしたっけ?(既に過去レスで書かれてたらごめんなさい)
Firefoxとか、新たにダウンロードしたChrome派生ブラウザとかでも良いです。
Windows環境があるのであれば、IEはこういうときは動作確認に助かります。


oomoto
(@oomoto)
Reputable Memberサイト
参加: 1年 前
投稿: 250
2019年4月9日 21:30  

4つのエラーを検索したら、解決策が出てくるのでそれらを試していけばエラーが減っていくと思います。

かうたっくさん今からError内容を調べてみます^^;

Localが無理ならWindowsならBitNamiなどもあったり、サブドメインでテスト環境を作るなどで対応できると思います。

以前Local by Flywheelを使った時は使えたんですが、アップデートしてから調子が悪いので違うローカル環境を探してみます。

会社のPCなどログインしたことが無いPCやスマホなどのシークレットウィンドーで試しても無理なんですよね?

ボクのMac、妻のウインドウズ(10)、iPhone、アンドロイド、会社のウインドウズ(7)を試しましたけど、結果は同じでした

ちなみに、Chrome以外のブラウザでは試してみられたのでしたっけ?(既に過去レスで書かれてたらごめんなさい)
Firefoxとか、新たにダウンロードしたChrome派生ブラウザとかでも良いです。
Windows環境があるのであれば、IEはこういうときは動作確認に助かります。

現在試したのは、クローム・サファリ・edgeのみです。明日会社のPCのIEで試して見ます。

 

 

 


oomoto
(@oomoto)
Reputable Memberサイト
参加: 1年 前
投稿: 250
2019年4月9日 21:44  
  • Unchecked runtime.lastError: The message port closed before a response was received.
  • A bad HTTP response code (404) was received when fetching the script.
  • Failed to load resource: net::ERR_INVALID_RESPONSE

このエラーはクロームのエラーみたいです。

クロームのプラグインを無効にして再度リロードしたら、消えました。

 

しかし、Failed to load resource: the server responded with a status of 500 ()だけが分かりません^^;

多分わいひらさんがおっしゃられた

エラーメッセージが出ないということは、何かしら無限ループ or コネクション問題が起きているだけなのかもしれませんね。

の関係のエラーだと思います…

 


かうたっく
(@kautakku)
メンバーサイト Moderator
参加: 1年 前
投稿: 2740
2019年4月10日 03:24  

サーバーは関係してない。けど、500エラー(内部サーバーエラー)。って事で、よくある.htaccessが原因のパターンだと思うんですけど。

プラグインを全停止してるときか、してないときか不明ですけど、.htaccessファイルに色んな記載があった。って書き込みも密かに気になってたり。

ただ管理画面のedit.phpだけエラーが出るんで、別の箇所かもしれませんよね。

 

例えばアクセスしてエラー画面が出た後のURLが、リダイレクトループしてURLが鬼のように長い。とか(※ただの例えですが)、何か気付いた事はないですか?

This post was modified 2か月 前 by かうたっく

わいひら 件のいいね!
かうたっく
(@kautakku)
メンバーサイト Moderator
参加: 1年 前
投稿: 2740
2019年4月10日 03:45  

やっぱローカルか、サブドメインテストサイトを作って.htaccessファイルの書き換えを試すのも良いと思います。

 

サブドメインであれば、サーバーが表示する500エラー画面も同じだから分かりやすいと思いますよ。

#post-14904

全くエラーが出なければ、サーバーの設定をチェックしてみたり。※サーバー側は関係ない。と言ってたと思いますけど。

※利用中のサーバー的に、独自ドメインとサブドメインのサーバー側の設定が同じであれば、チェックする必要は全くないですが。

ローカル環境でも同じエラーが出ない場合、同じ記事を入れてエラーが出るか。同じ設定を入れてエラーが出るか。もしくはエラーが出る前の状態のデータベースを復元させてみるとか。

誰か経験者がいたらアドバイスできるんだろけど。


わいひら 件のいいね!
oomoto
(@oomoto)
Reputable Memberサイト
参加: 1年 前
投稿: 250
2019年4月10日 06:59  

かうたっくさん、いつもアドバイスありがとうございます。(_ _)

 

例えばアクセスしてエラー画面が出た後のURLが、リダイレクトループしてURLが鬼のように長い。とか(※ただの例えですが)、何か気付いた事はないですか?

URLに不自然な点は無いです…一応画像を添付します。

やっぱローカルか、サブドメインテストサイトを作って.htaccessファイルの書き換えを試すのも良いと思います。

昨日ローカル環境を作ったので、仕事から帰ったら試して見ます!


oomoto
(@oomoto)
Reputable Memberサイト
参加: 1年 前
投稿: 250
2019年4月10日 10:00  

IEで試したところ、「HTTP 500 内部サーバーエラー」となりました。


わいひら
(@yhira)
メンバーサイト Admin
参加: 1年 前
投稿: 5402
2019年4月10日 19:27  

.htaccessは、バックアップを取って以下の記述のみにするというのを試してみても良いかもしれません。

# BEGIN WordPress
<IfModule mod_rewrite.c>
RewriteEngine On
RewriteBase /
RewriteRule ^index\.php$ - [L]
RewriteCond %{REQUEST_FILENAME} !-f
RewriteCond %{REQUEST_FILENAME} !-d
RewriteRule . /index.php [L]
</IfModule>
# END WordPress

動作確認したら、バックアップから元に戻します。
ただ.htaccessが原因だとすると、親テーマで正常動作して、子テーマで正常動作しない説明がつかないような気がします。


わいひら
(@yhira)
メンバーサイト Admin
参加: 1年 前
投稿: 5402
2019年4月10日 19:33  
  • プラグインが全て無効
  • 子テーマがデフォルト状態
  • PHPエラーメッセージ(警告含む)が全く出力されない
  • 親テーマでは動作する
  • 子テーマだとタイムアウトエラーが出る

現状、上記の条件で、影響があるとすれば、「Cocoon設定」の違いとかが原因の可能性があるのかなと思います。
親テーマと、子テーマでは、違う設定が利用されるので、それぞれの違いといったらそこくらいかなと。

ただ、自分の環境ではそういった不具合は出たことがありません。
なので、Cocoon設定のバックアップ機能から、設定情報を出力して、ZIPで圧縮してアップしていただいてよろしいでしょうか。
※APIの認証キー情報等は削除して出力してください。また、公開したくない設定情報がある場合は、削除後にバックアップ機能で出力してください。


oomoto
(@oomoto)
Reputable Memberサイト
参加: 1年 前
投稿: 250
2019年4月10日 20:32  

わいひらさんありがとう御座います!!!

 

解決しました!!!

 

原因はCocoon設定のAPIキーでした。

AmazonAPI関連を削除したら、時間がかかるでどなんとか投稿一覧が表示されました。

さらに、楽天API関連を削除したら、投稿一覧の表示が速くなり

バリューコマースAPI関連を削除したら更に速く

もしもAPI関連を削除したら、一瞬で表示されるようになりました!


わいひら 件のいいね!
oomoto
(@oomoto)
Reputable Memberサイト
参加: 1年 前
投稿: 250
2019年4月10日 20:37  

全てのAPIキーを削除後登録をして、再度APIキーを入力したら

また、投稿一覧が開けなくなりました^^;

Request Timeout

This request takes too long to process, it is timed out by the server. If it should not be timed out, please contact administrator of this web site to increase 'Connection Timeout'.

ただ、またAPIキーを消せば投稿一覧が表示されます。

 

 


わいひら 件のいいね!
かうたっく
(@kautakku)
メンバーサイト Moderator
参加: 1年 前
投稿: 2740
2019年4月10日 20:56  

記事一覧に関係してる部分があるかもわかりませんが、Cocoon設定のバックアップをダウンロードして、復元できる状態にしてから、初期化してみる。みたいに、

関係ない所で影響してる可能性も視野に入れてみても良いかもですね。

#post-14987

これは試されてるかと思ってたので、私からは2度案内しない。してもずーーっと後だったと思います!

とりあえず原因の特定ができた点で、良かった! 😆 『顔文字とテンションの相違が気持ち悪いので、修正っと❦』 😊 😊 🤗 

 

ただ、また削除直後は成功しているのに、再度設定するのにエラーが出るのがオカシイですよね。

キャッシュが作られたらダメなのかな??原因が分かったっぽいので、離脱しますね❦

原因追及まで労力など含めて、お疲れさまでした!

This post was modified 2か月 前 by かうたっく

わいひら 件のいいね!
oomoto
(@oomoto)
Reputable Memberサイト
参加: 1年 前
投稿: 250
2019年4月10日 21:21  

かうたっくさん本当に最初から最後までアドバイスを頂きありがとうございました(^^)

まさかAPIが原因とは思わず、エラーログのような容量が大きいものばかりを見てました(笑)

ただ、また削除直後は成功しているのに、再度設定するのにエラーが出るのがオカシイですよね。

キャッシュが作られたらダメなのかな??

もしかしたら、そうかも知れません…今キャッシュを削除したりキャッシュ保存期間を365日から変更したりといろいろ試してみます

 


oomoto
(@oomoto)
Reputable Memberサイト
参加: 1年 前
投稿: 250
2019年4月10日 21:21  

かうたっくさん本当に最初から最後までアドバイスを頂きありがとうございました(^^)

まさかAPIが原因とは思わず、エラーログのような容量が大きいものばかりを見てました(笑)

ただ、また削除直後は成功しているのに、再度設定するのにエラーが出るのがオカシイですよね。

キャッシュが作られたらダメなのかな??

もしかしたら、そうかも知れません…今キャッシュを削除したりキャッシュ保存期間を365日から変更したりといろいろ試してみます!

 


わいひら
(@yhira)
メンバーサイト Admin
参加: 1年 前
投稿: 5402
2019年4月10日 21:52  

まさかの、API。
どうやら、一覧の本文文字数を取得するのにdo_shortcodeを実行して、ショートコード展開していたのが問題のようです(制限がかかると時間がかかるため)。
do_shortcodeを実行しないように修正しておきました。
https://github.com/yhira/cocoon/commit/c03326b2b403d3971fb302c0366a9afb033ff45b

今回、oomotoさんが、途中で書かれたAPI原因というのが正しかったです。
僕は、do_shortcodeで商品ショートコードが本文文字数取得で展開されていることを忘れて.原因づくのに遅れて申しわけなかったです。

修正したものをGitHubにアップしておきました。
------------------------------------------------
https://github.com/yhira/cocoon
最新ファイルをダウンロードする場合は、上記ページのダウンロードボタンからzipファイルをダウンロードしてください。

FTPでのアップデート方法はこちら。
https://wp-cocoon.com/ftp-update/
------------------------------------------------

もしかしたら、PA-API制限にかかった人も同様の症状が出る恐れがあるのかもしれませんね。だとしたら、改善出来てよかったです。
oomotoさん、いろいろな原因究明にお付き合いいただき、ありがとうございます。
かうたっくさんもいろいろ可能性を書いていただきありがとうございます。

This post was modified 2か月 前 by わいひら

oomoto
(@oomoto)
Reputable Memberサイト
参加: 1年 前
投稿: 250
2019年4月10日 22:53  

わいひらさんありがとうございます(^^)

修正分をインストールすれば、APIを入力していても難なく投稿一覧に入れました!


わいひら 件のいいね!
わいひら
(@yhira)
メンバーサイト Admin
参加: 1年 前
投稿: 5402
2019年4月11日 20:51  

動作確認ありがとうございます!
自動アップデートで皆に適用できるようにしておきました。


ページ 2 / 2
Share:
スポンサーリンク
わいひらをフォローする
おすすめサーバ

プラン変更で負荷対策が行えるので、ブログ向きのレンタルサーバーです。

◎LiteSpeedを用いた高速サーバー(完全SSD)
◎http/2・QUIC(高速化プロトコル)に対応
◎プランのアップ・ダウングレードが自由自在
◎転送量が多い
◎毎日無料バックアップ(14日分)
◎復元ポイントを指定して復旧可能(無料)
◎アダルト・出会い系サイト可
○サーバ引っ越しオプションあり(有料)
○サーバー料金をチャージ払いが可能
サービス運営期間:2年10ヶ月

性能も兼ね備えながら安くブログ運営を開始したいのであればここ1択。

◎LiteSpeedを用いた高速サーバー(完全SSD)
◎http/2・QUIC(高速化プロトコル)に対応
◎東京・大阪でリージョン選択が可能
◎プランのアップ・ダウングレードが自由自在
◎同サービス内でドメイン管理が可能
◎転送量が多い
◎毎日無料バックアップ(14日分)
◎復元ポイントを指定して復旧可能(無料)
◎アダルト・出会い系サイト可
◎ドメインとサーバー代のチャージ払いが可能
○サーバ引っ越しオプションあり(有料)
△新しいサービスなので運営櫪がまだ短い
サービス運営期間:10ヶ月

安定感抜群のサーバーです。あまり急激なアクセス変動がないアフィリエイトサイトに向いています。

◎nginxを用いた高速サーバー(完全SSD)
◎老舗サーバーなので安定感抜群
◎ディスク容量が多い
◎転送量が多い
◎同サービス内でドメイン管理が可能
○http/2(高速化プロトコル)に対応
○毎日無料バックアップ(14日分)
△DBは7日分だけ無料復旧可能(ファイルは有料)
×プラン変更でCPUのスペックアップができない
×プラン変更しても即時反映されない
×アダルト・出会い系サイト不可
サービス運営期間:15年

とにかく速い。サイトに表示スピードを求めるならココ。

◎nginxを用いた高速サーバー(完全SSD)
◎プランのアップ・ダウングレードが自由自在
◎ディスク容量が多い
◎転送量が多い
○http/2(高速化プロトコル)に対応
○毎日無料バックアップ(14日分)
○DB復旧は無料(ファイルは有料)
○サーバ引っ越しツールあり
○サーバー料金をチャージ払いが可能
△新しいサービスなので運営櫪がまだ短い
サービス運営期間:8ヶ月

格安な値段で始められる高機能サーバーです。
性能も備えつつ最安ならここ。
サイトを続けるうちにアクセスが増えれば、プランのアップグレートで対応可能です。

◎LiteSpeedを用いた高速サーバー(完全SSD)
◎激安プランが用意してある
◎値段あたりのスペックが高い(コスパ良し)
◎サーバ引っ越しオプションあり(無料)
◎アダルト・出会い系サイト可
○http/2(高速化プロトコル)に対応
△プランのアップは可能だがダウンは不可
△毎日自動バックアップ(1日分)
△前日のバックアップからのみ復元できる(無料)
サービス運営期間:3年

Cocoon
  
動作中

ログイン または 登録 してください

タイトルとURLをコピーしました