Cocoon設定の「広告(AdSense)」設定をしたときに403で保存できないときの対処方法

テーマ設定
この記事は約3分で読めます。

サーバーの中にはセキュリティー設定で、WAF(ウェブアプリケーションファイアウォール)を採用している場合があります。

そういったサーバーを利用している場合は、スクリプトコードなどを設定内容に貼り付けていると、サーバーのファイヤーウォールにより書き込みが拒否(403 Forbidden)される場合があります。

その場合は、一旦WAFを無効にして、しばらく待ってから再度書き込んで設定を保存すると、反映されるかと思います。

WAFを採用しているサーバーの、WAF解除方法はこちら。

WAFの解除・設定 / セキュリティ / マニュアル - レンタルサーバーならロリポップ!
ロリポップ!レンタルサーバーのご利用マニュアル WAFの解除・設定について説明したマニュアルページです。
WAFの設定をする|ConoHa WINGサポート
ConoHa WINGのご利用ガイド、FAQなどの各種サポート情報をご案内しています。ConoHa WINGは便利なご利用ガイドと専任スタッフのサポートで安心してご利用いただけます。

WAFを解除して、設定が反映されたとは、必ず設定を元に戻してください。

WAFはセキュリティー設定なので、無効にしているとサイトのセキュリティー性が低くなってしまいます。

わざわざ設定ごとに、WAF設定をいじるのは面倒くさい

という場合は、.htaccessを編集する方法もあります。

スポンサーリンク

ロリポップでWAF除外設定を行う

除外設定を行うには、ロリポップ!管理画面にログインし、「WAF設定」を開きます。

ロリポップのセキュリティ管理画面

「検出されたシグネチャ」の下の部分に「シグネチャ(コード)」が表示されていると思うので、コピーしておきます。

次にサーバー内の.htaccessファイルを開きます。

WordPressの.htaccess編集 / ホームページ・ブログ作成 / マニュアル - レンタルサーバーならロリポップ!
ロリポップ!レンタルサーバーのご利用マニュアル WordPress ワードプレス ログインページの.htacceess編集について説明したマニュアルページです。

.htaccess内に以下のようなコードを記述して、保存し.htaccessファイルを上書きアップロードします。

シグネチャのアクセスを許可する

記述はこんな感じになります。

SiteGuard_User_ExcludeSig XXXXXXXX

複数ある場合は、以下のように改行で区切って貼り付ければOKです。

.htaccessのセキュリティー設定

SiteGuardプラグインによるWAF除外設定の方法

SiteGuard WP Pluginを利用することで、.htaccessファイルを編集せずとも、シグネチャを設定することも可能です。

まずはSiteGuardプラグインをインストールして、管理画面「SiteGuard」から「WAFチューニングサポート」メニューを選択してください。

WAFチューニング設定メニューを選択

「新しいルールを追加」ボタンを押します。

WAFの新しいルールを追加

「シグネチャ」に対して、サーバーで取得したシグネチャを改行区切りで入力し、適当な名前を付けて保存します。

シグネチャを改行区切りで保存する

「WAFチューニングサポート」一覧画面に戻るので「ON」を選択して設定を保存します。

WAFチューニングサポートの設定を保存する

この設定を行うと、SiteGuardプラグインによってサーバー上の.htaccessに対して、必要な記述が記入されます。

スポンサーリンク

ConoHa WINGでWAF除外設定を行う

ConoHa WINGの場合は、サーバーの管理パネルから比較的簡単に除外設定を行うことができます。

詳しい手法はこちら。

WAFの設定をする|ConoHa WINGサポート
ConoHa WINGのご利用ガイド、FAQなどの各種サポート情報をご案内しています。ConoHa WINGは便利なご利用ガイドと専任スタッフのサポートで安心してご利用いただけます。
テーマ設定
スポンサーリンク
わいひら

無料WordPressテーマ、Simplicity、Cocoonを作成。当サイトと寝ログを運営しています。

わいひらをフォローする
わいひらをフォローする
おすすめサーバー(コスパ・バックアップ重視型)

性能も兼ね備えながら安くブログ運営を開始できる点においてのNo.1。
それでいてブログ成長後は、十分すぎるほどのスペックアップ余力も担保されている。

◎安く始められる
◎LiteSpeedを用いた高速サーバー(完全SSD)
◎http/3(高速化プロトコル)に対応
◎東京・大阪でリージョン選択が可能
◎プランのアップ・ダウングレードが自由自在
◎同サービス内でドメイン管理が可能
◎ディスク容量が多い
◎転送量が多い
◎毎日無料バックアップ(14日分)
◎DBは14日以内なら無料自動復旧可能
◎ファイルも14日以内なら無料自動復旧可能
◎アダルト・出会い系サイト可
◎ドメインとサーバー代のチャージ払いが可能
○サーバ引っ越し依頼が可能(有料)

サービス運営期間:1年11ヶ月

1年以上の契約をする場合は、クーポンコード入力でさらに10%割引(※2020/12/31まで)。

クーポンコード:PK4JK4RJ

クーポンの使用方法はこちら

とにかく速い。サイトに表示スピードを求めるならココ。
管理画面がシンプルで使いやすい。

◎nginxを用いた高速サーバー(完全SSD)
◎プランのアップ・ダウングレードが自由自在
◎同サービス内でドメイン管理が可能
◎ディスク容量が多い
◎転送量が多い
○http/2(高速化プロトコル)に対応
◎毎日無料バックアップ(14日分)
◎DBは14日以内なら無料自動復旧可能
◎ファイルも14日以内なら無料自動復旧可能
◎サーバ引っ越しツールあり(無料)
○サーバ引っ越し依頼が可能(有料)
◎ドメインとサーバー代のチャージ払いが可能

サービス運営期間:1年9ヶ月

安定感抜群のサーバーです。あまり急激なアクセス変動がないアフィリエイトサイトに向いています。

◎nginxを用いた高速サーバー(完全SSD)
◎老舗サーバーなので安定感抜群
◎ディスク容量が多い
◎転送量が多い
◎同サービス内でドメイン管理が可能
○http/2(高速化プロトコル)に対応
○毎日無料バックアップ(14日分)
○DBは7日以内なら無料自動復旧可能
×ファイルは有料かつ手動での復旧
×プラン変更でCPUのスペックアップができない
×プラン変更しても即時反映されない
×アダルト・出会い系サイト不可

サービス運営期間:16年

常に新しいことに挑戦しているフロンティア精神あふるるレンタルサーバーです。
LiteSpeedやHTTP/2を日本で初めて導入したサーバー。

◎LiteSpeedを用いた高速サーバー(完全SSD)
◎http/3(高速化プロトコル)に対応
◎プランのアップ・ダウングレードが自由自在
◎同サービス内でドメイン管理が可能
◎転送量が多い
◎ディスク容量が多い
◎毎日無料バックアップ(14日分)
◎DBは14日以内なら無料自動復旧可能
○ファイルは14日以内なら無料復旧可能(※手動)
◎アダルト・出会い系サイト可
◎ドメインとサーバー代のチャージ払いが可能
○サーバ引っ越し依頼が可能(有料)

サービス運営期間:3年

格安な値段で始められる高機能サーバーです。
性能も備えつつ最安ならここ。
ただし少し機能は弱い。

◎LiteSpeedを用いた高速サーバー(完全SSD)
◎激安プランが用意してある
◎値段あたりのスペックが高い(コスパ良し)
◎サーバ引っ越し依頼が可能(無料)
◎アダルト・出会い系サイト可
○http/2(高速化プロトコル)に対応
△プランのアップは可能だがダウンは不可
△毎日自動バックアップ(1日分)
△前日のバックアップからのみ復元できる(無料)

サービス運営期間:4年

Cocoon

コメント テーマの質問はフォーラムへ

タイトルとURLをコピーしました