「メイド・イン・ヘブン」スキン適用中

Cocoonを利用する上でお勧めしないプラグインまとめ

サイト作成準備
この記事は約3分で読めます。

Cocoonテーマを使用するなら、あわせて使用することをおすすめしないプラグインを紹介します。

\お得なキャンペーン実施中!/
エックスサーバーキャンペーン

ソースコード圧縮系のプラグイン

Cocoonには、ソースコード圧縮(縮小)系の機能がすでにあるので、基本的にインストールは不要です。

それどころか、Cocoon関係なく不具合が出る可能性も高いので、利用はおすすめしません。

Autoptimize

Autoptimize
Autoptimize は、以下を最適化することでサイトの反応を高速にします。JavaScript、CSS、画像 (遅延読み込みを含む)、HTML、Google フォント、非同期 JavaScript、また邪魔な Emoji の除去など。

WordPressを使用する上で、このプラグインを利用して得られるメリットよりデメリットの方が大きいかと思います。

特に、設定内容も理解しないまま利用している場合は、使用をやめたほうが賢明です。

他にもソースコード縮小系のプラグインはあると思いますが、特に利用者が多く不具合を起こしているケースが多いのがこのプラグインなので、これのみ一例として書いておきます。

SEOプラグイン

Cocoonには、必要最低限なSEO機能があるので、これからサイトを始める場合は、あえてインストールする必要はありません。

これまで別のテーマで運用していて、SEO関係の設定をプラグインに保存している場合は、移行のため必要になる可能性はあります。

けれど新規サイトを立ち上げるに当たって、特にSEOプラグインは必要ないと思います。

こんなSEOプラグインでチョコチョコ設定しただけで検索順位が上がるようなチョロイ検索エンジンであれば、苦労はないです。

All in One SEO Pack

All in One SEO – ベスト WordPress SEO プラグイン – 簡単に SEO ランキングを向上させトラフィックを増加させます
オリジナルのWordPress SEO プラグイン。この包括的な SEO ツールとスマートな SEO 最適化を使用すると、WordPress の SEO ランキングとトラフィックを向上できます。

SEOプラグインでもシンプル機能のものであれば、Cocoonとメタディスクリプションが競合しなければ問題ないです。

とはいえ、All in One SEO Packは機能が豊富すぎて重くなっており、加えて不具合も多いのであまりおすすめではないです。

ブロックプラグイン

ブロックエディターのブロック系のプラグインは、使用して問題ないようであれば使って問題ないと思います。

しかしながら、Font Awesomeアイコンを利用しているものであれば、CSSの競合によりアイコンが正常に表示されない可能性もあるのでご了承ください。

Lazy Load系プラグイン

WordPressはデフォルトでLazy Load機能が実装されたので基本的には不要です。

Lazy Loadとかのプラグインでなくても、Jetpackや、EWWW Image Optimizerのような総合プラグインの中に機能として実装してあるものもあります。

これらのプラグインを使用している場合は、Lazy Load機能を無効にしておいてください。

インストール不要のプラグイン

使用しても良いのですが、すでにCocoonに同様の機能があるので、インストールが不要のプラグインはこちらです。

  • Classic Editor:「Cocoon設定」→「エディター」→「Gutenbergエディターを有効にする」のチェックを外すことでクラシックエディターを利用できます。
  • Classic Widgets:Cocoonではデフォルトで「ブロックウィジェット」を無効にしてあります。
  • Gutenberg:WordPressの先進のブロック機能を試すとかでなければインストールする必要はありません。先進機能はCocoon未対応の可能性もあるのでご了承ください。

タイトルとURLをコピーしました