サイト全体に「モダンブラック 」スキン適用中。

子テーマで多言語対応させるため翻訳ファイルを独自に編集する方法

カスタマイズ

子テーマ側で「言語ファイル(翻訳ファイル)」を変更して、Cocoon自体が出力している文字列を変更できるようにしました。

Cocoonは、日本語環境に最適化しているので、翻訳してまで使う意味は薄いと思います。しかし、実装的には大した手間ではないので機能追加しておきました。
Cocoonは、日本語環境でカスタマイズしやすくするために、テンプレートファイルのキャプションは日本語で記入してあります。ですので、「日本語→外国語」といった翻訳をする必要があります。
スポンサーリンク

子テーマ側で翻訳する主な手順

子テーマ側で翻訳するのに必要な主な手順はこちらです。

  1. 親テーマのlanguagesフォルダを子テーマ直下にコピペする
  2. Poeditをインストールする
  3. Poeditで対象の翻訳ファイルを開く
  4. WordPressの言語設定を変更する

WordPressの言語ファイル編集ソフトとして、Poeditという優秀なソフトがあります。

日本語環境でも使えるソフトなので、このソフトさえ使えれば、比較的簡単に「言語ファイル(翻訳ファイル)」を編集することができます。

    親テーマのlanguagesフォルダを子テーマ直下にコピペする

    まず、親テーマにlanguagesというフォルダがあるので、コピーします。

    そして子テーマのフォルダ直下にペーストします。

    languagesフォルダーを子テーマにコピペする

    Cocoonは、子テーマに言語ファイルがないと、親テーマの言語ファイルを読み込む仕様になっています。

    逆に、子テーマ内に言語ファイルがあると、子テーマのものを読み込みます。

    この「子テーマの言語ファイル」を編集することで、親テーマのアップデートの影響を受けることなく、独自の言語ファイルを作成することができます。

    Poeditをインストールする

    WordPressの言語ファイルを編集するには、Poeditというツールがお勧めです。

    The fastest and most convenient way to translate interfaces — Poedit
    Poedit is a powerful and intuitive editor for translating interfaces that use gettext. Available for Windows, macOS, and Linux.

    サイトは英語ですが、日本語の言語環境で編集することも可能です。

    Poedit起動画面

    インストール方法や簡単な使用方法はこちら。

    WordPressテーマをマルチ言語対応(国際化)させる方法
    Wordpressテーマを英語化する手順の紹介です。Poeditという無料翻訳補助ソフトを利用すれば、手軽に翻訳ファイルを作成することが可能です。

    Poeditで対象の翻訳ファイルを開く

    子テーマのlanguagesフォルダ内の言語ファイルを開きます。

    Cocoonには現在、以下の言語ファイルの雛形があります。(v1.6.7以降)

    • en.po(英語)
    • de.po(ドイツ語)
    • fr.po(フランス語)
    • pt.po(ポルトガル語)
    • ko.po(韓国語)

    .poファイルをPoeditにドラッグ&ドロップすれば、言語ファイルを編集できます。

    Poeditで英語の言語ファイルを編集

    編集が終わったら、保存ボタンを押せば、.moに自動的にコンパイルされます。

    保存ボタンでコンパイル

    WordPress自体は子テーマに作成された.moファイルを参照して翻訳テキストを出力します。

    英語以外は、雛形のみです。といっても、英語も時間がなくて中途半端にしか作成していません。

    「コードから更新」ボタンは押さないように

    Poeditの「コードから更新」ボタンを押すと、子テーマを対象に翻訳ファイルを再生成してしまうので押さないようにしてください。

    コードから更新ボタンを押してはいけない

    WordPressの言語設定を変更する

    最後に、WordPress管理画面の「一般設定」から「サイトの言語」を目的の言語に設定します。

    サイトの前後やタイムゾーンの設定

    すると、サイトの表示言語を変更できます。

    サイトを英語化

    言語ファイルを作成した際には

    このように、Cocoonは一応、マルチ言語対応にはなっていますが言語ファイル自体は完全に作成されていません。

    もし「言語ファイルを作成したから親テーマ内に同梱してもいいよ」という方がおられましたら、是非フォーラムにてご連絡ください。

    わいひらに連絡
    運営者・作者に連絡。

    「一部のみ翻訳した」とかでも良いので、よろしければお願いいたします。

    一部翻訳でも、親テーマに組み込まれれば、今度はそれを元に編集したものが積み上がっていきます。
    カスタマイズ
    スポンサーリンク
    わいひら

    無料WordPressテーマ、Simplicity、Cocoonを作成。当サイトと寝ログを運営しています。

    わいひらをフォローする
    わいひらをフォローする
    おすすめレンタルサーバー
    mixhost

    プラン変更で負荷対策が行えるので、ブログ向きのレンタルサーバーです。

    ◎LiteSpeedを用いた高速サーバー(完全SSD)
    ◎http/2・QUIC(高速化プロトコル)に対応
    ◎プランのアップ・ダウングレードが自由自在
    ◎転送量が多い
    ◎毎日無料バックアップ(14日分)
    ◎復元ポイントを指定して復旧可能(無料)
    ○サーバ引っ越しオプションあり(有料)
    ○アダルト・出会い系サイト可

    安定感抜群のサーバーです。あまり急激なアクセス変動がないアフィリエイトサイトに向いています。

    ◎nginxを用いた高速サーバー(完全SSD)
    ◎老舗サーバーなので安定感抜群
    ◎ディスク容量が多い
    ◎転送量が多い
    ◎同サービス内でドメイン管理が可能
    ○http/2(高速化プロトコル)に対応
    ○毎日無料バックアップ(14日分)
    △DBは7日分だけ無料復旧可能(ファイルは有料)
    ×プラン変更でCPUのスペックアップができない
    ×プラン変更しても即時反映されない
    ×アダルト・出会い系サイト不可

    性能も兼ね備えながら安くブログ運営を開始したいのであればここ1択。

    ◎LiteSpeedを用いた高速サーバー(完全SSD)
    ◎http/2・QUIC(高速化プロトコル)に対応
    ◎東京・大阪でリージョン選択が可能
    ◎プランのアップ・ダウングレードが自由自在
    ◎同サービス内でドメイン管理が可能
    ◎転送量が多い
    ◎毎日無料バックアップ(14日分)
    ◎復元ポイントを指定して復旧可能(無料)
    ○サーバ引っ越しオプションあり(有料)
    △アダルト・出会い系サイト可(条件あり)
    △開始したてなので運営能力は未知数(対応良)

    格安な値段で始められる高機能サーバーです。
    性能も備えつつ最安ならここ。
    サイトを続けるうちにアクセスが増えれば、プランのアップグレートで対応可能です。

    ◎LiteSpeedを用いた高速サーバー(完全SSD)
    ◎激安プランが用意してある
    ◎値段あたりのスペックが高い(コスパ良し)
    ◎サーバ引っ越しオプションあり(無料)
    ○http/2(高速化プロトコル)に対応
    ○アダルト・出会い系サイト可
    △プランのアップは可能だがダウンは不可
    △毎日自動バックアップ(1日分)
    △前日のバックアップからのみ復元できる(無料)

    Cocoon

    コメント

    タイトルとURLをコピーしました