シンプルなWordPressテーマ

Cocoonは、SEO・高速化・モバイルフレンドリーに最適化した無料テーマです。
見た目はシンプルですが、初めての方でも感覚的に使えるように
便利な機能を織り込んで作りました。
100%GPLテーマなので自由にご利用いただけます。

ダウンロードページはこちら。

ダウンロード

外部ブログカードの表示方法

記事作成

Cocoonではコピペ一発で、外部サイト用のブログカードを作成することができます。

スポンサーリンク

外部ブログカードの表示方法

外部ブログカードを表示するには、投稿・固定ページ管理画面で、ビジュアルエディターに以下のように入力します。

外部リンクブログカードURLの入力例

上記のように、エディターの1行に対してURLを挿入するだけでOKです。

<a href=”URL”>URL</a>形式のURLリンクを挿入してもOKです。

必ず1行に対して1つのURL(リンク)となるように挿入してください。
URLリンクのtarget属性に”_blank”、”_self”を入れても無視されます。その他の属性もブログカードに反映されることはありません。単に「<a href=”URL”>URL</a>」という記述でも動作するよというオプション的な位置付けです。

表示例

上記のように外部ブログカードURL(リンク)を挿入した場合は、以下のように表示されます。

寝ログ
寝ながら出来るコトや使えるモノを紹介
Simplicity
内部SEO施策済みのシンプルな無料Wordpressテーマを公開しています。初心者でも出来る限り分かりやすく使えるように作成しました。

設定変更

外部リンクブログカードは「Cocoon設定→ブログカード」タブにある「外部ブログカードの設定」から変更することが可能です。

Cocoonテーマの外部ブログカード設定項目

「リンクの開き方」や「サムネイルの位置」変更は可能ですのでまた試してみてください。

外部ブログカードリンクの開き方は、新しいタブで開いている人が多いようです。

注意点

外部ブログカードは、外部サイトからOGP情報等を取得してブログカード化します。

ネットを介して情報を取得するわけなので、表示に時間がかかります。

ただCocoonでは、表示時間の短縮を図るため、一度取得したブログカード情報は一定期間データベースに保存してキャッシュ化します。

そのため、「2回目以降の外部ブログカード表示」では、DBキャッシュから作成されるので、表示までの時間を短縮します。

外部ブログカードのキャッシュ項目画面

デフォルトでは30日間キャッシュが保存され、30日後に新しい情報と入れ替えられます。

そのため、「一旦キャッシュ化されたブログカード情報」は、例え間違った情報であっても「キャッシュ期間」中、同じものが表示されます。

もし誤った情報で外部ブログカードがキャッシュ化された場合は、以下の方法を用いて「キャッシュの更新」をしてやる必要があります。

キャッシュの更新方法

外部ブログカードのキャッシュを更新するには、「外部ブログカードの設定」項目にある、「キャッシュ更新モードを有効にする」にチェックを入れて保存してください。

Cocoonテーマ設定のキャッシュの更新項目

あとは、公開ページの「外部ブログカード」が表示されているページを開けば、新しい情報にキャッシュが更新されます。

キャッシュの更新が必要なくなったら、「キャッシュ更新モードを有効にする」は無効にしておくことをおすすめします。

「キャッシュの更新」を行うには、ログインユーザー権限が必要です。ログインした状態で「外部ブログカード」がある公開ページをリロードしてください。
記事作成
スポンサーリンク
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
わいひら

無料WordPressテーマ、Simplicity、Cocoonを作成。当サイトと寝ログを運営しています。

わいひらをフォローする
わいひらをフォローする
おすすめレンタルサーバー
mixhost

プラン変更で負荷対策が行えるので、ブログ向きのレンタルサーバーです。

◎LiteSpeedを用いた高速サーバー(完全SSD)
◎http/2・QUIC(高速化プロトコル)に対応
◎プランのアップ・ダウングレードが自由自在
◎転送量が多い
◎毎日無料バックアップ(14日分)
◎復元ポイントを指定して復旧可能(無料)
○サーバ引っ越しオプションあり(有料)
〇アダルト・出会い系サイト可
△安定性にやや欠ける

安定感抜群のサーバーです。あまり急激なアクセス変動がないアフィリエイトサイトに向いています。

◎nginxを用いた高速サーバー(完全SSD)
◎老舗サーバーなので安定感抜群
◎ディスク容量が多い
◎転送量が多い
◎同サービス内でドメイン管理が可能
○http/2(高速化プロトコル)に対応
○毎日無料バックアップ(14日分)
△DBは7日分だけ無料復旧可能(ファイルは有料)
×プラン変更でCPUのスペックアップができない
×プラン変更しても即時反映されない
×アダルト・出会い系サイト不可

性能も兼ね備えながら安くブログ運営を開始したいのであればここ1択。

◎LiteSpeedを用いた高速サーバー(完全SSD)
◎http/2・QUIC(高速化プロトコル)に対応
◎東京・大阪でリージョン選択が可能
◎プランのアップ・ダウングレードが自由自在
◎同サービス内でドメイン管理が可能
◎転送量が多い
◎毎日無料バックアップ(14日分)
◎復元ポイントを指定して復旧可能(無料)
○サーバ引っ越しオプションあり(有料)
△アダルト・出会い系サイト可(条件あり)
△開始したてなので運営能力は未知数(対応良)

格安な値段で始められる高機能サーバーです。
性能も備えつつ最安ならここ。
サイトを続けるうちにアクセスが増えれば、プランのアップグレートで対応可能です。

◎LiteSpeedを用いた高速サーバー(完全SSD)
◎激安プランが用意してある
◎値段あたりのスペックが高い(コスパ良し)
◎サーバ引っ越しオプションあり(無料)
○http/2(高速化プロトコル)に対応
〇アダルト・出会い系サイト可
△プランのアップは可能だがダウンは不可
△毎日自動バックアップ(1日分)
△前日のバックアップからのみ復元できる(無料)

Cocoon

コメント

  1. ココ より:

    Cocoonの外部リンク機能は素晴らしいですね!!
    以前「はてなブログカードのような美しい外部リンクをクリック一発で作成する方法」という記事で紹介されていた方法では、「参照元がhatenablog.comドメインになるので、リンク先の相手(ウェブマスター)には、どこから流入があったのかわからない。」とのことでしたが、
    Cocoonのこの機能を使って外部リンクを作成した場合、参照元は自分のサイトになるのでしょうか?

タイトルとURLをコピーしました