特典機能について

親テーマと子テーマについてです。 | Cocoonテーマに関する質問 | Cocoon フォーラム

サイト内検索
運営者(わいひら)は、骨の手術明けのためしばらく体調を優先して運営させていただきます。ですので、フォーラム負担軽減のため登録者のみ書き込めるようを制限をさせていただきます。フォーラム未登録の方はこちらの手順で登録を行ってください。予定としては12月前半まで実施させていただきます。
書き込みの前に以下の3点をご確認ください。
  1. 1つのトピックにつき1つの質問を書き込んでください
  2. 不具合・カスタマイズ対象ページのURLを提示高速化を無効にしてください
  3. 該当部分のキャプチャ・環境情報とともに書き込んでいただけると助かります

何を書き込んだら良いか分からない場合は、以下のテンプレートをコピペしてご利用ください。

不具合・カスタマイズ対象ページのURL:

相談内容:

解決のために試したこと:

※文字だけでは正しく伝わらない可能性があるため、スクショ画像の添付もお願いします。
※高速化設定をしている場合は無効にしてください。
環境情報:

※↑こちらに「Cocoon設定 → テーマ情報」にある「環境情報」を貼り付けてください。

環境情報の取得方法はこちら。
https://wp-cocoon.com/theme-report/
高速化設定を無効にするにはこちら。
https://wp-cocoon.com/theme-trouble/

フォーラム利用ガイドリンク

  1. フォーラムガイドライン
  2. よくある質問と答え(FAQ)
  3. サポート対象外のケース
  4. 原因不明の不具合用トラブルシューティング
  5. トピックにHTMLを貼り付ける方法(推奨ツール:notepad.pw
  6. 真っ白画面でのエラーメッセージの確認方法 
  7. ブラウザ環境チェックツール

フォーラム質問後、問題等が解決した場合は結果を書き込んでいただけると幸いです。同様の問題で調べている方には、結果が一番気になる部分となります。

また、問題の解決に至った場合には、トピック冒頭の「解決済み」リンクをクリックしていただけますと幸いです。

wpForoの解決済みリンク

また、有用な返信があった場合は「いいね!」リンクもご活用ください。返信者の励みになります。

wpForoのいいねリンク

「いいね!」機能はフォーラム登録者のみが利用できる機能です。

CC BY-ND 2.1)準じていれば(リンクを貼っていただければ)転載も自由です。カスタマイズ記事を書く際にコード等をコピペ利用していただいて構いません。

フォーラムの使い方がよくわからない場合は、テストトピックで自由にテストしていただいて構いません。

最近の書き込みはこちら。

詳細なカスタマイズ依頼をするならこちら。

スポンサーリンク
親テーマと子テーマについてです。
 
共有:
通知
すべてクリア

[解決済] 親テーマと子テーマについてです。


Kaiba
 Kaiba
(@Kaiba)
ゲスト
結合: 1年前
投稿: 2
Topic starter  

質問失礼いたします。稚拙な質問でしたら、申し訳ございません。

【親テーマと子テーマの相関関係】についてです。

その相関関係を理解できておりません。

結果、以下を理解しないままにブログを書いてしまっていて

どこかいつも腑に落ちないままになっています。

 

いつもビジュアルでしか入力できませんというより、入力していません。

今後のことを考えると、テキストで書きたいです。

ただ、テキストでも入力できるようにするためには、Classicのプラグインを有効化すると認識していますが、

Classicのプラグインを有効化すると、見出しが質素になってしまうため、

いつもこの段階で「どうしたものか」となって(変更を)思いとどまってしまいます。

 

恐れ入りますが、

テキストでブログを書いていく

見出しはビジュアル時のものを継続して使いたい

子テーマは必ずセットで必要なのでしょうか

この点、よろしくお願いいたします。

 


未解決
リフィトリー
(@leafytree)
メンバー Moderator
結合: 3年前
投稿: 6412
 

前略、Kaiba さん

親テーマ、子テーマの問題と、エディターの問題とは、ちょっと区別して理解する必要があるかと思います。

 

なぜ、子テーマが要るのかについてを簡単に説明しますと、親テーマでいろいろとカスタマイズしていると、親テーマをアップデートした際に、カスタマイズした内容が失われてしまう場合があるので、さまざまな設定を子テーマ側で行うことで、それらの設定を維持できる、というものです。

 

また、何らかのトラブル等で、親テーマを再インストールする場合なども、役に立ちます。


わいひらKaibaSAKAMOTO 件のいいね!
リフィトリー
(@leafytree)
メンバー Moderator
結合: 3年前
投稿: 6412
 

エディターにつきましては、Cocoonの場合は、クラッシックエディタのプラグインをインストールしなくても、ブロックエディターを無効にすることで、クラッシックエディタと同様のエディターにできるようです。

 

とりあえず、こちをお試しになってみるというのはいかがでしょうか?

 

以下のチェックを外して、「変更をまとめて保存」のボタンをクリックして確定します。

 


わいひらKaibaSAKAMOTO 件のいいね!
リフィトリー
(@leafytree)
メンバー Moderator
結合: 3年前
投稿: 6412
 

親テーマ、子テーマの話に戻りますが、必ず子テーマをインストールして、Cocoon設定や、その他のカスタマイズや、アナリティクスの設定や、広告の設定も、全て子テーマ側で行ってください。

 

親テーマは、インストールしたままの、デフォルトの状態にしておきます。

 

もし、親テーマ側で、いろいろと設定してしまった場合は、その設定を子テーマ側に移す必要があります。

 

以下は、過去の参考トピックです。

[解決済] 誤って親テーマに追加してしまったカスタマイズの子テーマへの移行をご教示ください
https://wp-cocoon.com/community/postid/29091/

 

 


わいひらKaibaSAKAMOTO 件のいいね!
リフィトリー
(@leafytree)
メンバー Moderator
結合: 3年前
投稿: 6412

わいひらKaibaSAKAMOTO 件のいいね!
リフィトリー
(@leafytree)
メンバー Moderator
結合: 3年前
投稿: 6412
 

ちなみに、親テーマは、どんどんアップデートしていくので、自動アップデート等で、アップデートしていけばよいかと思います。

 

それに対して、子テーマは、何かよほどの事情がない限り、アップデートする必要はないでしょうし、各種設定やカスタマイズした状態を維持するためにも、アップデートは行いません。

 

親テーマ、子テーマの関係は、Cocoonに限らず、他のテーマでも同様だと思います。


わいひらKaibaSAKAMOTO 件のいいね!
KaibaSAKAMOTO
(@kaibasakamoto)
Active Member
結合: 1年前
投稿: 5
 

@leafytree

リフィトリー様

早々のご回答ありがとうございます。

投稿者:: @leafytree

なぜ、子テーマが要るのかについてを簡単に説明しますと、親テーマでいろいろとカスタマイズしていると、親テーマをアップデートした際に、カスタマイズした内容が失われてしまう場合があるので、さまざまな設定を子テーマ側で行うことで、それらの設定を維持できる、というものです。

ものすごくストンと落ちました。ありがとうございます。

投稿者:: @leafytree

クラッシックエディタのプラグインをインストールしなくても、ブロックエディターを無効にすることで、クラッシックエディタと同様のエディターにできるようです。

こんな方法があったのですね。とても助かりました。

やってみました。できました。今まで140記事近く、

ビジュアルで投稿してきたので、「ギャラリー」のコード見ただけで「はたして、テキストエディターでこれを作れるものなのでろうか」恐ろしくなりました。

投稿者:: @leafytree

もし、親テーマ側で、いろいろと設定してしまった場合は、その設定を子テーマ側に移す必要があります。

 

全て、親でやってしまっていました。

「無知」は怖いですね。

移す設定をやってみます( ; ; )。

 

本当にありがとうございました。

This post was modified 1年前 by KaibaSAKAMOTO

KaibaSAKAMOTO
(@kaibasakamoto)
Active Member
結合: 1年前
投稿: 5
 

@leafytree

恐れ入ります。

いま、子テーマを有効にしました。

そうしますと、当然?、見出し含め、色々なものが、質素な色、形となりました。

投稿も、みなさま、子テーマで書かれているのでしょうか。

 

もし、そうではなく、親テーマで書かれている場合、設定の都度、子テーマに切り替えて、

投稿の画面で、親テーマに戻って、また、記事を続けられているのでしょうか。

なんか、変な質問になっておりましたら、申し訳ございません。

 


リフィトリー
(@leafytree)
メンバー Moderator
結合: 3年前
投稿: 6412
 

@kaibasakamoto さん

投稿者:: @kaibasakamoto

そうしますと、当然?、見出し含め、色々なものが、質素な色、形となりました。

これは、投稿時のエディターの画面のことをおっしゃっているのか、それとも、実際のWebサイトのことをおっしゃっているのかわかりませんが、投稿時のエディターの画面であれば、Cocoon設定の「エディター」タブの「エディターにスタイルを反映させる」にチェックが入っていれば、ある程度は、反映されるのではないかと思います。

 

重要なことは、きちんと手順を踏んで、丁寧に、親テーマから、子テーマに設定を移すことです。

 

投稿者:: @kaibasakamoto

投稿も、みなさま、子テーマで書かれているのでしょうか。

 

もし、そうではなく、親テーマで書かれている場合、設定の都度、子テーマに切り替えて、

投稿の画面で、親テーマに戻って、また、記事を続けられているのでしょうか。

親テーマに切り替えるというこは、何らかのトラブル等があった場合以外では、ほぼ、無いかと思います。

 

Cocoon設定も、記事の投稿も、広告の設定も、全て子テーマで、行います。

 

親テーマでやることは特になく、新しいバージョンをアップデートするぐらいです。

 

 


わいひらKaibaSAKAMOTO 件のいいね!
KaibaSAKAMOTO
(@kaibasakamoto)
Active Member
結合: 1年前
投稿: 5
 

@leafytree

 

リフィトリー様

ありがとうございました。

投稿者:: @leafytree

投稿時のエディターの画面のことをおっしゃっているのか、それとも、実際のWebサイトのことをおっしゃっているのかわかりませんが、投稿時のエディターの画面であれば、Cocoon設定の「エディター」タブの「エディターにスタイルを反映させる」にチェックが入っていれば、ある程度は、反映されるのではないかと思います

投稿時も、実際のWebサイト上でも、親テーマのデザインが、子テーマのデザインと変わってしまうのです。

「エディターにスタイルを反映させる」にもチェックが入っております。

一旦、手順を踏んで、丁寧に、親テーマから、子テーマに設定を移すことをやってみます。

どうもご丁寧に、且つ、ご迅速に対応いただき、ありがとうございました。

 


リフィトリー
(@leafytree)
メンバー Moderator
結合: 3年前
投稿: 6412
 

@kaibasakamoto さん

先に貼り付けたリンクにも、ありますが、Cocoon設定の移行は以下のやり方便利です。

テーマ設定のバックアップ方法

テーマ設定の復元(レストア)方法

その他は、テキストエディタ等でバックアップをとり、親から子へコピーしていけばよいのではないかと思います。


わいひらKaibaSAKAMOTO 件のいいね!
KaibaSAKAMOTO
(@kaibasakamoto)
Active Member
結合: 1年前
投稿: 5
 

@leafytree

リフィトリー様

 

色々とありがとうございました。

いま、全ての行程を滞りなく(だと思います(^^;)、終え、子テーマでも

今までの親テーマ通りに表示されております。(ほっ)

元々、生じていた、親テーマと、子テーマとのデザインの違いも直りました。

いつの日やらか、親テーマと、子テーマのデザインに差がでてしまい、

そのまま経過していたのだと推測します。

 

 

ご教示の通り、

 

1. 「親テーマ」を、テーマに指定(有効化)

2. 「親テーマ」の状態で「テーマ設定のバックアップ方法

  にて取得

3. 「子テーマ」を、テーマに指定(有効化)

4. 「子テーマ」の状態で「テーマ設定の復元(レストア)方法

  にて復元

5. 「親テーマ」を、テーマに指定(有効化)

6. 「親テーマ」の状態かどうかを「現在適用されているテーマが親なのか子なのか見分けるには環境情報を見て確認する」で再三確認する

7. 「親テーマ」の状態で、Cocoon設定をリセットして初期化する

  「テーマの設定をリセットする方法

8. 「子テーマ」を、テーマに指定(有効化)

9. 「子テーマ」の状態かどうかを6. と同様の方法で確認する

10. きちんと「親テーマの状態で以前表示されていた画面」になっているか確認する

 

で一旦、解決しました。

一旦といいますのは、無意識のままに親テーマをカスタマイズしていたものが、

後々に、子テーマでは反映仕切れていなかったとう事象が出てくる可能性もあるためです。

 

いずれにしても、本当に本当に助かりました。

これからは「子テーマ」で行ってまいります。

どうもありがとうございました。


さる子, わいひらリフィトリー 件のいいね!
共有:
スポンサーリンク
SWELLと業務提携しています
WordPressテーマSWELL
わいひらをフォローする
おすすめサーバー(コスパ・バックアップ重視型)

性能も兼ね備えながら安くブログ運営を開始できる点においてのNo.1。
それでいてブログ成長後は、十分すぎるほどのスペックアップ余力も担保されている。

◎安く始められる
◎LiteSpeedを用いた高速サーバー(完全SSD)
◎http/3(高速化プロトコル)に対応
◎東京・大阪でリージョン選択が可能
◎プランのアップ・ダウングレードが自由自在
◎同サービス内でドメイン管理が可能
◎ディスク容量が多い
◎転送量が多い
◎毎日無料バックアップ(14日分)
◎DBは14日以内なら無料自動復旧可能
◎ファイルも14日以内なら無料自動復旧可能
◎アダルト・出会い系サイト可
◎ドメインとサーバー代のチャージ払いが可能
○サーバ引っ越し依頼が可能(有料)

サービス運営期間:3年

1年以上の契約をする場合は、クーポンコード入力でさらに50%割引キャンペーン中!
※BOX2 ~ BOX8プラン契約の場合

クーポンコード:PK4JK4RJ

クーポンの使用方法はこちら

とにかく速い。サイトに表示スピードを求めるならココ。
管理画面がシンプルで使いやすい。

◎nginxを用いた高速サーバー(完全SSD)
◎プランのアップ・ダウングレードが自由自在
◎同サービス内でドメイン管理が可能
◎ディスク容量が多い
◎転送量が多い
○http/2(高速化プロトコル)に対応
◎毎日無料バックアップ(14日分)
◎DBは14日以内なら無料自動復旧可能
◎ファイルも14日以内なら無料自動復旧可能
◎サーバ引っ越しツールあり(無料)
○サーバ引っ越し依頼が可能(有料)
◎ドメインとサーバー代のチャージ払いが可能

サービス運営期間:3年

安定感抜群のサーバーです。あまり急激なアクセス変動がないアフィリエイトサイトに向いています。

◎nginxを用いた高速サーバー(完全SSD)
◎老舗サーバーなので安定感抜群
◎ディスク容量が多い
◎転送量が多い
◎同サービス内でドメイン管理が可能
○http/2(高速化プロトコル)に対応
○毎日無料バックアップ(14日分)
○DBは7日以内なら無料自動復旧可能
×ファイルは有料かつ手動での復旧
×プラン変更でCPUのスペックアップができない
×プラン変更しても即時反映されない
×アダルト・出会い系サイト不可

サービス運営期間:18年

常に新しいことに挑戦しているフロンティア精神あふるるレンタルサーバーです。
LiteSpeedやHTTP/2を日本で初めて導入したサーバー。

◎LiteSpeedを用いた高速サーバー(完全SSD)
◎http/3(高速化プロトコル)に対応
◎プランのアップ・ダウングレードが自由自在
◎同サービス内でドメイン管理が可能
◎転送量が多い
◎ディスク容量が多い
◎毎日無料バックアップ(14日分)
◎DBは14日以内なら無料自動復旧可能
○ファイルは14日以内なら無料復旧可能(※手動)
◎アダルト・出会い系サイト可
◎ドメインとサーバー代のチャージ払いが可能
○サーバ引っ越し依頼が可能(有料)

サービス運営期間:5年

格安な値段で始められる高機能サーバーです。
性能も備えつつ最安ならここ。
ただし少し機能は弱い。

◎LiteSpeedを用いた高速サーバー(完全SSD)
◎激安プランが用意してある
◎値段あたりのスペックが高い(コスパ良し)
◎サーバ引っ越し依頼が可能(無料)
◎アダルト・出会い系サイト可
○http/2(高速化プロトコル)に対応
△プランのアップは可能だがダウンは不可
△毎日自動バックアップ(1日分)
△前日のバックアップからのみ復元できる(無料)

サービス運営期間:5年

Cocoon
タイトルとURLをコピーしました