現在デフォルトスキンとして「Season(Spring)」適用中。

PageSpeed Insightsのモバイルのページ速度が遅い | 開発者向けフォーラム | Cocoon フォーラム

書き込みの前に以下の3点をご確認ください。

  1. 1つのトピックにつき1つの質問を書き込んでください
  2. 不具合・カスタマイズ対象ページのURLを提示してください
  3. 該当部分のキャプチャ環境情報とともに書き込んでいただけると助かります

フォーラム利用ガイドリンク

  1. フォーラムガイドライン
  2. よくある質問と答え(FAQ)
  3. サポート対象外のケース
  4. 原因不明の不具合用トラブルシューティング
  5. トピックにHTMLを貼り付ける方法(推奨ツール:notepad.pw
  6. 真っ白画面でのエラーメッセージの確認方法 
  7. ブラウザ環境チェックツール

フォーラムの内容は、CCライセンス(CC BY-ND 2.1)準じていれば(リンクを貼っていただければ)転載も自由です。カスタマイズ記事を書く際にコード等をコピペ利用していただいて構いません。

フォーラムの使い方がよくわからない場合は、テストトピックで自由にテストしていただいて構いません。

フォーラムのTwitterアカウント(@CocoonForum)はこちら

スポンサーリンク
Share:

[解決済] PageSpeed Insightsのモバイルのページ速度が遅い  

  RSS

motokichi
 motokichi
(@motokichi)
ゲスト
参加: 6か月 前
投稿: 48
2018年11月13日 10:13  

simplicity2からcocoonへテーマを移行させたのですが、パソコンのページ速度は改善されましたがモバイルのページが50を下回ります。どのようにすれば改善されるのでしょうか?

https://syuhu-hada.com

This topic was modified 6か月 前 by わいひら

未解決
かうたっく
(@kautakku)
メンバーサイト Moderator
参加: 1年 前
投稿: 2482
2018年11月13日 18:51  

https://wp-cocoon.com/site-speed-up/

上記リンク先のことは全て行った状態でしょうか?画像がまだのようなので、再度ご確認いただけますか?

 

https://developers.google.com/speed/pagespeed/insights/?hl=ja&url=https%3A%2F%2Fsyuhu-hada.com%2F&tab=mobile

あと、サーバーが遅いんですかね?

https://www.xrea.com/plan/


わいひら 件のいいね!
ponko
 ponko
(@ponko)
ゲスト
参加: 10か月 前
投稿: 33
2018年11月13日 19:09  

横からすみません。

 

恐らくここ数日のうちにPageSpeed Insightsがリニューアルされたのだと思います。

私も数日前までの旧PageSpeed Insightsでは、モバイル99点、パソコン60点くらいだったのが、新PageSpeed Insightsでは、モバイル30点、パソコン90点くらいと真逆の点数になって困惑しています。

 

採点のアルゴリズムがかなり変わってしまったのだと思います。


わいひら 件のいいね!
たなかま
(@tanakama)
Estimable Memberサイト
参加: 1年 前
投稿: 207
2018年11月13日 19:58  

こんばんは。

新しいPageSpeed Insights(ver5)は、昨日変わったばかりと思います。

Lighthouseを使って計測するようになったそうですが、ver5の情報は全然出てないので、まだまだ分からないことが多い状況です。

ただLighthouseは、サーバーの状況にも影響されやすかったと思います。連続的に測定しても数値が変わりますし・・・。

CocoonテーマのサイトをXサーバーとwpxで試しましたが、結構数字が異なります。

コンテンツにもよりますが、一番早いページでモバイル91点、デスクトップ97点でした。

テーマは依然として速いと思いますので、少し情報が出てくるまで待った方が良いかもです。

 


わいひら 件のいいね!
わいひら
(@yhira)
メンバーサイト Admin
参加: 1年 前
投稿: 5035
2018年11月13日 20:51  

基本的に、PageSpeed Insightsの改善提案に書かれている通りに変更すれば、改善すると思います。
画像次世代フォーマットに変換するとか。ただ、ひとえに画像次世代フォーマットに変換すると言っても、投稿内の画像すべて変更する必要があるので大変だと思います。
そういう変換プラグインがあれば、そういうものに頼るしかないのかなと思います。

あと、手軽にできるものとしては、画像のLazy Load関係のプラグインを入れると多少改善するかもしれません。
僕は、Lazy Load系はあまり好きではなかったので、Cocoonには機能としてつけませんでしたが、PageSpeed Insightsの改善提案に出てくるとあれば、実装するしかないのかなと思います。

テーマ側で、改善出来そうなところはしますが、今回の仕様変更では、かなり「投稿者側で対応していただくしかないもの」が、結構あるような気がします。
"GIFを使わないで、動画にしろ"みたいなものもあるので。

This post was modified 6か月 前 by わいひら

motokichi
 motokichi
(@motokichi)
ゲスト
参加: 6か月 前
投稿: 48
2018年11月14日 08:03  

EWWW Image Optimizerでスコア41から56まで回復しましたが、jetpackを有効かすると30台まで下がりました。

もう少し情報が出るまで待ちたいと思います。

ありがとうございました。

 


たなかま
(@tanakama)
Estimable Memberサイト
参加: 1年 前
投稿: 207
2018年11月14日 16:19  

一応ですが算出スコアの重みがどうなってるかが公式ドキュメントにありました。

https://docs.google.com/spreadsheets/d/1Cxzhy5ecqJCucdf1M0iOzM8mIxNc7mmx107o5nj38Eo/edit#gid=0

ページが全て読み込まれる時間や、初期表示までの時間がスコアに大きく影響するみたいです。

記事の内容次第なのと、サーバーの処理速度次第みたいなところもありますね。コストが掛かるCDNを導入するほど、気にしなくてもよさそうとは思います。

あと、だいたいみんな遅くなっているような気がします。

Lazy Loadは最近、Googleがオススメする実装方法が公開されましたので、少し待てばプラグインもその仕様にあったものがリリースされるかもです。


わいひら 件のいいね!
わいひら
(@yhira)
メンバーサイト Admin
参加: 1年 前
投稿: 5035
2018年11月14日 20:55  

Lazy Loadは最近、Googleがオススメする実装方法が公開されましたので、少し待てばプラグインもその仕様にあったものがリリースされるかもです。

僕も以前見かけたので、今後のために探してみました。
Lazy Load画像をSEO対応させる2つの方法――noscriptと構造化データ #io18 #io18jp | 海外SEO情報ブログ

構造化データは、画像全部書き出すと大量になりそうなので、Cocoonでやるとしたらnoscriptを使用したものになるかも。


わいひら
(@yhira)
メンバーサイト Admin
参加: 1年 前
投稿: 5035
2018年11月14日 20:59  

JPEG2000等の次世代画像フォーマットは、確かにCDNで通常の画像変換したものを出力してくれるサービスとか出てきそうですね。
そこまでやる必要があるかは別として。


Akira
(@akira)
Reputable Memberサイト
参加: 1年 前
投稿: 319
2018年11月14日 21:57  

Lazy Load の情報の補足です。

Google、SEOに適したLazyloadの仕様を公開

公開された Google のドキュメント

Make sure Google can see lazy-loaded content

Google が薦める Intersection Observer API を使った Lazy Load のコードサンプル。

Lazy load images using IntersectionObserver

w3c が提供する Intersection Observer API の polyfill 。

intersection-observer.js

ただ、よほど画像の枚数が多いか、画像サイズがバカでかくないと、Lazy Load は効果を実感できないかも。数ヶ月前に自分のブログで実装して WebPageTest で計測したら、まったく速くならず実装をやめました。PageSpeed Insights の点数は上がるでしょうけど。


わいひら 件のいいね!
わいひら
(@yhira)
メンバーサイト Admin
参加: 1年 前
投稿: 5035
2018年11月14日 22:14  

補足情報ありがとうございます!
普通にLazy LoadのjQueryプラグイン等を使うところでした。

僕もいいまいち、Lazy Loadは効果を実感できないんですよね…。まどろっこしいというか。
Akiraさんは、Intersection Observer APIを用いたLazy Loadを実装されてみたんですか?


わいひら
(@yhira)
メンバーサイト Admin
参加: 1年 前
投稿: 5035
2018年11月14日 22:23  

今、検索で調べていたらAkiraさんのページを見つけました。

ブラウザにやさしくスクロールで画面に入った要素にアニメーション 
※上記はLazy Loadではないけど、Intersection Observer APIの参考になりそう。

最近、技術的に困ったときは、Akiraさんのページに助けられてます(笑)


わいひら
(@yhira)
メンバーサイト Admin
参加: 1年 前
投稿: 5035
2018年11月14日 22:26  

あと、新しい仕様のPageSpeed Insightsでスコアを上げるには、こちらもやらないといけないかも。
Google Fonts を非同期で読み込みサイトスピードを高速化


わいひら
(@yhira)
メンバーサイト Admin
参加: 1年 前
投稿: 5035

Akira
(@akira)
Reputable Memberサイト
参加: 1年 前
投稿: 319
2018年11月15日 00:25  

私は、Intersection Observer API を使って Lazy Load を実装しました。

その時のコードがまだあったので見てみたら、先にリンクした Medium の記事と同じでした。

唯一違うのが、rootMargin: '50px 0px' の部分だけ。私は '200px 0px' での指定。rootMargin の指定は CSS の margin と同じ(ただ 0 でも単位が必要)で、'50px 0px' だと画像の上下 50px 手前から画像を読み込み始めるものです。200px ぐらいないと画像の表示に待たされ、イライラした記憶があります。

もし、ライブラリをお使いになるのであれば、Lozad.js がいいかもしれません。素の JavaScript で Intersection Observer API を使い作られている、多機能かつ軽量の Lazy Load 専用ライブラリです。Intersection Observer API を調べている時に、Lozad.js を絶賛している海外サイトを多く見かけました。

画像や iframe, video, audio に class や data-src を付けさえすれば、JavaScript を書くご負担が減るかもしれません。


わいひら 件のいいね!
わいひら
(@yhira)
メンバーサイト Admin
参加: 1年 前
投稿: 5035
2018年11月15日 07:33  

Lozad.js、教えていただきありがとうございます!
これを使わせてもらおうと思います。
というか、このAPIを用いた手法はiframeにも使えるんですね…。すごい。

ところで、Intersection Observer API を使えば、Googleはdata-srcをクロールしてくれて、SEO的問題は解消されるということでよいのでしょうか。
Intersection Observer APIを利用すれば、noscript、もしくは構造化データは不要ということで良いのかなと思いまして(いろいろなサンプルを見てもなさそう)。

This post was modified 6か月 前 by わいひら

Akira
(@akira)
Reputable Memberサイト
参加: 1年 前
投稿: 319
2018年11月15日 12:17  

SEO 向けに noscript は必要です。

Lozad.js も noscript の使用をすすめています。

How to load images normally when JavaScript is disabled?

Google が Intersection Observer API をすすめているのは、ブラウザへの負荷を軽減するためだと思います。

少し前までよく見られていた方法では、スクロールの詰まりを起こすほどブラウザに負荷をかけます。

逆にサイトが遅く重くなるので、ブラウザに優しい Intersection Observer API を使ってねということだと思います。

ただ、Intersection Observer API には 1 つ欠点があって、IE と Safari、iOS の全てのブラウザが未対応。なので、Lozad.js を読み込む前に、polyfill の読み込みが必須です。


わいひら 件のいいね!
Akira
(@akira)
Reputable Memberサイト
参加: 1年 前
投稿: 319
2018年11月15日 12:45  

Lazy Load に関する Google の詳細なドキュメントがあったので追加します。

Lazy Loading Images and Video

このページの JavaScript availability に、noscript に言及しています。

noscript は、最も簡単なフォールバックらしいです。

それと、JavaScript が無効な時はプレースホルダ画像を見せないために、CSS で img タグを非表示。JavaScript が有効な時は、その CSS のための class を削除したら?と書いてありますね。これは SEO に関係するものかは分かりませんけど。


わいひら 件のいいね!
わいひら
(@yhira)
メンバーサイト Admin
参加: 1年 前
投稿: 5035
2018年11月15日 23:03  

Akiraさんありがとうございます。
これまでいただいた情報を参考に、時間があったら実装してみたいと思います。


わいひら
(@yhira)
メンバーサイト Admin
参加: 1年 前
投稿: 5035
2018年11月21日 23:30  

一応、新仕様のPageSpeed Insights対応バージョンを出しました。
https://wp-cocoon.com/1-4-0/
設定方法はこちら。
https://wp-cocoon.com/site-speed-up/

テーマのみで計測した場合はこんな感じになります。



ただ、外部サイトのリソースが読み込まれている場合は、かなり点数が落ちてしまうので、そればっかりはどうしようもないかも。


Akiraしょぼーん 件のいいね!
Share:
スポンサーリンク
わいひらをフォローする
おすすめサーバ

プラン変更で負荷対策が行えるので、ブログ向きのレンタルサーバーです。

◎LiteSpeedを用いた高速サーバー(完全SSD)
◎http/2・QUIC(高速化プロトコル)に対応
◎プランのアップ・ダウングレードが自由自在
◎転送量が多い
◎毎日無料バックアップ(14日分)
◎復元ポイントを指定して復旧可能(無料)
◎アダルト・出会い系サイト可
○サーバ引っ越しオプションあり(有料)
○サーバー料金をチャージ払いが可能
サービス運営期間:2年9ヶ月

性能も兼ね備えながら安くブログ運営を開始したいのであればここ1択。

◎LiteSpeedを用いた高速サーバー(完全SSD)
◎http/2・QUIC(高速化プロトコル)に対応
◎東京・大阪でリージョン選択が可能
◎プランのアップ・ダウングレードが自由自在
◎同サービス内でドメイン管理が可能
◎転送量が多い
◎毎日無料バックアップ(14日分)
◎復元ポイントを指定して復旧可能(無料)
◎アダルト・出会い系サイト可
◎ドメインとサーバー代のチャージ払いが可能
○サーバ引っ越しオプションあり(有料)
△新しいサービスなので運営櫪がまだ短い
サービス運営期間:9ヶ月

安定感抜群のサーバーです。あまり急激なアクセス変動がないアフィリエイトサイトに向いています。

◎nginxを用いた高速サーバー(完全SSD)
◎老舗サーバーなので安定感抜群
◎ディスク容量が多い
◎転送量が多い
◎同サービス内でドメイン管理が可能
○http/2(高速化プロトコル)に対応
○毎日無料バックアップ(14日分)
△DBは7日分だけ無料復旧可能(ファイルは有料)
×プラン変更でCPUのスペックアップができない
×プラン変更しても即時反映されない
×アダルト・出会い系サイト不可
サービス運営期間:15年

とにかく速い。サイトに表示スピードを求めるならココ。

◎nginxを用いた高速サーバー(完全SSD)
◎プランのアップ・ダウングレードが自由自在
◎ディスク容量が多い
◎転送量が多い
○http/2(高速化プロトコル)に対応
○毎日無料バックアップ(14日分)
○DB復旧は無料(ファイルは有料)
○サーバ引っ越しツールあり
○サーバー料金をチャージ払いが可能
△新しいサービスなので運営櫪がまだ短い
サービス運営期間:7ヶ月

格安な値段で始められる高機能サーバーです。
性能も備えつつ最安ならここ。
サイトを続けるうちにアクセスが増えれば、プランのアップグレートで対応可能です。

◎LiteSpeedを用いた高速サーバー(完全SSD)
◎激安プランが用意してある
◎値段あたりのスペックが高い(コスパ良し)
◎サーバ引っ越しオプションあり(無料)
◎アダルト・出会い系サイト可
○http/2(高速化プロトコル)に対応
△プランのアップは可能だがダウンは不可
△毎日自動バックアップ(1日分)
△前日のバックアップからのみ復元できる(無料)
サービス運営期間:3年

Cocoon
  
動作中

ログイン または 登録 してください

タイトルとURLをコピーしました