高速化>JavaScriptを縮小化する、にチェックで『記事名/util』というページが生成される? | Cocoonテーマに関する質問 | Cocoon フォーラム

サイト内検索
書き込みの前に以下の3点をご確認ください。
  1. 1つのトピックにつき1つの質問を書き込んでください
  2. 不具合・カスタマイズ対象ページのURLを提示高速化を無効にしてください
  3. 該当部分のキャプチャ・環境情報とともに書き込んでいただけると助かります

フォーラム利用ガイドリンク

  1. フォーラムガイドライン
  2. よくある質問と答え(FAQ)
  3. サポート対象外のケース
  4. 原因不明の不具合用トラブルシューティング
  5. トピックにHTMLを貼り付ける方法(推奨ツール:notepad.pw
  6. 真っ白画面でのエラーメッセージの確認方法 
  7. ブラウザ環境チェックツール

フォーラム質問後、問題等が解決した場合は結果を書き込んでいただけると幸いです。同様の問題で調べている方には、結果が一番気になる部分となります。

また、問題の解決に至った場合には、トピック冒頭の「解決済み」リンクをクリックしていただけますと幸いです。

wpForoの解決済みリンク

また、有用な返信があった場合は「いいね!」リンクもご活用ください。返信者の励みになります。

wpForoのいいねリンク

「いいね!」機能はフォーラム登録者のみが利用できる機能です。

CC BY-ND 2.1)準じていれば(リンクを貼っていただければ)転載も自由です。カスタマイズ記事を書く際にコード等をコピペ利用していただいて構いません。

フォーラムの使い方がよくわからない場合は、テストトピックで自由にテストしていただいて構いません。

最近の書き込みはこちら。

詳細なカスタマイズ依頼をするならこちら。

フォーラムのTwitterアカウント(@CocoonForum)はこちら

スポンサーリンク
Share:
Notifications

高速化>JavaScriptを縮小化する、にチェックで『記事名/util』というページが生成される?  


ponko
(@ponko)
Trusted Member
参加: 2年 前
投稿: 42
2018年11月2日 20:05  

一週間前くらいからgoogle consoleにて、『記事名/util』や『tag/util』、『category/util』などのURLが大量にクロールエラーとして表示されます。(処理してもまた表示される)

原因を切り分けるため、プラグインを停止してみたり、設定を見直してみたりしていたところ、

Cocoon設定>高速化>JavaScriptを縮小化する 

にチェックを入れると、utilという文字列を含んだコードがHTMLに現れることが分かりました。

チェックあり=HTML上で、”util”文字列複数個確認

チェックなし=HTML上で、”util”文字列該当なし

 

HTML上にutilという文字列は何個か出現しますが、下記のようなコードもありましたので、『記事名/util』のURLはこれが原因ではないかと思われます。

var _util=require("./util");

 

PHPやJavascriptの知識がないので、これが不具合なのかどうかすら分からないのですが、

わいひらさんにご意見伺えればと思います。

 

以上よろしくお願いします。

 

https://ponkoshu.com/

 

----------------------------------------------
サイト名:ぽんこ趣
サイトURL: https://ponkoshu.com
ホームURL: https://ponkoshu.com
コンテンツURL:/wp-content
インクルードURL:/wp-includes/
テンプレートURL:/wp-content/themes/cocoon-master
スタイルシートURL:/wp-content/themes/cocoon-child-master
Wordpressバージョン:4.9.8
PHPバージョン:7.2.6
ブラウザ:Mozilla/5.0 (Windows NT 6.1; WOW64; rv:62.0) Gecko/20100101 Firefox/62.0
サーバーソフト:Apache
サーバープロトコル:HTTP/1.1
言語:ja,en-US;q=0.7,en;q=0.3
----------------------------------------------
テーマ名:Cocoon
バージョン:1.3.3
カテゴリ数:17
タグ数:324
ユーザー数:1
----------------------------------------------
子テーマ名:Cocoon Child
バージョン:0.0.5
----------------------------------------------
利用中のプラグイン:
Akismet Anti-Spam 4.0.8
All In One SEO Pack 2.9.1
Category Order and Taxonomy Terms Order 1.5.5
Contact Form 7 5.0.5
Google XML Sitemaps 4.0.9
Jetpack by WordPress.com 6.6.1
Nelio External Featured Image (discontinued) 1.4.5
NextScripts: Social Networks Auto-Poster 4.2.7
No Self Pings 1.1.2
PS Auto Sitemap 1.1.9
Redirection 3.5
TinyMCE Advanced 4.8.0
TwentyTwenty 1.0
WP Fastest Cache 0.8.8.6
----------------------------------------------


引用
かうたっく
(@kautakku)
メンバーサイト Moderator
参加: 2年 前
投稿: 4535
かうたっく - Facebook
2018年11月2日 20:33  

わいひらさんではないですが^^;

サーチコンソールに/utilの404エラーが多数発生して困っています | ブログ相談 | Cocoon フォーラム

こちらのフォーラムはご覧になりましたか?

見た感じご確認済みか不明でしたので

もしまだでしたら、ご確認いただいた上で。

宜しくお願いします。新たな情報があるので解決すればいいですね

This post was modified 1年 前 by かうたっく

返信引用
ぽんこ
 ぽんこ
(@ぽんこ)
ゲスト
参加: 2年 前
投稿: 33
2018年11月2日 21:23  

かうたっくさん

 

そちらの投稿は見ています。

"wordpress util"で検索すると、その投稿が唯一の情報でした。

 

放っておいても検索結果に影響がないとしても、他のクロールエラーが埋もれてしまうので、出きることなら解決したいと思っています。

javascriptを最小化にチェックが糸口になってくれたらと思います。

 

以上よろしくお願いします。

 


返信引用
わいひら
(@yhira)
メンバーサイト Admin
参加: 2年 前
投稿: 8715
わいひら - Facebookわいひら - Twitter
2018年11月2日 23:18  

探してみたら、以下のライブラリのJavaScriptコードの中にそのような記述がありますね。
https://appleple.github.io/scroll-hint/
原因となる可能性としてはあるのかもしれません。
ただそれが原因で、『記事名/util』や『tag/util』、『category/util』と出るものなのかは不明ですが。

ただ、require("./util");の呼び出しに対して対応するファイルを存在させるようにしてみました。
https://github.com/yhira/cocoon/archive/master.zip

ちなみに、ScrollHintは、レスポンシブテーブルが「スクロール可能だよ」と教えてくれるjQueryプラグインです。
Cocoon上でのその動作も問題ないか確認してみる必要はあるかもしれません。
僕の環境では、対応後のファイルでも問題なく動作しました。


返信引用
ぽんこ
 ぽんこ
(@ぽんこ)
ゲスト
参加: 2年 前
投稿: 33
2018年11月3日 00:31  

わいひらさん

 

早速インストールしてみました。

google robotがクロールしてくるまで少し待ってみようと思います。

 

結果はまたご連絡するようにいたします。

 

 


わいひら 件のいいね!
返信引用
ponko
(@ponko)
Trusted Member
参加: 2年 前
投稿: 42
2018年11月6日 11:29  

わいひらさん

 

テーマを更新した3日以降でも、.../utilというページがクロールされてconsole上でクロールエラーとして報告されていました。結構な数なので、残念ながら改善はされなかったようです。

 

以上よろしくお願いします。


返信引用
たなかま
(@tanakama)
Reputable Memberサイト
参加: 2年 前
投稿: 420
たなかま - Twitter
2018年11月6日 12:41  

こんにちは。

.../utilのページは、404 NOT FOUNDを返していたんですね?

Googleは404のページも定期的にクロールしますので、一度見つかったらエラー報告はしばらく出ると思います。(内部リンクの削除でエラーが消えるかは、あまり事例がないので分からないのですが、もしかしたら、ずっとエラーのままかもしれません)

試しに一回ぐらいは、全体のFetch as googleをしても良いと思います。

面倒ですが、エラーを消すには改善済みにして、エラーを削除する方が早そうですね。(もちろんランクに影響はないので放置でも可能です)


返信引用
ponko
(@ponko)
Trusted Member
参加: 2年 前
投稿: 42
2018年11月6日 15:45  

たなかまさん

 

utilのページは404でした。google console上でも404として認識されていました。

サイトマップ送信は正常に行われています。

改善済みはしていますが、URLの削除まではしていません。2回目のクロール捕捉されたかは過去のURLをメモっていないので分かりません。

 

以上よろしくお願いします。


返信引用
かうたっく
(@kautakku)
メンバーサイト Moderator
参加: 2年 前
投稿: 4535
かうたっく - Facebook
2018年11月6日 17:18  

サーチコンソールにも404として認識されてるし、実際のところそんなURLは存在しないので404になってるので、その認識は間違ってないと思いますよ。

ステータスコード、404存在しないページって意味ですから。エラー数が多いと鬱陶しいだろうとおもいますが。

わいひらさんが他思い当たるところがあれば、誠実には対応してくれるでしょうけど。


返信引用
たなかま
(@tanakama)
Reputable Memberサイト
参加: 2年 前
投稿: 420
たなかま - Twitter
2018年11月6日 18:12  

Search Consoleで改善済みには、すでにされているのですね。

URLの削除は、この場合はしない方が良いです。(個人情報などのコンテンツを取り消すのに使うなので)

 

最終のクロール日は、「URLの検査ツール」で確認することができます。

404でも再クロールしてくるので、クロールされるのは仕方ないと思います。また、Google botを拒否する必要もないでしょう。

 

新しい記事を作ってから、新たに記事URL/utilが出ていなければ、テーマ側の改善ができたと言う確認になると思います。


返信引用
ponko
(@ponko)
Trusted Member
参加: 2年 前
投稿: 42
2018年11月6日 18:51  
かうたっくさん、たなかまさん
 
コメントありがとうございます。search consoleは旧GUIを使用していたので、URLの検査ツールに気づきませんでした。
 
例えばトップページは下記のような検査結果でした。
 
対象範囲
見つかりませんでした(404)
検出
サイトマップ
該当なし
参照元ページ
クロール
前回のクロール
2018/10/11 21:48:05
クロールを許可?
はい
ページの取得
失敗しました: 見つかりませんでした(404)
インデックス作成
インデックス登録を許可?
該当なし
ユーザーが指定した正規 URL
該当なし
Google が選択した正規 URL
該当なし
 

返信引用
たなかま
(@tanakama)
Reputable Memberサイト
参加: 2年 前
投稿: 420
たなかま - Twitter
2018年11月6日 19:17  

「記事URL/util」と「記事URL」でのURL検査だといかがでしょうか?

参照元ページは、クロールが発見する経由となったページです。

わいひらさんが改善されたテーマを適用すると、新しい記事から「新しい記事URL/util」を見つけられなくなっているはずです。※ここでテーマの改善が初めて確認できます。

いずれにしても無視して大丈夫ですが、以上をご参考いただければと思います。


返信引用
ponko
(@ponko)
Trusted Member
参加: 2年 前
投稿: 42
2018年11月6日 19:31  
たなかまさん
 
をURL検査ツールにかけてみたところ、下記のようにレポートされました。
 
検出
サイトマップ
該当なし
クロール
前回のクロール
2018/11/05 22:46:29
クロールを許可?
はい
ページの取得
失敗しました: 見つかりませんでした(404)
インデックス作成
インデックス登録を許可?
該当なし
ユーザーが指定した正規 URL
該当なし
Google が選択した正規 URL
該当なし
 
元となった記事は11月5日に投稿した記事です。
 
そして、わいひらさんに提供いただいた対策済みのテーマをインストールしたのは11月3日でした。
 
というわけで、対策済みのテーマでもutil問題は解決していないように思います。
 
以上よろしくお願いします。
 

返信引用
たなかま
(@tanakama)
Reputable Memberサイト
参加: 2年 前
投稿: 420
たなかま - Twitter
2018年11月6日 19:41  

確かに解決してないようですね・・・。

キャッシュなどが残ってなければ、対応されるかどうか、わいひらさんにお任せしようと思います。(難しいかも?)


返信引用
わいひら
(@yhira)
メンバーサイト Admin
参加: 2年 前
投稿: 8715
わいひら - Facebookわいひら - Twitter
2018年11月6日 20:22  

テーマを更新した3日以降でも、.../utilというページがクロールされてconsole上でクロールエラーとして報告されていました。結構な数なので、残念ながら改善はされなかったようです。

おそらくそうではないかとは思っていました。
JavaScript縮小化するとすべてHTML上に描き出されてしまいます。その際の、"./util"の位置は、どうしても「 http://[投稿ページ]/util」になってしまうからです。

僕は正直気にする必要はないと思っていますが、どうしても気になる場合は、そのコードが書かれたスクリプトを縮小化から除外するしかないかもしれません。
JavaScript縮小化の除外入力欄に「/plugins/scroll-hint-master/」と入力すれば、そのファイルは縮小化されません。


返信引用
ponko
(@ponko)
Trusted Member
参加: 2年 前
投稿: 42
2018年11月7日 11:14  

わいひらさん

 

ありがとうございます。そちらを早速試してみたいと思います。

少し時間をおいて、結果はまたご連絡するようにいたします。

 

 


返信引用
ponko
(@ponko)
Trusted Member
参加: 2年 前
投稿: 42
2018年12月20日 16:45  

わいひらさん

 

わいひらさんに教えていただいたJavaScript縮小化の除外設定を実施してから、一ヶ月以上様子を見てみましたが、未だ.../utilというページのクロールエラーが大量に出ております。

HTMLソース上は、「util」という文字列は見られないので、除外処理は出来ていると思います。

やはり解決は難しいですかね。。。

 

以上、報告でした。


わいひら 件のいいね!
返信引用
わいひら
(@yhira)
メンバーサイト Admin
参加: 2年 前
投稿: 8715
わいひら - Facebookわいひら - Twitter
2018年12月20日 21:58  

僕も、どういったアルゴリズムでそういうものを拾っているのか分からないので、これ以上ちょっと難しいかもしれません。


返信引用

返信する


許可された最大ファイルサイズ 5MB

 
Preview 0 Revisions Saved
Share:
スポンサーリンク
わいひらをフォローする
おすすめサーバー(コスパ・バックアップ重視型)

性能も兼ね備えながら安くブログ運営を開始できる点においてのNo.1。

◎安く始められる
◎LiteSpeedを用いた高速サーバー(完全SSD)
◎http/3(高速化プロトコル)に対応
◎東京・大阪でリージョン選択が可能
◎プランのアップ・ダウングレードが自由自在
◎同サービス内でドメイン管理が可能
◎ディスク容量が多い
◎転送量が多い
◎毎日無料バックアップ(14日分)
◎DBは14日以内なら無料自動復旧可能
◎ファイルも14日以内なら無料自動復旧可能
◎アダルト・出会い系サイト可
◎ドメインとサーバー代のチャージ払いが可能
○サーバ引っ越し依頼が可能(有料)

サービス運営期間:1年8ヶ月

1年以上の契約をする場合は、クーポンコード入力でさらに10%割引(※2020/6/30まで)。

クーポンコード:PK4JK4RJ

クーポンの使用方法はこちら

とにかく速い。サイトに表示スピードを求めるならココ。

◎nginxを用いた高速サーバー(完全SSD)
◎プランのアップ・ダウングレードが自由自在
◎同サービス内でドメイン管理が可能
◎ディスク容量が多い
◎転送量が多い
○http/2(高速化プロトコル)に対応
◎毎日無料バックアップ(14日分)
◎DBは14日以内なら無料自動復旧可能
◎ファイルも14日以内なら無料自動復旧可能
◎サーバ引っ越しツールあり(無料)
○サーバ引っ越し依頼が可能(有料)
◎ドメインとサーバー代のチャージ払いが可能

サービス運営期間:1年6ヶ月

プラン変更で負荷対策が行えるので、ブログ向きのレンタルサーバーです。

◎LiteSpeedを用いた高速サーバー(完全SSD)
◎http/3(高速化プロトコル)に対応
◎プランのアップ・ダウングレードが自由自在
◎同サービス内でドメイン管理が可能
◎転送量が多い
◎ディスク容量が多い
◎毎日無料バックアップ(14日分)
◎DBは14日以内なら無料自動復旧可能
○ファイルは14日以内なら無料復旧可能(※手動)
◎アダルト・出会い系サイト可
◎ドメインとサーバー代のチャージ払いが可能
○サーバ引っ越し依頼が可能(有料)

サービス運営期間:3年

安定感抜群のサーバーです。あまり急激なアクセス変動がないアフィリエイトサイトに向いています。

◎nginxを用いた高速サーバー(完全SSD)
◎老舗サーバーなので安定感抜群
◎ディスク容量が多い
◎転送量が多い
◎同サービス内でドメイン管理が可能
○http/2(高速化プロトコル)に対応
○毎日無料バックアップ(14日分)
○DBは7日以内なら無料自動復旧可能
×ファイルは有料かつ手動での復旧
×プラン変更でCPUのスペックアップができない
×プラン変更しても即時反映されない
×アダルト・出会い系サイト不可

サービス運営期間:16年

格安な値段で始められる高機能サーバーです。
性能も備えつつ最安ならここ。
サイトを続けるうちにアクセスが増えれば、プランのアップグレートで対応可能です。

◎LiteSpeedを用いた高速サーバー(完全SSD)
◎激安プランが用意してある
◎値段あたりのスペックが高い(コスパ良し)
◎サーバ引っ越し依頼が可能(無料)
◎アダルト・出会い系サイト可
○http/2(高速化プロトコル)に対応
△プランのアップは可能だがダウンは不可
△毎日自動バックアップ(1日分)
△前日のバックアップからのみ復元できる(無料)

サービス運営期間:4年

Cocoon
タイトルとURLをコピーしました