現在「SILK」スキンを適用中です。

グーテンベルグ使ってますか? | 雑談 | Cocoon フォーラム

サイト内検索
書き込みの前に以下の3点をご確認ください。
  1. 1つのトピックにつき1つの質問を書き込んでください
  2. 不具合・カスタマイズ対象ページのURLを提示高速化を無効にしてください
  3. 該当部分のキャプチャ・環境情報とともに書き込んでいただけると助かります

フォーラム利用ガイドリンク

  1. フォーラムガイドライン
  2. よくある質問と答え(FAQ)
  3. サポート対象外のケース
  4. 原因不明の不具合用トラブルシューティング
  5. トピックにHTMLを貼り付ける方法(推奨ツール:notepad.pw
  6. 真っ白画面でのエラーメッセージの確認方法 
  7. ブラウザ環境チェックツール

フォーラム質問後、問題等が解決した場合は結果を書き込んでいただけると幸いです。同様の問題で調べている方には、結果が一番気になる部分となります。

また、問題の解決に至った場合には、トピック冒頭の「解決済み」リンクをクリックしていただけますと幸いです。

wpForoの解決済みリンク

また、有用な返信があった場合は「いいね!」リンクもご活用ください。返信者の励みになります。

wpForoのいいねリンク

「いいね!」機能はフォーラム登録者のみが利用できる機能です。

CC BY-ND 2.1)準じていれば(リンクを貼っていただければ)転載も自由です。カスタマイズ記事を書く際にコード等をコピペ利用していただいて構いません。

フォーラムの使い方がよくわからない場合は、テストトピックで自由にテストしていただいて構いません。

最近の書き込みはこちら。

詳細なカスタマイズ依頼をするならこちら。

フォーラムのTwitterアカウント(@CocoonForum)はこちら

スポンサーリンク
共有:
通知
すべてクリア

グーテンベルグ使ってますか?  


倉井スエ
 倉井スエ
(@倉井スエ)
ゲスト
結合: 1か月前
投稿: 5
Topic starter  

お世話になっております。
COCOONを使っておられる皆さまにお聞きしたいのですが、今さらの質問で恐縮なのですが、グーテンベルグって使ってますか?
私は実装された際に一度使ってみたのですが、ワケがわからず、文章の作成に集中できず断念。
結局、それ以来ずっと今もクラシックエディターで記事を書いています。
しかし、プラグインのサポートが来年で終わるとのことなので、今のうちにグーテンベルグに慣れておいたほうがいいのでしょうか?
皆さまはどうなさってますか?


stmapリフィトリー 件のいいね!
引用解決済
mofumofu
(@mofumofu)
Trusted Memberサイト
結合: 2か月前
投稿: 43
 

倉井さん

 

まさに同じ問題で悩んでいました!

私は、先週あたりから思い切ってグーテンベルグに移行しましたが、ストレスがすごかったので少しモチベーションが下がってしまっています。。

今は、エディターでHTMLを書きそれを張り付けるようにしています。

 

慣れたら書けるようになるんですかね。。


リフィトリー 件のいいね!
返信引用
リフィトリー
(@leafytree)
Famed Member
結合: 2年前
投稿: 3517
 

前略、倉井スエ さん

プラグインのサイトには以下のような記述があるみたいです。

 

Classic Editor は公式な WordPress プラグインであり、少なくとも2022年まで、または必要なくなるまでの間、完全にサポート・保守されます。

 

Classic Editor

 

私もクラッシックエディターの方が好きです。

 

でも、クラッシックエディターは、いずれなくなる?ので、今のうちからブロックエディターに慣れていた方がいいという意見の方が多いような気もします。

 

しかし、今回の5.6へのアップデートを見ていても、開発が拙速で、わいひらさんクラスの方でも対応に苦慮しておられる様子です。

 

テーマの開発もロコさんのような専門知識が要求されるとなると、果たしてどれだけの開発者が つていっているのかと想像してしまいます。

 

クラッシックエディターが使えるのであれば、無理に使いづらいグーテンベルグを使う必要はないんじゃないかと私は感じています。

 

クラッシックエディターが使えなくなったら、その時は、仕方なく、グーテンベルグにしたって別にかまわないのではと。

 

クラッシックエディターのレビューを見ても、クラッシックエディターのファンも少なくないように思います。

This post was modified 1か月前 3回 by リフィトリー

返信引用
平野豊
 平野豊
(@平野豊)
ゲスト
結合: 1か月前
投稿: 1
Topic starter  

公式のプラグインはサポート終了するかもしれませんが、

同等の機能を提供するための有志のチームが結成されています。

選択肢がブロックエディタのみになるということはなさそうなので

僕はクラシックエディタを使い続けています。


リフィトリー 件のいいね!
返信引用
ろこ
(@lococo)
Prominent Memberサイト
結合: 3年前
投稿: 768
 

私はクラシックエディターを5年ほど使用した後、2年ほど前のGutenbergβ版から徐々にブロックエディターを使い始めました。

 

クラシックエディター・ブロックエディターのビジュアルエディターはどちらもHTMLに変換するための編集システムであり、そのようなエディターはそれぞれ独自の仕様で開発されていることから、HTML・CSSの理解度がそのまま慣れるまでの時間に直結すると思います。

  • どのように使用するとどのようなHTMLが出力されるのか。
  • どこをどう設定すれば希望通りのデザインになるのか。

などの動作を追っていけば、エディターに慣れること自体はあまり難しいことではありません。

ただ、ブロックエディターはクラシックエディターに比べて

  1. HTML(クラシックエディターで言うテキストエディター)の記述がより厳密になる。
  2. ビジュアルエディターでできることが増え、設定や機能も多い。

といった違いがあることから、初心者が移行するには少しハードルが高くなっているのも事実だと思います。

 

両エディターを同じくらい使いこなせる場合、個人的にはWeb制作の観点からだとブロックエディターの方が編集効率は上がると考えています。

デフォルトで用意されているショートカットキーは豊富ですし、クラシックエディターではテキストエディターに切り替える(または書き直す)必要があった編集内容も、ブロックエディターではビジュアルエディター上で細かく編集できます。

その他に、ブロックエディターのHTMLはテーマとは独立したブロック単位で仕様を統一し、テーマの依存度を減らす設計になっているため、後でテーマやサイトのデザインなどを変更するときに、独自の仕様に悩まされることもなくなります。
(ただし、Cocoonブロックは今のところテーマに依存しています。)

 

WordPress5.6~2021年のアップデートについて

にGutenbergの主なアップデートをまとめていますが、今後WordPressの管理画面内でブロックエディターに対応する箇所はもっと増えていく予定なので、

今のうちにグーテンベルグに慣れておいたほうがいいのでしょうか?

については、早めに慣れた方が学習のコスパは高いのではないかと。

 

公式のプラグインはサポート終了するかもしれませんが、

同等の機能を提供するための有志のチームが結成されています。

選択肢がブロックエディタのみになるということはなさそうなので

僕はクラシックエディタを使い続けています。

WordPressはコアだけでなく、テーマやプラグインを含めてエコシステムとして成り立っています。

Gutenbergの開発が進むにつれ、Gutenberg時代の新たなエコシステムができていくわけで、クラシックエディターに対応するテーマやプラグインは次第に少なくなっていきます。

公式サポート終了後もクラシックエディターの利用を続ける場合、テーマのメンテナンスやエディターへの機能追加などは全部自身で行うことを前提に考えないといけなくなると思うので、果たして高機能なCMSであるWordPressを使用するのが正しいのかどうか、もっとシンプルなCMSを使用した方が管理が楽になるのではないか、という問題に直面する可能性もありそうです。


リフィトリーstmap 件のいいね!
返信引用
stmap
(@stmap)
Active Member
結合: 2か月前
投稿: 11
 

僕はグーテンベルグを使っています。

慣れてしまったら、クラシックエディタには2度と戻りたくないくらいサクサクと投稿できるようになりました。

慣れておいたほうがいいかどうかはさておき、クラシックエディタが今プラグインでサポートされているのはクラシックエディタで書いてくださいということじゃなく、新しいエディタに変えるために環境を整えてくださいという期間なのをお忘れなきよう。


リフィトリー 件のいいね!
返信引用
外山
 外山
(@外山)
ゲスト
結合: 1か月前
投稿: 2
Topic starter  

横から失礼します。

wordpressでグーテンベルグが標準になって久しいので、今さら慣れる慣れないで悩む段階じゃないと思いますよ。

 

どちらのエディターも使えるのに、あえてクラシックエディターを選ぶ人ばかりならまだ先があるかもしれないですけど、返信見るに両方使える人にとってはブロックエディター一択なのでは?

僕もその一人で、ブロックエディター派です。


リフィトリー 件のいいね!
返信引用
外山
 外山
(@外山)
ゲスト
結合: 1か月前
投稿: 2
Topic starter  

両方使えるようになったあと、あなたがそれでもクラシックエディターを使いたいと判断するなら、それは否定しませんが。


リフィトリー 件のいいね!
返信引用
倉井スエ
 倉井スエ
(@倉井スエ)
ゲスト
結合: 1か月前
投稿: 5
Topic starter  

@mofumofu

ご返答ありがとうございました!
mofumofuさんのサイトも少し見させて頂き、直近のまさにこの問題について書かれた記事も読ませて頂き、とても参考になりました。
とりあえず次回の記事をグーテンベルグで挑戦して、再度検討してみようと思います。
「もふもふチップス」とても読みやすい、美しいサイトですね。自分も、もうちょっと色々デザインなどを改良していかなければ…と思いました。ありがとうございました!


mofumofu 件のいいね!
返信引用
倉井スエ
 倉井スエ
(@倉井スエ)
ゲスト
結合: 1か月前
投稿: 5
Topic starter  

@leafytree

リフィトリーさん、ありがとうございます。
ネットで見ても確かにクラシックエディターを使ってる人はまだまだ多い印象ですね。
次回の記事で思いきってグーテンベルグを使用し、再検討してみようと思います。ありがとうございました。


リフィトリー 件のいいね!
返信引用
倉井スエ
 倉井スエ
(@倉井スエ)
ゲスト
結合: 1か月前
投稿: 5
Topic starter  

平野豊さんありがとうございます。
クラシックエディターを今も使い続けている方も多いとわかり、ちょっとホッとしました。私だけが取り残されてるのかと思ってました…(笑)


返信引用
倉井スエ
 倉井スエ
(@倉井スエ)
ゲスト
結合: 1か月前
投稿: 5
Topic starter  

@lococo

ロコさん、詳しいご返答ありがとうございます。
次回の記事で、グーテンベルグでの文章作成に再チャレンジしてみたいと思います!


返信引用
チャンビア🍺
(@changbeer)
Estimable Memberサイト
結合: 3年前
投稿: 222
チャンビア🍺 - Twitter
 

比較的早い2019年2月にグーテンベルグに完全移行しました。

移行のコツは...

多少悩んでも前のツールに簡単に戻らんこと。

根気よく使えば、なんとかなりますよー。

ツールは使おうとしないと使えない。


リフィトリー 件のいいね!
返信引用
kouichi
(@kouichi)
Eminent Member
結合: 4か月前
投稿: 25
 

自分はクラシックもグーテンも使いますが、慣れれば、グーテンの方が使いやすいかもしれません。

再ブロック利用したら、記事の幅は凄く広がると思いますよ。

https://www.adminweb.jp/wordpress/gutenberg/index9.html

クラシックで使った記事はブロックで編集はしない方がよいですね。


返信引用

返信する

投稿者名

投稿者メールアドレス

タイトル *

許可された最大ファイルサイズ 5MB

 
プレビュー 0リビジョン 保存しました
共有:
スポンサーリンク
わいひらをフォローする
おすすめサーバー(コスパ・バックアップ重視型)

性能も兼ね備えながら安くブログ運営を開始できる点においてのNo.1。
それでいてブログ成長後は、十分すぎるほどのスペックアップ余力も担保されている。

◎安く始められる
◎LiteSpeedを用いた高速サーバー(完全SSD)
◎http/3(高速化プロトコル)に対応
◎東京・大阪でリージョン選択が可能
◎プランのアップ・ダウングレードが自由自在
◎同サービス内でドメイン管理が可能
◎ディスク容量が多い
◎転送量が多い
◎毎日無料バックアップ(14日分)
◎DBは14日以内なら無料自動復旧可能
◎ファイルも14日以内なら無料自動復旧可能
◎アダルト・出会い系サイト可
◎ドメインとサーバー代のチャージ払いが可能
○サーバ引っ越し依頼が可能(有料)

サービス運営期間:2年5ヶ月

1年以上の契約をする場合は、クーポンコード入力でさらに10%割引(※2021/6/30まで)。

クーポンコード:PK4JK4RJ

クーポンの使用方法はこちら

とにかく速い。サイトに表示スピードを求めるならココ。
管理画面がシンプルで使いやすい。

◎nginxを用いた高速サーバー(完全SSD)
◎プランのアップ・ダウングレードが自由自在
◎同サービス内でドメイン管理が可能
◎ディスク容量が多い
◎転送量が多い
○http/2(高速化プロトコル)に対応
◎毎日無料バックアップ(14日分)
◎DBは14日以内なら無料自動復旧可能
◎ファイルも14日以内なら無料自動復旧可能
◎サーバ引っ越しツールあり(無料)
○サーバ引っ越し依頼が可能(有料)
◎ドメインとサーバー代のチャージ払いが可能

サービス運営期間:2年3ヶ月

安定感抜群のサーバーです。あまり急激なアクセス変動がないアフィリエイトサイトに向いています。

◎nginxを用いた高速サーバー(完全SSD)
◎老舗サーバーなので安定感抜群
◎ディスク容量が多い
◎転送量が多い
◎同サービス内でドメイン管理が可能
○http/2(高速化プロトコル)に対応
○毎日無料バックアップ(14日分)
○DBは7日以内なら無料自動復旧可能
×ファイルは有料かつ手動での復旧
×プラン変更でCPUのスペックアップができない
×プラン変更しても即時反映されない
×アダルト・出会い系サイト不可

サービス運営期間:17年

常に新しいことに挑戦しているフロンティア精神あふるるレンタルサーバーです。
LiteSpeedやHTTP/2を日本で初めて導入したサーバー。

◎LiteSpeedを用いた高速サーバー(完全SSD)
◎http/3(高速化プロトコル)に対応
◎プランのアップ・ダウングレードが自由自在
◎同サービス内でドメイン管理が可能
◎転送量が多い
◎ディスク容量が多い
◎毎日無料バックアップ(14日分)
◎DBは14日以内なら無料自動復旧可能
○ファイルは14日以内なら無料復旧可能(※手動)
◎アダルト・出会い系サイト可
◎ドメインとサーバー代のチャージ払いが可能
○サーバ引っ越し依頼が可能(有料)

サービス運営期間:4年

格安な値段で始められる高機能サーバーです。
性能も備えつつ最安ならここ。
ただし少し機能は弱い。

◎LiteSpeedを用いた高速サーバー(完全SSD)
◎激安プランが用意してある
◎値段あたりのスペックが高い(コスパ良し)
◎サーバ引っ越し依頼が可能(無料)
◎アダルト・出会い系サイト可
○http/2(高速化プロトコル)に対応
△プランのアップは可能だがダウンは不可
△毎日自動バックアップ(1日分)
△前日のバックアップからのみ復元できる(無料)

サービス運営期間:5年

Cocoon
タイトルとURLをコピーしました