特典機能について

記事投稿時の画面右側にある「カテゴリー」と「タグ」の設定が出来ない | 不具合報告 | Cocoon フォーラム

サイト内検索
書き込みの前に以下の3点をご確認ください。
  1. 1つのトピックにつき1つの質問を書き込んでください
  2. 不具合・カスタマイズ対象ページのURLを提示高速化を無効にしてください
  3. 該当部分のキャプチャ・環境情報とともに書き込んでいただけると助かります

何を書き込んだら良いか分からない場合は、以下のテンプレートをコピペしてご利用ください。

不具合・カスタマイズ対象ページのURL:

相談内容:

解決のために試したこと:

※文字だけでは正しく伝わらない可能性があるため、スクショ画像の添付もお願いします。
※高速化設定をしている場合は無効にしてください。
環境情報:

※↑こちらに「Cocoon設定 → テーマ情報」にある「環境情報」を貼り付けてください。

環境情報の取得方法はこちら。
https://wp-cocoon.com/theme-report/
高速化設定を無効にするにはこちら。
https://wp-cocoon.com/theme-trouble/

フォーラム利用ガイドリンク

  1. フォーラムガイドライン
  2. よくある質問と答え(FAQ)
  3. サポート対象外のケース
  4. 原因不明の不具合用トラブルシューティング
  5. トピックにHTMLを貼り付ける方法(推奨ツール:notepad.pw
  6. 真っ白画面でのエラーメッセージの確認方法 
  7. ブラウザ環境チェックツール

フォーラム質問後、問題等が解決した場合は結果を書き込んでいただけると幸いです。同様の問題で調べている方には、結果が一番気になる部分となります。

また、問題の解決に至った場合には、トピック冒頭の「解決済み」リンクをクリックしていただけますと幸いです。

wpForoの解決済みリンク

また、有用な返信があった場合は「いいね!」リンクもご活用ください。返信者の励みになります。

wpForoのいいねリンク

「いいね!」機能はフォーラム登録者のみが利用できる機能です。

CC BY-ND 2.1)準じていれば(リンクを貼っていただければ)転載も自由です。カスタマイズ記事を書く際にコード等をコピペ利用していただいて構いません。

フォーラムの使い方がよくわからない場合は、テストトピックで自由にテストしていただいて構いません。

最近の書き込みはこちら。

詳細なカスタマイズ依頼をするならこちら。

スポンサーリンク
記事投稿時の画面右側にある「カテゴリー...
 
共有:
通知
すべてクリア

記事投稿時の画面右側にある「カテゴリー」と「タグ」の設定が出来ない


yoshitaka
(@yoshitaka)
Active Member
結合: 1か月前
投稿: 15
Topic starter  

こんばんは。そしてあけましておめでとうございます。

フォーラム固定ページ39内ある「個別のカテゴリー・タグでインデックスを設定する項目」と関係があるのか分かりませんが、記事投稿時「カテゴリー」と「タグ」の設定が出来ない時がたまに起こります。

1.カテゴリー設定箇所では、すでに設定してあるカテゴリー名の選択画面が表示されない時があるんです。

2.タグ設定箇所では、一度設定すればそのままタグ名が残ると思うんですが、消えるんです。でも実際の記事では下の方にタグ名が表示されています。

この現象は過去に何回かあって、プラグイン停止したら解決したり、普段クロームで記事作成してたのをマイクロソフトエイジだと正常に表示していました。

毎回記事作成のたびに上記症状が出るわけではない。

昨日マイクロソフトエイジで記事作成して投稿しました。

その後クロームに戻り、記事投稿一覧からある記事を編集画面にしたら、正常通りに戻ってる記事もあれば、タグ設定箇所が真っ白の記事もあります。

今日昼から確認したら、上記1の現象が起きたのでスクショ―撮った次第です。

ワードプレス自体が悪さしてるのでしょうか?対処方法ってありますか?

 

やった事

ブラウザおよびコクーンのキャッシュの削除

プラグインの全停止

両方やってもだめでした。

URL⇒
https://www.net.y-taka.biz/

とりあえず画像を貼り付けます。

① カテゴリ設定箇所の正常時の画像

 

② カテゴリ設定箇所の一覧が消えた時の画像

 

③ タグ内のキーワードが消えた状態の画像

 

縮小化機能は無効にしました。

環境情報 ↓

----------------------------------------------
サイト名:YoshitakaS Info
サイトURL: https://www.net.y-taka.biz
ホームURL: https://www.net.y-taka.biz
コンテンツURL:/wp-content
インクルードURL:/wp-includes/
テンプレートURL:/wp-content/themes/cocoon-master
スタイルシートURL:/wp-content/themes/cocoon-child-master
親テーマスタイル:/wp-content/themes/cocoon-master/style.css
子テーマスタイル:/wp-content/themes/cocoon-child-master/style.css
スキン:/wp-content/themes/cocoon-master/skins/skin-dark-ruri/style.css
WordPressバージョン:5.8.2
PHPバージョン:7.4.25
ブラウザ:Mozilla/5.0 (Windows NT 10.0; Win64; x64) AppleWebKit/537.36 (KHTML, like Gecko) Chrome/96.0.4664.110 Safari/537.36
サーバーソフト:Apache
サーバープロトコル:HTTP/1.1
エンコーディング:br, gzip, deflate
言語:ja,en-US;q=0.9,en;q=0.8
----------------------------------------------
テーマ名:Cocoon
バージョン:2.3.7.1
カテゴリ数:19
タグ数:532
ユーザー数:1
----------------------------------------------
子テーマ名:Cocoon Child
バージョン:0.0.5
style.cssサイズ:5245バイト
functions.phpサイズ:174バイト
----------------------------------------------
Gutenberg:1
AMP:1
PWA:1
Font Awesome:5
Auto Post Thumbnail:0
Retina:0
ホームイメージ:/wp-content/uploads/2018/12/アイコン3-1.png
----------------------------------------------
ブラウザキャッシュ有効化:1
HTML縮小化:0
CSS縮小化:0
JavaScript縮小化:0
Lazy Load:1
WEBフォントLazy Load:1
----------------------------------------------
利用中のプラグイン:
Advanced Editor Tools (previously TinyMCE Advanced) 5.6.0
Akismet Anti-Spam 4.2.1
BackWPup 3.10.0
Contact Form 7 5.5.3
EWWW Image Optimizer 6.3.0
Flamingo 2.2.3
Google XML Sitemaps 4.1.1
Optimize Database after Deleting Revisions 5.0.110
PS Auto Sitemap 1.1.9
SAKURA RS WP SSL 1.4.0
Site Kit by Google 1.48.1
WP Multibyte Patch 2.9
----------------------------------------------

 


引用
mk2
(@mk2_mk2)
メンバー Moderator
結合: 11か月前
投稿: 2527
 

yoshitakaさん

WordPress公式テーマではどうなりますでしょうか。
(Twenty Twenty-Oneなど)

再現しない場合もあるようですので、何回か試してみてください。

なお、テーマ変更による外観への影響が気になる場合は、以下のプラグインのトラブルシューティングモードをご利用ください。

WordPressのトラブルシューティングを劇的に楽にする「Health Check & Troubleshooting」プラグインの使い方。
https://nelog.jp/health-check-and-troubleshooting-plugin


わいひら 件のいいね!
返信引用
yoshitaka
(@yoshitaka)
Active Member
結合: 1か月前
投稿: 15
Topic starter  

mk2 さん こんばんは

よろしくお願いします。

テーマ変更してみました。

親テーマにしたら、カテゴリーの表示は変わらず表示されません。

Twenty Twenty-Oneに変更しても、カテゴリーの表示は変わらず表示されません。


返信引用
mk2
(@mk2_mk2)
メンバー Moderator
結合: 11か月前
投稿: 2527
 

yoshitakaさん

そうですか。

となると、CocoonではなくWordPressの問題の可能性が高いと思います。

この辺は詳しくないのですが、ブロックエディタのカテゴリーやタグは、JavaScript(ajax?)で取得しているように思います。
(本当に詳しくないです・・・。)

投稿編集画面を開いてから、取得しているように思いますので、通常でも少々時間が掛かってから表示されるような動作に思います。

少し時間をおいても、表示されないでしょうか。

もしそうだとすると、ちょっと難しいですね。
他の詳しい方の回答をお待ちいただくのが良いかも知れません。

管理画面内のことは、なかなか外部からは分からないのですよね。


わいひら 件のいいね!
返信引用
yoshitaka
(@yoshitaka)
Active Member
結合: 1か月前
投稿: 15
Topic starter  

mk2 さん

ありがとうございます。

グーグルクロームのデベロッパー たるもので

なんか 訳の分からないエラー表示が11個かなありました。

 

以下 コピーしておきます。

クローム デベロッパー   検証 

エラーメッセージ

Failed to load resource: the server responded with a status of 500 ()
/wp-json/wp/v2/categories?per_page=100&orderby=name&order=asc&_fields=id%2Cname%2Cparent&_locale=user:1

Failed to load resource: the server responded with a status of 500 ()

Failed to load resource: the server responded with a status of 500 ()
data.min.js?ver=a9e98fe3ad76884fe7909ba8348395b7&fver=20210821112451:2 Uncaught (in promise) Response
/wp-json/wp/v2/users/me?_locale=user:1

Failed to load resource: the server responded with a status of 500 ()
/wp-json/wp/v2/users/?who=authors&per_page=100&_locale=user:1

Failed to load resource: the server responded with a status of 500 ()
/wp-json/wp/v2/templates?context=edit&per_page=100&_locale=user:1 Failed to load resource: the server responded with a status of 500 ()
/wp-json/wp/v2/categories?per_page=100&orderby=name&order=asc&_fields=id%2Cname%2Cparent&_locale=user:1

Failed to load resource: the server responded with a status of 500 ()
data.min.js?ver=a9e98fe3ad76884fe7909ba8348395b7&fver=20210821112451:2 Uncaught (in promise) Response
data.min.js?ver=a9e98fe3ad76884fe7909ba8348395b7&fver=20210821112451:2 Uncaught (in promise) Object
data.min.js?ver=a9e98fe3ad76884fe7909ba8348395b7&fver=20210821112451:2 Uncaught (in promise) Object
/wp-json/wp/v2/categories?per_page=100&orderby=name&order=asc&_fields=id%2Cname%2Cparent&_locale=user:1

Failed to load resource: the server responded with a status of 500 ()
/wp-json/wp/v2/categories?per_page=100&orderby=name&order=asc&_fields=id%2Cname%2Cparent&_locale=user:1

Failed to load resource: the server responded with a status of 500 ()

 

このエラーはなんでしょうかネ!

それと今から1時間くらい席から離れます。

( `・∀・´)ノヨロシク


返信引用
mk2
(@mk2_mk2)
メンバー Moderator
結合: 11か月前
投稿: 2527
 

yoshitakaさん

「デベロッパーツール」ですね。
(開発者ツール。)

投稿者:: @yoshitaka

Failed to load resource: the server responded with a status of 500 ()

上記がやけに多いです。

HTTPステータス500(サーバー内部エラー)が多く出ているようです。

翻訳機能で翻訳してみると。

リソースのロードに失敗しました:サーバーはステータス500()で応答しました

ということのようです。

ちょっと分からないですね。
サーバー側のサポートに伺ってみても良いかも知れないです。

あとは有識者の方を待つか・・・。

Cocoonだけでなく、WordPress公式テーマでも出ているようですから、ちょっと簡単ではないような・・・。
(Cocoonの問題ではなく、WordPress自体の問題の可能性を疑います。サーバー側の問題かも?)

気軽に「ヨロシク」と言われて分かるような問題ではなさそうな気はします。
少なくとも、私には分からないです。

私も晩御飯のため、しばらく席を外します。


わいひら 件のいいね!
返信引用
mk2
(@mk2_mk2)
メンバー Moderator
結合: 11か月前
投稿: 2527
 

検索したところ、以下のようなサイトを見つけました。

ウェブサイトでよく発生するエラーの原因と対処法
https://tonichi-printing.co.jp/tonichi-ch/technology/error-code.html#500_Internal_Server_Error

そこには、以下のような記載がありました。

500エラーの原因
500エラーはサーバー内でエラーが起こっている場合に発生します。

考えられる原因は、サーバーに使われているCGIやPHPにエラーが発生していることです。そのほかにもサイトのアクセスを制御する「.htaccess」と呼ばれるファイルに問題がある可能性も考えられます。

また、レンタルサーバーなどのメンテナンス中や接続障害が起こっている場合も500エラーが発生します。
 

500エラーの対処法
まずはサーバー会社のウェブサイトにメンテナンス情報が掲載されているかを確認しましょう。サーバーメンテナンスの情報に当てはまらない場合、プログラムの確認へと移ります。

次にPHPやCGIなどプログラムのエラーログを確認し、エラーがあった場合は修正しましょう。

PHPやCGIのコードに問題がない場合は、htaccessの記述に問題がある可能性があります。.htaccessを確認し不備がないかを確認します。

 

では、席を外します。


わいひら 件のいいね!
返信引用
yoshitaka
(@yoshitaka)
Active Member
結合: 1か月前
投稿: 15
Topic starter  

mk2 さん

只今席に戻りました。

 

英語がチンプンカンプンで助かりました。

そこまでで調べてくれてありがとうございます。

このエラーが今回の事象と関係してるのか?

分かりませんが

さくらレンタルサーバーを利用してるので、そちらで確認してみます。


返信引用
共有:
スポンサーリンク
SWELLと業務提携しています
WordPressテーマSWELL
わいひらをフォローする
おすすめサーバー(コスパ・バックアップ重視型)

性能も兼ね備えながら安くブログ運営を開始できる点においてのNo.1。
それでいてブログ成長後は、十分すぎるほどのスペックアップ余力も担保されている。

◎安く始められる
◎LiteSpeedを用いた高速サーバー(完全SSD)
◎http/3(高速化プロトコル)に対応
◎東京・大阪でリージョン選択が可能
◎プランのアップ・ダウングレードが自由自在
◎同サービス内でドメイン管理が可能
◎ディスク容量が多い
◎転送量が多い
◎毎日無料バックアップ(14日分)
◎DBは14日以内なら無料自動復旧可能
◎ファイルも14日以内なら無料自動復旧可能
◎アダルト・出会い系サイト可
◎ドメインとサーバー代のチャージ払いが可能
○サーバ引っ越し依頼が可能(有料)

サービス運営期間:3年

1年以上の契約をする場合は、クーポンコード入力でさらに50%割引キャンペーン中!
※BOX2 ~ BOX8プラン契約の場合

クーポンコード:PK4JK4RJ

クーポンの使用方法はこちら

安定感抜群のサーバーです。あまり急激なアクセス変動がないアフィリエイトサイトに向いています。

◎nginxを用いた高速サーバー(完全SSD)
◎老舗サーバーなので安定感抜群
◎ディスク容量が多い
◎転送量が多い
◎同サービス内でドメイン管理が可能
○http/2(高速化プロトコル)に対応
○毎日無料バックアップ(14日分)
◎DBは14日以内なら無料自動復旧可能
○ファイルは7日以内なら無料自動復旧可能
×プラン変更でCPUのスペックアップができない
×プラン変更しても即時反映されない
×アダルト・出会い系サイト不可

サービス運営期間:18年

とにかく速い。サイトに表示スピードを求めるならココ。
管理画面がシンプルで使いやすい。

◎nginxを用いた高速サーバー(完全SSD)
◎プランのアップ・ダウングレードが自由自在
◎同サービス内でドメイン管理が可能
◎ディスク容量が多い
◎転送量が多い
○http/2(高速化プロトコル)に対応
◎毎日無料バックアップ(14日分)
×DBは手動で復旧(データ取得は無料)
×ファイルも手動で復旧(データ取得は無料)
◎サーバ引っ越しツールあり(無料)
○サーバ引っ越し依頼が可能(有料)
◎ドメインとサーバー代のチャージ払いが可能

サービス運営期間:3年

常に新しいことに挑戦しているフロンティア精神あふるるレンタルサーバーです。
LiteSpeedやHTTP/2を日本で初めて導入したサーバー。

◎LiteSpeedを用いた高速サーバー(完全SSD)
◎http/3(高速化プロトコル)に対応
◎プランのアップ・ダウングレードが自由自在
◎同サービス内でドメイン管理が可能
◎転送量が多い
◎ディスク容量が多い
◎毎日無料バックアップ(14日分)
◎DBは14日以内なら無料自動復旧可能
×ファイルは手動復旧(データ取得は無料)
◎アダルト・出会い系サイト可
◎ドメインとサーバー代のチャージ払いが可能
○サーバ引っ越し依頼が可能(有料)

サービス運営期間:5年

格安な値段で始められる高機能サーバーです。
性能も備えつつ最安ならここ。
ただし少し機能は弱い。

◎LiteSpeedを用いた高速サーバー(完全SSD)
◎激安プランが用意してある
◎値段あたりのスペックが高い(コスパ良し)
◎サーバ引っ越し依頼が可能(無料)
◎アダルト・出会い系サイト可
○http/2(高速化プロトコル)に対応
△プランのアップは可能だがダウンは不可
△毎日自動バックアップ(1日分)
△前日のバックアップからのみ復元できる(無料)

サービス運営期間:6年

Cocoon
タイトルとURLをコピーしました