「メイド・イン・ヘブン」スキン適用中

Cocoonフォーラム

サイト内検索
書き込みの前に以下の3点をご確認ください。
  1. 1つのトピックにつき1つの質問を書き込んでください
  2. 不具合・カスタマイズ対象ページのURLを提示高速化を無効にしてください
  3. 該当部分のキャプチャ・環境情報とともに書き込んでいただけると助かります

何を書き込んだら良いか分からない場合は、以下のテンプレートをコピペしてご利用ください。

不具合・カスタマイズ対象ページのURL:

相談内容:

不具合の発生手順:

解決のために試したこと:

※文字だけでは正しく伝わらない可能性があるため、スクショ画像の添付もお願いします。
※高速化設定をしている場合は無効にしてください。
環境情報:

※↑こちらに「Cocoon設定 → テーマ情報」にある「環境情報」を貼り付けてください。

環境情報の取得方法はこちら。
https://wp-cocoon.com/theme-report/
高速化設定を無効にするにはこちら。
https://wp-cocoon.com/theme-trouble/

フォーラム利用ガイドリンク

  1. フォーラムガイドライン
  2. よくある質問と答え(FAQ)
  3. サポート対象外のケース
  4. 原因不明の不具合用トラブルシューティング
  5. トピックにHTMLを貼り付ける方法(推奨ツール:notepad.pw
  6. 真っ白画面でのエラーメッセージの確認方法
  7. ブラウザ環境チェックツール
  8. Cocoonカスタマイズ依頼

フォーラム質問後、問題等が解決した場合は結果を書き込んでいただけると幸いです。同様の問題で調べている方には、結果が一番気になる部分となります。

別ページのメタディスクリプションが表示...
 
共有:
通知
すべてクリア

別ページのメタディスクリプションが表示される

9 投稿
3 ユーザー
5 Reactions
151 表示
totoro
(@totoro)
Eminent Member Registered
結合: 2年前
投稿: 18
Topic starter  

いつもお世話になります。

個々のブログ記事にメタディスクリプションを記述してるのですが、最近(2~3週間くらい前?)Googleの検索結果のスニペに、別の記事のメタディスクリプションが表示される現象が起きています。(すべての記事で発生してるわけでないです)

関係あるか不明ですが、最近、Googleはメタディスクリプション記述は参考程度にして本文から抽出するように仕様変更したようですが、Google側の問題なのかテーマに起因するのか分からない状況です。キャッシュ削除(テーマ、ブラウザとも)しても同じです。同様の現象が起きてる方、もしくは、原因となりそうなヒントがあれば、ご教示いただきたく思います。よろしくお願いいたします。

例えば下記のような感じです。

 

h https://www.google.com/search?q=%E7%A5%9E%E5%AE%AE%E5%B0%8F%E8%B7%AF&sca_esv=8bee9fd4698e0689&hl=ja&sxsrf=ACQVn08Gw49y0OuwjbrfQXVJCsyTJGzNTQ%3A1710024916093&source=hp&ei=1OjsZbTtA56N2roP_OC1qAM&iflsig=ANes7DEAAAAAZez25CVj1fmeQFRT2c-OgAYCLZ5jMQ44&ved=0ahUKEwi0p7edo-iEAxWehlYBHXxwDTUQ4dUDCBc&oq=%E7%A5%9E%E5%AE%AE%E5%B0%8F%E8%B7%AF&gs_lp=Egdnd3Mtd2l6IgznpZ7lrq7lsI_ot68yChAjGIAEGIoFGCcyBRAAGIAEMgUQABiABDIFEAAYgAQyBRAAGIAEMgUQABiABDIFEAAYgAQyBRAAGIAEMgUQABiABDIFEAAYgARI_gpQAFgAcAB4AJABAJgBVqABVqoBATG4AQzIAQD4AQL4AQGYAgGgAlmYAwCSBwExoAenBA&sclient=gws-wiz

 

神宮小路(昭和風情を残す名古屋レトロスポット)

all-japan.org

https://www.all-japan.org  › ホーム › 昭和
 

 
愛知県蒲郡市にある素朴な水族館で、建物は約60年前につくられたもので昭和の香りが残っています。日本で4番目に小さいものの見ごたえは十分。入館料も500円で安くアシカ ...
 
▲上記のスニペは、同じブログ内の別の記事のメタディスクリプションです。

   
引用
mk2
(@mk2_mk2)
Illustrious Member Moderator
結合: 3年前
投稿: 7101
 

とりあえず、状況だけ書かせていただきます。

「神宮小路」でGoogle検索した結果、表示されるのは、以下。

愛知県蒲郡市にある素朴な水族館で、建物は約60年前につくられたもので昭和の香りが残っています。日本で4番目に小さいものの見ごたえは十分。入館料も500円で安くアシカ ...
 
この記事のURLは、以下で。
 
ソースを確認すると、メタディスクリプションに設定されているのは以下。
名鉄「神宮前駅」の隣りにある「神宮小路」。狭いエリアながら昭和風情が色濃く残り、半世紀を超えて続く飲食店もあります。40代以上の人なら場所は違っても、どこか記憶の隅にとどまる街の路地裏イメージかもしれません。…
横長く画像に収まりませんので、念のためスキーマ マークアップ検証ツールで確認すると、以下のような感じに。
 
メタディスクリプションに設定されているものと、Google検索結果に表示されるものが違うというのは、これを仰っているのかと思います。
 
 

 

そして、「昭和レトロな竹島水族館」でGoogle検索すると、以下のように表示されるのですが。

愛知県蒲郡市にある素朴な水族館で、建物は約60年前につくられたもので昭和の香りが残っています。日本で4番目に小さいものの見ごたえは十分。
この記事のURLは、以下で。
 
ソースを確認すると、メタディスクリプションに設定されているのは以下。
愛知県蒲郡市にある素朴な水族館で、建物は約60年前につくられたもので昭和の香りが残っています。日本で4番目に小さいものの見ごたえは十分。入館料も500円で安くアシカショーも見られます。…
こちらも念のため、検証ツールで確認しますと。
 
検索結果には「入館料も500円~」以降がない感じでしょうか。
そして、先に書いた別の投稿の、検索結果とほぼ同じという状況ということみたいです。
 
 
テーマ側としては、設定しているものをそのまま出しているのだと思われますけれど。

   
わいひら reacted
返信引用
mk2
(@mk2_mk2)
Illustrious Member Moderator
結合: 3年前
投稿: 7101
 

投稿者:: @totoro

最近、Googleはメタディスクリプション記述は参考程度にして本文から抽出するように仕様変更したようですが

こちらは、以下のようなことを仰っているのですよね、きっと。

meta descriptionタグは不要? Google検索のスニペット生成の主要なソースはページ上のコンテンツ
https://www.suzukikenichi.com/blog/you-may-no-longer-need-to-write-a-meta-description/


   
わいひら reacted
返信引用
totoro
(@totoro)
Eminent Member Registered
結合: 2年前
投稿: 18
Topic starter  

 mk2 様

早速のご教示ありがとうございます。テーマ側ではなく、Google側になんらかの原因があるみたいですね。

Googleのメタディスクリプションの扱いに関する情報は、おっしゃるとおり海外SEO情報さんの記事です。

サーチコンソールから、なんどかインデックスさせて、すこし様子見してみたいと思います。


   
返信引用
mk2
(@mk2_mk2)
Illustrious Member Moderator
結合: 3年前
投稿: 7101
 

ちょっと自分のサイトをいくつか確認してみましたのですけれど。

「海外SEO情報ブログ」さんの以下の記載の様に・・・。

通常は Google は、ページ上のコンテンツを利用し、meta descriptionの方がふさわしいと判断した場合にのみmeta descriptionの記述を利用することを明確に述べています。

以前、メタディスクリプションが検索結果に表示されていた投稿も、今は本文からGoogleが抽出したものに変わっているものが多かったです。
(メタディスクリプションがそのまま表示されているものもあるにはありましたが、とても少ない感じでした)

ただ、totoroさんのように、まったく違う投稿の内容が表示されているものは、私は今のところ見つからないです。
 

【追記】

上記を書いた後に、見つかったのですけれど。
本文ではなく、コメント欄の内容が検索結果に表示されるものがありました。
コメント欄の内容は、本文とはまったく関係ないんですよね・・・。
(本文に関係ないコメントがあって、そのコメントに対する私の返信が検索結果に表示されていました)
  


 
このCocoon公式のトップページも、検索結果の表示は、メタディスクリプションではないですね。

Cocoonの特徴 ... WordPressテーマ「Cocoon(コクーン)」を作成しました。 以前作成したSimplicityの後継となる複数者運営にも対応した無料テーマです(※完全な互換性はない ...
 
メタディスクリプションは、以下のような感じ。
SEO・高速化・モバイルファースト最適化済みのシンプルな無料Wordpressテーマ。100%GPLテーマです。…
記憶はあやふやですけれど、以前はメタディスクリプションがそのまま表示されていた気はします。
「海外SEO情報ブログ」さんの仰る通りなんでしょうね、きっと。

   
わいひら reacted
返信引用
totoro
(@totoro)
Eminent Member Registered
結合: 2年前
投稿: 18
Topic starter  

mk2さま

サーチコンソールで何度か再クロールさせたところ、解消したようです。ありがとうございました。複数のページで同様の現象が発生していました。

もうひとつ質問で恐縮なのですが、アイキャッチ画像(sns画像とも両方設定済)が検索結果に表示されないことが多くなってます。(複数のページで同様の現象、以前は問題なく表示され、cocoon設定のキャッシュ削除等いろいろ試しています)画像はjpegで100kB以下には抑えています。

おそらくGoogle側に原因がある気がしますが、同様の現象をご存じであれば、ご教示いただければ幸いです。

現在、Googleは大規模なコアアップデート中のようで、関連性は不明ですけど、いろいろ不安定かもしれないですね。メタディスクリプションが違って検索結果のスニペ表示なども過去に経験のないことです。


   
返信引用
totoro
(@totoro)
Eminent Member Registered
結合: 2年前
投稿: 18
Topic starter  

アイキャッチ画像の件は、画像サイズを変更して、様子見してみます。お騒がせしました。


   
返信引用
(@akira)
Famed Member Registered
結合: 6年前
投稿: 1657
 

@totoro さん

WP-Optimize のキャッシュをお使いですが、このキャッシュの不具合が原因だった可能性はないでしょうか?複数のページで同様の現象が発生していたというのが気になりました。

ちなみに、検索結果のスニペットの仕様は変わっていないと思います。参考になさった記事に書かれていますが、仕様を明記していなかったので明記するようにしただけだと思います。5 年以上前から本文も利用されており、メタディスクリプションがそのまま表示されるのは少なかったです。2018 年 5 月に書かれた Google、長くしたスニペットを再び短く。meta descriptionタグは設定すべきか? にも「meta description がスニペットに常に使われるとは限らず」と書かれています。

アイキャッチ画像(sns画像とも両方設定済)が検索結果に表示されない

アイキャッチ画像とは、テキスト検索結果画像 のことでしょうか?もしそうであれば、Google 画像検索 SEO ベスト プラクティス をご参考ください。

ただ、投稿ページのアイキャッチ画像は CSS で非表示になっています。構造化データにアイキャッチ画像は含まれてはいますが、非表示になっている画像を Google が検索結果に出すのかは分かりません。画像が表示されなくても不思議ではありません。


   
わいひら reacted
返信引用
mk2
(@mk2_mk2)
Illustrious Member Moderator
結合: 3年前
投稿: 7101
 

投稿者:: @totoro

アイキャッチ画像(sns画像とも両方設定済)が検索結果に表示されないことが多くなってます。

そうなんですか。

私も表示されているものと、されていないものがありますが、正直法則は分からないですね。

試しに、いくつか検索してみたのですが、必ずしもアイキャッチ画像が表示されるものでもないみたいです。
私のサイトの場合は、アイキャッチ以外の画像が表示されるものもありました。
(投稿の1枚目ということでもなく、途中の画像が表示されているものもあります)

同じ検索ワードでも、検索結果で表示される

  • スニペット
  • 画像

上記の両方が、PCで検索した場合と、スマホで検索した場合で、違うものもありました。

アイキャッチを非表示にしていても(カードのサムネイル表示用に設定している)、検索結果に表示されているものもありましたし、そうでないものもありました。

Akiraさんがリンクくださった、「Google 画像検索 SEO ベスト プラクティス」記載のようなものには、あまり沿っていない気はしますが、表示されるものも結構あるような感じはします。
(あくまでも私の場合ですが)

Googleのガイドラインに従うのは必要だと思うのですけれど。
こちらから完全にコントロールできるものではないと、ある程度私は諦めています。
(もちろん、ある程度は…と思い、ガイドラインには準拠するようにはしていますが完全にはできない部分もあります。違反はもってのほかとして)


   
わいひら reacted
返信引用
共有:

問題の解決に至った場合には、トピック冒頭の「解決済み」をクリックしていただけますと幸いです。

また、有用な回答があった場合は返信右下にある「いいね!」もご活用ください。回答者の励みになります。

「いいね!」機能はフォーラム登録者のみが利用できる機能です。

CC BY-ND 2.1)準じていれば(リンクを貼っていただければ)転載も自由です。カスタマイズ記事を書く際にコード等をコピペ利用していただいて構いません。

フォーラムの使い方がよくわからない場合は、テストトピックで自由にテストしていただいて構いません。

最近の書き込みはこちら。

詳細なカスタマイズ依頼をするならこちら。

タイトルとURLをコピーしました