現在「SILK」スキンを適用中です。

タイトル(h1)とSEOタイトルが違う場合のSEOへの影響 | ブログ相談 | Cocoon フォーラム

サイト内検索
書き込みの前に以下の3点をご確認ください。
  1. 1つのトピックにつき1つの質問を書き込んでください
  2. 不具合・カスタマイズ対象ページのURLを提示高速化を無効にしてください
  3. 該当部分のキャプチャ・環境情報とともに書き込んでいただけると助かります

フォーラム利用ガイドリンク

  1. フォーラムガイドライン
  2. よくある質問と答え(FAQ)
  3. サポート対象外のケース
  4. 原因不明の不具合用トラブルシューティング
  5. トピックにHTMLを貼り付ける方法(推奨ツール:notepad.pw
  6. 真っ白画面でのエラーメッセージの確認方法 
  7. ブラウザ環境チェックツール

フォーラム質問後、問題等が解決した場合は結果を書き込んでいただけると幸いです。同様の問題で調べている方には、結果が一番気になる部分となります。

また、問題の解決に至った場合には、トピック冒頭の「解決済み」リンクをクリックしていただけますと幸いです。

wpForoの解決済みリンク

また、有用な返信があった場合は「いいね!」リンクもご活用ください。返信者の励みになります。

wpForoのいいねリンク

「いいね!」機能はフォーラム登録者のみが利用できる機能です。

CC BY-ND 2.1)準じていれば(リンクを貼っていただければ)転載も自由です。カスタマイズ記事を書く際にコード等をコピペ利用していただいて構いません。

フォーラムの使い方がよくわからない場合は、テストトピックで自由にテストしていただいて構いません。

最近の書き込みはこちら。

詳細なカスタマイズ依頼をするならこちら。

フォーラムのTwitterアカウント(@CocoonForum)はこちら

スポンサーリンク
タイトル(h1)とSEOタイトルが違う...
 
共有:
通知
すべてクリア

タイトル(h1)とSEOタイトルが違う場合のSEOへの影響  


ぎず
 ぎず
(@ぎず)
ゲスト
結合: 2年前
投稿: 136
Topic starter  

いつもお世話になっております。

とある場所で「原則として、タイトル(以下、h1)とSEOタイトルは同じにしなければならない」と見たことがあるのですが実際はどうなのでしょうか?

クロールするロボットがh1とSEOが違うと認識しサイト評価を下げるのか、もしくは、訪問者が検索エンジンで表示されたSEOタイトルと中身がちがうやん!という感じですぐに帰ってしまうからSEO的に悪いと言われてるのかどっちなのでしょうか?

自分としては、h1とSEOタイトルは少し違う風にしたいと思っています。

例えば、"ニンジンの作りかた"の記事をつくるとします。SEOタイトルには「簡単にできる」や「初心者向け」といった枕詞をつけて目につくようにしたいです。

しかし、記事中のh1ではシンプルにしたいので、SEOタイトルでつけた枕詞を省いて「ニンジンの作りかた」とだけしたいと思っています。この場合は、やはりSEO的に悪いのでしょうか?

ド素人の質問で申し訳ありませんがどうぞよろしくお願いします。

 


引用解決済
ヒロアキ
(@y-hiroaki)
Estimable Memberサイト
結合: 3年前
投稿: 184
ヒロアキ - Twitter
 
投稿者:: @ぎず

例えば、"ニンジンの作りかた"の記事をつくるとします。SEOタイトルには「簡単にできる」や「初心者向け」といった枕詞をつけて目につくようにしたいです。

しかし、記事中のh1ではシンプルにしたいので、SEOタイトルでつけた枕詞を省いて「ニンジンの作りかた」とだけしたいと思っています。この場合は、やはりSEO的に悪いのでしょうか?

タイトルをシンプルにしたいのは、記事を読む人のことを考えてのことでしょうか。(くどいタイトルにしたくない?)

 

でも、検索結果からその記事にたどり着いた人は、多分記事のタイトル(H1)はあまり気にしない(見ない)と思いますよ。

なぜなら、検索結果に表示されるSEOタイトルで読むことを決めているので、記事ではタイトルなんかより本文を早く読みたいはずです。

 

個人的にはSEOタイトルは意識しないで、記事のタイトルに力を入れた方がいいような気がしますけど。

※Cocoonは、SEOタイトルに何も入力しなければH1がそのままSEOタイトルに設定されますよね。


わいひらはる 件のいいね!
返信引用
はる
(@haruinoue)
Reputable Member
結合: 5か月前
投稿: 318
 

インデックスリストに表示されるタイトルもh1の方のタイトルになるので、元からいる読者と検索から辿り着く読者で出し分けたいという意図かなと解釈しました。

全く同じにしないと評価が下がるということはないと思います。
何もしなくても<title>の方にはサイト名が入っていてh1タグの内容とは同じではないですし。

なので、

投稿者:: @ぎず

訪問者が検索エンジンで表示されたSEOタイトルと中身がちがうやん!という感じですぐに帰ってしまうからSEO的に悪いと言われてるのか

こっちのような気がします(正確なことは分からないですけど)。

枕詞で多少装飾するぐらいであれば問題ないと思います。


ヒロアキわいひら 件のいいね!
返信引用
ぎず
 ぎず
(@ぎず)
ゲスト
結合: 2年前
投稿: 136
Topic starter  

お二方、回答ありがとうございます。

投稿者:: @y-hiroaki

タイトルをシンプルにしたいのは、記事を読む人のことを考えてのことでしょうか。(くどいタイトルにしたくない?

その通りでくどいタイトルにしたくないんですよね。簡潔でシンプルなタイトルがいいな、と。

しかし、訪問者の方はそこまで気にしていないと言われ、確かにと納得してしまいました。そこらへんは自己満足ですね...

 

投稿者:: @haruinoue

インデックスリストに表示されるタイトルもh1の方のタイトルになるので、元からいる読者と検索から辿り着く読者で出し分けたいという意図かなと解釈しました。

いえ、インデックスリスト(というのはトップページの記事一覧などのことですよね?)と記事のタイトル(h1)は同じでも大丈夫です。分かりにくくてすみません

投稿者:: @haruinoue

元からいる読者と検索から辿り着く読者で出し分けたい

例えば、

【cocoon】目次のカスタマイズ方法」という検索結果に表示されたSEOタイトルから訪問した方がいて、その方が記事内の案内により関連記事「【cocoon】サイドバーのカスタマイズ方法(SEOタイトル)」を回遊してくれるとします。

その場合、

「サイドバーのカスタマイズ方法」の記事のタイトル先頭に【cocoon】とついていたら鬱陶しそうだな、と思うのでh1には【cocoon】をつけたくないのです。(訪問者は前の記事から回遊で見てるので、【cocoon】のカスタマイズだと分かっているから)

対して、検索結果に表示されるSEOタイトルには【cocoon】と先導に表示されてないと、どのテーマの目次やサイドバーのカスタマイズかが分からないのでそもそも検索結果からアクセス自体されにくいと思います。

なので、SEOタイトルとh1タイトルを別々にした方がよいと考えました。

上記例でいうと、

  • SEOタイトル(検索結果に表示されるタイトル)は「【cocoon】目次のカスタマイズ方法」「【cocoon】サイドバーのカスタマイズ方法」
  • h1タイトル(記事に表示されるタイトル)は「目次のカスタマイズ方法」「サイドバーのカスタマイズ方法」

とそれぞれ別々にしたいな、ということでした。

投稿者:: @haruinoue

枕詞で多少装飾するぐらいであれば問題ないと思います。

ありがとうございます。

他のサイトもいろいろ見ながら試行錯誤してみようと思います。


ヒロアキ 件のいいね!
返信引用
わいひら
(@yhira)
メンバーサイト Admin
結合: 3年前
投稿: 11461
わいひら - Facebookわいひら - Twitter
 
投稿者:: @ぎず
  • SEOタイトル(検索結果に表示されるタイトル)は「【cocoon】目次のカスタマイズ方法」「【cocoon】サイドバーのカスタマイズ方法」
  • h1タイトル(記事に表示されるタイトル)は「目次のカスタマイズ方法」「サイドバーのカスタマイズ方法」

とそれぞれ別々にしたいな、ということでした。

SEOというのは、検索エンジン最適化のことだと思うので、検索エンジンの評価ということですよね。
上記のようにしても、問題ないとは思います。
ただ、検索エンジンの評価は、いずれにしても変わらないと思います。
今や、AIなどが文章の内容などをある程度把握して評価していると思うので、もはや、小手先のこういったテクニックで検索エンジンに評価される時代は終わったと考えています。
5年ほど前なら、そういったタグなどの、小手先のテクニックで変化することもあったと思いますが、技術の発展はすさまじく、今は「検索需要に見合ったコンテンツを書く」以上のSEO施策はないと思っています。

仮にテクニックに頼って成果が出る施策があったとしても、Google Updateでひっくり返されることも多く、後から記事を全部修正する必要があるなんてこともあったりするので。


ヒロアキ 件のいいね!
返信引用

返信する

投稿者名

投稿者メールアドレス

タイトル *

許可された最大ファイルサイズ 5MB

 
プレビュー 0リビジョン 保存しました
共有:
スポンサーリンク
わいひらをフォローする
おすすめサーバー(コスパ・バックアップ重視型)

性能も兼ね備えながら安くブログ運営を開始できる点においてのNo.1。
それでいてブログ成長後は、十分すぎるほどのスペックアップ余力も担保されている。

◎安く始められる
◎LiteSpeedを用いた高速サーバー(完全SSD)
◎http/3(高速化プロトコル)に対応
◎東京・大阪でリージョン選択が可能
◎プランのアップ・ダウングレードが自由自在
◎同サービス内でドメイン管理が可能
◎ディスク容量が多い
◎転送量が多い
◎毎日無料バックアップ(14日分)
◎DBは14日以内なら無料自動復旧可能
◎ファイルも14日以内なら無料自動復旧可能
◎アダルト・出会い系サイト可
◎ドメインとサーバー代のチャージ払いが可能
○サーバ引っ越し依頼が可能(有料)

サービス運営期間:2年6ヶ月

1年以上の契約をする場合は、クーポンコード入力でさらに10%割引(※2021/6/30まで)。

クーポンコード:PK4JK4RJ

クーポンの使用方法はこちら

とにかく速い。サイトに表示スピードを求めるならココ。
管理画面がシンプルで使いやすい。

◎nginxを用いた高速サーバー(完全SSD)
◎プランのアップ・ダウングレードが自由自在
◎同サービス内でドメイン管理が可能
◎ディスク容量が多い
◎転送量が多い
○http/2(高速化プロトコル)に対応
◎毎日無料バックアップ(14日分)
◎DBは14日以内なら無料自動復旧可能
◎ファイルも14日以内なら無料自動復旧可能
◎サーバ引っ越しツールあり(無料)
○サーバ引っ越し依頼が可能(有料)
◎ドメインとサーバー代のチャージ払いが可能

サービス運営期間:2年3ヶ月

安定感抜群のサーバーです。あまり急激なアクセス変動がないアフィリエイトサイトに向いています。

◎nginxを用いた高速サーバー(完全SSD)
◎老舗サーバーなので安定感抜群
◎ディスク容量が多い
◎転送量が多い
◎同サービス内でドメイン管理が可能
○http/2(高速化プロトコル)に対応
○毎日無料バックアップ(14日分)
○DBは7日以内なら無料自動復旧可能
×ファイルは有料かつ手動での復旧
×プラン変更でCPUのスペックアップができない
×プラン変更しても即時反映されない
×アダルト・出会い系サイト不可

サービス運営期間:17年

常に新しいことに挑戦しているフロンティア精神あふるるレンタルサーバーです。
LiteSpeedやHTTP/2を日本で初めて導入したサーバー。

◎LiteSpeedを用いた高速サーバー(完全SSD)
◎http/3(高速化プロトコル)に対応
◎プランのアップ・ダウングレードが自由自在
◎同サービス内でドメイン管理が可能
◎転送量が多い
◎ディスク容量が多い
◎毎日無料バックアップ(14日分)
◎DBは14日以内なら無料自動復旧可能
○ファイルは14日以内なら無料復旧可能(※手動)
◎アダルト・出会い系サイト可
◎ドメインとサーバー代のチャージ払いが可能
○サーバ引っ越し依頼が可能(有料)

サービス運営期間:4年

格安な値段で始められる高機能サーバーです。
性能も備えつつ最安ならここ。
ただし少し機能は弱い。

◎LiteSpeedを用いた高速サーバー(完全SSD)
◎激安プランが用意してある
◎値段あたりのスペックが高い(コスパ良し)
◎サーバ引っ越し依頼が可能(無料)
◎アダルト・出会い系サイト可
○http/2(高速化プロトコル)に対応
△プランのアップは可能だがダウンは不可
△毎日自動バックアップ(1日分)
△前日のバックアップからのみ復元できる(無料)

サービス運営期間:5年

Cocoon
タイトルとURLをコピーしました