grayishスキン適用中

ブロックエディター(Gutenberg)を使用しないで旧ビジュアルエディターを利用する方法

ブロックエディター
この記事は約1分で読めます。

WordPress5.0となり、ブロックエディター(Gutenberg)が標準化されました。

けれど「新しいエディターは使いづらい…。旧エディターを利用したい。」なんて方もおられると思います。

Cocoon自体もCocoon Blocksというプラグインを作成して、ブロックエディター対応は進めています。

ブロックエディター(Gutenberg)でCocoon用ブロックを利用する方法
Gutenberg対応プラグイン「Cocoon Blocks」インストールして利用する方法の紹介です。

けれど、必ずしも全機能を移植できたわけではありません。

そんなわけで、「Cocoon Blocksが主な機能に対応するまでは旧エディターを使おう」というのもありだと思います。

WordPress自体、旧エディターのサポートは2021年末までとアナウンスしているので、まだ少し猶予はあります。

\お得なキャンペーン実施中!/
エックスサーバーキャンペーン

Cocoonで旧エディターを利用する方法

WordPress5.0以上でも、投稿管理画面で旧エディターを利用するには、まずテーマ設定を開きます。

WordPress管理画面から「Cocoon設定」を選択してください。

Wordpress管理画面からCocoon設定を選択

「エディター」タブの「Gutenbergエディターを有効にする」をのチェックを外して保存します。

Gutenbergエディターを有効にする

投稿管理画面を開くと、旧エディターで編集することが可能になります。

旧エディターを利用

タイトルとURLをコピーしました