「メイド・イン・ヘブン」スキン適用中

Cocoonフォーラム

サイト内検索
書き込みの前に以下の3点をご確認ください。
  1. 1つのトピックにつき1つの質問を書き込んでください
  2. 不具合・カスタマイズ対象ページのURLを提示高速化を無効にしてください
  3. 該当部分のキャプチャ・環境情報とともに書き込んでいただけると助かります

何を書き込んだら良いか分からない場合は、以下のテンプレートをコピペしてご利用ください。

不具合・カスタマイズ対象ページのURL:

相談内容:

不具合の発生手順:

解決のために試したこと:

※文字だけでは正しく伝わらない可能性があるため、スクショ画像の添付もお願いします。
※高速化設定をしている場合は無効にしてください。
環境情報:

※↑こちらに「Cocoon設定 → テーマ情報」にある「環境情報」を貼り付けてください。

環境情報の取得方法はこちら。
https://wp-cocoon.com/theme-report/
高速化設定を無効にするにはこちら。
https://wp-cocoon.com/theme-trouble/

フォーラム利用ガイドリンク

  1. フォーラムガイドライン
  2. よくある質問と答え(FAQ)
  3. サポート対象外のケース
  4. 原因不明の不具合用トラブルシューティング
  5. トピックにHTMLを貼り付ける方法(推奨ツール:notepad.pw
  6. 真っ白画面でのエラーメッセージの確認方法
  7. ブラウザ環境チェックツール
  8. Cocoonカスタマイズ依頼

フォーラム質問後、問題等が解決した場合は結果を書き込んでいただけると幸いです。同様の問題で調べている方には、結果が一番気になる部分となります。

A/Bテスト機能の実装について
 
共有:
通知
すべてクリア

A/Bテスト機能の実装について

4 投稿
3 ユーザー
1 Likes
1,748 表示
(@前川)
Trusted Member
結合: 6年前
投稿: 59
Topic starter  

わいひらさんいつもお世話になっています。

今回はパーツのA/Bテスト機能を実装いただきたく、トピックを作成させていただきました。

実装いただきたい機能は下記の通りです。

  • パーツの自動表示切り替え(50 : 50 %)
  • クリック数計測(パーツ内のリンククリックなど複数)
  • PV数計測
  • ショートコード化(ウィジェットで動作するように)

ページごとではなく、パーツごとに比較を行いたいです。

実例としては、ページにショートコードを挿入すれば自動でA・Bが切り替わり、CTAなどのクリック率割合の比較を行えれば理想的です。

また、A/Bの2パターンだけでなく、複数パターンの自動切り替え(A/B/C/D/Eなど)が行えれば最高です。

HTMLを入力し、それをショートコード化し、結果を比較できるような機能を実装いただけないでしょうか?

 

パーツ内のリンククリックは複数計測は難しいと思いますが計測数を3つまでなど限定するイメージです。

現在、テンプレート機能とアフィリエイトタグ機能が同一機能となっているのですがアフィリエイトタグ機能をABテストタグ機能にしたら面白いと思います。


   
引用
わいひら
(@yhira)
Illustrious Member Admin
結合: 6年前
投稿: 16440
 

申し訳ないですが、今のところすぐには機能追加は考えていません。
理由としてはこちら。

  • 結構開発コストが高い
  • 開発コストの割には、利用する人がそこまで多くない

手軽に作れるものであれば、需要がそこまで多くなくても実装するというのはありかもしれません。けれど、コストのわりには、需要がそこまでというのはあるかもしれません。
ABテストプラグインとかでは代替できないでしょうか。

現在実装を予定している機能追加が全て終わったら、検討はできると思いますが、いますぐに実装ということはないと思います。


   
返信引用
(@前川)
Trusted Member
結合: 6年前
投稿: 59
Topic starter  

回答ありがとうございます。

プラグイン利用もそれなりの数試してみたのですが、どれも記事単位のものであったりキチンと動作しなかったりで、パーツ別に応用できるものはありませんでした。

開発コストが高く難しいとのこと、畏まりました。

何かいい解決策がないか模索してみます。


   
返信引用
ろこ
(@lococo)
Prominent Member Registered
結合: 6年前
投稿: 830
 

プラグイン利用もそれなりの数試してみたのですが、どれも記事単位のものであったりキチンと動作しなかったりで、パーツ別に応用できるものはありませんでした。

Googleアナリティクスを導入していれば、A/Bテストできると思います。

テーマで実装するにしても、なるべく正確な値を出そうとするとJSで計測する形になると思うので、結局Googleアナリティクスのような既存の解析ツールを使った方が見やすいですし、確実かと。


   
わいひら reacted
返信引用
共有:

問題の解決に至った場合には、トピック冒頭の「解決済み」をクリックしていただけますと幸いです。

また、有用な回答があった場合は返信右下にある「いいね!」もご活用ください。回答者の励みになります。

「いいね!」機能はフォーラム登録者のみが利用できる機能です。

CC BY-ND 2.1)準じていれば(リンクを貼っていただければ)転載も自由です。カスタマイズ記事を書く際にコード等をコピペ利用していただいて構いません。

フォーラムの使い方がよくわからない場合は、テストトピックで自由にテストしていただいて構いません。

最近の書き込みはこちら。

詳細なカスタマイズ依頼をするならこちら。

タイトルとURLをコピーしました