現在デフォルトスキンとして「Bizarre-food(ブルーカレー) 」適用中。近日同梱予定。

ブログカードがURL表示のみ | Cocoonテーマに関する質問 | Cocoon フォーラム

書き込みの前に以下の3点をご確認ください。

  1. 1つのトピックにつき1つの質問を書き込んでください
  2. 不具合・カスタマイズ対象ページのURLを提示してください
  3. 該当部分のキャプチャ環境情報とともに書き込んでいただけると助かります

フォーラム利用ガイドリンク

  1. フォーラムガイドライン
  2. よくある質問と答え(FAQ)
  3. サポート対象外のケース
  4. 原因不明の不具合用トラブルシューティング
  5. トピックにHTMLを貼り付ける方法(推奨ツール:notepad.pw
  6. 真っ白画面でのエラーメッセージの確認方法 
  7. ブラウザ環境チェックツール

フォーラムの内容は、CCライセンス(CC BY-ND 2.1)準じていれば(リンクを貼っていただければ)転載も自由です。カスタマイズ記事を書く際にコード等をコピペ利用していただいて構いません。

フォーラムの使い方がよくわからない場合は、テストトピックで自由にテストしていただいて構いません。

フォーラムのTwitterアカウント(@CocoonForum)はこちら

スポンサーリンク
Share:

[解決済] ブログカードがURL表示のみ  

ページ 1 / 2
  RSS

ハリー
 ハリー
(@ハリー)
ゲスト
参加: 3か月 前
投稿: 14
2019年3月19日 17:16  

超初心者で恐縮なのですが、質問させてください。

外部ブログカードを表示させようと、cocoonサイトを参考にしながら、ビジュアルエディターにURLを1行で記載しました。
するとブログカード上に、自動で日本語でサイト情報が記載されると思うのですが、
添付画像のように、URLが表示されるだけで、日本語でサイト情報が表示されません。

http://11182.work/20190209-sidejob/
(まだ初期段階のWebで、張り付けること自体が恥ずかしい限りですが・・・。)

プラグインを全て切ったり、リロードしましたけど、引き続き発生しています。
またフォーラムやWebで調べても同様の症状が見当たらず、質問させて頂きました。
とは言え、超初心者が陥っている問題なので、恐らくは既出の問題なのだろうとは思っており恐縮では御座いますが、解決方法をご指南頂けますと、大変助かります。

宜しくお願い致します。


未解決
わいひら
(@yhira)
メンバーサイト Admin
参加: 1年 前
投稿: 5424
2019年3月19日 19:14  

タイトル部分がURLになるのは、OGP情報が取得できないときに表示されます。
全ての外部リンクカードでOGP情報を取得できていないので、サーバーが対応していないとか、何かしら制限があるとかの原因が考えられます。
サーバーを調べてみたところ、バリューサーバーのようです。
https://www.value-server.com/
このサーバーが、外部サイトからの情報取得(WordPress関数で言えばwp_remote_get関数利用)が許されているか確認する必要があるかもしれません。

もちろん、他に原因も考えられます。
なので、まずは環境情報をいただけたらと思います。
https://wp-cocoon.com/theme-report/


ハリー
 ハリー
(@ハリー)
ゲスト
参加: 3か月 前
投稿: 14
2019年3月20日 11:50  

わいひら様

お忙しい中、早速のご回答ありがとうございます。
また報告方法も手落ちで、大変失礼を致しました。

以下に環境情報を張り付けさせて頂きますので、お手数ですがご検討を頂けると助かります。

----------------------------------------------
サイト名:復活家
サイトURL: https://11182.work
ホームURL: http://11182.work
コンテンツURL: https://11182.work/wp-content
インクルードURL: https://11182.work/wp-includes/
テンプレートURL: https://11182.work/wp-content/themes/cocoon-master
スタイルシートURL: https://11182.work/wp-content/themes/cocoon-child-master
子テーマスタイル: https://11182.work/wp-content/themes/cocoon-child-master/style.css
スキン:/wp-content/themes/cocoon-master/skins/skin-simplicity/style.css
Wordpressバージョン:5.0.4
PHPバージョン:5.6.40
ブラウザ:Mozilla/5.0 (Windows NT 10.0; Win64; x64) AppleWebKit/537.36 (KHTML, like Gecko) Chrome/72.0.3626.121 Safari/537.36
サーバーソフト:Apache
サーバープロトコル:HTTP/1.1
エンコーディング:gzip, deflate, br
言語:ja,en-US;q=0.9,en;q=0.8
----------------------------------------------
テーマ名:Cocoon
バージョン:1.6.3.1
カテゴリ数:5
タグ数:7
ユーザー数:1
----------------------------------------------
子テーマ名:Cocoon Child
バージョン:1.0.6
----------------------------------------------
Gutenberg:1
AMP:1
PWA:0
ホームイメージ:/wp-content/uploads/2019/02/fky-illust.png
----------------------------------------------
ブラウザキャッシュ有効化:0
HTML縮小化:0
CSS縮小化:0
JavaScript縮小化:0
Lazy Load:0
WEBフォントLazy Load:0
----------------------------------------------
利用中のプラグイン:
Akismet Anti-Spam 4.1.1
Category Order and Taxonomy Terms Order 1.5.5
Cocoon Blocks 0.1.2
Contact Form 7 5.1.1
Duplicate Post 3.2.2
EWWW Image Optimizer 4.6.3
WP Multibyte Patch 2.8.2
----------------------------------------------

宜しくお願い致します。


わいひら
(@yhira)
メンバーサイト Admin
参加: 1年 前
投稿: 5424
2019年3月20日 19:21  

PHPのバージョンを7.2にしてみていただけますか。

また、以下のURLスキームが違います。

サイトURL:  https://11182.work 
ホームURL: http://11182.work

WordPress設定の「Wordpressアドレス」と「サイトアドレス」のURLをhttpsで統一してみてください。

ただ、上記の事が今回の不具合の原因となっているかわかりません。
改善されない場合は、サーバーにwp_remote_get関数が使えるか等を確認してみてください。
対応してくれるサーバーなのかどうかわからないんですけど。


ハリー
 ハリー
(@ハリー)
ゲスト
参加: 3か月 前
投稿: 1
2019年3月22日 11:38  

お忙しいなかご連絡を頂きまして、ありがとう御座います。

仰って頂いたポイントを修正し、キャッシュクリアして確認したのですが、残念ながら繁栄されていませんでした。

サーバサイド課題だと思われますので、サポート問い合わせをさせて頂きます。
またサポートの回答次第、状況報告させて頂きます。

ご対応頂き、誠にありがとう御座います。

Wordpressバージョン:5.0.4
PHPバージョン:7.2.15
ブラウザ:Mozilla/5.0 (Linux; Android 5.0.2; SOT31) AppleWebKit/537.36 (KHTML, like Gecko) Chrome/73.0.3683.75 Safari/537.36
サーバーソフト:Apache

わいひら 件のいいね!
わいひら
(@yhira)
メンバーサイト Admin
参加: 1年 前
投稿: 5424
2019年3月22日 20:48  

答えていただけるかどうかわからないんですが、「外部サーバーのサイトから、PHPでfile_get_contents等を使って、HTMLを取得できますか?」みたいなことを聞くと良いかもしれません。


ハリー
 ハリー
(@ハリー)
ゲスト
参加: 3か月 前
投稿: 14
2019年3月27日 10:40  

お返事が遅れてしまい、失礼しました。
サポートに数回確認した際の返答を簡単に書かせて頂きますと、

  • 「wp_remote_get」はWP関数なので回答できない。自分で調べて欲しい
  • バリューサーバで「file_get_contents」の使用は可能。ただし使い方は自分で調べて欲しい

という回答でした。

回答を待っている間に、サイトのSSL化などの手入れは行ったのですが、
ブログカードの挙動は変化しておりません。

もし宜しければ、解決方法など思い付かれる点があれば、教えて頂けませんでしょうか?

宜しくお願い致します。

 


わいひら 件のいいね!
tessoh
(@tessoh)
Eminent Memberサイト
参加: 4か月 前
投稿: 38
2019年3月27日 15:30  

同じくvalue-serverを使用していますので、下記ページにCocoon様へのブログカードを張って確認してみましたが、同様にurl表示のみとなりました。

http://leather.tessoh.com/blog/web/post-5128

解決方法等、さっぱりわからなく助けにもなれませんが、サーバーによる可能性大というご報告です。

なお、SSL化は行っておりません。

もしも今後このフォーラム外などで解決方法が解ったら、記載いただける有り難いです。


わいひら 件のいいね!
わいひら
(@yhira)
メンバーサイト Admin
参加: 1年 前
投稿: 5424
2019年3月27日 20:47  

解決方法等、さっぱりわからなく助けにもなれませんが、サーバーによる可能性大というご報告です。

サーバーが原因ということがわかっただけでも、かなり原因は絞られます(使っていないサーバーなんで原因究明できるかはわかりませんが)。

バリューサーバーでは、php.iniを調べられますか?
allow_url_fopenは1 or ON(有効)になっていますか?
https://www.php.net/manual/ja/filesystem.configuration.php
allow_url_fopenが無効になっているというのが原因の可能性もあるかもしれません。

変更するのであれば、以下の方法でできるみたいです。
http://www.quicca.com/support/faq/320


tessoh
(@tessoh)
Eminent Memberサイト
参加: 4か月 前
投稿: 38
2019年3月27日 21:16  

ご返信ありがとうございます。

phpとか、まったくド素人でして解っていないのですが、ネットでphp.iniを調べる方法をぐぐってなんとか出力できるようにしてみました。

↓これで見られるでしょうか?

http://leather.tessoh.com/info.php

このページによると、allow_url_fopenはONになっていました。

 


わいひら 件のいいね!
ハリー
 ハリー
(@ハリー)
ゲスト
参加: 3か月 前
投稿: 14
2019年3月28日 10:55  

>わいひら様

私も同様に試しましたが、やはり同様にONとなっております。
ちなみにPHP versionは7.2.15になります。

>tessoh様

フォロー頂き、ありがとう御座います。
私も情報提供を引き続き行わせて頂きます。


わいひら 件のいいね!
わいひら
(@yhira)
メンバーサイト Admin
参加: 1年 前
投稿: 5424
2019年3月28日 20:45  

うーん、だとしたら何だろう…。
ただ以前、Simplicityの時にallow_url_fopenがOffのとき向けに、wp_remote_get()にしたっぽいのは、検索したら出てきました。完全に忘れてましたけど。
https://wp-simplicity.com/suport/topic/%E5%89%8D%E3%81%AB%E3%81%A8%E3%81%82%E3%82%8B%E3%83%88%E3%83%94%E3%83%83%E3%82%AF%E3%81%A7%E8%A9%B1%E3%81%97%E3%81%A6%E3%81%84%E3%81%9Fwp_remote_get%E3%81%AB%E3%81%A4%E3%81%84%E3%81%A6%E5%AE%9F/
なので、たとえOffだったとしても問題ないっぽいです。

例えば、以下の方法でエラーメッセージを出力させたら、何かしらエラーか警告は出ていないでしょうか?
https://nelog.jp/edump-wordpress-error-check


tessoh
(@tessoh)
Eminent Memberサイト
参加: 4か月 前
投稿: 38
2019年3月28日 21:25  

edumpを入れてみました。

正直、どういう操作をすればいいのか理解できていないのですが、

amazon.jsが引っかかっているようですが、エラーという程のものでは無さそうな感じです。

上記に示した、URL表示のみのブログページを表示した上で、スクロールして下の方まで見てみましたが、ご提示いただいたエラーメッセージというようなものは表示されませんでした。

スクリーンショットを添付しておりますが、他に何か確認のためにご提示すべきものがあればご指示下さい。

お手数お掛けしますが宜しくお願いします。

 


tessoh
(@tessoh)
Eminent Memberサイト
参加: 4か月 前
投稿: 38
2019年3月28日 21:41  

ちなみに、フォーラム内にfbページのブログカードについて、bitlyの短縮urlだと正しく表示されるという報告している方が居ましたので、同様にcocoon様のurlをbitlyにて短縮したものを、上記、こちらのblogに張ってみました。

http://leather.tessoh.com/blog/web/post-5128

上段が、通常のurlで、下段がbitly経由のものになりますが、どちらもurl表示という結論でした。


わいひら
(@yhira)
メンバーサイト Admin
参加: 1年 前
投稿: 5424
2019年3月29日 21:50  

edumpの出力は、プラグインのものなので今回の事は関係なさそうです。
出力自体もエラーではなく警告なので、動作にはほぼ問題ないと思います。

そういえば、外部リンクカードを出力できるプラグインがあるのですが、これを利用するとどうなりますか?
https://ja.wordpress.org/plugins/pz-linkcard/


tessoh
(@tessoh)
Eminent Memberサイト
参加: 4か月 前
投稿: 38
2019年4月1日 09:11  

わいひら様にご提示いただいたpz-linkcardを設定してみましたが、どうやらcocoonとの相性が悪いようで、いくら設定を見直してみても、カード形式で表示されませんでした。

http://leather.tessoh.com/blog/web/post-5128

目的としては、pz-linkcardでサイト名などの情報が日本語で取得できるか?という確認かと思いますので、後ほどcocoonを適用しないwpを一つ立ち上げてみて検証してみます。

途中経過報告ですみません。


ハリー
 ハリー
(@ハリー)
ゲスト
参加: 3か月 前
投稿: 14
2019年4月1日 14:20  

わいひら様、tessoh様

こちらもpz-linkcardをCocoon上で展開してみましたが、仰る通り上手く表示できませんでした。

ご報告までに。


わいひら
(@yhira)
メンバーサイト Admin
参加: 1年 前
投稿: 5424
2019年4月1日 18:59  

どのような表示になっていますか?
以下のページを見てみたのですが、それらしきものはなさそうだったので。
http://leather.tessoh.com/blog/web/post-5128

ただ、プラグインでも表示されなかったのであれば、PHPの取得方法の問題ではないのかもしれません。


tessoh
(@tessoh)
Eminent Memberサイト
参加: 4か月 前
投稿: 38
2019年4月1日 22:29  

新規にwordpressを立ち上げてみて、pz-linkcardを試してみました。
結果、以下ページのようにちゃんと表示されました。

http://www.tessoh.com/wptest/2019/04/01/pz-linkcard/

このプラグインとcocoonとでは取得方法が違うという事になるのでしょうか?

 

ちなみに、下記ページの2段目のカード形式表示がpz-linkcardで作成したものです。

leather.tessoh.com/blog/web/post-5128

なぜこのような表示になったか不明ですが、このプラグインを使う予定はないので、解決不要です。

 

 


tessoh
(@tessoh)
Eminent Memberサイト
参加: 4か月 前
投稿: 38
2019年4月2日 01:22  

テーマをtwenty nineteenとし、pz-linkcardを使ってカード形式で表示したスクリーンショットの画像を添付します。


tessoh
(@tessoh)
Eminent Memberサイト
参加: 4か月 前
投稿: 38
2019年4月2日 01:29  

同、テストサイトにて、テーマをcocoonとし、ブログカードを表示してみた例のスクリーンショットです。

http://www.tessoh.com/wptest/2019/04/02/cocoon用テスト/

(※上記ページのテーマをcocoonにしたのは一時で、現在はtwenty nineteenとしております。)

cocoonへのリンクのブログカードは、今まで同様にurl表示のみとなっております。

ただし、同ドメイン内の自分のサブドメインのサイトは、きちんと表示されております。

やはり、外部サイトのデータ取得の問題であろうことは想像できますが、、、

 


わいひら
(@yhira)
メンバーサイト Admin
参加: 1年 前
投稿: 5424
2019年4月2日 19:50  

なぜこのような表示になったか不明ですが、このプラグインを使う予定はないので、解決不要です。

それがプラグインの標準表示です。

このプラグインとcocoonとでは取得方法が違うという事になるのでしょうか?

これは、今後ソースコードを調べてみないことには分からないかもしれません。

ただ、どういう理由でバリューサーバーのみで動作しないのかがハッキリとしていないので、修正できるかどうかは現状わからないです。


tessoh
(@tessoh)
Eminent Memberサイト
参加: 4か月 前
投稿: 38
2019年4月3日 11:07  

わいひら様

情報提供しかできなく心苦しいのですが、もう一点わかった事があります。

http://www.tessoh.com/wptest/2019/04/02/cocoon用テスト/

外部サイトへのブログカード表示ですが、SSL非対応のサイトさんでは、きちんと日本語で表示されました。

 


わいひら 件のいいね!
わいひら
(@yhira)
メンバーサイト Admin
参加: 1年 前
投稿: 5424
2019年4月3日 19:09  

外部サイトへのブログカード表示ですが、SSL非対応のサイトさんでは、きちんと日本語で表示されました。

この件について、一つ思い当たることがあるので、該当部分を修正してみました。
以下のファイルでアップデートするとどうなりますでしょうか?
------------------------------------------------
https://github.com/yhira/cocoon
最新ファイルをダウンロードする場合は、上記ページのダウンロードボタンからzipファイルをダウンロードしてください。

FTPでのアップデート方法はこちら。
https://wp-cocoon.com/ftp-update/
------------------------------------------------


tessoh 件のいいね!
tessoh
(@tessoh)
Eminent Memberサイト
参加: 4か月 前
投稿: 38
2019年4月3日 20:10  

わいひら様

アップデートありがとうございます。

ただ残念ながら、下記での表示に変わりはありませんでした。

http://www.tessoh.com/wptest/2019/04/02/cocoon用テスト/

キャッシュ削除や、cocoonテーマを一度変更してからの再度の適用、chromeのスーパーリロード等思いつくものは試してみましたが。。。

FTPにてUPした上で、cocoonバージョンが1.7.4.4となっている事も確認しております。


わいひら
(@yhira)
メンバーサイト Admin
参加: 1年 前
投稿: 5424
2019年4月3日 23:30  

これまでの書き込みを踏まえて、それっぽい原因を探ってみたら、原因らしきものがありました。
https://teratail.com/questions/59383

先日、提示していただいた正常動作しないバリューサーバーのphpinfoのopensslのバージョンは、「OpenSSL 1.0.1e-fips 11 Feb 2013」になっています。

これに対して、正常動作する僕のローカル環境のphpinfoのopensslのバージョンは、「OpenSSL 1.1.0f 25 May 2017」です。

なので、今回の原因としては、OpenSSLライブラリのバージョンが古すぎるということではないでしょうか。
正直、OpenSSLが古いままというのは、セキュリティー的にもどうかと思うので、このことについて具体的にサーバーに言えば、改善してくれるのではないかと思います。

対応してくれないのであれば、サーバーのセキュリティ管理体制を疑います。僕だったらサーバーを変更すると思います。本来なら既に適用されているべきものだと思うので。

ちなみに、OpenSSLが古いと、以下のような脆弱性があります。

JPCERT/CCによると、古いOpenSSLには複数の脆弱性があり、遠隔の第三者に悪用されると、サービス運用妨害(DoS)攻撃を受けるおそれがあるという。

https://news.mynavi.jp/article/20180328-607811/

実際、OpenSSL 1.0.1系には、以下の脆弱性があると書かれています。

この脆弱性によって、対象サーバのメモリから、ウェブサーバの秘密鍵やセッション鍵、ウェブサイト利用者のパスワードや利用者名などの個人情報を含んだ重要な情報が流出する恐れがあります。

https://knowledge.digicert.com/ja/jp/alerts/ALERT838.html

また、OpenSSL 公式ページでもバージョン1.0.1については、既にサポートが終了しています。

  • The next version of OpenSSL will be 3.0.0.
  • Version 1.1.1 will be supported until 2023-09-11 (LTS).
  • Version 1.1.0 will be supported until 2019-09-11.
  • Version 1.0.2 will be supported until 2019-12-31 (LTS).
  • Version 1.0.1 is no longer supported.
  • Version 1.0.0 is no longer supported.
  • Version 0.9.8 is no longer supported.

https://www.openssl.org/policies/releasestrat.html

こういったことを踏まえた上で、サーバーにお願いすれば、改善してくれるのではないでしょうか。

This post was modified 3か月 前 3 times by わいひら

tessoh 件のいいね!
ハリー
 ハリー
(@ハリー)
ゲスト
参加: 3か月 前
投稿: 14
2019年4月4日 12:44  

わいひら様、 tessoh様、

ご回答とご対応、誠にありがとう御座います。
こちら手が回っておらず、申し訳御座いません。

わいひら様ご指摘の内容で問い合わせてみました。

反応があり次第、結果をご報告させて頂きます。


わいひらtessoh 件のいいね!
tessoh
(@tessoh)
Eminent Memberサイト
参加: 4か月 前
投稿: 38
2019年4月4日 15:51  

わいひら様、ハリー様ありがとうございます。

ぜひ、Valueserverには対応願いたい所ですね・・・

ハリー様からのご報告をお待ちしています。


わいひら
(@yhira)
メンバーサイト Admin
参加: 1年 前
投稿: 5424
2019年4月5日 17:37  

結果待機 🙂 ☕ 


ハリー
 ハリー
(@ハリー)
ゲスト
参加: 3か月 前
投稿: 14
2019年4月5日 23:52  

連絡遅く済みません。

サポートに対して、1.0.1はセキュリティ懸念があるのでアップデート希望、と伝えたところ、以下の回答でした。

「現在のバージョン「openssl-1.0.1e-57.el6.x86_64」は、
セキュリティパッチが付与された最新バージョンとなりますので、
ご安心いただければと存じます。」

と言うことで、今度は単純に1.1.0対応要望を述べてみております。

もしリクエスト出し方や、ご懸念あれば、ツッコミお待ちしております。


ハリー
 ハリー
(@ハリー)
ゲスト
参加: 3か月 前
投稿: 14
2019年4月6日 07:51  

また追加ですが、以下も言っておりました。

「お問い合わせにつきまして、バリューサーバーの OpenSSLにつきましては、
openssl.org で公開されているものはなく、OS提供のOpenSSLを利用しており、
セキュリティメンテンナスまたは緊急度に応じて、最新版にする運用としております。」


わいひら
(@yhira)
メンバーサイト Admin
参加: 1年 前
投稿: 5424
2019年4月6日 19:10  

「お問い合わせにつきまして、バリューサーバーの OpenSSLにつきましては、
openssl.org で公開されているものはなく、OS提供のOpenSSLを利用しており、
セキュリティメンテンナスまたは緊急度に応じて、最新版にする運用としております。」

僕も、元々OpenSSLに詳しわけではないですし、OS提供のものまでどうなっているかは、分からないのでそこは、サーバーの方が言っていることが正しいのだと思います。

「OpenSSL 1.0.1e」で検索すると以下のような脆弱性は出てきます。

http://jvn.jp/vu/JVNVU94401838/
https://d.nekoruri.jp/entry/20140408/heartbleed
http://gigazine.net/news/20140408-heartbleed-bug/
https://jp.techcrunch.com/2014/04/08/20140407massive-security-bug-in-openssl-could-effect-a-huge-chunk-of-the-internet/

ただ、OS提供の対応版というのが「OpenSSL 1.0.1e-fips」なのかもしれませんね。
バージョン情報で検索してみると、以下で確かに対応版のようです。
https://qiita.com/kiiro/items/8b502b9c8d63ff0b5cc6
ここら辺は、セキュリティー性で攻めても難しいのかもしれませんね。

機能面にしても、僕も単に以下の書き込みを参考にしているだけなので、アップデートしたからといって必ず動作するかわからないので、お願いするにしても難しいのかも。
https://teratail.com/questions/59383


ハリー
 ハリー
(@ハリー)
ゲスト
参加: 3か月 前
投稿: 14
2019年4月7日 00:22  

お忙しいなか、ご回答ありがとう御座います。

仰る通り、聞き方も難しく、サポートにも応えてもらいにくいとは思うものの、

  • 純粋にブログカード対応したく、可能ならアップデートしてほしい
  • OSとして以上に、公式がサポートしないバージョンは問題にはならないのか?

と言う形で再度突っ込んでいます。

正直、うまい聞き方をできておらず申し訳ないのですが、引き続き粘って聞いてみます。

 


わいひら 件のいいね!
わいひら
(@yhira)
メンバーサイト Admin
参加: 1年 前
投稿: 5424
2019年4月8日 19:06  

OpenSSLをアップデートしたからといって、必ずしもうまくいくか保証がないのが頼みにくいところですね…。


ハリー
 ハリー
(@ハリー)
ゲスト
参加: 3か月 前
投稿: 14
2019年4月15日 18:07  

わいひら様、tessoh様

時間が掛かってしまい、申し訳御座いません。
サポートから返答が返って参りました。

まずOpen SSLサポート対象外のバージョンを使っている点に関しては、
「distributionからサポートを受けているバージョンであり、動作検証されたパッチも当たっており、そちらを使う方針なので、変えられない」という状況でした(ありがちかと)

また、ブログカードが動作しない点に付いて、Open SSLバージョンが低い事に起因する可能性がある、と言う指摘に関しては、以下の返答でした。

「『wp_remote_get関数』の使い方につきましては分かりかねますが、
例えば『wget』で取得する場合は「--no-check-certificate」を オプションに追加したり、または、「 http://curl.haxx.se/ca/cacert.pem 」(添付)をダウンロードして、これを任意のディレクトリに保存し、「--ca-certificate={the_cert_file_path} 」を追加しますと、取得が可能となります。
同じようなオプションを指定する方法があるかどうか、ご確認いただけましたら、幸いに存じます。」

私は素人なので分かりませんが、これはOpen SSLが通信で勝手にやる事であって、WordPress関数(PHP)としてここまで処理しないのでは?
と考えたりしますが…、わかっておらず済みません。

とりあえず上記の回答を頂いたのですが、わいひら様視点としていかがでしょうか?

お手数をお掛けして恐縮ですが、
これ以上の突っ込みが可能なら行いますが、もし難しそうであればサポートに対して案件Closeとしておきます。

宜しくお願いします。


わいひら 件のいいね!
わいひら
(@yhira)
メンバーサイト Admin
参加: 1年 前
投稿: 5424
2019年4月15日 19:18  

wp_remote_getとwget自体違うものだと思うので、同じ方法は使えないです。
ただ以下のように、sslverifyを行わないセキュリティーを下げたもので試しても、ダメだったので、僕もちょっと対応方法がわからないです(不具合環境がないので)。
http://club.jidaikobo.com/knowledge/102.html

distributionからサポートを受けているバージョンであり、動作検証されたパッチも当たっており、そちらを使う方針なので、変えられない

とのことなので、サーバーの仕様ということになるかと思います。
サーバー管理者の方がそのように言っておられるのであれば、それ以上の突っ込みもないです。

とりあえずは、バリューサーバーはCocoonの非推奨サーバーに注意点を書いておこうと思います。


ハリー
 ハリー
(@ハリー)
ゲスト
参加: 3か月 前
投稿: 14
2019年4月16日 11:46  

わいひら様、tessoh様

ご確認、ありがとう御座います。
現状は施し様が無いという形で、了解しました。

バリューサーバは駆け出しにとっては安価で助かるので、
とりあえず現状はそのまま使ってみようと思います。

また何か御座いましたら、宜しくお願いします。


ハリー
 ハリー
(@ハリー)
ゲスト
参加: 3か月 前
投稿: 14
2019年4月16日 16:51  

わいひら様

ちなみに余談で恐縮ですが、WordPress関数のエラーなど、どこかに吐き出してたりするものでしょうか?
当方のサーバを探して出てくるものであれば、その情報を提供することは可能かと思いまして。

wp_remote_getでは無いですが、file_get_contentsの場合にエラー見てデバッグ、的な事が書いてありましたので、エラー集があるならご提供できるかな?と思いまして。

http://nava001.miyachan.cc/e398149.html
https://blogs.yahoo.co.jp/kafukanoochan/69569212.html

とは言え、sslverify=falseのパッチでもダメだったという事ですので、何ともやり様が無いのだろうとは思うのですが…。

PHPなど完全ズブ素人の発言で恐縮ですが、もし何かのお役に立てれば幸いです。


わいひら
(@yhira)
メンバーサイト Admin
参加: 1年 前
投稿: 5424
2019年4月16日 19:39  

wp_remote_getでできることは、sslverifyくらいかなと思うので、どうしようもないかもしれません。
file_get_contentsにすると、返り値が違いエラー情報が同梱されていなかったりするので、プログラムを書き換える必要があります。
そうすると、今度は他の環境でどうなるかもわからないので、今のところはどうしようもないかもしれません。

可能なら、バリューサーバー上で、無料のサブドメインにWordPressテスト環境を作成して、ログイン情報をメールでいただければ、環境上で動作チェックはできるかもしれません(チェック後はパスワードを変更するかサブメイン環境を消す)。
ただ上記行っても、必ずしも原因がわかる保証もできないので、骨折り損になる恐れもあるので、ご了承ください。


tessoh
(@tessoh)
Eminent Memberサイト
参加: 4か月 前
投稿: 38
2019年4月17日 09:36  

わいひら様

色々とご対応いただきありがとうございます。

バリューサーバー利用者として本当ありがたく思ってます。

ご提案のバリューサーバー上のwordpressの件ですが、もし↓このアドレスでよろしければ、管理者のログイン情報を作成いたしますが、いかがでしょうか?

http://www.tessoh.com/wptest/

プラグインのpz-linkcardの動作検証をするために立ち上げたwordpressでして、何も使っておりませんので、何をしていただいても構いません。

サブドメインでは無いのですが、もしもこのアドレスので検証いただけるのでしたら、ログイン情報を作成の上でメールさせていただきます。

宜しくお願い致します。

 


わいひら 件のいいね!
ハリー
 ハリー
(@ハリー)
ゲスト
参加: 3か月 前
投稿: 14
2019年4月17日 18:21  

わいひら様
お忙しい中、ご連絡をありがとう御座います。

仰る通り、file_get_contentsに変更するとなると余計な手間だと思いますので、ご検討が可能な範囲で、ご検討を頂ければ助かります。

 

tessoh様
テスト環境のご提供、ありがとう御座います。
私は難しかったので、本当にとても助かります。


わいひら
(@yhira)
メンバーサイト Admin
参加: 1年 前
投稿: 5424
2019年4月17日 19:34  

サブドメインでは無いのですが、もしもこのアドレスので検証いただけるのでしたら、ログイン情報を作成の上でメールさせていただきます。

よろしくお願いいたします。
サブドメインである必要はないので、大丈夫です。
外部ブログカードで、どういった返り値になっているかが確認出来れば、何かわかるかもしれません。
ただ、重ねてで恐縮ですが、必ずしも不具合の原因がわかるかは分からないので、ご了承の上でということでお願いいたします。


tessoh
(@tessoh)
Eminent Memberサイト
参加: 4か月 前
投稿: 38
2019年4月17日 21:05  

わいひら様

メール送信させていただきました。

サーバーごとの色々なケースがあって多大なご負担かと思いますが、解決いただけますと有り難いです

正直、最初は見た目だけの話だったので、url表示だけでもやむなしとは思っていたのですが、当方もamazonの例のapi規制に当てはまっていまして、「手取り早くAMAZONリンク・・・」もsslで同様にurl表示だったものですから、直ったらいいなーと期待しております。

ぜひ、ご無理無い範囲で調べていただけたらと思っています。

宜しくお願いします。


わいひら 件のいいね!
ロコ
(@lococo)
Estimable Member
参加: 1年 前
投稿: 188
2019年4月17日 22:19  

wp_remote_getの問題を検証されているとのことですが、wp_remote_getなどWP_HTTPを用いる関数では、特に古いシステムを使用しているサーバー(≒格安サーバー)で稀に情報取得ができないことがあります。
具体的な条件についてはWP_HTTPの中身を細かく調べたことがないので分からないのですが、WordPress側でセキュリティ的な問題が起こらないようにパラメータ等を設定し、制限がかかっているのかもしれません。

なので、wp_remote_getと合わせてcURLによる取得コードを2重で用意することで、とりあえずエラーを回避することがよく行われます。
(WP_HTTPはcURL・Streams・fsockopenといった複数の挙動を調べる必要があり、サーバーごとに対応するよりは手っ取り早いので...)

pz-linkcardプラグインや他テーマ(Luxeritas)のコードを読んでみましたが、どちらも上記のように複数の取得方法を用意しています。

pz-linkcardプラグインはバリューサーバーでもきちんと表示されていたんですよね?


tessohわいひら 件のいいね!
わいひら
(@yhira)
メンバーサイト Admin
参加: 1年 前
投稿: 5424
2019年4月18日 18:24  

2重に処理をするにしても、不具合環境がないと動作確認ができず、直ったか直ってないからわからないので、動作環境提供助かります。
やはり、環境があると何が問題かすぐわかるので、多分対応できたかと思います。

以下のファイルでバリューサーバでも外部ブログカードが表示できるようになったかと思います。
------------------------------------------------
https://github.com/yhira/cocoon
最新ファイルをダウンロードする場合は、上記ページのダウンロードボタンからzipファイルをダウンロードしてください。

FTPでのアップデート方法はこちら。
https://wp-cocoon.com/ftp-update/
------------------------------------------------
対策は、ロコさんの書かれた通り別の情報取得処理を書きました。
取り急ぎ、お知らせ。


tessoh 件のいいね!
わいひら
(@yhira)
メンバーサイト Admin
参加: 1年 前
投稿: 5424
2019年4月18日 18:30  

ちなみに、wp_remote_getでは、以下のエラーが原因で取得できない模様です。

http_request_failed
cURL error 59: cipher-suite not supported by NSS: rsa_rc4_40_md5

バリューサーバでは、rsa_rc4_40_md5暗号をサポートしていないのが原因のようです。

This post was modified 2か月 前 by わいひら

tessoh 件のいいね!
tessoh
(@tessoh)
Eminent Memberサイト
参加: 4か月 前
投稿: 38
2019年4月18日 19:34  

わいひら様

ご対応ありがとうございます!

自分の本サイトの方でもブログカード表示の修正確認できました。

また、ロコ様も情報提供ありがとうございます。

サーバーサイド側の問題では致し方無しと諦め半分でしたので、ご対応いただけて感謝です。

ありがとうございました。

 

 


わいひら 件のいいね!
わいひら
(@yhira)
メンバーサイト Admin
参加: 1年 前
投稿: 5424
2019年4月18日 21:01  

動作確認ありがとうございます!
一応、ハリーさんの環境でも問題ないか、トピックを開けておこうと思います。

問題ないようであれば、セキュリティのため、僕用のログイン情報を削除していただければと思います。


tessoh
(@tessoh)
Eminent Memberサイト
参加: 4か月 前
投稿: 38
2019年4月18日 21:10  

わいひら様

ログイン情報について了解いたしました。このトピックのクローズ時に削除させていただきます。

ところで、、、通常のSSLアドレスのサイトへのブログカードは問題なく表示されたのですが、

楽天、amazonについて、思った通りには表示できていないように思われます。

以下アドレスにcocoon内のページに示されたアドレスを張ってみましたが、cocoon内のサイトとは同じ表示はされておりません。

www.tessoh.com/wptest/2019/04/18/28/

ブロックエディターは使っていなくクラシックエディターで張っておりますので、貼り方等間違いがあったら申し訳ないのですが、ご確認いただけると有り難いです。

 

 


わいひら
(@yhira)
メンバーサイト Admin
参加: 1年 前
投稿: 5424
2019年4月18日 23:27  

どうやら、前回の修正では、リダイレクトに対応できていなかったようですね。
一応、修正してみました。
https://github.com/yhira/cocoon


tessoh 件のいいね!
ページ 1 / 2
Share:
スポンサーリンク
わいひらをフォローする
おすすめサーバ

プラン変更で負荷対策が行えるので、ブログ向きのレンタルサーバーです。

◎LiteSpeedを用いた高速サーバー(完全SSD)
◎http/2・QUIC(高速化プロトコル)に対応
◎プランのアップ・ダウングレードが自由自在
◎転送量が多い
◎毎日無料バックアップ(14日分)
◎復元ポイントを指定して復旧可能(無料)
◎アダルト・出会い系サイト可
○サーバ引っ越しオプションあり(有料)
○サーバー料金をチャージ払いが可能
サービス運営期間:2年10ヶ月

性能も兼ね備えながら安くブログ運営を開始したいのであればここ1択。

◎LiteSpeedを用いた高速サーバー(完全SSD)
◎http/2・QUIC(高速化プロトコル)に対応
◎東京・大阪でリージョン選択が可能
◎プランのアップ・ダウングレードが自由自在
◎同サービス内でドメイン管理が可能
◎転送量が多い
◎毎日無料バックアップ(14日分)
◎復元ポイントを指定して復旧可能(無料)
◎アダルト・出会い系サイト可
◎ドメインとサーバー代のチャージ払いが可能
○サーバ引っ越しオプションあり(有料)
△新しいサービスなので運営櫪がまだ短い
サービス運営期間:10ヶ月

安定感抜群のサーバーです。あまり急激なアクセス変動がないアフィリエイトサイトに向いています。

◎nginxを用いた高速サーバー(完全SSD)
◎老舗サーバーなので安定感抜群
◎ディスク容量が多い
◎転送量が多い
◎同サービス内でドメイン管理が可能
○http/2(高速化プロトコル)に対応
○毎日無料バックアップ(14日分)
△DBは7日分だけ無料復旧可能(ファイルは有料)
×プラン変更でCPUのスペックアップができない
×プラン変更しても即時反映されない
×アダルト・出会い系サイト不可
サービス運営期間:15年

とにかく速い。サイトに表示スピードを求めるならココ。

◎nginxを用いた高速サーバー(完全SSD)
◎プランのアップ・ダウングレードが自由自在
◎ディスク容量が多い
◎転送量が多い
○http/2(高速化プロトコル)に対応
○毎日無料バックアップ(14日分)
○DB復旧は無料(ファイルは有料)
○サーバ引っ越しツールあり
○サーバー料金をチャージ払いが可能
△新しいサービスなので運営櫪がまだ短い
サービス運営期間:8ヶ月

格安な値段で始められる高機能サーバーです。
性能も備えつつ最安ならここ。
サイトを続けるうちにアクセスが増えれば、プランのアップグレートで対応可能です。

◎LiteSpeedを用いた高速サーバー(完全SSD)
◎激安プランが用意してある
◎値段あたりのスペックが高い(コスパ良し)
◎サーバ引っ越しオプションあり(無料)
◎アダルト・出会い系サイト可
○http/2(高速化プロトコル)に対応
△プランのアップは可能だがダウンは不可
△毎日自動バックアップ(1日分)
△前日のバックアップからのみ復元できる(無料)
サービス運営期間:3年

Cocoon
  
動作中

ログイン または 登録 してください

タイトルとURLをコピーしました