新型コロナ対策のため、密閉・密集・密接空間を避けて、こまめに石鹸で手洗いをしよう!詳細はこちら。

サイト内検索結果で表示されるNOT FOUNDページのカスタマイズについて | Cocoonテーマに関する質問 | Cocoon フォーラム

サイト内検索
書き込みの前に以下の3点をご確認ください。
  1. 1つのトピックにつき1つの質問を書き込んでください
  2. 不具合・カスタマイズ対象ページのURLを提示高速化を無効にしてください
  3. 該当部分のキャプチャ・環境情報とともに書き込んでいただけると助かります

フォーラム利用ガイドリンク

  1. フォーラムガイドライン
  2. よくある質問と答え(FAQ)
  3. サポート対象外のケース
  4. 原因不明の不具合用トラブルシューティング
  5. トピックにHTMLを貼り付ける方法(推奨ツール:notepad.pw
  6. 真っ白画面でのエラーメッセージの確認方法 
  7. ブラウザ環境チェックツール

フォーラム質問後、問題等が解決した場合は結果を書き込んでいただけると幸いです。同様の問題で調べている方には、結果が一番気になる部分となります。

また、問題の解決に至った場合には、トピック冒頭の「解決済み」リンクをクリックしていただけますと幸いです。

wpForoの解決済みリンク

また、有用な返信があった場合は「いいね!」リンクもご活用ください。返信者の励みになります。

wpForoのいいねリンク

「いいね!」機能はフォーラム登録者のみが利用できる機能です。

CC BY-ND 2.1)準じていれば(リンクを貼っていただければ)転載も自由です。カスタマイズ記事を書く際にコード等をコピペ利用していただいて構いません。

フォーラムの使い方がよくわからない場合は、テストトピックで自由にテストしていただいて構いません。

最近の書き込みはこちら。

詳細なカスタマイズ依頼をするならこちら。

フォーラムのTwitterアカウント(@CocoonForum)はこちら

スポンサーリンク
サイト内検索結果で表示されるNOT F...
 
Share:
Notifications
Clear all

[解決済] サイト内検索結果で表示されるNOT FOUNDページのカスタマイズについて  


VIEW
 VIEW
(@VIEW)
ゲスト
参加: 8か月 前
投稿: 7
2019年10月8日 12:56  

 

はじめまして。Simplicityからお世話になっています。

Cocoonのサイト内検索結果でNOT FOUNDとなった際に、「投稿が見つかりませんでした。」と表示されますが、この文言を変更するにはどうしたらいいでしょうか。

ググるとSimplicityの場合は以下のページが出てきたのですが、Cocoonのやり方には当てはまらないようなので質問させていただきました。

https://nohosma.com/simplicity-not-found/

よろしくお願いします。


未解決
たなかま
(@tanakama)
Reputable Memberサイト
参加: 2年 前
投稿: 492
たなかま - Twitter
2019年10月8日 15:26  

こんにちは。

▼Cocoon設定の「404ページ」というタブから変更可能かと思います。

 


VIEW
 VIEW
(@VIEW)
ゲスト
参加: 8か月 前
投稿: 7
2019年10月8日 16:24  

たなかまさん、お返事ありがとうございます。

404ページメッセージのことですよね?

やってみたのですが、サイト内検索で出てくるものとは違うみたいです。

お手数おかけしますが、他の方法でお願いします。


たなかま
(@tanakama)
Reputable Memberサイト
参加: 2年 前
投稿: 492
たなかま - Twitter
2019年10月8日 17:16  

すみません、ちゃんと見てなかったです・・・。

サイト内検索ですね。

tmpフォルダのlist-not-found-posts.phpに該当の箇所があります。

基本的には、子テーマにコピーして改変した方が良いです。


わいひら 件のいいね!
かうたっく
(@kautakku)
メンバーサイト Moderator
参加: 2年 前
投稿: 4674
かうたっく - Facebook
2019年10月8日 18:48  

https://wp-cocoon.com/community/demands/list-php%E3%81%AB%E3%81%82%E3%82%8B%E3%83%9A%E3%83%BC%E3%82%B8%E5%86%85%E6%A4%9C%E7%B4%A2%E3%81%AE%E3%80%8E%E8%A8%98%E4%BA%8B%E3%81%8C%E8%A6%8B%E3%81%A4%E3%81%8B%E3%82%8A%E3%81%BE%E3%81%9B%E3%82%93/

懐かしい投稿!

過去投稿を掘り起こしました。他のユーザーさんにも届きますように。っと。

簡単に設置方法。

tmpフォルダを作成した中にlist-not-found-posts.phpを入れて、FTPソフトで右側にあるサーバーのCocoon Childフォルダを開いて、子テーマ内にアップロード。

wp-content/themes/cocoon-child-master/tmp/list-not-found-posts.php

管理画面:外観-テーマの編集-右サイドの『tmp』を開くとlist-not-found-posts.phpが出現して後は編集するだけです。

※エックスサーバーのファイルマネージャ(WebFTP)から編集する場合は(Shift_Jisだと文字化)文字コードをUTF-8で保存。※ローカルで編集するときはUTF-8bomなしかもです


わいひら 件のいいね!
わいひら
(@yhira)
メンバーサイト Admin
参加: 2年 前
投稿: 9585
わいひら - Facebookわいひら - Twitter
2019年10月8日 19:46  

一応文言だけを変更できるフィルターフックを追加しておきました。
まずは以下のファイルでアップデートしてください。
------------------------------------------------
https://github.com/yhira/cocoon
最新ファイルをダウンロードする場合は、上記ページのダウンロードボタンからzipファイルをダウンロードしてください。

FTPでのアップデート方法はこちら。
https://wp-cocoon.com/ftp-update/
------------------------------------------------
その後以下のコードを子テーマのfunctions.phpに追記して、文字列を変更すればメッセージを変更できるかと思います。

//検索結果の「投稿が見つかりませんでした。」の変更
add_filter('posts_not_found_message', function ($message){
  $message = '検索した結果見つかりませんでした。';
  return $message;
}); 

VIEW
 VIEW
(@VIEW)
ゲスト
参加: 8か月 前
投稿: 7
2019年10月9日 03:26  

アップデートしてfunctions.phpに上記を追記したところ、次のようなエラーが出てしまいました。どうすればよいでしょうか。

wp-content/themes/cocoon-master/lib/toc.php ファイルの333行目のエラーのため、PHP コードの変更をロールバックしました。修正し、もう一度保存してください。

Uncaught Error: Call to undefined function do_blocks() in wp-content/themes/cocoon-master/lib/toc.php:333
Stack trace:
#0 wp-content/themes/cocoon-master/lib/widgets/toc.php(35): get_toc_expanded_content()
#1 wp-includes/class-wp-widget.php(372): TOCWidgetItem->widget(Array, Array)
#2 wp-includes/widgets.php(743): WP_Widget->display_callback(Array, Array)
#3 wp-content/themes/cocoon-master/sidebar.php(31): dynamic_sidebar('sidebar-scroll')
#4 wp-includes/template.php(688): require_once('/home/users/2/m...')
#5 wp-includes/template.php(647): load_template('/home/users/2/m...', true)
#6 wp-includes/general-template.php(110): locate_template(Array, true)
#7 /home/users/2/mai

VIEW
 VIEW
(@VIEW)
ゲスト
参加: 8か月 前
投稿: 7
2019年10月9日 17:09  

自分のサイトを見てみたのですが、ブログカードやRinkerの画像が表示されなかったり、Shortcodes Ultimateでスポイラー表示していた所が最初から見えていたり、といった変化があります。

できれば元に戻したいです。

今までCocoonもWordpressも更新していなかったのが良くなかったのでしょうか。

まだWordpressは4.9.11です。更新した方がいいのでしょうか。

また、これは新しい質問として書き直した方がいいのでしょうか。

わからないことだらけですみませんが、どうかよろしくお願いします。


かうたっく
(@kautakku)
メンバーサイト Moderator
参加: 2年 前
投稿: 4674
かうたっく - Facebook
2019年10月9日 17:28  

まだWordpressは4.9.11です。更新した方がいいのでしょうか。

セキュリティ面の事を考えても更新したほうが良い気もします。更新する際は更新のとき表示されるリンクなど参考にバックアップを❦

念のためプラグインを一時的に停止して更新しておけば、安心だったりします。

 

あとPHPバージョンなども不明ですので、Cocoon設定・テーマ情報をご提示いただけますか。

 

 

自分のサイトを見てみたのですが、ブログカードやRinkerの画像が表示されなかったり、Shortcodes Ultimateでスポイラー表示していた所が最初から見えていたり、といった変化があります。

状況が分かりませんけど、テーマの影響だと思うのであれば、FTPソフトで過去バージョンに戻す事もできますよ。

https://wp-cocoon.com/downloads/#toc11

 

せっかくの機能追加ですので、テーマ情報を貼っていただき、回答をお待ちいただくのが良いと思います。


わいひら 件のいいね!
わいひら
(@yhira)
メンバーサイト Admin
参加: 2年 前
投稿: 9585
わいひら - Facebookわいひら - Twitter
2019年10月9日 20:24  

do_blocks()関数は、確かGutenbergが出たWordPress5.0から登場した関数なので、古いWordPressだと存在しない関数になるのでエラーが出るのは致し方ありません。

WordPressは、出来る限り最新版にしておいた方が良いです。
古いWordPressを使用するのは、逆にセキュリティーとかいろいろな意味でリスクが高いです。

まだ旧ビジュアルエディターを使いたいということであれば、そういう設定にもできますし。
もし何かあって古いバージョンに戻すとしても、比較的簡単に戻すことはできます。


VIEW
 VIEW
(@VIEW)
ゲスト
参加: 8か月 前
投稿: 7
2019年10月9日 20:36  

かうたっくさん、わいひらさん、本当にお手数かけて申し訳ありません。

とりあえずテーマ情報を持ってきました。

こちらの希望としては、とりあえずこれまでの機能に上記の検索結果の文言変更が追加できれば願ったり叶ったりです。

わいひらさんのおっしゃる通り、新ビジュアルエディターが使いにくいという評判を見たのでビビってそのままにしている次第です。

バックアップ関係も不安があり、いきなり更新して元に戻せなくなったらどうしようと思ってできていません。

当初の質問とはだいぶずれるかと思いますが、テーマやワードプレスを最新の状態にする際の注意点などあれば教えていただけますか。

ちなみにロリポップを利用しています。

よろしくお願いします。

----------------------------------------------
サイト名:英語の勉強どうする?こうする!
サイトURL: https://eigo-dosurukosuru.net
ホームURL: https://eigo-dosurukosuru.net
コンテンツURL:/wp-content
インクルードURL:/wp-includes/
テンプレートURL:/wp-content/themes/cocoon-master
スタイルシートURL:/wp-content/themes/cocoon-child-master
子テーマスタイル:/wp-content/themes/cocoon-child-master/style.css
Wordpressバージョン:4.9.11
PHPバージョン:7.1.5
ブラウザ:Mozilla/5.0 (Windows NT 10.0; Win64; x64) AppleWebKit/537.36 (KHTML, like Gecko) Chrome/77.0.3865.90 Safari/537.36
サーバーソフト:Apache
サーバープロトコル:HTTP/1.1
エンコーディング:gzip, deflate
言語:ja,en-US;q=0.9,en;q=0.8
----------------------------------------------
テーマ名:Cocoon
バージョン:1.9.9.5.2
カテゴリ数:21
タグ数:77
ユーザー数:1
----------------------------------------------
子テーマ名:Cocoon Child
バージョン:1.0.6
----------------------------------------------
Gutenberg:1
AMP:1
PWA:0
Auto Post Thumbnail:0
ホームイメージ:/wp-content/themes/cocoon-master/screenshot.jpg
----------------------------------------------
ブラウザキャッシュ有効化:1
HTML縮小化:1
CSS縮小化:0
JavaScript縮小化:0
Lazy Load:1
WEBフォントLazy Load:0
JavaScript(フッター):1
----------------------------------------------
利用中のプラグイン:
a3 Lazy Load 1.9.3
AddQuicktag 2.5.3
Akismet Anti-Spam 4.1.2
Arconix Shortcodes 2.1.6
BackWPup 3.6.10
Batch Cat 0.3
Category Order and Taxonomy Terms Order 1.5.7
Compress JPEG & PNG images 3.2.0
Contact Form 7 5.1.4
Duplicate Post 3.2.3
Google XML Sitemaps 4.1.0
Japanese font for WordPress (priviously: Japanese Font for TinyMCE) 4.19
Kirki Customizer Framework 3.0.45
MimeTypes Link Icons 3.2.8
PS Auto Sitemap 1.1.9
Regenerate Thumbnails 3.1.1
Rinker 1.5.1
Shortcodes Ultimate 5.5.0
SiteGuard WP Plugin 1.4.3
TinyMCE Advanced 4.6.7
WebSub/PubSubHubbub 3.0.3
Widget Logic 5.10.4
WP-CopyProtect [Protect your blog posts] 3.1.0
WP-Yomigana 2.0.3
WP Multibyte Patch 2.8.2
WP Thumbnail Changer 1.0
クイズ作成プラグイン 1.0
----------------------------------------------


わいひら
(@yhira)
メンバーサイト Admin
参加: 2年 前
投稿: 9585
わいひら - Facebookわいひら - Twitter
2019年10月9日 20:50  

当初の質問とはだいぶずれるかと思いますが、テーマやワードプレスを最新の状態にする際の注意点などあれば教えていただけますか。

普通にWordpressのアップデートをして問題ないと思いますよ。
そのためにWordpress開発陣が切磋琢磨しているので。何か問題が出るとしたら、プラグインです。何かあればプラグインを無効にしていけば、何とかなると思います。
それでも不安な場合は、ロリポップの場合、復元機能もあります。
仮に最悪の事態を想定したとしても、これを利用すればよいのではないかと思います。
https://lolipop.jp/manual/user/backup-restore/
※こういったものは必ずといった保証はできないので自己責任でお願いします。


わいひら
(@yhira)
メンバーサイト Admin
参加: 2年 前
投稿: 9585
わいひら - Facebookわいひら - Twitter
2019年10月9日 20:52  

ちなみにCocoonの推奨環境はこちらになっているので、WordPress5.0以上でないとまともに動作しないと思います。

  • WordPress5.0.0以上
  • PHP7以上(5.6でも動作するとは思います)
  • ...

https://wp-cocoon.com/downloads/

なので、5.0未満を利用するのであれば、Cocoonテーマは正直おすすめできません。


VIEW
 VIEW
(@VIEW)
ゲスト
参加: 8か月 前
投稿: 7
2019年10月9日 21:05  

なるほど、推奨環境を満たしていなかったんですね。初歩的なことで大変ご迷惑をお掛けしました。

とりあえず更新してみて、また何かあればここを利用させていただくかもしれません。

どうもありがとうございました。


VIEW
 VIEW
(@VIEW)
ゲスト
参加: 8か月 前
投稿: 7
2019年10月10日 10:11  

ワードプレスを更新したところ、万事快調になりました。

まだまだ浅学ながら知識も増えましたので、いろいろ相談してみてよかったです!

たなかまさん、かうたっくさん、そしてわいひらさん、本当にありがとうございました。


わいひら 件のいいね!
Share:
スポンサーリンク
わいひらをフォローする
おすすめサーバー(コスパ・バックアップ重視型)

性能も兼ね備えながら安くブログ運営を開始できる点においてのNo.1。

◎安く始められる
◎LiteSpeedを用いた高速サーバー(完全SSD)
◎http/3(高速化プロトコル)に対応
◎東京・大阪でリージョン選択が可能
◎プランのアップ・ダウングレードが自由自在
◎同サービス内でドメイン管理が可能
◎ディスク容量が多い
◎転送量が多い
◎毎日無料バックアップ(14日分)
◎DBは14日以内なら無料自動復旧可能
◎ファイルも14日以内なら無料自動復旧可能
◎アダルト・出会い系サイト可
◎ドメインとサーバー代のチャージ払いが可能
○サーバ引っ越し依頼が可能(有料)

サービス運営期間:1年10ヶ月

1年以上の契約をする場合は、クーポンコード入力でさらに10%割引(※2020/6/30まで)。

クーポンコード:PK4JK4RJ

クーポンの使用方法はこちら

とにかく速い。サイトに表示スピードを求めるならココ。

◎nginxを用いた高速サーバー(完全SSD)
◎プランのアップ・ダウングレードが自由自在
◎同サービス内でドメイン管理が可能
◎ディスク容量が多い
◎転送量が多い
○http/2(高速化プロトコル)に対応
◎毎日無料バックアップ(14日分)
◎DBは14日以内なら無料自動復旧可能
◎ファイルも14日以内なら無料自動復旧可能
◎サーバ引っ越しツールあり(無料)
○サーバ引っ越し依頼が可能(有料)
◎ドメインとサーバー代のチャージ払いが可能

サービス運営期間:1年8ヶ月

プラン変更で負荷対策が行えるので、ブログ向きのレンタルサーバーです。

◎LiteSpeedを用いた高速サーバー(完全SSD)
◎http/3(高速化プロトコル)に対応
◎プランのアップ・ダウングレードが自由自在
◎同サービス内でドメイン管理が可能
◎転送量が多い
◎ディスク容量が多い
◎毎日無料バックアップ(14日分)
◎DBは14日以内なら無料自動復旧可能
○ファイルは14日以内なら無料復旧可能(※手動)
◎アダルト・出会い系サイト可
◎ドメインとサーバー代のチャージ払いが可能
○サーバ引っ越し依頼が可能(有料)

サービス運営期間:3年

安定感抜群のサーバーです。あまり急激なアクセス変動がないアフィリエイトサイトに向いています。

◎nginxを用いた高速サーバー(完全SSD)
◎老舗サーバーなので安定感抜群
◎ディスク容量が多い
◎転送量が多い
◎同サービス内でドメイン管理が可能
○http/2(高速化プロトコル)に対応
○毎日無料バックアップ(14日分)
○DBは7日以内なら無料自動復旧可能
×ファイルは有料かつ手動での復旧
×プラン変更でCPUのスペックアップができない
×プラン変更しても即時反映されない
×アダルト・出会い系サイト不可

サービス運営期間:16年

格安な値段で始められる高機能サーバーです。
性能も備えつつ最安ならここ。
サイトを続けるうちにアクセスが増えれば、プランのアップグレートで対応可能です。

◎LiteSpeedを用いた高速サーバー(完全SSD)
◎激安プランが用意してある
◎値段あたりのスペックが高い(コスパ良し)
◎サーバ引っ越し依頼が可能(無料)
◎アダルト・出会い系サイト可
○http/2(高速化プロトコル)に対応
△プランのアップは可能だがダウンは不可
△毎日自動バックアップ(1日分)
△前日のバックアップからのみ復元できる(無料)

サービス運営期間:4年

Cocoon
タイトルとURLをコピーしました