現在デフォルトスキンとして「Bizarre-food(ブルーカレー) 」適用中。近日同梱予定。

コードエラー | Cocoonテーマに関する質問 | Cocoon フォーラム

書き込みの前に以下の3点をご確認ください。

  1. 1つのトピックにつき1つの質問を書き込んでください
  2. 不具合・カスタマイズ対象ページのURLを提示してください
  3. 該当部分のキャプチャ環境情報とともに書き込んでいただけると助かります

フォーラム利用ガイドリンク

  1. フォーラムガイドライン
  2. よくある質問と答え(FAQ)
  3. サポート対象外のケース
  4. 原因不明の不具合用トラブルシューティング
  5. トピックにHTMLを貼り付ける方法(推奨ツール:notepad.pw
  6. 真っ白画面でのエラーメッセージの確認方法 
  7. ブラウザ環境チェックツール

フォーラムの内容は、CCライセンス(CC BY-ND 2.1)準じていれば(リンクを貼っていただければ)転載も自由です。カスタマイズ記事を書く際にコード等をコピペ利用していただいて構いません。

フォーラムの使い方がよくわからない場合は、テストトピックで自由にテストしていただいて構いません。

フォーラムのTwitterアカウント(@CocoonForum)はこちら

スポンサーリンク
Share:

[解決済] コードエラー  

  RSS

ふくろう
(@may-t)
Eminent Member
参加: 1年 前
投稿: 26
2019年5月26日 17:16  

わいひら様
いつもありがとうございます。

しばらくテーマ更新も良かったんですが、またエラーコードが出てしまいました。修正コードもわかれば、エデイターで修正したいと思いますので問い合わせしました。
====================
「現在のバージョン環境」

  1. cocoonチャイルドテーマバージョン1.0.7
  2. cocoonのテーマバージョン1.7.8.3
  3. Wordpressのバージョンは5.2.1

====================

自動アップデートは成功したものの、Wordpress用プラグイン『WordPress Ping Optimizer 533エラー』なのでプラグインも煩わしくなり現在停止しました。(WordPress ping Optimizerは自分には必要なのかなぁと最近思うこの頃)

後はcocoonのテーマ『wp-content/themes/cocoon-master/lib/utils.php on line 1702』が出てしまい、現在自分のブログは

スポンサーリンク

Smooth Update Akira様ご提供のメンテナンス表示テーマ使わせていただいてます

メンテナンス中に表示してます。

詳細エラーコード3点(★1★2★3)
★1→ Warning: file_get_contents(): SSL operation failed with code 1. OpenSSL Error messages: error:14090086:SSL routines:ssl3_get_server_certificate:certificate verify failed in /★自分のサーバーデレクトリー★/wp-content/themes/cocoon-master/lib/utils.php on line 1702

******************************************

★2→ Warning: file_get_contents(): Failed to enable crypto in /★自分のサーバーデレクトリー★/wp-content/themes/cocoon-master/lib/utils.php on line 1702
******************************************
★3→ Warning: file_get_contents(https;//他社サイトURLアドレス/): failed to open stream: operation failed in /★自分のサーバーデレクトリー★/wp-content/themes/cocoon-master/lib/utils.php on line 1702
*******************************************
以上です!ブログは過疎化になりつつありますけれど、よろしくお願いします。

This topic was modified 3週間 前 3 times by ふくろう

ロコ
(@lococo)
Estimable Member
参加: 1年 前
投稿: 185
2019年5月26日 18:53  

Wordpress用プラグイン『WordPress Ping Optimizer 533エラー』なのでプラグインも煩わしくなり現在停止しました。(WordPress ping Optimizerは自分には必要なのかなぁと最近思うこの頃)

プラグインは基本的にサポート対象外ですし、私はこのプラグインを使用していないのでこの内容だけでは判断ができませんが、おそらくCocoon側の問題ではなく、プラグイン側の問題ではないでしょうか?
PHPのバージョンに対応できていない等が考えられます。

https;//他社サイトURLアドレス/

エラーコードについて、3つ目のエラーコード内にある他社サイトのURLが重要そうなので、可能であれば教えていただきたいです。
(見た感じだと、外部ブログカードが原因っぽいのですが。)

あと、利用されているサーバーは何でしょうか?

return file_get_contents($file, false, stream_context_create($options));

場合によっては利用されているサーバーで対応してもらうことになるかもしれませんが、エラー箇所となっているCocoonの上記コードで$optionsをうまく設定することで対応することも可能かもしれません。


わいひら 件のいいね!
ふくろう
(@may-t)
Eminent Member
参加: 1年 前
投稿: 26
2019年5月26日 20:04  

ロコ様
早速のご教授ありがとうございます。
キーワード「外部サイトのブログカード」で気づき、セキュリティー関係を調べていましたら
たしかに、色々エラーコードが出てました。外部サイトのリンクを外したところ正常に戻りました。

つまり、コクーン側の問題ではなく、むしろコクーンのテーマの精密なチェックが「外部サイトは正常ではありませんよ」と知らせてくれたことになりますね。

ワードプレスのプラグインに関しましては、サポート対象外であることは承知しておりますが、ご参考までに、プラグインを外せばエラーが起きなくなったことだけを参考程度に、記載しました。

わいひら様のcocoonテーマ最高です!
そしてロコ様ありがとうございました。(解決済みにしていただけるとありがたいです)


わいひら
(@yhira)
メンバーサイト Admin
参加: 1年 前
投稿: 5387
2019年5月26日 20:29  

ロコさんの書かれていることに加えて、もう一つ確認です。
親テーマの/lib/utils.phpの1702行目にある以下のコードを

return file_get_contents($file, false, stream_context_create($options));

以下のように変更しても、相変わらず Warningは出ますでしょうか。

return file_get_contents($file);

$options設定が原因かの切り分けも出来ればと思います。


わいひら
(@yhira)
メンバーサイト Admin
参加: 1年 前
投稿: 5387
2019年5月26日 20:30  

あらら、タブを開いて返信を書き込んでいるうちに新たなる返信が 😥 


わいひら
(@yhira)
メンバーサイト Admin
参加: 1年 前
投稿: 5387
2019年5月26日 20:37  

プラグインを外せばエラーが起きなくなったことだけを参考程度に、記載しました。

ということは、WordPress Ping Optimizerプラグインを利用している環境で出るエラーなんですね。

もしかしたら、Cocoon側で外部サイト開く時に設定している$optionsに対してWordPress Ping Optimizerが好まない値が入っているため、以下のようなエラーが出ているということかな。

WordPress Ping Optimizer 533エラー

プラグインの中身自体は見ていないので、あくまで推測になりますが。

ただ、エラーメッセージで検索してみると、以下のようなPHP7.2絡みのエラーの出るようなので、
https://ja.wordpress.org/support/topic/%E3%80%8Cwordpress-ping-optimizer%E3%80%8D%E3%81%8Cphp7-2%E3%81%A7%E3%82%A8%E3%83%A9%E3%83%BC%E3%82%92%E5%87%BA%E3%81%99%E4%BB%B6%E3%81%AB%E3%81%A4%E3%81%84%E3%81%A6/
https://kogumablog.com/error-wordpress-ping-optimizer/
PHPのバージョンアップとも関係あるのでしょうか。

This post was modified 3週間 前 2 times by わいひら

ふくろう
(@may-t)
Eminent Member
参加: 1年 前
投稿: 26
2019年5月26日 21:53  

わいひら様へ
いつもありがとうございます

return file_get_contents($file);

コードを変更して試してみましたけれど、やはり先方さんの外部サイトに何らかの原因があるようです。
それに統括セキュリティーもその外部サイトに『通信の安全性が低下しています。犯罪者が Web サイトからあなたのデータを盗む可能性があります。この Web サイトを閉じてください。・・そのほかURLと理由など云々』と表示されトップページが開けない・閲覧できない状態です。
以前はこちらの開発者サイト様も閲覧できたんですけれども(信頼置けるサイトなんですけれどもね)・・何らかの原因のようです。しばらくURLリンクだけ外して様子見です。

WordPress Ping Optimizer 533エラーに関しましては、コードも調べて変更しましたが、いずれも、現在エラーコードがブログに表示されますので、プラグインを停止してます。(自分のサーバーのディレクトリ等を不特定多数に見られたくない心境ですので)
多分PHP7.2との関係は多いにあるようですし『Wordpress本体バージョン5.2.1』との互換性もうまくいってない可能性もあるかもです?
とりあえず、私のほうは『特定の1件外部リンク外しとプラグイン停止』で正常に運営できてますし
わいひら様の高機能なテーマを満喫しております。
余分な気を使わせてしまってすみませんです。

 


ロコ
(@lococo)
Estimable Member
参加: 1年 前
投稿: 185
2019年5月26日 22:19  

通信の安全性が低下しています。…

可能性のひとつとして考えられるのは、

https;//他社サイトURLアドレス/

こちらがhttpsとなっているので、SSL化するための証明書が無効になってしまっているのではないでしょうか。
httpsにリダイレクトされてしまうかもしれませんが、そのURLをhttpで入力すると開けるかどうか確認してみてください。


わいひら 件のいいね!
かうたっく
(@kautakku)
メンバーサイト Moderator
参加: 1年 前
投稿: 2722
2019年5月26日 22:48  

WordPress Ping Optimizer 533エラーに関しましては

これってステータスコードの話ではないんですね。そんなステータスコードがあるようにしか見えませんでした。内容みてないので。

https://ja.wordpress.org/support/topic/%E3%80%8Cwordpress-ping-optimizer%E3%80%8D%E3%81%8Cphp7-2%E3%81%A7%E3%82%A8%E3%83%A9%E3%83%BC%E3%82%92%E5%87%BA%E3%81%99%E4%BB%B6%E3%81%AB%E3%81%A4%E3%81%84%E3%81%A6/

/wp-content/plugins/wordpress-ping-optimizer/cbnet-ping-optimizer.php on line 533 ”

正確な表現はコッチかも。同じエラーを対処された人がいますよーに。

**

あと、代替プラグインもあると思います。圧縮率もそれほど高くなかったという認識もあったので。悪気はないです❦

https://tinypng.com/ の圧縮のほうが高い場合もあった記憶があるだけですが。

とりまここまでの書き込み❦


わいひら 件のいいね!
ふくろう
(@may-t)
Eminent Member
参加: 1年 前
投稿: 26
2019年5月27日 00:20  

ロコ様へ
https://の外部サイト様の場合は、
http://アドレスにアクセスしても自動的にSSLのhttps://外部サイトに切り替わるようになってますので、現在どちらのアドレスでも閲覧も不可能な状態です。

かうたっく様へ
/wp-content/plugins/wordpress-ping-optimizer/cbnet-ping-optimizer.php on line 533 ”に関しましては、確かに成功した方々もいらっしゃいますね。ping発信元のアドレスは日進月歩変更・更新も出てきてるので、pingエラーログを見ながら、随時刷新することになりますね。いろいろ(2017~2018情報をもとに)こちらもコード書き換えも試みましたけれども、今のところ成功しませんでした。それに成功したとしても後々の更新で、コードが元に戻りまた初めから記入しなおすかもしれないとか言ってましたしね。(当面成功したけれども、年月が過ぎてwordpress-ping-optimizeのバージョンアップなどで、また振り戻しになる可能性もあるのではと言ってる記事も見かけました)

以前から、できるだけWordpress本体のプラグインは最小限に抑えてのんびり安全に発信できればよいかなぁと思ってます。

それに、わいひら様のcocoonテーマ機能だけで、十分すぎるほど、ブログ運営できると思ってます

とりあえず、私のほうはブログ運営の支障も解消しましたので、
良しとしてますのでよろしくお願いしますね。

 

 


わいひら 件のいいね!
Share:
スポンサーリンク
わいひらをフォローする
おすすめサーバ

プラン変更で負荷対策が行えるので、ブログ向きのレンタルサーバーです。

◎LiteSpeedを用いた高速サーバー(完全SSD)
◎http/2・QUIC(高速化プロトコル)に対応
◎プランのアップ・ダウングレードが自由自在
◎転送量が多い
◎毎日無料バックアップ(14日分)
◎復元ポイントを指定して復旧可能(無料)
◎アダルト・出会い系サイト可
○サーバ引っ越しオプションあり(有料)
○サーバー料金をチャージ払いが可能
サービス運営期間:2年10ヶ月

性能も兼ね備えながら安くブログ運営を開始したいのであればここ1択。

◎LiteSpeedを用いた高速サーバー(完全SSD)
◎http/2・QUIC(高速化プロトコル)に対応
◎東京・大阪でリージョン選択が可能
◎プランのアップ・ダウングレードが自由自在
◎同サービス内でドメイン管理が可能
◎転送量が多い
◎毎日無料バックアップ(14日分)
◎復元ポイントを指定して復旧可能(無料)
◎アダルト・出会い系サイト可
◎ドメインとサーバー代のチャージ払いが可能
○サーバ引っ越しオプションあり(有料)
△新しいサービスなので運営櫪がまだ短い
サービス運営期間:10ヶ月

安定感抜群のサーバーです。あまり急激なアクセス変動がないアフィリエイトサイトに向いています。

◎nginxを用いた高速サーバー(完全SSD)
◎老舗サーバーなので安定感抜群
◎ディスク容量が多い
◎転送量が多い
◎同サービス内でドメイン管理が可能
○http/2(高速化プロトコル)に対応
○毎日無料バックアップ(14日分)
△DBは7日分だけ無料復旧可能(ファイルは有料)
×プラン変更でCPUのスペックアップができない
×プラン変更しても即時反映されない
×アダルト・出会い系サイト不可
サービス運営期間:15年

とにかく速い。サイトに表示スピードを求めるならココ。

◎nginxを用いた高速サーバー(完全SSD)
◎プランのアップ・ダウングレードが自由自在
◎ディスク容量が多い
◎転送量が多い
○http/2(高速化プロトコル)に対応
○毎日無料バックアップ(14日分)
○DB復旧は無料(ファイルは有料)
○サーバ引っ越しツールあり
○サーバー料金をチャージ払いが可能
△新しいサービスなので運営櫪がまだ短い
サービス運営期間:8ヶ月

格安な値段で始められる高機能サーバーです。
性能も備えつつ最安ならここ。
サイトを続けるうちにアクセスが増えれば、プランのアップグレートで対応可能です。

◎LiteSpeedを用いた高速サーバー(完全SSD)
◎激安プランが用意してある
◎値段あたりのスペックが高い(コスパ良し)
◎サーバ引っ越しオプションあり(無料)
◎アダルト・出会い系サイト可
○http/2(高速化プロトコル)に対応
△プランのアップは可能だがダウンは不可
△毎日自動バックアップ(1日分)
△前日のバックアップからのみ復元できる(無料)
サービス運営期間:3年

Cocoon
  
動作中

ログイン または 登録 してください

タイトルとURLをコピーしました