「メイド・イン・ヘブン」スキン適用中

Cocoonフォーラム

サイト内検索
書き込みの前に以下の3点をご確認ください。
  1. 1つのトピックにつき1つの質問を書き込んでください
  2. 不具合・カスタマイズ対象ページのURLを提示高速化を無効にしてください
  3. 該当部分のキャプチャ・環境情報とともに書き込んでいただけると助かります

何を書き込んだら良いか分からない場合は、以下のテンプレートをコピペしてご利用ください。

不具合・カスタマイズ対象ページのURL:

相談内容:

不具合の発生手順:

解決のために試したこと:

※文字だけでは正しく伝わらない可能性があるため、スクショ画像の添付もお願いします。
※高速化設定をしている場合は無効にしてください。
環境情報:

※↑こちらに「Cocoon設定 → テーマ情報」にある「環境情報」を貼り付けてください。

環境情報の取得方法はこちら。
https://wp-cocoon.com/theme-report/
高速化設定を無効にするにはこちら。
https://wp-cocoon.com/theme-trouble/

フォーラム利用ガイドリンク

  1. フォーラムガイドライン
  2. よくある質問と答え(FAQ)
  3. サポート対象外のケース
  4. 原因不明の不具合用トラブルシューティング
  5. トピックにHTMLを貼り付ける方法(推奨ツール:notepad.pw
  6. 真っ白画面でのエラーメッセージの確認方法
  7. ブラウザ環境チェックツール
  8. Cocoonカスタマイズ依頼

フォーラム質問後、問題等が解決した場合は結果を書き込んでいただけると幸いです。同様の問題で調べている方には、結果が一番気になる部分となります。

Gutenberg で吹き出し機能をつ...
 
共有:
通知
すべてクリア

Gutenberg で吹き出し機能をつけるようにしてほしい

8 投稿
3 ユーザー
4 Likes
8,575 表示
(@魔理沙)
New Member
結合: 6年前
投稿: 1
Topic starter  

このテーマの作者さんにお願いですGutenberg エディターで
吹き出しを使えるようにしていただけませんか?


   
引用
わいひら
(@yhira)
Illustrious Member Admin
結合: 6年前
投稿: 16458
 

一応現在も使えるようにはなっています。
ただ、新規記事作成をすると、ちょっと面倒くさいみたいです。
以下の手順を踏む必要があります。(添付画像)

  1. コードエディターの選択
  2. コードエディターで何か書き込む
  3. ビジュアルエディターに戻す
  4. クラシックをクリック
  5. ビジュアルエディターボタンの「続きを読む」ボタンを押す
  6. 吹き出し入力

ちなみに、新規記事作成時にすぐにビジュアルエディターボタンを出す方法は今のところわかりません。

何方か何か情報がありましたら、教えていただければと思います。


   
返信引用
(@あれはんどろ)
New Member
結合: 5年前
投稿: 2
 

Gutenberg自体がバージョンアップしたからなのか、わいひらさんが対応させたのかわかりませんが、ブロック要素の追加時に「クラシック」を選ぶだけで、コクーンテーマ用のツールバーが出てくるんで、とりあえず対応できています。

欲を言えば、もうちょっとスマートな方法があるとGutenbergらしさが出るような気がしてます。せっかくブロックエリアの移動がスムーズにできる編集画面なので、何かいい方法はないかなぁって探したら、このフォーラムにたどり着きました。


   
返信引用
わいひら
(@yhira)
Illustrious Member Admin
結合: 6年前
投稿: 16458
 

Cocoonの吹き出し仕様(データベースに設定を保存)とGutenbergの仕様(基本JavaScriptのみで書く)からいって、登録されている吹き出しを呼び出すのは、なかなか難しいように思います。
いずれは、何とかしようと思いますが、まずは簡単なものからブロック化させると思います。

もし、良い実現方法がありましたら、それを採用させていただきます。


   
返信引用
HappyPaint
(@happypaint)
Active Member Registered
結合: 5年前
投稿: 11
 

Gutenberg で吹き出し利用なのですが僕は以下の手順で使っています。
今の所一度保存してしまえば、呼び出すのは簡単だとおもいます。
1、わいひらさんが書いていただいた手順で吹き出しを使ってを一度作る
2、再利用ブロックに追加
で吹き出しのブロックを保存。

使う時に
1、使う吹き出しの再利用ブロックを呼び出す。
2、通常ブロックへ変換(通常ブロックに変換しないと元の再利用ブロックが書き換わってしまうため)

ただ難点が一つ。エディター内のプレビューでは吹き出しデザインでは表示されないんです。
でも実際の投稿プレビューや公開後は吹き出しデザインで表示されるので問題はないかと。(添付画像)


   
わいひら reacted
返信引用
わいひら
(@yhira)
Illustrious Member Admin
結合: 6年前
投稿: 16458
 

現在の機能な範囲内での利用方法ありがとうございます!

ちなみにまだ、Cocoonの吹き出し機能を、Gutenbergエディターにうまく移植する方法が分かってません^^;


   
HappyPaint reacted
返信引用
HappyPaint
(@happypaint)
Active Member Registered
結合: 5年前
投稿: 11
 

わいひらさんなら、もう知っているかと思うのですが、
公式で[吹き出しで会話ができる WordPressプラグイン | LIQUID PRESS]
https://lqd.jp/wp/plugin/speech-balloon.html
を出しているみたいなので、これを解析すればもしかしたら導入できる??


   
わいひら reacted
返信引用
わいひら
(@yhira)
Illustrious Member Admin
結合: 6年前
投稿: 16458
 

こういうプラグインがあるのを知りませんでした。
プラグインのソースコードをちょっと覗いてみたら、目からウロコの方法で、データを渡しているのがわかりました。
もしかしたら、同様の方法でCocoon吹き出しのデータを渡せるかもしれません。
情報ありがとうございます!
時間があれば挑戦してみたいと思います。


   
HappyPaint reacted
返信引用
共有:

問題の解決に至った場合には、トピック冒頭の「解決済み」をクリックしていただけますと幸いです。

また、有用な回答があった場合は返信右下にある「いいね!」もご活用ください。回答者の励みになります。

「いいね!」機能はフォーラム登録者のみが利用できる機能です。

CC BY-ND 2.1)準じていれば(リンクを貼っていただければ)転載も自由です。カスタマイズ記事を書く際にコード等をコピペ利用していただいて構いません。

フォーラムの使い方がよくわからない場合は、テストトピックで自由にテストしていただいて構いません。

最近の書き込みはこちら。

詳細なカスタマイズ依頼をするならこちら。

タイトルとURLをコピーしました