「メイド・イン・ヘブン」スキン適用中

Cocoonフォーラム

サイト内検索
書き込みの前に以下の3点をご確認ください。
  1. 1つのトピックにつき1つの質問を書き込んでください
  2. 不具合・カスタマイズ対象ページのURLを提示高速化を無効にしてください
  3. 該当部分のキャプチャ・環境情報とともに書き込んでいただけると助かります

何を書き込んだら良いか分からない場合は、以下のテンプレートをコピペしてご利用ください。

不具合・カスタマイズ対象ページのURL:

相談内容:

不具合の発生手順:

解決のために試したこと:

※文字だけでは正しく伝わらない可能性があるため、スクショ画像の添付もお願いします。
※高速化設定をしている場合は無効にしてください。
環境情報:

※↑こちらに「Cocoon設定 → テーマ情報」にある「環境情報」を貼り付けてください。

環境情報の取得方法はこちら。
https://wp-cocoon.com/theme-report/
高速化設定を無効にするにはこちら。
https://wp-cocoon.com/theme-trouble/

フォーラム利用ガイドリンク

  1. フォーラムガイドライン
  2. よくある質問と答え(FAQ)
  3. サポート対象外のケース
  4. 原因不明の不具合用トラブルシューティング
  5. トピックにHTMLを貼り付ける方法(推奨ツール:notepad.pw
  6. 真っ白画面でのエラーメッセージの確認方法
  7. ブラウザ環境チェックツール
  8. Cocoonカスタマイズ依頼

フォーラム質問後、問題等が解決した場合は結果を書き込んでいただけると幸いです。同様の問題で調べている方には、結果が一番気になる部分となります。

レスポンシブ化されない
 
共有:
通知
すべてクリア

[解決済] レスポンシブ化されない

6 投稿
2 ユーザー
1 Likes
4,734 表示
(@yuta-yokoi-social)
New Member Registered
結合: 6年前
投稿: 3
Topic starter  

わいひら様。お世話になっております。

素晴らしいテーマ、とても満足しております。有料でも普通に購入すると思います。

 

さて、表題の件ですが、サイトがレスポンシブ化されず、まだ不具合なのか、私の環境のせいなのか、切り分けが出来ていないのですが、、原因が掴めず、質問させて頂きます。

フォーラムも「レスポンシブ」で検索してみましたが、「 https://wp-cocoon.com/community/bugs/lp%E3%81%AE%E8%A1%A8%E7%A4%BA%E3%81%AB%E3%81%A4%E3%81%84%E3%81%A6%E3%80%90%E3%83%AC%E3%82%B9%E3%83%9D%E3%83%B3%E3%82%B7%E3%83%96%E5%8C%96%E3%81%95%E3%82%8C%E3%81%AA%E3%81%84%E3%80%91/#」しか、検索結果に引っかからず、私の環境ではCSSのカスタマイズも行なっておりません。

該当ページトップ: https://millibitcoin.jp/

記事ページ: https://millibitcoin.jp/archives/72

上記のサイトにて、Cocoonテーマを使用させて頂いているのですが、スマフォアクセス時に、レスポンシブ表示されません。動作検証は、Android標準ブラウザ(Google Chrome)を使用しております。以下のレスポンシブチェックも、うまく行きません。

http://www.responsinator.com/?url=https%3A%2F%2Fmillibitcoin.jp%2Farchives%2F72

https://sizzy.co/?url=https%3A%2F%2Fmillibitcoin.jp%2Farchives%2F72

http://whatismyscreenresolution.net/multi-screen-test?site-url=https%3A%2F%2Fmillibitcoin.jp%2Farchives%2F72&w=414&h=736

 

以下、私の環境を記載します。(不足事項ありましたら、ご指摘ください。)

----------------------------------------------
サイト名:デイリー仮想通貨まとめ
サイトURL: https://millibitcoin.jp
Wordpressバージョン:4.9.4
PHPバージョン:5.6.99-hhvm
ブラウザ:Mozilla/5.0 (Macintosh; Intel Mac OS X 10_13_3) AppleWebKit/537.36 (KHTML, like Gecko) Chrome/65.0.3325.181 Safari/537.36
サーバーソフト:nginx/1.13.9
サーバープロトコル:HTTP/2.0
エンコーディング:gzip, deflate, br
言語:ja,en;q=0.9,en-US;q=0.8
----------------------------------------------

プラグインは、「Google XML Sitemaps」と「WordPress Ping Optimizer」のみ使用しております。

また、「KUSANAGI」を使用しております。KUSANAGIの機能にある「Device Theme Switcher」は使用しておりません。

大変お手数ではございますが、ご教示頂けますと幸いです。何かしらの凡ミスでしたらすみません。。


   
わいひら
(@yhira)
Illustrious Member Admin
結合: 6年前
投稿: 16441
 

おそらく、KUSANAGI環境が原因かと思います。
Cocoonは、 WP_Filesystem()を用いてファイルの読み込みを行っています(Wordpress推奨方法なので)。
ただ、KUSANAGIで利用するには、処理を書き加える必要があります。
詳しくは以下のトピック等を参照してみてください。
VPS(ConoHa)+Kusanagi+WordPress上でSimplicityのスキン選択機能が動かない


   
(@yuta-yokoi-social)
New Member Registered
結合: 6年前
投稿: 3
Topic starter  

早々のご確認、ありがとうございます!!

ご返信頂きました内容を踏まえて、二点、質問です。

★一点目

WP_Filesystem()を使用している部分は、KUSANAGI環境では動かないとの事で、取り急ぎ、grepで該当するファイルを探してみました所、以下のファイルでWP_Filesystem()を使用している事を確認しました。以下のファイル全ての、WP_Filesystemの引数に、“request_filesystem_credentials()”関数を差し込めば良い感じでしょうか?

cocoon-master/lib/amp.php

cocoon-master/lib/auto-post-thumbnail.php

cocoon-master/lib/blogcard-out.php

cocoon-master/lib/page-backup/backup-posts.php

cocoon-master/lib/page-settings/_top-page.php

cocoon-master/lib/page-settings/skin-funcs.php

cocoon-master/lib/page-speed-up/minify-css.php

cocoon-master/lib/page-speed-up/minify-js.php

cocoon-master/lib/page-speed-up/speed-up-func.php

cocoon-master/lib/utils.php

★二点目

こちらの修正は、Cocoonテーマのアップデート時に毎回、手修正する必要が出てきますでしょうか?(KUSANAGI対応として、Cocoonテーマに今回の修正を加えて頂く事は可能でしょうか?参考リンクにある通り、セキュリティ的に問題ある??から難しい感じでしょうか?)


   
わいひら
(@yhira)
Illustrious Member Admin
結合: 6年前
投稿: 16441
 

僕は、Kusanagi環境を持っていないので、詳しいことわからないです。
ただ、僕としては、”wp-config.php”を利用した認証コードを付け加える方法をすればよいのかと思っていました。

ただ、レスポンシブ表示すれば良いのであれば、cocoon-master/lib/utils.phpだけでも良いのかなと思ったり。

子テーマのfunctions.phpに以下の関数を貼り付けて、書き換えてオーバーロードすれば良いかなと思います。

function get_file_contents($file){
  if (WP_Filesystem()) {
    global $wp_filesystem;//$wp_filesystemオブジェクトの呼び出し
    $contents = $wp_filesystem->get_contents($file);
    return $contents;
  }
  // if (file_exists($file)) {
  //   ob_start();
  //   include($file);
  //   $contents = ob_get_clean();
  //   return $contents;
  // }

} 

これだとほぼほぼアップデートに影響しないかと思います。


   
(@yuta-yokoi-social)
New Member Registered
結合: 6年前
投稿: 3
Topic starter  

迅速に、丁寧なご教示、ありがとうございました!!以下のコードを、子テーマのfunctions.phpに追記する事により、レスポンシブ表示が上手くいくようになりました!!!

function get_file_contents($file){
if (WP_Filesystem(request_filesystem_credentials('', '', false, false, null))) {
global $wp_filesystem;//$wp_filesystemオブジェクトの呼び出し
$contents = $wp_filesystem->get_contents($file);
return $contents;
}
}

 


   
わいひら reacted
わいひら
(@yhira)
Illustrious Member Admin
結合: 6年前
投稿: 16441
 

うまくいったようでよかったです!
また動作したコードのご報告ありがとうございます!
今後同様の問題が起こった方の参考になったと思います。
また、同様の質問が来た場合にはそのように案内したいと思います。


   
共有:

問題の解決に至った場合には、トピック冒頭の「解決済み」をクリックしていただけますと幸いです。

また、有用な回答があった場合は返信右下にある「いいね!」もご活用ください。回答者の励みになります。

「いいね!」機能はフォーラム登録者のみが利用できる機能です。

CC BY-ND 2.1)準じていれば(リンクを貼っていただければ)転載も自由です。カスタマイズ記事を書く際にコード等をコピペ利用していただいて構いません。

フォーラムの使い方がよくわからない場合は、テストトピックで自由にテストしていただいて構いません。

最近の書き込みはこちら。

詳細なカスタマイズ依頼をするならこちら。

タイトルとURLをコピーしました