特典機能について

フォルダをFTPでアップロードした後、エラーが出る | 不具合報告 | Cocoon フォーラム

サイト内検索
書き込みの前に以下の3点をご確認ください。
  1. 1つのトピックにつき1つの質問を書き込んでください
  2. 不具合・カスタマイズ対象ページのURLを提示高速化を無効にしてください
  3. 該当部分のキャプチャ・環境情報とともに書き込んでいただけると助かります

何を書き込んだら良いか分からない場合は、以下のテンプレートをコピペしてご利用ください。

不具合・カスタマイズ対象ページのURL:

相談内容:

解決のために試したこと:

※文字だけでは正しく伝わらない可能性があるため、スクショ画像の添付もお願いします。
※高速化設定をしている場合は無効にしてください。
環境情報:

※↑こちらに「Cocoon設定 → テーマ情報」にある「環境情報」を貼り付けてください。

環境情報の取得方法はこちら。
https://wp-cocoon.com/theme-report/
高速化設定を無効にするにはこちら。
https://wp-cocoon.com/theme-trouble/

フォーラム利用ガイドリンク

  1. フォーラムガイドライン
  2. よくある質問と答え(FAQ)
  3. サポート対象外のケース
  4. 原因不明の不具合用トラブルシューティング
  5. トピックにHTMLを貼り付ける方法(推奨ツール:notepad.pw
  6. 真っ白画面でのエラーメッセージの確認方法 
  7. ブラウザ環境チェックツール

フォーラム質問後、問題等が解決した場合は結果を書き込んでいただけると幸いです。同様の問題で調べている方には、結果が一番気になる部分となります。

また、問題の解決に至った場合には、トピック冒頭の「解決済み」リンクをクリックしていただけますと幸いです。

wpForoの解決済みリンク

また、有用な返信があった場合は「いいね!」リンクもご活用ください。返信者の励みになります。

wpForoのいいねリンク

「いいね!」機能はフォーラム登録者のみが利用できる機能です。

CC BY-ND 2.1)準じていれば(リンクを貼っていただければ)転載も自由です。カスタマイズ記事を書く際にコード等をコピペ利用していただいて構いません。

フォーラムの使い方がよくわからない場合は、テストトピックで自由にテストしていただいて構いません。

最近の書き込みはこちら。

詳細なカスタマイズ依頼をするならこちら。

スポンサーリンク
フォルダをFTPでアップロードした後、...
 
共有:
通知
すべてクリア

[解決済] フォルダをFTPでアップロードした後、エラーが出る


Kumiel
(@kumiel)
Active Member
結合: 2週間前
投稿: 11
Topic starter  

/wp-admin/css/wp-content/themes/cocoon-child-master/skins/skin-template/

配下に「fonts」というフォルダをFTPでアップロードした後エラーが出てしまいました。

(「fonts」フォルダにはIcon moonで作ったオリジナルフォントが入っています。)

本来は/cocoon-child-master/以下に入れるはずでしたがディレクトリを間違えてしまったようです。

 

「fonts」フォルダを消したのですが、エラーが直りません。

 

サイトトップには以下のエラーメッセージがあります。

  • The theme directory "cocoon-child-master" does not exist.
  • Error: The themes directory is either empty or doesn’t exist. Please check your installation.

 

また、管理画面の「外観」には

・テーマ

・カスタマイズ

・テーマファイルエディター

しか表示がありません。

 

「テーマ」をクリックするとこのように表示されます。

エラー: The theme directory "cocoon-child-master" does not exist.

現在のテーマ

cocoon-child-masterバージョン: false

 

「カスタマイズ」を開くとこのように表示されます。

  • The theme directory "cocoon-child-master" does not exist.
  • Error: The themes directory is either empty or doesn’t exist. Please check your installation.

 

「テーマファイルエディター」を開くとこのように表示されます。

選択したテーマはありません。

 

cocoonのcssや画像のリンクは切れているようです。

 

元に戻すには何をすればよいでしょうか。


chu-ya
(@chu-ya)
Estimable Member
結合: 3か月前
投稿: 194
 

上記の情報で、子テーマの構成が全く異なり。

/wp-content/themes/cocoon-child-master/skins

また、wp-adminは、WordPress の管理画面の表示部分に関するファイルが格納されていてます。
本来、ここを弄る事はないと思います。


わいひら 件のいいね!
Kumiel
(@kumiel)
Active Member
結合: 2週間前
投稿: 11
Topic starter  

@chu-ya さん
コメントありがとうございます。
こちらのディレクトリを弄るつもりはありませんでした。
誤ってアップロードしたフォルダを消したところで、元には戻らないようなのですが、
cocoon-childを再インストールすることで直ったりするでしょうか・・・

 

This post was modified 2週間前 by Kumiel

chu-ya
(@chu-ya)
Estimable Member
結合: 3か月前
投稿: 194
 

[外観]→[テーマ]にCocoonの親テーマ、他テーマは表示されますか?

FTPで以下のディレクトリ(Cocoon親テーマ)は存在しますか?
wp-content/themes/cocoon-master


わいひら 件のいいね!
Kumiel
(@kumiel)
Active Member
結合: 2週間前
投稿: 11
Topic starter  

@chu-ya さん

[外観]→[テーマ]にCocoonの親テーマ、他テーマ

表示されません。

FTPで以下のディレクトリ(Cocoon親テーマ)

存在しています。


chu-ya
(@chu-ya)
Estimable Member
結合: 3か月前
投稿: 194
 

以下が参考になりませんか?
「管理者」でない?

https://yypoup.com/theme-editing/


わいひら 件のいいね!
わいひら
(@yhira)
メンバーサイト Admin
結合: 4年前
投稿: 13481
わいひら - Facebookわいひら - Twitter
 

実際のサイトやテーマの環境情報が提示されていないので、詳しいことわかりません。
ただ、バックアップからの復元機能があるサーバーであれば、FTPでの変更前のバックアップポイントに復元すれば元に戻るのではないのでしょうか。
詳しい情報がないので、サーバーがわからずそういう機能があるかどうかはわかりませんが。


mk2
(@mk2_mk2)
メンバー Moderator
結合: 1年前
投稿: 3471
 

Kumielさん

わいひらさんも仰っているように、バックアップデータがあれば、それから戻すのが良いような気はします。

ただ、該当箇所は管理画面のCSSが格納されている場所のようです。
CSSが壊れただけで、そういう事象になるのかな・・・という印象は持ちます。
(他に破壊していないか)

 

試しに、ローカル環境で、該当箇所(wp-admin/css)のファイルのいくつかを削除すると、「テーマファイルエディター」が以下のような表示になってしまいました。

 
そして、ファイルを元に戻しても、改善しませんでした。
 
ブラウザのリロードをしても、元に戻りませんでした。
スーパーリロードだと、元に戻りました。
 
CSSだけであれば、戻りそうです。
 
 
 
ただ、先にも書きました通り、管理画面のCSSの格納場所のようですから、それだけなのか・・・という気はします。
 
FTPソフトで操作ログを落とす設定をしているようであれば、そのログを確認して、どういうファイルの更新をしてしまったのか、確認してみても良いのかもしれないです。
 
それらを元に戻すというのが、良さそうには思います。
バックアップデータがあることが前提ですけれど。

わいひら 件のいいね!
Kumiel
(@kumiel)
Active Member
結合: 2週間前
投稿: 11
Topic starter  

サーバーはロリポップです。調べたらあるようでした。今私の方でロリポップにログインできないのですが、確認してみます。

ダッシュボードに「cocoon設定」も無くなっていることに気づきました。。。

先月インストールしたばかりなので、cocoonのバージョンは新しいと思います。

wordpressのバージョンは5.9です。


mk2
(@mk2_mk2)
メンバー Moderator
結合: 1年前
投稿: 3471
 

Kumielさん

ロリポップのバックアップは、有料オプションのようです。
エンタープライズプランは無料らしいです。

バックアップ
https://lolipop.jp/service/specs/backup/#text=%E6%9C%88%E9%A1%8D330%E5%86%86%E3%81%A7%E7%B0%A1%E5%8D%98,%E3%82%92%E3%81%84%E3%81%A4%E3%81%A7%E3%82%82%E3%83%80%E3%82%A6%E3%83%B3%E3%83%AD%E3%83%BC%E3%83%89%E3%81%A7%E3%81%8D%E3%81%BE%E3%81%99%E3%80%82

 

サーバーのバックアップがないようでしたら、例えばバックアップ機能のあるプラグインが取得したバックアップ等あれば良いのですが。


わいひら 件のいいね!
Kumiel
(@kumiel)
Active Member
結合: 2週間前
投稿: 11
Topic starter  

ありがとうございます。

カスタムしたcssはバックアップがあるので、cocoonを再インストールしようと思います。


Kumiel
(@kumiel)
Active Member
結合: 2週間前
投稿: 11
Topic starter  

たびたび申し訳ありません。cocoonを再インストールしようとしたところ

エラーが出てしまいました。

管理画面のメニューには「coon設定」も消えてしまいましたので、初めてインストールするときと

同じ方法でやりましたが、以下のようなメッセージが出ます。

ディレクトリを作成できませんでした。 /home/users/0/upper.jp-paperart-c/web/kumiel/pf/wp-content/themes/cocoon-master/

テーマのインストールに失敗しました。

 

サーバー:ロリポップ

wordpress:バージョン5.9

cocoonのバージョンはアップデートしたので最新にしましたが、インストールするときは、データが大きいためか最新バージョンをインストールできなかったので「cocoon-master-1.6.1.1」にしています。

 

 

 

 

 


chu-ya
(@chu-ya)
Estimable Member
結合: 3か月前
投稿: 194
 

@kumiel さん

古いバージョンをアップロードとの事。
ロリポップですが、サーバー設定でアップロードできるファイル容量に制限があるようで。
設定を変更していますか?

●ご参考

WordPressのテーマをインストールできない時の対処法


わいひら 件のいいね!
mk2
(@mk2_mk2)
メンバー Moderator
結合: 1年前
投稿: 3471
 

Kumielさん

おそらく話が噛み合っていないです。

該当フォルダは、Cocoonが管理する場所ではなく、WordPressが管理する場所かと思います。
Cocoonを壊したのではなく、WordPressを壊したのだと思います。

そのため、以前の返信で、バックアップはないかお伺いしました。
特にそのお答えはいただいていないようですが、雰囲気から察するに、バックアップはないということでしょうか。

(バックアップがあれば、WordPressそのもの、プラグインやテーマも含めて、全部を戻すことができる。)

 

何故Cocoonの再インストールという結論になったのかは分かりませんが、それで戻るのであればやってみる価値はあると思い、特に何も言いませんでしたが・・・。

 

やるべきことは、壊してしまったファイルの復旧だと思います。
CSSを壊しただけの事象には見えないんですよね。

 

何を壊してしまったかを特定するために、以前以下のように書きました。

投稿者:: @mk2_mk2
FTPソフトで操作ログを落とす設定をしているようであれば、そのログを確認して、どういうファイルの更新をしてしまったのか、確認してみても良いのかもしれないです。
 
それらを元に戻すというのが、良さそうには思います。
バックアップデータがあることが前提ですけれど。

これも特にお返事はないですが、おそらくログは無くて、何を壊してしまったかも分からないという状態と推測します。

 

上記に書いた通り、WordPressを壊していると思います。

ですので、ダメ元でやってみるとしたら、WordPress本体の再インストールではないかと思います。
「ダッシュボード」-「更新」から、ボタン1つでできますので、やってみても良いと思います。

(WordPress本体のファイルは上書きされると思います。ただ今回のことでゴミは残るかもしれませんけど)

 

先にも書きましたが、何を壊したのかが良く分からないです。
「wp-adimn/css」のCSSを壊しただけで、こういう動作になるものかどうか。
(CSSを壊せば、表示が崩れるのは理解できますが、それだけではなさそうに見えます)

もし、WordPress本体の再インストールで治らない場合は、復旧のプロにお願いしても良い気はします。

何を壊したのか、こちらからは分からないです。


わいひら 件のいいね!
Kumiel
(@kumiel)
Active Member
結合: 2週間前
投稿: 11
Topic starter  

ロリポップ側のバックアップは取れる設定をしておらず、

FTPの方も過去ログは確認できませんでした。

cocoonではなくwordpressを壊してしまったとのご指摘、ありがとうございます。

納得いたしました。なぜここまでになってしまったのか原因がわからないのですが、WordPressのインストールから始めます。

皆さま、ご対応いただきましてありがとうございました。

コメントを参考に勉強させていただきます。


mk2
(@mk2_mk2)
メンバー Moderator
結合: 1年前
投稿: 3471
 

Kumielさん

先にも書きました通り、WordPress本体の再インストールは、「ダッシュボード」-「更新」から、ボタン1つでできます。

(これでWordPress自体のファイルは上書きされるはずです)

まずは、これを試してみてください。


わいひら 件のいいね!
chu-ya
(@chu-ya)
Estimable Member
結合: 3か月前
投稿: 194
 

腑に落ちない点があり。
先に書かれたfontsを削除と書かれていますが、以下のディレクトリは明らかに変です。

/wp-admin/css/wp-content/themes/cocoon-child-master/skins/skin-template/

FTPソフトを使用していたとしたら、誤って、wp-contentフォルダーごと、移動させてしまったのでは?
WordPressのインストール先で、多少ディレクトリ構成は違いますが添付のようになっていますか?


わいひら 件のいいね!
mk2
(@mk2_mk2)
メンバー Moderator
結合: 1年前
投稿: 3471
 

Kumielさん

ちなみに、Cocoonの再インストールは、現状WordPressの機能ではできないようですね。

であれば、FTPを使ってアップロードするのが良いとは思います。

ただ、Cocoon以外の何かを壊している可能性がとても高いとは思います。(おそらくWordPress本体)
しかし、Cocoonを壊した可能性もない訳ではありませんので。
(外部からは、確認できないというのが、正直なところです)

 

これを機会に、FTPソフトに関しては操作ログを残せるような設定にしておくのが良いと思います。
(それができるソフトであれば。)

何かあった際に、トレースができるようになると思います。

また、サーバーのバックアップも必要だと思います。
(何もない時は不要なのですが。こちらはプラグインでできると思います。)


わいひら 件のいいね!
Kumiel
(@kumiel)
Active Member
結合: 2週間前
投稿: 11
Topic starter  

@chu-ya さん

wp-contentフォルダの階層はありましたが、配下には、以下のフォルダしかありませんでした。

upgrade

languages

uploads

やはり誤って移動させたのかもしれません。

 

 

 


mk2
(@mk2_mk2)
メンバー Moderator
結合: 1年前
投稿: 3471
 

Kumielさん

wp-admin/cssの配下は、標準では以下のような感じで、管理画面に関するCSSが入っているだけです。

 
拡張子がCSSのファイルはもっとありますが、フォルダは「colors」しかないです。
 
「colors」フォルダには、「ユーザー」-「プロフィール」で選択できる「管理場面の配色」に関するものが入っているようです。
 
 
ただ、あくまでもこのフォルダは、CSSが入っているだけだと思います。
このフォルダに、余計なものがあっただけで、何か悪さをするのということではないのではないかと、推測します。
 
 
他の場所から、そもそもの何かWordPress本体の動作に関するファイルなどを、コピー・移動・削除などしてしまっている可能性が高いと思います。
 
こういう状態だと、何がどうなっているのかが分からないと言えるのではないかと思います。
 
やはり、復旧のプロにお願いしても良いかもしれないです。
 
とりあえずWordPress本体の再インストールすれば、ある程度復旧したとしても、ゴミは残ると思います。
(移動・コピーしてしまったフォルダ・ファイルは残る、移動したプラグイン等のファイルは復旧しない)
 
 
外部からは、何のフォルダ・ファイルをコピー・移動・削除したかの把握はできないです。
 
 
 
 
今回分かった場所のフォルダ・ファイルについては、どうなっているのか良く確認して、元の場所に戻してみても良いかもしれないですね。
 
但し、今以上に壊してしまう可能性もありますから、今の状態のバックアップはとっておく必要があるように思います。
 
他にも移動・削除等している可能性もあると思います。
それらの確認も必要だと思います。

わいひら 件のいいね!
mk2
(@mk2_mk2)
メンバー Moderator
結合: 1年前
投稿: 3471
 

Kumielさん

先の返信に「戻してみても良いかも・・・」とは書きましたが・・・。

もしかすると、ご本人は触らない方が良いかもしれないです。

その理由は、添付いただいたフォルダ構成の画像を拝見して思うのですが…。

本来の「wp-content」と「wp-admin/css」配下の「wp-content」のフォルダ構成が気になりました。

両方に存在するものと、一方にしか存在しないものがあります。

  • language
  • upgrade
  • uploads

 
上記は、両方に存在します。
上記以外は、「wp-admin/css」配下の「wp-content」にのみ存在します。

ということは、一度の操作では、こういう状態にはならないのではないか・・・と思われます。
複数回、何らかのことを行っていると思います。

何か変なことをしたのに、それに気づかず、何回も何かをしてしまっていると思います。

また、「wp-admin/css」配下の「wp-content」配下に、更に「wp-content」が存在します。

これも、一度ではこうはならず、複数回何らかのことをしている可能性が高いです。

 

少なくとも、最初にお書きいただいた以下のような操作をしただけでは、こういう状態にはならないと思います。

投稿者:: @kumiel

/wp-admin/css/wp-content/themes/cocoon-child-master/skins/skin-template/

配下に「fonts」というフォルダをFTPでアップロードした後エラーが出てしまいました。

(「fonts」フォルダにはIcon moonで作ったオリジナルフォントが入っています。)

本来は/cocoon-child-master/以下に入れるはずでしたがディレクトリを間違えてしまったようです。

 

「fonts」フォルダを消したのですが、エラーが直りません。

複数回に渡って、破壊をしていると思います。
単純にこうすれば復旧するという話ではなさそうです。

 

そう考えると、分からない状態でご本人が復旧作業をなさるのは危険なのではないか・・・という気がします。

プロにお願いした方が良いのではないかと思ってしまいます。

いずれにせよ、どういう状態なのかは外部からは分かりませんので、ここから先はフォーラムでのサポートは難しいのではないかと感じます。

(現状がどういう状態なのかを、正確に把握しない限りは難しいと思います。)

 

わいひら 件のいいね!
Kumiel
(@kumiel)
Active Member
結合: 2週間前
投稿: 11
Topic starter  

wp-contentを元の場所に戻したところ、復旧しました。

(wp-contentの中にさらにwp-contentがあったりして、おかしい箇所もあるのが気になりますが、消してよいでしょうか)

アドバイスいただき本当にありがとうございます。


mk2
(@mk2_mk2)
メンバー Moderator
結合: 1年前
投稿: 3471
 

Kumielさん

復旧したのは、あくまでもWordPressが最低限動作に必要なファイルが戻ったということだと思います。

その他に、WordPress・プラグイン等が必要なファイルがどういう状態にあるかは分からないです。
いつか突然、何が起きるか・・・という気はします。

そもそも現状がどういう状態だったか外部からは把握できず、コメントに困るという状態かと思います。

 

投稿者:: @kumiel

(wp-contentの中にさらにwp-contentがあったりして、おかしい箇所もあるのが気になりますが、消してよいでしょうか)

これは、外部の者が判断はできないです。

ここの「wp-content」配下に、どんなものが存在するのかも分からないです、そもそも何故ここに存在するのかも分からないです。

無責任に何かを言える状態ではないです。

(先に書きました通り、複数回に渡って、何かをしていると思われます。)

 

「wp-content」を戻した作業も含めて、全て自己責任でお願い致します。


わいひら 件のいいね!
chu-ya
(@chu-ya)
Estimable Member
結合: 3か月前
投稿: 194
 

以下を確認してみて下さい。

  • [ダッシュボード]→[プラグイン]で、以前インストールしたプラグイン一覧が表示されるか。
  • [ダッシュボード]→[外観]→[テーマ]でCocoonの親、子テーマが表示されるか。
  • /pf/wp-content/uploadsに以前の記事に使っていたメディアはあるか。
  • 添付画像の赤枠のフォルダー内は空か。
    uploadsメディアが登録されているので、削除は要注意です。

わいひら 件のいいね!
Kumiel
(@kumiel)
Active Member
結合: 2週間前
投稿: 11
Topic starter  

@chu-ya さん

ありがとうございます。

入れ子になっている「wp-content」は

「upgrade」の中には、再インストールを試みてできなかったcocoonのデータが入っていました。

「uploads」の中は空のようです。

 


chu-ya
(@chu-ya)
Estimable Member
結合: 3か月前
投稿: 194
 

削除しても問題ないと思いますが、ここに至った経緯が分からない為、自己判断にお任せします。

また、FTPソフトですが、作業ミスを防止する上で、サーバ接続した時のリモートディレクトリを、子テーマ下に設定する事をお勧めします。

例:FileZillaの詳細設定「/public_html/wp-content/themes/cocoon-child-master


わいひら 件のいいね!
Kumiel
(@kumiel)
Active Member
結合: 2週間前
投稿: 11
Topic starter  

削除しましたが問題ありませんでした。

FileZillaに慣れていなかったのも原因と思いますので、いただいたコメントを参考に設定しました。

cocoonと関係ないところまで、フォローいただき感謝いたします。

ありがとうございました。


わいひら 件のいいね!
共有:
スポンサーリンク
SWELLと業務提携しています
WordPressテーマSWELL
わいひらをフォローする
おすすめサーバー(コスパ・バックアップ重視型)

性能も兼ね備えながら安くブログ運営を開始できる点においてのNo.1。
それでいてブログ成長後は、十分すぎるほどのスペックアップ余力も担保されている。

◎安く始められる
◎LiteSpeedを用いた高速サーバー(完全SSD)
◎http/3(高速化プロトコル)に対応
◎東京・大阪でリージョン選択が可能
◎プランのアップ・ダウングレードが自由自在
◎同サービス内でドメイン管理が可能
◎ディスク容量が多い
◎転送量が多い
◎毎日無料バックアップ(14日分)
◎DBは14日以内なら無料自動復旧可能
◎ファイルも14日以内なら無料自動復旧可能
◎アダルト・出会い系サイト可
◎ドメインとサーバー代のチャージ払いが可能
○サーバ引っ越し依頼が可能(有料)

サービス運営期間:3年

1年以上の契約をする場合は、クーポンコード入力でさらに50%割引キャンペーン中!
※BOX2 ~ BOX8プラン契約の場合

クーポンコード:PK4JK4RJ

クーポンの使用方法はこちら

安定感抜群のサーバーです。あまり急激なアクセス変動がないアフィリエイトサイトに向いています。

◎nginxを用いた高速サーバー(完全SSD)
◎老舗サーバーなので安定感抜群
◎ディスク容量が多い
◎転送量が多い
◎同サービス内でドメイン管理が可能
○http/2(高速化プロトコル)に対応
○毎日無料バックアップ(14日分)
◎DBは14日以内なら無料自動復旧可能
○ファイルは7日以内なら無料自動復旧可能
×プラン変更でCPUのスペックアップができない
×プラン変更しても即時反映されない
×アダルト・出会い系サイト不可

サービス運営期間:18年

とにかく速い。サイトに表示スピードを求めるならココ。
管理画面がシンプルで使いやすい。

◎nginxを用いた高速サーバー(完全SSD)
◎プランのアップ・ダウングレードが自由自在
◎同サービス内でドメイン管理が可能
◎ディスク容量が多い
◎転送量が多い
○http/2(高速化プロトコル)に対応
◎毎日無料バックアップ(14日分)
×DBは手動で復旧(データ取得は無料)
×ファイルも手動で復旧(データ取得は無料)
◎サーバ引っ越しツールあり(無料)
○サーバ引っ越し依頼が可能(有料)
◎ドメインとサーバー代のチャージ払いが可能

サービス運営期間:3年

常に新しいことに挑戦しているフロンティア精神あふるるレンタルサーバーです。
LiteSpeedやHTTP/2を日本で初めて導入したサーバー。

◎LiteSpeedを用いた高速サーバー(完全SSD)
◎http/3(高速化プロトコル)に対応
◎プランのアップ・ダウングレードが自由自在
◎同サービス内でドメイン管理が可能
◎転送量が多い
◎ディスク容量が多い
◎毎日無料バックアップ(14日分)
◎DBは14日以内なら無料自動復旧可能
×ファイルは手動復旧(データ取得は無料)
◎アダルト・出会い系サイト可
◎ドメインとサーバー代のチャージ払いが可能
○サーバ引っ越し依頼が可能(有料)

サービス運営期間:5年

格安な値段で始められる高機能サーバーです。
性能も備えつつ最安ならここ。
ただし少し機能は弱い。

◎LiteSpeedを用いた高速サーバー(完全SSD)
◎激安プランが用意してある
◎値段あたりのスペックが高い(コスパ良し)
◎サーバ引っ越し依頼が可能(無料)
◎アダルト・出会い系サイト可
○http/2(高速化プロトコル)に対応
△プランのアップは可能だがダウンは不可
△毎日自動バックアップ(1日分)
△前日のバックアップからのみ復元できる(無料)

サービス運営期間:6年

Cocoon
タイトルとURLをコピーしました