WordPressテーマ「SWELL」様と業務提携させていただきました

お知らせ
この記事は約4分で読めます。
2022年9月7日をもってCocoon事業は事業譲渡されエックスサーバー所有となりました。その間のSWELLの了さんのご支援のおかげでCocoonを続けてこれることができました。誠に感謝申し上げます。

この度、WordPressテーマの「SWELL」様(以下、SWELL)と「Cocoon」は、資金提供を受ける形で業務提携させていただきました。

\お得なキャンペーン実施中!/
エックスサーバーキャンペーン

提携内容

今回の業務提携で交わした契約の内容はこちら。

  • SWELLからCocoonに資金提供をいただく
  • Cocoonは提供いただいた資金でCocoon開発を継続する
  • テーマ開発で得たノウハウは共有しあう

SWELLと言えば、「美しく機能的なWordPressテーマ」としても有名なテーマです。

特にブロックエディターの「表現の豊かさ」と「利便性」は、僕などが述べずとも多くの方がご存知かと思います。

今回資金提供を受け、ノウハウを共有することになりますが、今後Cocoon、SWELLとも、それぞれ独自開発を続けることは変わりません。

提携に至った経緯

今回、SWELLとの業務提携に至った経緯を説明させていただきます。

きっかけは、Cocoonのこちらの記事です。

Cocoonの寄付特典機能の追加について
エックスサーバー株式会社へのCocoon事業譲渡より、2022年9月7日から寄付特典機能はすべて開放され全機能を無料で利用出来るようになりました。 新しくCocoon寄付特典を追加した経緯や、特典内容などを説明させていただきます。 これ...

記事の内容を簡単に説明します。

先日、結構な体調不良になってしまいまして、とても自ら開発できるような状態ではなかったので、持ち出しで外注にお願いすることとなりました。その費用を多少なりとも補填できればと追加した寄付特典機能の記事です。

こちらの記事をSWELLの了さんが読んでくださって、ありがたいことに業務提携と支援の申し出をいただきました。

実を言うと、先程の寄付特典記事の文中に以下のような記述がありました。

正直、体調が芳しくない状態でのテーマへの対応は、かなり精神的負担で「Cocoonについては放置したい」とも考えました。

当時、体調的にも精神的にも非常に悪い状態で、

「こんな状態ではCocoon開発はちょっと無理かもしれない…。とりあえずCocoonの代わりとなるようなテーマを推薦して、開発休止させてもらおうか…。」

と真剣に考えていたことがあります。

もちろん当事、「絶不調でものすごく弱気になっていた」というのはありますが、そのように考えていたことは紛れもない事実です。

その際に「乗り換え先テーマ」として紹介を考えていたのがSWELLでした。

「乗り換え先」としてSWELLをおすすめしようとしていたのにも、もちろん理由があります。

理由はいろいろあれど、主な理由はこちら。

  • SWELLテーマはCocoonと同じ100%GPLだったこと
  • Cocoonの乗り換えサポートプラグインがあるテーマは僕の知る限りSWELLだけだったこと
  • SWELLは周知の通り高機能で利便性の高いWordPressテーマだったこと

この「乗り換え先」としてお勧めしようとしていた「SWELLテーマ」の了さんからの申し出だったということもあり、業務提携を受けさせていただくことを決めました。

あと、業務提携の内容に「CocoonおよびSWELLの開発はこれまで通りそれぞれが行う」というのがあり、「これまで通り独自性を保ったまま開発を続けられる」というのも決めさせていただいた理由の一つです。

※その後、怪我の回復とともに精神的に体力的にも、ほぼ以前の状態まで回復しました。

今後のCocoonについて

正直、僕にとってはありがたすぎる申し出で「果たして、Cocoonにそれだけの価値があるのだろうか」というプレッシャーはあります(SWELLのポテンシャルは半端ないので)。

けれど、今回の業務提携の価値に見合えるようなテーマとなるべく、今後も開発を継続していく所存です。

ただ、僕自体は2021年10月中旬~後半にかけて、今回の体調不良の発端となった異所性骨化という病気の治療をすべく手術を控えています。

ですので、少なくとも10月~11月の間は、なかなかCocoonのサポートができない状態になるかもしれません。

ただ、こういうときのために追加した寄付特典機能です。加えて、今回SWELLからのご支援もあります。

何か予期せぬ大きな不具合があって、自分で対応ができない場合は、病院からでも外注をして対応できればと考えています。


僕の知る限り、無料テーマと有料テーマの業務提携は初めてのことではないかと思っています。

これまでにないことなので、今後どのようになるかは未知の部分もあります。

しかしながら無料テーマ・有料テーマ関係なく同じWordPressテーマ作者としてお互いに高め合えればと考えています。

今後とも両テーマをよろしくお願いいたします。

タイトルとURLをコピーしました