grayishスキン適用中

Cocoon 2.2.3公開。WordPress5.5デフォルトのLazy Loadが優先されるように調整。

アップデート情報
この記事は約2分で読めます。

Cocoon 2.2.2からの変更点など。

とりあえず今回は、WordPress5.5のLazy Loadに合わせた調整メインです。

次のバージョンでは、ブロックエディターの余白に関する調整を行う予定です。

\お得なキャンペーン実施中!/
エックスサーバーキャンペーン

機能追加

  1. WordPress5.5からのLazy Load機能を優先して利用するように変更
  2. Gutenbergでページタイプをワイドタイプにすると編集幅が広がるように機能追加
  3. ブロックスタイルの無効機能追加
  4. public_page_entry_card_pv_visibleフィルターフックの追加
  5. みるらいとスキンのアップデート

WordPress5.5からのLazy Loadに関する調整

WordPress5.5からデフォルトでLazy Load機能が追加されました。

この標準のLazy Load機能は優秀で、画像の縦横比を保ったまま遅延読み込みを行ってくれます。

ただ、標準のLazy Loadは、適用範囲が限られています。

詳細はこちら。

WordPressのネイティブ遅延読み込みは、次のような画像で利用可能です。

WordPress 5.5の素晴らしい新機能—新リリースの詳細
WordPress 5.5は、コアに多くの変更が加えられたWordPressの最新のリリースです。WordPress 5.5のすべての新機能と改善点をご確認ください。

これに対してCocoonでは、WordPress標準のLazy Loadでは適用されない画像にのみLazy Loadが適用されるように仕様変更しました。

新しくなったLazy Load説明文

ブロックスタイルの無効機能追加

これは、前回のアップデートで書き忘れていたのでここで書きます。

Cocoon設定の「エディター」タブにある「ブロックオプション」項目でブロックエディターのスタイルオプションを非表示にする機能を追加しました(※Cocoonのスタイルのみ)

ブロックオプションの選択機能

ブロックのスタイオプションというのはこちら。

段落のスタイルオプション部分

当バージョンから、このスタイルオプションはデフォルトで無効に変更しました。既にCocoonオプションで保存され、利用されている方はそのまま問題なく利用できるかと思います。

不具合修正

  1. IcoMoonフォント読み込みの不備修正
  2. 一部環境で著者ページの著者名が表示されない不具合修正
  3. AMPページのフォローボタン表示スタイルの不具合修正
  4. レビューの評価値表示の不具合修正(管理画面)
  5. AMP Facebookフォローウィジェットの画像のスタイル調整
  6. wp_make_content_images_responsiveフックをWordPress5.5より前で利用しない処理追加
  7. CSSの高速化の不具合修正(感謝:プルリクエスト
タイトルとURLをコピーしました