特典機能について

サブドメインに設定したGoogleアナリティックスについての質問 | ブログ相談 | Cocoon フォーラム

サイト内検索
運営者(わいひら)は、骨の手術明けのためしばらく体調を優先して運営させていただきます。ですので、フォーラム負担軽減のため登録者のみ書き込めるようを制限をさせていただきます。フォーラム未登録の方はこちらの手順で登録を行ってください。予定としては12月前半まで実施させていただきます。
書き込みの前に以下の3点をご確認ください。
  1. 1つのトピックにつき1つの質問を書き込んでください
  2. 不具合・カスタマイズ対象ページのURLを提示高速化を無効にしてください
  3. 該当部分のキャプチャ・環境情報とともに書き込んでいただけると助かります

何を書き込んだら良いか分からない場合は、以下のテンプレートをコピペしてご利用ください。

不具合・カスタマイズ対象ページのURL:

相談内容:

解決のために試したこと:

※文字だけでは正しく伝わらない可能性があるため、スクショ画像の添付もお願いします。
※高速化設定をしている場合は無効にしてください。
環境情報:

※↑こちらに「Cocoon設定 → テーマ情報」にある「環境情報」を貼り付けてください。

環境情報の取得方法はこちら。
https://wp-cocoon.com/theme-report/
高速化設定を無効にするにはこちら。
https://wp-cocoon.com/theme-trouble/

フォーラム利用ガイドリンク

  1. フォーラムガイドライン
  2. よくある質問と答え(FAQ)
  3. サポート対象外のケース
  4. 原因不明の不具合用トラブルシューティング
  5. トピックにHTMLを貼り付ける方法(推奨ツール:notepad.pw
  6. 真っ白画面でのエラーメッセージの確認方法 
  7. ブラウザ環境チェックツール

フォーラム質問後、問題等が解決した場合は結果を書き込んでいただけると幸いです。同様の問題で調べている方には、結果が一番気になる部分となります。

また、問題の解決に至った場合には、トピック冒頭の「解決済み」リンクをクリックしていただけますと幸いです。

wpForoの解決済みリンク

また、有用な返信があった場合は「いいね!」リンクもご活用ください。返信者の励みになります。

wpForoのいいねリンク

「いいね!」機能はフォーラム登録者のみが利用できる機能です。

CC BY-ND 2.1)準じていれば(リンクを貼っていただければ)転載も自由です。カスタマイズ記事を書く際にコード等をコピペ利用していただいて構いません。

フォーラムの使い方がよくわからない場合は、テストトピックで自由にテストしていただいて構いません。

最近の書き込みはこちら。

詳細なカスタマイズ依頼をするならこちら。

スポンサーリンク
サブドメインに設定したGoogleアナ...
 
共有:
通知
すべてクリア

[解決済] サブドメインに設定したGoogleアナリティックスについての質問


eyanai
(@eyanai)
Active Memberサイト
結合: 1年前
投稿: 19
Topic starter  

こんにちは、エイじーです。

昨日は、メインブログのGoogleアナリティックスの設置に関しての質問に色々回答を頂きありがとうございました。

今日は、昨日に引き続き、2つ目の疑問点がありそれについての質問をさせていただきます。

サブドメインに設定したGoogleアナリティックスについてです。

 このサイトには、タグマネージャIDは設定しておりませんがGoogleアナリティックスとGoogle Search Console IDは設定しております。

 このような状態で、 Googleアナリティックスの設定を調べるサイト「Google アナリティクス チェッカー」でサブドメインブログを調べると、「GAが2つ設置あり:UA-170329158-2(gtag.jsライブラリ), UA-170329158-2(gtag.js実行処理部分)」とでてきます。

 また、、Googleアナリティックスの設置状態を調べるChromeの拡張機能「Tag Assistant Legacy by Google」で調べると「緑のタグ1.Global site tag (gtag.js)UA-170329158-2」と「青のタグ2.Google AnalyticsUA-170329158-2」が見つかり、同じGoogle AnalyticsトラッキングIDが2つ設定されているように言ってきます。

 さらに、ソースを見ると同じGoogle AnalyticsトラッキングIDが2つ見つかりました。そのグローバルサイトタグは、以下のものです。

<!-- Global site tag (gtag.js) - Google Analytics -->
<script async src="https://www.googletagmanager.com/gtag/js?id=UA-170329158-2"></script>
<script>
window.dataLayer = window.dataLayer || [];
function gtag(){dataLayer.push(arguments);}
gtag('js', new Date());

gtag('config', 'UA-170329158-2');
</script>
<!-- /Global site tag (gtag.js) - Google Analytics -->

 このグローバルタグは、Googleアナリティックスのこのサイトのトラッキング情報のグローバルサイトタグと同じと思われます。

 スマホから、このサブドメインサイトに入りGoogleアナリティックスのリアルタイムサマリーを見ると0⇒1に変わることが分かりました。

 以上のことを総合して、ツールではGoogle AnalyticsトラッキングIDが2つ見つかっても、Google Analyticsの設定は間違っていないと思ってよいのでしょうか?

 直、参考のためにサブドメインブログのURLとテーマ情報を載せます。

サブドメインブログ

【テーマ情報】

----------------------------------------------
サイト名:
サイトURL: https://plants.yanai-ke.com
ホームURL: https://plants.yanai-ke.com
コンテンツURL:/wp-content
インクルードURL:/wp-includes/
テンプレートURL:/wp-content/themes/cocoon-master
スタイルシートURL:/wp-content/themes/cocoon-child-master
親テーマスタイル:/wp-content/themes/cocoon-master/style.css
子テーマスタイル:/wp-content/themes/cocoon-child-master/style.css
スキン:/wp-content/themes/cocoon-master/skins/skin-season-autumn/style.css
WordPressバージョン:5.6.1
PHPバージョン:7.4.13
ブラウザ:Mozilla/5.0 (Windows NT 10.0; Win64; x64) AppleWebKit/537.36 (KHTML, like Gecko) Chrome/88.0.4324.150 Safari/537.36
サーバーソフト:Apache
サーバープロトコル:HTTP/2.0
エンコーディング:gzip, deflate, br
言語:ja-JP,ja;q=0.9,en-US;q=0.8,en;q=0.7
----------------------------------------------
テーマ名:Cocoon
バージョン:2.2.7.1
カテゴリ数:13
タグ数:313
ユーザー数:1
----------------------------------------------
子テーマ名:Cocoon Child
バージョン:1.1.2
style.cssサイズ:1032バイト
functions.phpサイズ:203バイト
----------------------------------------------
Gutenberg:0
AMP:0
PWA:0
Font Awesome:4
Auto Post Thumbnail:0
Retina:0
ホームイメージ:/wp-content/themes/cocoon-master/screenshot.jpg
----------------------------------------------
ブラウザキャッシュ有効化:0
HTML縮小化:0
CSS縮小化:0
JavaScript縮小化:0
Lazy Load:0
WEBフォントLazy Load:0
----------------------------------------------
利用中のプラグイン:
404 Redirection 1.8
AddQuicktag 2.5.3
Advanced Editor Tools (previously TinyMCE Advanced) 5.6.0
Akismet Anti-Spam 4.1.8
BackWPup 3.8.0
Broken Link Checker 1.11.15
Categories to Tags Converter Importer 0.5
Contact Form 7 5.3.2
Elementor 3.1.1
Envato Elements 2.0.8
EWWW Image Optimizer 6.0.1
Export All URLs 4.1
Google XML Sitemaps 4.1.1
Jetpack by WordPress.com 9.4
Pixabay Images 3.4
Search Regex 2.4.1
TablePress 1.12
WordPress Importer 0.7
WP Maintenance Mode 2.3.0
Yoast Duplicate Post 4.1.1
----------------------------------------------

箭内英治


リフィトリー
(@leafytree)
メンバー Moderator
結合: 3年前
投稿: 6436
 

前略、eyanai さん

サイトのソースコードを拝見する限り、特に問題はないと思われます。

アナリティクスの「グローバル サイトタグ(gtag.js)」には、2箇所にIDの記述があります。

<!-- Global site tag (gtag.js) - Google Analytics -->
<script async src="https://www.googletagmanager.com/gtag/js?id=UA-12345678-1"></script>
<script>
window.dataLayer = window.dataLayer || [];
function gtag(){dataLayer.push(arguments);}
gtag('js', new Date());

gtag('config', 'UA-12345678-1');
</script>

ですので、何の問題もないと思います。


eyanai 件のいいね!
eyanai
(@eyanai)
Active Memberサイト
結合: 1年前
投稿: 19
Topic starter  

 リフィトリー さん

 何時もご回答をいただきありがとうございます。

 何の問題もないとのこと、安心しました。

 ツールで調べるのは、余り良くないのでしょうか?

 と言うより、ツールの内容や意味が分からないで使用すること自体止めたっ方が良いのかもしれませんね。

 今回も、助かりました。

 本当に有難うございました。

 

箭内英治


リフィトリー 件のいいね!
リフィトリー
(@leafytree)
メンバー Moderator
結合: 3年前
投稿: 6436
 

eyanai さん

トラッキング用のコードは、Webサイトの画面には出てこないので、ソースコードを調べるのが一番確実かと思います。

 

Google等の指定したとおりのトラッキングコードが、ソースコードに指定どおりに出力されているかどうか、ということと、実際にちゃんと機能しているかということだろうと思います。

 

アナリティクスの該当するプロパティのトラッキングコードを確認して、それと同じものがソースコードにあれば良いということかと思います。

 

前のトピックで書いたとおり、タグマネージャーは使ったことがないので、よくわかりませんが、要領としては同じと推測します。


eyanaiたなかま 件のいいね!
たなかま
(@tanakama)
Honorable Memberサイト
結合: 4年前
投稿: 593
たなかま - Twitter
 

こんにちは。

リフィトリーさんのおっしゃる通り、ソースでの確認が一番いいですね。

と言うより、ツールの内容や意味が分からないで使用すること自体止めたっ方が良いのかもしれませんね。

ツールを使っても良いのですが、ツールの使い方や内容を検索して調べた方が良いですね。

 

【余談】

昨日言い忘れましたが、タグマネージャーとアナリティクスのコードが重複している場合、リアルタイム計測では確認できません。

このタイプのコード重複は、PVが2倍になるのではなく、直帰率や滞在時間に影響がでます。


eyanaiリフィトリー 件のいいね!
リフィトリー
(@leafytree)
メンバー Moderator
結合: 3年前
投稿: 6436
 
投稿者:: @tanakama

このタイプのコード重複は、PVが2倍になるのではなく、直帰率や滞在時間に影響がでます。

そうなんですね。

 

だとすると、やはり、どちらかひとつにして、要らない方は外しておく必要が、ありそうですね。


わいひら 件のいいね!
eyanai
(@eyanai)
Active Memberサイト
結合: 1年前
投稿: 19
Topic starter  

たなかま さん

リフィトリー さん

 色々とご回答いただきありがとぅございます。

 ツールを使っても良いのですが、ツールの使い方や内容を検索して調べた方が良いですね。

 一応調べているのですが、私の現在の知識では理解ができていないのですね。

 ここのフォーラムはレスポンスが早いので大変助かります。

 今回も、本当にありがとうございました。

箭内英治


わいひらリフィトリー 件のいいね!
共有:
スポンサーリンク
SWELLと業務提携しています
WordPressテーマSWELL
わいひらをフォローする
おすすめサーバー(コスパ・バックアップ重視型)

性能も兼ね備えながら安くブログ運営を開始できる点においてのNo.1。
それでいてブログ成長後は、十分すぎるほどのスペックアップ余力も担保されている。

◎安く始められる
◎LiteSpeedを用いた高速サーバー(完全SSD)
◎http/3(高速化プロトコル)に対応
◎東京・大阪でリージョン選択が可能
◎プランのアップ・ダウングレードが自由自在
◎同サービス内でドメイン管理が可能
◎ディスク容量が多い
◎転送量が多い
◎毎日無料バックアップ(14日分)
◎DBは14日以内なら無料自動復旧可能
◎ファイルも14日以内なら無料自動復旧可能
◎アダルト・出会い系サイト可
◎ドメインとサーバー代のチャージ払いが可能
○サーバ引っ越し依頼が可能(有料)

サービス運営期間:3年

1年以上の契約をする場合は、クーポンコード入力でさらに50%割引キャンペーン中!
※BOX2 ~ BOX8プラン契約の場合

クーポンコード:PK4JK4RJ

クーポンの使用方法はこちら

とにかく速い。サイトに表示スピードを求めるならココ。
管理画面がシンプルで使いやすい。

◎nginxを用いた高速サーバー(完全SSD)
◎プランのアップ・ダウングレードが自由自在
◎同サービス内でドメイン管理が可能
◎ディスク容量が多い
◎転送量が多い
○http/2(高速化プロトコル)に対応
◎毎日無料バックアップ(14日分)
◎DBは14日以内なら無料自動復旧可能
◎ファイルも14日以内なら無料自動復旧可能
◎サーバ引っ越しツールあり(無料)
○サーバ引っ越し依頼が可能(有料)
◎ドメインとサーバー代のチャージ払いが可能

サービス運営期間:3年

安定感抜群のサーバーです。あまり急激なアクセス変動がないアフィリエイトサイトに向いています。

◎nginxを用いた高速サーバー(完全SSD)
◎老舗サーバーなので安定感抜群
◎ディスク容量が多い
◎転送量が多い
◎同サービス内でドメイン管理が可能
○http/2(高速化プロトコル)に対応
○毎日無料バックアップ(14日分)
○DBは7日以内なら無料自動復旧可能
×ファイルは有料かつ手動での復旧
×プラン変更でCPUのスペックアップができない
×プラン変更しても即時反映されない
×アダルト・出会い系サイト不可

サービス運営期間:18年

常に新しいことに挑戦しているフロンティア精神あふるるレンタルサーバーです。
LiteSpeedやHTTP/2を日本で初めて導入したサーバー。

◎LiteSpeedを用いた高速サーバー(完全SSD)
◎http/3(高速化プロトコル)に対応
◎プランのアップ・ダウングレードが自由自在
◎同サービス内でドメイン管理が可能
◎転送量が多い
◎ディスク容量が多い
◎毎日無料バックアップ(14日分)
◎DBは14日以内なら無料自動復旧可能
○ファイルは14日以内なら無料復旧可能(※手動)
◎アダルト・出会い系サイト可
◎ドメインとサーバー代のチャージ払いが可能
○サーバ引っ越し依頼が可能(有料)

サービス運営期間:5年

格安な値段で始められる高機能サーバーです。
性能も備えつつ最安ならここ。
ただし少し機能は弱い。

◎LiteSpeedを用いた高速サーバー(完全SSD)
◎激安プランが用意してある
◎値段あたりのスペックが高い(コスパ良し)
◎サーバ引っ越し依頼が可能(無料)
◎アダルト・出会い系サイト可
○http/2(高速化プロトコル)に対応
△プランのアップは可能だがダウンは不可
△毎日自動バックアップ(1日分)
△前日のバックアップからのみ復元できる(無料)

サービス運営期間:5年

Cocoon
タイトルとURLをコピーしました