現在デフォルトスキンとして「 Fuwari -海松茶(みるちゃ)-」を適用中。

もう一度お願い致します。人気記事のPV数について | ブログ相談 | Cocoon フォーラム

書き込みの前に以下の3点をご確認ください。
  1. 1つのトピックにつき1つの質問を書き込んでください
  2. 不具合・カスタマイズ対象ページのURLを提示してください
  3. 該当部分のキャプチャ・環境情報とともに書き込んでいただけると助かります

フォーラム利用ガイドリンク

  1. フォーラムガイドライン
  2. よくある質問と答え(FAQ)
  3. サポート対象外のケース
  4. 原因不明の不具合用トラブルシューティング
  5. トピックにHTMLを貼り付ける方法(推奨ツール:notepad.pw
  6. 真っ白画面でのエラーメッセージの確認方法 
  7. ブラウザ環境チェックツール

フォーラムの内容は、CCライセンス(CC BY-ND 2.1)準じていれば(リンクを貼っていただければ)転載も自由です。カスタマイズ記事を書く際にコード等をコピペ利用していただいて構いません。

フォーラムの使い方がよくわからない場合は、テストトピックで自由にテストしていただいて構いません。

フォーラムのTwitterアカウント(@CocoonForum)はこちら

スポンサーリンク
もう一度お願い致します。人気記事のPV...
 
Share:

[解決済] もう一度お願い致します。人気記事のPV数について  

  RSS

elcl
(@elcl)
Active Memberサイト
参加: 1か月 前
投稿: 9
2019年6月22日 01:24  

わいひら様、大変申し訳ございませんが、もう一度ご教授ください。

私の使う単語によって、話が伝わらない可能性を感じるので、画像を見ていただきたいと思います。

ブログのトップページにショートコードを使って人気記事一覧を掲載しています。コードは↓

[popular_list days="all" rank="0" pv="1" count="5" type="default" cats="all"]

ランキング1位の【Yahoo! JAPAN ID】の記事は、昨日の24時間、アナリティクスの集計で368pv(AMP含む)だったのですが、ほぼ同じ24時間のブログの「views数」は186しか増えませんでした。

私の勉強不足で、そもそも合うはずのない数字なのかもしれませんが、ご教授いただきたく、再度質問させていただいております。

どうぞよろしくお願い致します。


かうたっく
(@kautakku)
メンバーサイト Moderator
参加: 1年 前
投稿: 3013
2019年6月22日 05:40  

おそらく伝わっていると思いますよ。ただ、回答いただいた内容とelclさんがチェックされている、アナリティクスのチェック方法がどうなのかな?って思います。

ランキング1位の【Yahoo! JAPAN ID】の記事は、昨日の24時間、アナリティクスの集計で368pv(AMP含む)だったのですが、ほぼ同じ24時間のブログの「views数」は186しか増えませんでした。

この状態のアナリティクスでは、368pv

Cocoonのは186pv。

ってことは、参照元がどこからなのかをアナリティクスで(ランディングページを)みれば良いんだと思いますよ。

**

ただ、AMPページの場合基本的にGoogleにキャッシュされたものが表示されます。
その場合は、アクセス数として計測されない恐れはあるかもしれません。

https://wp-cocoon.com/community/blog-manages/%E3%83%A9%E3%83%B3%E3%82%AD%E3%83%B3%E3%82%B0%E3%81%AEpv%E6%95%B0%E3%81%AB%E3%81%A4%E3%81%84%E3%81%A6/#post-18602

**

GoogleのAMP=スマホから検索されたページのキャッシュ結果からの流入です。上記画像のアナリティクスは全ての流入になってませんか???

***

ってことで。画像の状態からスマホ検索結果のランディングページを引いて見る。などを試してみるのが良いと思います。違ったらゴメンナサイ❦

※ランディングページから別ページへ移動したら1ページになるとおもわれる。それほどチェックしてませんが

 

たとえばSNSからのスマホで訪問があればに1PVに換算されてる。・・・(略)みたいな事をチェックされてみるのが良いんじゃないですかね?おそらく?


わいひら 件のいいね!
elcl
 elcl
(@elcl)
ゲスト
参加: 1か月 前
投稿: 2
2019年6月22日 12:13  

かうたっく様、回答ありがとうございます。

私は以前、かうたっくさんのサイトの方で、画像が消えてしまった件でお世話になったものです。その節はありがとうございました。その後は、画像の件では悩まされることなく、順調に更新し続けております。

PVの件ですが、やはり今回も、私の知識が全然足りてないようで、お二人のおっしゃっていることが半分ほどしか理解できていない印象です。

ただ、朝から頂いた回答を何度も読み返していて、私が、

  • AMPページのキャッシュ表示
  • そこからの記事への流入
  • Cocoonのアクセス数計測の定義

のところを勘違いしていることは分かりました。たびたびご面倒をおかけして申し訳ありません。

客観的に見て「もっとPV数を多く見せたい!」という気持ちが先に立ってしまっていたように思います。

以後、もっと勉強しながら、懲りずに質問していきたいと思います。

どうもありがとうございます。


ロコ
(@lococo)
Estimable Member
参加: 1年 前
投稿: 239
2019年6月22日 16:16  

Cocoonはアクセス解析するための専用スタイルを用意していて、そのスタイルがサイトを運用しているサーバーから呼び出されるたびにアクセスをカウントしています。
また、Googleアナリティクス(以下GA)は発行されたスクリプトが読み込まれるたびにアクセスをカウントしています。

AMPでは、運用サーバーで動的に生成されるWordPressの各ページをGoogle側で静的なAMPページとしてキャッシュし、ページのキャッシュを更新するまではGoogleのキャッシュサーバーからページを返すようになります。
つまり、キャッシュページが表示される間は基本的にアクセスのカウント機能が動作しません。

ただし、AMPはGAが動作させるための要素<amp-analytics>をしており、この要素を利用することによって、GAはAMPページでも正しくアクセスを測定できるようになっています。

なので、AMP化しているページのアクセス数(=「通常ページのアクセス数」+「AMPページアクセス数」)が、【GAアクセス数 > Cocoonアクセス数】となってしまうのは仕方のないことなのです。

 

全てのページで同様の条件になるので、ランキング的にはおおよそ正しいランキングは出ると思います。

ランキングのpv数について

わいひら様がここでおっしゃっているのは、

各記事を「GAのデータでアクセス数が多い順(=GAのデータで見たランキング)」と「Cocoonのデータでアクセス数多い順(=Cocoonでのランキング)」で比較したときにおおよそ一致するはずです。

という意味です。


わいひら 件のいいね!
わいひら
(@yhira)
メンバーサイト Admin
参加: 1年 前
投稿: 5862
2019年6月22日 17:26  

Cocoonのアクセスカウントと、Analyticsのカウントは、基本的にカウント方法が違うので、全く同じにはならないと思うのでご了承ください。

ロコさんが書かれたように、Cocoonのアクセス計測は、通常ページでもAMPページでも計測できるように、body::afterに対して、スタイルをあてることで計測しています(同一サーバー内のAMPページのアクセス計測は添付画像)。


わいひら
(@yhira)
メンバーサイト Admin
参加: 1年 前
投稿: 5862
2019年6月22日 17:27  

けれど、GoogleのAMPキャッシュ(CDN)ページでは、添付画像のようにGoogle側によって、body::afterが消されてしまっているようです。
なので、検索結果からGoogle AMPキャッシュページに訪れたアクセスは、カウントされないんだと思います。
僕の記憶が確かなら、開発当初はカウントされていたような…(多分)。
けれど現在は、Google側が何かしらの判断で、AMP用のHTMLやCSSをサニタイズしているのだと思います。


elcl
 elcl
(@elcl)
ゲスト
参加: 1か月 前
投稿: 2
2019年6月23日 00:43  

ロコ様 わいひら様、度々のご回答ありがとうございます。

何度も読み返して7~8割がた理解できたように思います。

GAとCocoonでは、そもそものカウント方法が違うので、数字が一致しないのが当然な点、おおよそのランキングが一致する点、などは理解できたのですが、新たな疑問が湧いてきてしまいました。

私は、今回ご教授いただいたことをもとに、記事によってはAMPページの生成をやめようと考えたのですが、そうすると、なかなか良い記事が書けてアクセスが期待通りに集まった場合、さらに、そういった記事が今後増えてきた場合、人気記事のランキングは事実と異なる状態でゴチャゴチャになってしまうということですよね?

だったら、これまでに書いたすべての記事でAMP対応をやめたらどうかと考えて、ちょっと検索してみたんですが、そんなに簡単な話ではなさそうな記事がたくさん出てきたので躊躇しております。

フォーラム内の「AMPをどうすべきか」についてのやり取りも拝見させていただきました。私のようなド素人は、流れについていくのみなので、今後のAMP対応については、もう少し勉強しながら考えてみたいと思います。

大変勉強になりました。ありがとうございます。


わいひら
(@yhira)
メンバーサイト Admin
参加: 1年 前
投稿: 5862
2019年6月23日 22:14  

私は、今回ご教授いただいたことをもとに、記事によってはAMPページの生成をやめようと考えたのですが、そうすると、なかなか良い記事が書けてアクセスが期待通りに集まった場合、さらに、そういった記事が今後増えてきた場合、人気記事のランキングは事実と異なる状態でゴチャゴチャになってしまうということですよね?

「AMPを無効にしているページ」と、「AMPを有効にしているページ」が多く混在している場合は、ランキングウィジェット等のランキングは、「AMPを無効にしているページ」が有利になると思います。

また、全てのAMP自体をやめてしまったとしても、特段問題はないような気もします。
Cocoonの場合は、AMPページのURLにアクセスがあった場合でも、しっかり通常ページに流入するようになっているので。


elcl
(@elcl)
Active Memberサイト
参加: 1か月 前
投稿: 9
2019年6月24日 00:08  

Cocoonの場合は、AMPページのURLにアクセスがあった場合でも、しっかり通常ページに流入するようになっているので。

この一文はとても重要な気がします。私の認識が間違っていることを意味しているので、もしこのあたりのことについて詳しく書かれた記事があれば教えていただけないでしょうか。

特にこれといった記事がなければ、自力で勉強してみます。

すごい数の質問・要望等に応えていらっしゃるので、大変だと思いますが、よろしくお願い致します。後回しで結構です。


かうたっく
(@kautakku)
メンバーサイト Moderator
参加: 1年 前
投稿: 3013
2019年6月24日 01:29  

Cocoonの場合は、AMPページのURLにアクセスがあった場合でも、しっかり通常ページに流入するようになっているので。

この一文はとても重要な気がします。私の認識が間違っていることを意味しているので、もしこのあたりのことについて詳しく書かれた記事があれば教えていただけないでしょうか。

マニアックなのであるかどうかはわかりませんけど。

通常ってかAMPのプラグインなどでAMPを有効化していた場合AMPを停止すれば、スマホ検索結果(Googleなどスマホから検索した結果のページ)でアクセスしたらAMPのリンクは、404ページ(存在しないURL)とされるんですね。

でもCocoonのAMPを停止しても URL/?amp=1 でアクセスしても、AMPのURLではない通常ページとしてキチンと表示するんです。

って話なので、今CocoonのAMPを停止しても404ページ(存在しないURL)にはならないよ。って話を補足情報として書き込んでくれてたんだと思います。


わいひら 件のいいね!
elcl
(@elcl)
Active Memberサイト
参加: 1か月 前
投稿: 9
2019年6月24日 15:21  

かうたっくさん、度々ありがとうございます。

おっしゃる通りのこと(404で返されるとばかり)を考えていました。ズバリお聞きできて、なんだか申し訳ない気持ちです。素人相手に多くの方に時間を使っていただいているので。

了解いたしました。早速少しづつ様子を見ながら停止するページを吟味したいと思います。

実は、私の書く記事は表が多くて、レイアウトが崩れまくっているものがたくさんあったので、簡単に停止できるのであればかなり助かります。

わいひらさん、かうたっくさん、ロコさん、どうもありがとうございます。恥ずかしながらかなりレベルアップできました。

 


わいひら
(@yhira)
メンバーサイト Admin
参加: 1年 前
投稿: 5862
2019年6月24日 20:20  

かうたっくさんが書かれた通りです。

一般的なAMPプラグインとかだと、
wp-cocoon.com/bugs-and-wants/amp/
のようなURLになってしまいます。
これだとAMPを停止すると存在しないURLになるので、404ページになります。

けれどCocoonが生成するAMPページはクエリを使用した単なるこれだけです。
wp-cocoon.com/bugs-and-wants/?amp=1
このような表記であれば、基本的にプログラムで動的処理を施していない限りは、普通の通常ページが表示されるので問題ないです。

なのでCocoonでは、あえて?amp=1形式にしてあります。
こちらのトピックにも以前詳しく書いたのでよかったら見てみてください。
AMPのURLが/ampではなく?amp=1なのはなぜ? | Cocoonテーマに関する質問 | Cocoon フォーラム


elcl
(@elcl)
Active Memberサイト
参加: 1か月 前
投稿: 9
2019年6月25日 02:51  

わいひら様

その後、上記の「?amp=1なのはなぜ?」や他のAMPに関するトピックもたくさん読ませていただき、最終的にすべてのAMPを廃止してしまおうという結論に達したんですが、ここでまた多くの疑問とわからないことが出てきてしまったのでご教授いただきたいのですが、

  1. Cocoon設定-AMP設定-「AMP機能を有効化する」のチェックを外すと、これまで書いた記事も、これから書く記事も、すべてAMP非対応のページになるということでしょうか。
  2. チェックを外した場合、一時的にでもサイトへのアクセスが減ってしまうということは考えられないでしょうか。(私のサイトへのアクセスは6~7割がAMPページからの流入です。)
  3. AMPページがキャッシュということは、すべてのアクセスが通常ページからの流入になるには、かなりの時間を要するということでしょうか。(クロールがなかなか回ってこないとかで)

素人の質問なので、意味不明なところがあったら申し訳ございません。お忙しいと思いますので後回しで結構です。度々で恐縮ですがよろしくお願い致します。


かうたっく
(@kautakku)
メンバーサイト Moderator
参加: 1年 前
投稿: 3013
2019年6月25日 08:31  

Cocoon設定-AMP設定-「AMP機能を有効化する」のチェックを外すと、これまで書いた記事も、これから書く記事も、すべてAMP非対応のページになるということでしょうか。

ですね。

AMPの設定を変えても404にならないので実際テストしてみるのも良いと思いますよ。

 

チェックを外した場合、一時的にでもサイトへのアクセスが減ってしまうということは考えられないでしょうか。(私のサイトへのアクセスは6~7割がAMPページからの流入です。)

404にならないので、AMPの設定変更だけでそうならないですよ。

 

AMPページがキャッシュということは、すべてのアクセスが通常ページからの流入になるには、かなりの時間を要するということでしょうか。(クロールがなかなか回ってこないとかで)

順にクロールされるのでそのようなページもあるかも知れませんね。

クロールされたらもうAMPではない。とクローラーが気付いてスマホ検索結果でAMPを表示しなくなるので。

かといって、上でも書いてるように404にならないので放置プレイな方向でも勝手にクロールが来るので。

※テーマ側がAMPをやめるとき必要な工程をすべてやってくれるので、ユーザー側がAMPを停止するときやる事は、『AMPを有効化する』のチェックを外して保存。これだけで大丈夫ですよ。


わいひら 件のいいね!
elcl
(@elcl)
Active Memberサイト
参加: 1か月 前
投稿: 9
2019年6月25日 12:56  

かうたっく様

今回はすべて理解できました。ありがとうございます。

ちなみになんですが、Cocoonの仕様において

  • Cocoon設定で「AMP機能を有効化する」+記事ごとの設定で「AMPページを生成しない」

はありますが、逆はありませんよね?

  • Cocoon設定でAMP機能を有効化しない+記事ごとにチェックひとつでAMP生成

みたいな、初心者でも簡単に設定できる機能。

実は、AMPに合わせて微調整した記事がいくつもありまして、一発で無効化すると今度はその微調整した記事の表示が崩れそうなことに気付きました。しかもその作業を行った記事をちゃんと覚えていません。

質問が小出しになって大変申し訳ありません。よろしくお願い致します。


わいひら
(@yhira)
メンバーサイト Admin
参加: 1年 前
投稿: 5862
2019年6月25日 22:22  

アクセスが減らないかどうかは、やってみないとわかりません。
サイトや、コンテンツの内容等々を多様な要因があるので、必ずアクセスが減らないとは言えません。
やはり、AMPマークがついていて高速表示できるかを検索結果で見ている人も、ごくごく少数だと思いますが、いるかもしれないので。
また、基本的にAMPページはGoogle検索結果に影響はないと言いますが、どういった影響があるかはGoogleアルゴリズム内のブラックボックス的なことなので。
なので、分からないとしか言えないです。

逆はありませんよね?

ないですね。


elcl
(@elcl)
Active Memberサイト
参加: 1か月 前
投稿: 9
2019年6月26日 00:05  

やってみないとわかりませんよね。私の書き方がまずかったです。責任を転嫁するような言い方でした。すみません。

わいひらさんが、同じことをいろいろな場所で何度も書いてらっしゃるのを見てますので、この点は理解しています。

数日にわたってご指導いただきありがとうございました。

私の中で問題となっていた事案はほぼ解決しましたので、今後実行に移していきたいと思います。

今後とも、よろしくお願い致します。

 


わいひら 件のいいね!
Share:
スポンサーリンク
わいひらをフォローする
おすすめサーバ

性能も兼ね備えながら安くブログ運営を開始したいのであればここ1択。

◎LiteSpeedを用いた高速サーバー(完全SSD)
◎http/2・QUIC(高速化プロトコル)に対応
◎東京・大阪でリージョン選択が可能
◎プランのアップ・ダウングレードが自由自在
◎同サービス内でドメイン管理が可能
◎転送量が多い
◎毎日無料バックアップ(14日分)
◎復元ポイントを指定して復旧可能(無料)
◎アダルト・出会い系サイト可
◎ドメインとサーバー代のチャージ払いが可能
○サーバ引っ越しオプションあり(有料)
△新しいサービスなので運営櫪がまだ短い
サービス運営期間:11ヶ月

「12ヶ月」「24ヶ月」「36ヶ月」契約をする場合は、クーポンコード入力でさらに10%割引(※2019/12/31まで)。

クーポンコード:PK4JK4RJ

クーポンの使用方法はこちら

プラン変更で負荷対策が行えるので、ブログ向きのレンタルサーバーです。

◎LiteSpeedを用いた高速サーバー(完全SSD)
◎http/2・QUIC(高速化プロトコル)に対応
◎プランのアップ・ダウングレードが自由自在
◎転送量が多い
◎毎日無料バックアップ(14日分)
◎復元ポイントを指定して復旧可能(無料)
◎アダルト・出会い系サイト可
○サーバ引っ越しオプションあり(有料)
○サーバー料金をチャージ払いが可能
サービス運営期間:2年11ヶ月

安定感抜群のサーバーです。あまり急激なアクセス変動がないアフィリエイトサイトに向いています。

◎nginxを用いた高速サーバー(完全SSD)
◎老舗サーバーなので安定感抜群
◎ディスク容量が多い
◎転送量が多い
◎同サービス内でドメイン管理が可能
○http/2(高速化プロトコル)に対応
○毎日無料バックアップ(14日分)
△DBは7日分だけ無料復旧可能(ファイルは有料)
×プラン変更でCPUのスペックアップができない
×プラン変更しても即時反映されない
×アダルト・出会い系サイト不可
サービス運営期間:15年

とにかく速い。サイトに表示スピードを求めるならココ。

◎nginxを用いた高速サーバー(完全SSD)
◎プランのアップ・ダウングレードが自由自在
◎ディスク容量が多い
◎転送量が多い
○http/2(高速化プロトコル)に対応
○毎日無料バックアップ(14日分)
○DB復旧は無料(ファイルは有料)
○サーバ引っ越しツールあり
○サーバー料金をチャージ払いが可能
△新しいサービスなので運営櫪がまだ短い
サービス運営期間:9ヶ月

格安な値段で始められる高機能サーバーです。
性能も備えつつ最安ならここ。
サイトを続けるうちにアクセスが増えれば、プランのアップグレートで対応可能です。

◎LiteSpeedを用いた高速サーバー(完全SSD)
◎激安プランが用意してある
◎値段あたりのスペックが高い(コスパ良し)
◎サーバ引っ越しオプションあり(無料)
◎アダルト・出会い系サイト可
○http/2(高速化プロトコル)に対応
△プランのアップは可能だがダウンは不可
△毎日自動バックアップ(1日分)
△前日のバックアップからのみ復元できる(無料)
サービス運営期間:3年

Cocoon
  
動作中

ログイン または 登録 してください

タイトルとURLをコピーしました