grayishスキン適用中

Cocoon 0.5.7公開。フォントサイズ拡張スタイル追加。

アップデート情報
この記事は約2分で読めます。

Cocoonをバージョンアップしました。

主な変更点はこちら。

  1. ビジュアルエディターのスタイルドロップダウンにフォントサイズ追加
  2. プロフィール設定画面に「プロフィールページURL」設定項目追加
  3. ビジュアルエディターのスタイルドロップダウンでマーカー用のメニューを設ける
  4. サーバー状態によっては、レスポンシブが効かなかったサーバーでも動作するようになったかも
  5. マルチページの2ページ目以降は目次を表示しない
  6. マルチページの最初のH2見出し手前に広告を表示しない
  7. マルチページの最初のH2見出し手前に本文中ウィジェットを表示しない
  8. マルチページページャーの現在のページにcurrentクラスを追加
  9. AdSenseコードが未設定の時でも広告エリアの余白が表示される不具合修正
  10. エントリーカードサムネイル表示の不具合修正
  11. require_onceに絶対パスを指定して高速化チューニング
  12. エントリーカード関連情報の表示微調整
  13. スキンのH2マージン調整
  14. 設定説明の誤字修正

\お得なキャンペーン実施中!/
エックスサーバーキャンペーン

機能追加

フォントサイズ拡張拡張スタイル追加

ビジュアルエディターのスタイルドロップダウンリストに、フォントサイズスタイルを追加しました。

フォントサイズ拡張スタイル

これを追加した意図は、AMPページでもサイズ変更適用できるものがあった方が良いかと思ったからです。

一般的にWordpressでフォントのサイズ変更は、インラインstyle属性を用いて行われます。しかしstyle属性を使うと、AMPエラーとなるため、AMPページでは取り除かれ、通常の文字サイズになってしまいます。

そういったことがないように、しっかりとclassを用いてフォントサイズを設定し、AMPページ上でも、意図した文字サイズで表示できるようにしました。

プロフィール名リンクにプロフィールページを設定可能に

プロフィールウィジェットの著者名リンク部分。

プロフィールウィジェットの著者名部分

通常ここは、著者が書いた記事のアーカイブページへリンクされています。

今回この部分を、プロフィールページへのリンクを設定できるようにしました。

設定するには、Wordpress管理画面から「ユーザー→あなたのプロフィール」を選択します。

そして「プロフィールページURL」を設定すれば、プロフィールページへのリンクになります。

プロフィールページURL設定部分

設定しない場合は通常通り、著者アーカイブへのリンクになります。
タイトルとURLをコピーしました