現在「イノセンス」スキンを適用中です。

URLを変更したら404表示になった | Cocoonテーマに関する質問 | Cocoon フォーラム

サイト内検索
書き込みの前に以下の3点をご確認ください。
  1. 1つのトピックにつき1つの質問を書き込んでください
  2. 不具合・カスタマイズ対象ページのURLを提示高速化を無効にしてください
  3. 該当部分のキャプチャ・環境情報とともに書き込んでいただけると助かります

何を書き込んだら良いか分からない場合は、以下のテンプレートをコピペしてご利用ください。

対象のページのURL:

相談内容:

解決のために試したこと:

※文字だけでは正しく伝わらない可能性があるため、画像の添付もお願いします。
※高速化設定をしている場合は無効にしてください。
環境情報:

※↑こちらに「Cocoon設定 → テーマ情報」にある「環境情報」を貼り付けてください。

環境情報の取得方法はこちら。
https://wp-cocoon.com/theme-report/
高速化設定を無効にするにはこちら。
https://wp-cocoon.com/theme-trouble/

フォーラム利用ガイドリンク

  1. フォーラムガイドライン
  2. よくある質問と答え(FAQ)
  3. サポート対象外のケース
  4. 原因不明の不具合用トラブルシューティング
  5. トピックにHTMLを貼り付ける方法(推奨ツール:notepad.pw
  6. 真っ白画面でのエラーメッセージの確認方法 
  7. ブラウザ環境チェックツール

フォーラム質問後、問題等が解決した場合は結果を書き込んでいただけると幸いです。同様の問題で調べている方には、結果が一番気になる部分となります。

また、問題の解決に至った場合には、トピック冒頭の「解決済み」リンクをクリックしていただけますと幸いです。

wpForoの解決済みリンク

また、有用な返信があった場合は「いいね!」リンクもご活用ください。返信者の励みになります。

wpForoのいいねリンク

「いいね!」機能はフォーラム登録者のみが利用できる機能です。

CC BY-ND 2.1)準じていれば(リンクを貼っていただければ)転載も自由です。カスタマイズ記事を書く際にコード等をコピペ利用していただいて構いません。

フォーラムの使い方がよくわからない場合は、テストトピックで自由にテストしていただいて構いません。

最近の書き込みはこちら。

詳細なカスタマイズ依頼をするならこちら。

スポンサーリンク
共有:
通知
すべてクリア

[解決済] URLを変更したら404表示になった


みーさん
 みーさん
(@みーさん)
ゲスト
結合: 2か月前
投稿: 6
Topic starter  

あまり文言を覚えていないのですが、なにかの改善のためにサイトURLとwordpressURLをhttpに変えてくださいというようなことを案内され、よく調べずにホームページのURLを貼り付けました。

するとダッシュボードは404の状態になり、サイト自体はcocoonの体裁がなくなり、文字と画像のみが載っている状態です。

色々と調べてみたのですが、解決策が見いだせずにいます。

解決策をご教授いただけると幸いです。

サイトURLは下記になります。

http://mi-dayon.com/

 


未解決
mofumofu
(@mofumofu)
Trusted Memberサイト
結合: 6か月前
投稿: 73
 

@みーさん さん

管理画面には入れますでしょうか?

もし、さいとURLを変更できるようでしたら元に戻せば戻るかと思います。

できない場合は、functions.phpにサイトURLを指定してあげる必要があると思いますが、FTPなどでファイルの編集はできますでしょうか?


わいひら 件のいいね!
みーさん
 みーさん
(@みーさん)
ゲスト
結合: 2か月前
投稿: 6
Topic starter  

@mofumofu

管理画面に入れません。

function.phpもFTPもよくわかりませんが、少し調べて見ます。

ヒントをいただけただけでありがたいです。

 


リフィトリー
(@leafytree)
メンバー Moderator
結合: 2年前
投稿: 5202
 

前略、みーさん さん

WordPressの「一般設定」の画面で「WordPress アドレス (URL)」を変更してしまった、という場合には、以下のサイト様の記事にあるような対処が必要になる場合があります。

 

WordPressアドレスとサイトアドレスの違い・間違って変更した場合の対処法

https://www.nishi2002.com/4207.html

 

FTPソフトなんて、使ったことがない、といった場合は、お金はかかってしまいますが、WordPress修復のプロにご依頼になることをオススメします。


わいひら 件のいいね!
mofumofu
(@mofumofu)
Trusted Memberサイト
結合: 6か月前
投稿: 73
 

functions.phpじゃなくてwp-config.phpでしたね

失礼しました


リフィトリー 件のいいね!
mk2
(@mk2_mk2)
メンバー Moderator
結合: 2か月前
投稿: 617
 

みーさん

今スマホからですので、ちょっと分からないところが多々あり、想像です。

もしかして、WordPress 5.7から追加されたという、簡単にhttpからhttpsへ切り替えられるボタンを押したのかも?

と思いました。

しかし、それだけであれば、今のような状態にはならないのでは、とも思います。

何せやったことがありませんし、それだけの事象には思えません。

 

そして、気になるのは、表示されていない画像の格納場所を確認すると以下のようになっています。

ドメイン名/wp-admin/wp-content/uploads/~

通常であれば、以下のようなはずです。

ドメイン名/wp-content/uploads/~

表示されている画像は、通常のwp-admin無しの場所を指定しているようです。

 

何かは分かりませんが、みーさんが仰るURLの入力時に、ドメイン名だけではなく、「ドメイン名/wp-admin」を入力してしまったのではないかと推測します。

となると、wp-config.phpの修正しかないかも知れません。

ログインのURLを覚えているのであれば、ドメイン名直後に/wp-admin/を追加してみるのも一案ですが、望みは薄い気がします。


わいひら 件のいいね!
リフィトリー
(@leafytree)
メンバー Moderator
結合: 2年前
投稿: 5202
 

WordPressに詳しい方であっても、頻繁に行うような修復作業ではないと思いますので、WordPress修復のプロにご依頼になることをオススメします。


みーさん
 みーさん
(@みーさん)
ゲスト
結合: 2か月前
投稿: 6
Topic starter  

みなさん、親切にありがとうございます。

私の知識不足なので、この機会にしっかり勉強します。

アドバイスのように修復のプロにおまかせする案も含め、検討します。


リフィトリー 件のいいね!
リフィトリー
(@leafytree)
メンバー Moderator
結合: 2年前
投稿: 5202
 

もし、「WordPress アドレス (URL)」を変更してしまっている場合は、データベースの書き換えは、必須ではないかもしれませんが、できることなら、直しておきたいところです。


みーさん
 みーさん
(@みーさん)
ゲスト
結合: 2か月前
投稿: 6
Topic starter  

お待たせしました。

先ほどサーバーのwp-config-phpに

define('WP_SITEURL','http://mi-dayon.com');

の一文を入れたところ、管理画面へ行けるようになり、

サイトURLも変えたところ、問題なくつながるようになりました。

本当にありがとうございました。

ただ、保護されていない通信という文言があるのですが、これはどうしたら直せるでしょうか?


わいひら 件のいいね!
みーさん
 みーさん
(@みーさん)
ゲスト
結合: 2か月前
投稿: 6
Topic starter  

すみません。

連投になりますが、朝私がやりたかったのは、httpsに変える作業だったようです。

そこをまちがえて、違うURLを張り付けてしまったようでした。

初心者相手に親切にしていただき本当にありがとうございました。

これからもcocoonを使って頑張っていきたいと思います。


mk2
(@mk2_mk2)
メンバー Moderator
結合: 2か月前
投稿: 617
 

みーさん

ログイン、そして表示も無事に直ったとのことで、良かったです。

まだ、スマホですので、短めに書きます。

「保護されていない通信」を解消するには、いわゆる常時SSL化する必要があります。

まずはSSL証明書が必要だと思います。

レンタルサーバーをお使いでしたら、無料のSSL証明書の導入案内など、レンタルサーバーのサイトに書いてあると思います。


わいひら 件のいいね!
みーさん
 みーさん
(@みーさん)
ゲスト
結合: 2か月前
投稿: 6
Topic starter  

最後までありがとうございました。

無事SSL化も済ますことができました。

まだまだ知識がないので、よく勉強します。


リフィトリー
(@leafytree)
メンバー Moderator
結合: 2年前
投稿: 5202
 

誤って、「WordPress アドレス (URL)」を変更してしまった場合の修復方法は、

 

・wp-config-php ファイルを編集する

・phpMyAdminによるWordPressアドレスの変更

の2通りの方法があるようですが、「phpMyAdminによるWordPressアドレスの変更」の修正を行えば、「wp-config-php ファイルを編集」する必要は無かったように記憶しています。(半年以上前の記憶なのでちょっと薄れていますが)

 

「phpMyAdminによるWordPressアドレスの変更」だけでダッシュボードにもログインできるようになるように記憶しています。

 

「wp-config-php ファイルを編集する方法」だけを行うとダッシュボードでは、WordPress アドレス (URL)は変更できない状態になるとの記載がネット上に散見されますので、最終的に両方の修正を行うのであれば、wp-config-php ファイルの編集作業は無駄なので、「phpMyAdminによるWordPressアドレスの変更」だけで良いような気がします。

 

ただサイトの表示を一刻も早く元に戻したい、という場合は、「wp-config-php ファイルを編集する方法」も有効な手段かもしれません。

 

その辺りのことを説明しているサイトが見つからなかったので、一応書きこんでみました。

 

ただ、作業自体は自己責任でお願いいたします。

 

データベースを編集される前には、バックアップをとることをオススメします。

WordPressアドレスとサイトアドレスの違い・間違って変更した場合の対処法

 

 

This post was modified 2か月前 5回 by リフィトリー

わいひらmk2 件のいいね!
mk2
(@mk2_mk2)
メンバー Moderator
結合: 2か月前
投稿: 617
 

リンク先のサイトを拝見して、私なりに理解できた気はします。

処理を分かっている訳ではありませんので、想像ですが。

WordPressの設定画面から入力する両アドレスは、データベースへ格納されるんだと思います。

WordPressは、本来はデータベースの値を参照して、定数に設定しているのだと思います。

その定数を、wp-config.phpで強制的に上書きするイメージなのかなと、捉えました。(データベースの値を無視するイメージ。)

本来であれば、データベースの値があればOKで、wp-config.phpへの設定は必要ないのでしょうね。

そもそも最初にWordPressをインストールした時には、wp-config.phpには定数設定のステップはないのでしょうから。

ただ、頻繁に変更するものでもないでしょうし、データベースの更新はリスクもありますから。

その辺は、サイト管理者の方にご判断いただくしかないと思います。

ただ、そういう状態なんだということは知っておいた方が良さそうですね。


わいひら 件のいいね!
共有:
スポンサーリンク
わいひらをフォローする
おすすめサーバー(コスパ・バックアップ重視型)

性能も兼ね備えながら安くブログ運営を開始できる点においてのNo.1。
それでいてブログ成長後は、十分すぎるほどのスペックアップ余力も担保されている。

◎安く始められる
◎LiteSpeedを用いた高速サーバー(完全SSD)
◎http/3(高速化プロトコル)に対応
◎東京・大阪でリージョン選択が可能
◎プランのアップ・ダウングレードが自由自在
◎同サービス内でドメイン管理が可能
◎ディスク容量が多い
◎転送量が多い
◎毎日無料バックアップ(14日分)
◎DBは14日以内なら無料自動復旧可能
◎ファイルも14日以内なら無料自動復旧可能
◎アダルト・出会い系サイト可
◎ドメインとサーバー代のチャージ払いが可能
○サーバ引っ越し依頼が可能(有料)

サービス運営期間:2年9ヶ月

1年以上の契約をする場合は、クーポンコード入力でさらに10%割引(※2021/6/30まで)。

クーポンコード:PK4JK4RJ

クーポンの使用方法はこちら

とにかく速い。サイトに表示スピードを求めるならココ。
管理画面がシンプルで使いやすい。

◎nginxを用いた高速サーバー(完全SSD)
◎プランのアップ・ダウングレードが自由自在
◎同サービス内でドメイン管理が可能
◎ディスク容量が多い
◎転送量が多い
○http/2(高速化プロトコル)に対応
◎毎日無料バックアップ(14日分)
◎DBは14日以内なら無料自動復旧可能
◎ファイルも14日以内なら無料自動復旧可能
◎サーバ引っ越しツールあり(無料)
○サーバ引っ越し依頼が可能(有料)
◎ドメインとサーバー代のチャージ払いが可能

サービス運営期間:2年7ヶ月

安定感抜群のサーバーです。あまり急激なアクセス変動がないアフィリエイトサイトに向いています。

◎nginxを用いた高速サーバー(完全SSD)
◎老舗サーバーなので安定感抜群
◎ディスク容量が多い
◎転送量が多い
◎同サービス内でドメイン管理が可能
○http/2(高速化プロトコル)に対応
○毎日無料バックアップ(14日分)
○DBは7日以内なら無料自動復旧可能
×ファイルは有料かつ手動での復旧
×プラン変更でCPUのスペックアップができない
×プラン変更しても即時反映されない
×アダルト・出会い系サイト不可

サービス運営期間:17年

常に新しいことに挑戦しているフロンティア精神あふるるレンタルサーバーです。
LiteSpeedやHTTP/2を日本で初めて導入したサーバー。

◎LiteSpeedを用いた高速サーバー(完全SSD)
◎http/3(高速化プロトコル)に対応
◎プランのアップ・ダウングレードが自由自在
◎同サービス内でドメイン管理が可能
◎転送量が多い
◎ディスク容量が多い
◎毎日無料バックアップ(14日分)
◎DBは14日以内なら無料自動復旧可能
○ファイルは14日以内なら無料復旧可能(※手動)
◎アダルト・出会い系サイト可
◎ドメインとサーバー代のチャージ払いが可能
○サーバ引っ越し依頼が可能(有料)

サービス運営期間:4年

格安な値段で始められる高機能サーバーです。
性能も備えつつ最安ならここ。
ただし少し機能は弱い。

◎LiteSpeedを用いた高速サーバー(完全SSD)
◎激安プランが用意してある
◎値段あたりのスペックが高い(コスパ良し)
◎サーバ引っ越し依頼が可能(無料)
◎アダルト・出会い系サイト可
○http/2(高速化プロトコル)に対応
△プランのアップは可能だがダウンは不可
△毎日自動バックアップ(1日分)
△前日のバックアップからのみ復元できる(無料)

サービス運営期間:5年

Cocoon
タイトルとURLをコピーしました