特典機能について

AMP記事でGoogle Adsenseが表示されない | Cocoonテーマに関する質問 | Cocoon フォーラム

サイト内検索
運営者(わいひら)は、骨の手術明けのためしばらく体調を優先して運営させていただきます。ですので、フォーラム負担軽減のため登録者のみ書き込めるようを制限をさせていただきます。フォーラム未登録の方はこちらの手順で登録を行ってください。予定としては12月前半まで実施させていただきます。
書き込みの前に以下の3点をご確認ください。
  1. 1つのトピックにつき1つの質問を書き込んでください
  2. 不具合・カスタマイズ対象ページのURLを提示高速化を無効にしてください
  3. 該当部分のキャプチャ・環境情報とともに書き込んでいただけると助かります

何を書き込んだら良いか分からない場合は、以下のテンプレートをコピペしてご利用ください。

不具合・カスタマイズ対象ページのURL:

相談内容:

解決のために試したこと:

※文字だけでは正しく伝わらない可能性があるため、スクショ画像の添付もお願いします。
※高速化設定をしている場合は無効にしてください。
環境情報:

※↑こちらに「Cocoon設定 → テーマ情報」にある「環境情報」を貼り付けてください。

環境情報の取得方法はこちら。
https://wp-cocoon.com/theme-report/
高速化設定を無効にするにはこちら。
https://wp-cocoon.com/theme-trouble/

フォーラム利用ガイドリンク

  1. フォーラムガイドライン
  2. よくある質問と答え(FAQ)
  3. サポート対象外のケース
  4. 原因不明の不具合用トラブルシューティング
  5. トピックにHTMLを貼り付ける方法(推奨ツール:notepad.pw
  6. 真っ白画面でのエラーメッセージの確認方法 
  7. ブラウザ環境チェックツール

フォーラム質問後、問題等が解決した場合は結果を書き込んでいただけると幸いです。同様の問題で調べている方には、結果が一番気になる部分となります。

また、問題の解決に至った場合には、トピック冒頭の「解決済み」リンクをクリックしていただけますと幸いです。

wpForoの解決済みリンク

また、有用な返信があった場合は「いいね!」リンクもご活用ください。返信者の励みになります。

wpForoのいいねリンク

「いいね!」機能はフォーラム登録者のみが利用できる機能です。

CC BY-ND 2.1)準じていれば(リンクを貼っていただければ)転載も自由です。カスタマイズ記事を書く際にコード等をコピペ利用していただいて構いません。

フォーラムの使い方がよくわからない場合は、テストトピックで自由にテストしていただいて構いません。

最近の書き込みはこちら。

詳細なカスタマイズ依頼をするならこちら。

スポンサーリンク
共有:
通知
すべてクリア

[解決済] AMP記事でGoogle Adsenseが表示されない


ぱぶろ
 ぱぶろ
(@ぱぶろ)
ゲスト
結合: 2か月前
投稿: 7
Topic starter  

いつもお世話になっております。
AMP記事でGoogle Adsenseが表示されなくなってしまい、原因を調査していたのですがわからないためご相談させて頂きます。
原因等わかりましたらご教示頂けると幸いです。
よろしくお願いいたします。

 

不具合・カスタマイズ対象ページのURL:

https://fatgreed.com/airpods-pro-pairing-trouble/?amp=1

 

相談内容:

昨日、不要プラグインの削除やアフィリエイト設定の変更を行っていました。
作業後に確認したところ、Google AdsenseがPC記事では表示されるもAMP記事では表示されなくなってしまいました。

表示されるPC記事: https://fatgreed.com/airpods-pro-pairing-trouble/

表示されないAMP記事: https://fatgreed.com/airpods-pro-pairing-trouble/?amp=1

Google Adsenseの表示は下記2つの方法で行っています。
PC記事では①と②の両方が表示されるのですが、AMP記事いずれも表示されない状態です。
文章だけではわかり辛いため、比較画像を添付させて頂きました。

①「Cocoon設定」->「広告」->「アドセンス設定」->「広告コード」
コードをウィジェットの「カスタムHTML」に貼り付けサイドメニュー上部に表示。

②「Cocoon設定」->「広告」->「アドセンス設定」->「広告の表示位置
投稿・固定ページの表示位置の「本文中」にチェックを入れ、h2見出し上に表示。

昨晩、「Cocoon設定」->「アクセス解析・認証」->「その他のアクセス解析・認証コード設定」->「ヘッド用コード」を下記のように変更しました。
元々GoogleAdsenseのコードを貼り付けていたのですが、2行目にバリューコマースの「AMP対応LinkSwitchタグ」を追記する修正です。
追記が原因でGoogleAdsenseのコードが機能しなくなったのかと思い、バリューコマースの設定は削除したのですがその後もAMP記事で広告が表示されることはありませんでした。

<script data-ad-client="ca-pub-(省力略)></script>

<script data-ad-client="ca-pub-(省力略)></script>
<script async custom-element=(省力略)></script>

 

解決のために試したこと:

・再現性の確認

・「Cocoon設定」->「アクセス解析・認証」->「その他のアクセス解析・認証コード設定」->「ヘッド用コード」の見直し

・「Cocoon設定」->「キャッシュ削除」->「AMPキャッシュの削除」

 

環境情報:

----------------------------------------------
サイト名:FatGreed
サイトURL: https://fatgreed.com
ホームURL: https://fatgreed.com
コンテンツURL:/wp-content
インクルードURL:/wp-includes/
テンプレートURL:/wp-content/themes/cocoon-master
スタイルシートURL:/wp-content/themes/cocoon-child-master
親テーマスタイル:/wp-content/themes/cocoon-master/style.css
子テーマスタイル:/wp-content/themes/cocoon-child-master/style.css
スキン:/wp-content/themes/cocoon-master/skins/natural-blue/style.css
WordPressバージョン:5.6
PHPバージョン:7.3.17
ブラウザ:Mozilla/5.0 (Windows NT 10.0; Win64; x64) AppleWebKit/537.36 (KHTML, like Gecko) Chrome/94.0.4606.81 Safari/537.36
サーバーソフト:nginx/1.17.9
サーバープロトコル:HTTP/2.0
エンコーディング:gzip, deflate, br
言語:ja,en;q=0.9,en-US;q=0.8
----------------------------------------------
テーマ名:Cocoon
バージョン:2.3.6.3
カテゴリ数:45
タグ数:115
ユーザー数:1
----------------------------------------------
子テーマ名:Cocoon Child
バージョン:1.1.2
style.cssサイズ:845バイト
functions.phpサイズ:203バイト
----------------------------------------------
Gutenberg:0
AMP:1
PWA:0
Font Awesome:4
Auto Post Thumbnail:0
Retina:0
ホームイメージ:/wp-content/themes/cocoon-master/screenshot.jpg
----------------------------------------------
ブラウザキャッシュ有効化:0
HTML縮小化:0
CSS縮小化:0
JavaScript縮小化:0
Lazy Load:1
WEBフォントLazy Load:0
----------------------------------------------
利用中のプラグイン:
AddToAny Share Buttons 1.7.48
Ad Invalid Click Protector 1.2.5.2
Advanced Editor Tools (previously TinyMCE Advanced) 5.6.0
All in One SEO 4.1.4.4
BackWPup 3.10.0
Code Snippets 2.14.2
Edit Author Slug 1.8.3
EWWW Image Optimizer 6.3.0
Google Authenticator 0.53
Insert Headers and Footers 1.6.0
Login LockDown v1.8.1
Really Simple SSL 5.1.2
Visualizer: Tables and Charts for WordPress 3.7.0
WP-Appbox 4.3.14
WP-Ban 1.69
----------------------------------------------


未解決
リフィトリー
(@leafytree)
メンバー Moderator
結合: 3年前
投稿: 6436
 

前略、ぱぶろさん

Cocoonの親テーマのバージョンが比較的新しいのに、WordPressのバージョンが5.6と古いため、やはり前のトピックで書かかせていただきましたとおり、アップデートをした方が良いような気がします。(PHPのバージョンは7.4系が良いような気がします。)

 

私はAMPページは利用していない(ずいぶん前にやめてしまった)ため、あまり詳しくないので、間違っているかもしれませんが、カスタムhtml等に貼り付ける場合はAMPページ用の広告コードが要るような気がいたします。

 

Cocoonの場合は、おそらく、Cocoon設定の「広告」タブにアドセンスのディスプレイ広告の広告コードを貼り付けて保存することにより、自動的に対応してくれるのではないかと推測します。(なにしろあまり詳しくありませんので間違っているかもです)

 

Cocoonのマニュアルページに詳しくご案内の記事を書いてくださっているので、とりあえずは、Cocoonのマニュアルページに沿って作業される良いような気がします。

 

AdSenseコードの取得
https://wp-cocoon.com/how-to-set-adsense/#toc3

 

AdSenseコードの入力
https://wp-cocoon.com/how-to-set-adsense/#toc4

 

Adsense側の設定で自動広告をONにしていると、Cocoon設定の「広告」タブで広告の位置を任意に設定することはできないみたいです。

 

また、「アクセス解析・認証」タブの「ヘッド用コード」のところは、アドセンスの審査コードを貼り付けるときは利用しますが、審査に合格してしまった後は、広告コードは削除してしまった方が良いかと思います。

 

また、以下ようなトピックもあります。

AMPページが本当に必要かどうか再考するヒントになるかと思います。

 

AMP対応は本当に必要なことなのでしょうか。みなさんどう思いますか?

https://wp-cocoon.com/community/postid/10531/

 

This post was modified 2か月前 6回 by リフィトリー

わいひら 件のいいね!
ぱぶろ
 ぱぶろ
(@ぱぶろ)
ゲスト
結合: 2か月前
投稿: 7
Topic starter  

リフィトリーさん

昨晩に続きご返信ありがとうございます。

 

AMP対応は本当に必要なことなのでしょうか。みなさんどう思いますか?」を拝見しました。

根本的な部分から見直したところ、下記の記事を見つけました。

要約すると、2021年6月にAMPの優遇が終わったようで、出来事があったようで、下の記事を拝見する限りAMPを適応するメリットはほぼ無いのかと感じております。

https://gigazine.net/news/20210519-google-amp-no-longer-preferential-treatment/

 

要約すると2021年6月末から下記が適応されるようです。

・モバイル版Google検索のトップストーリーやカルーセル機能にAMP必須を無効化
・非AMPコンテンツの拡大
・AMPコンテンツを示すAMPバッジを撤廃


わいひらリフィトリー 件のいいね!
共有:
スポンサーリンク
SWELLと業務提携しています
WordPressテーマSWELL
わいひらをフォローする
おすすめサーバー(コスパ・バックアップ重視型)

性能も兼ね備えながら安くブログ運営を開始できる点においてのNo.1。
それでいてブログ成長後は、十分すぎるほどのスペックアップ余力も担保されている。

◎安く始められる
◎LiteSpeedを用いた高速サーバー(完全SSD)
◎http/3(高速化プロトコル)に対応
◎東京・大阪でリージョン選択が可能
◎プランのアップ・ダウングレードが自由自在
◎同サービス内でドメイン管理が可能
◎ディスク容量が多い
◎転送量が多い
◎毎日無料バックアップ(14日分)
◎DBは14日以内なら無料自動復旧可能
◎ファイルも14日以内なら無料自動復旧可能
◎アダルト・出会い系サイト可
◎ドメインとサーバー代のチャージ払いが可能
○サーバ引っ越し依頼が可能(有料)

サービス運営期間:3年

1年以上の契約をする場合は、クーポンコード入力でさらに50%割引キャンペーン中!
※BOX2 ~ BOX8プラン契約の場合

クーポンコード:PK4JK4RJ

クーポンの使用方法はこちら

とにかく速い。サイトに表示スピードを求めるならココ。
管理画面がシンプルで使いやすい。

◎nginxを用いた高速サーバー(完全SSD)
◎プランのアップ・ダウングレードが自由自在
◎同サービス内でドメイン管理が可能
◎ディスク容量が多い
◎転送量が多い
○http/2(高速化プロトコル)に対応
◎毎日無料バックアップ(14日分)
◎DBは14日以内なら無料自動復旧可能
◎ファイルも14日以内なら無料自動復旧可能
◎サーバ引っ越しツールあり(無料)
○サーバ引っ越し依頼が可能(有料)
◎ドメインとサーバー代のチャージ払いが可能

サービス運営期間:3年

安定感抜群のサーバーです。あまり急激なアクセス変動がないアフィリエイトサイトに向いています。

◎nginxを用いた高速サーバー(完全SSD)
◎老舗サーバーなので安定感抜群
◎ディスク容量が多い
◎転送量が多い
◎同サービス内でドメイン管理が可能
○http/2(高速化プロトコル)に対応
○毎日無料バックアップ(14日分)
○DBは7日以内なら無料自動復旧可能
×ファイルは有料かつ手動での復旧
×プラン変更でCPUのスペックアップができない
×プラン変更しても即時反映されない
×アダルト・出会い系サイト不可

サービス運営期間:18年

常に新しいことに挑戦しているフロンティア精神あふるるレンタルサーバーです。
LiteSpeedやHTTP/2を日本で初めて導入したサーバー。

◎LiteSpeedを用いた高速サーバー(完全SSD)
◎http/3(高速化プロトコル)に対応
◎プランのアップ・ダウングレードが自由自在
◎同サービス内でドメイン管理が可能
◎転送量が多い
◎ディスク容量が多い
◎毎日無料バックアップ(14日分)
◎DBは14日以内なら無料自動復旧可能
○ファイルは14日以内なら無料復旧可能(※手動)
◎アダルト・出会い系サイト可
◎ドメインとサーバー代のチャージ払いが可能
○サーバ引っ越し依頼が可能(有料)

サービス運営期間:5年

格安な値段で始められる高機能サーバーです。
性能も備えつつ最安ならここ。
ただし少し機能は弱い。

◎LiteSpeedを用いた高速サーバー(完全SSD)
◎激安プランが用意してある
◎値段あたりのスペックが高い(コスパ良し)
◎サーバ引っ越し依頼が可能(無料)
◎アダルト・出会い系サイト可
○http/2(高速化プロトコル)に対応
△プランのアップは可能だがダウンは不可
△毎日自動バックアップ(1日分)
△前日のバックアップからのみ復元できる(無料)

サービス運営期間:5年

Cocoon
タイトルとURLをコピーしました