現在デフォルトスキンとして「COLORS(ブルー)」を適用中。

AMPを投稿記事にのみ設定したい | Cocoonテーマに関する質問 | Cocoon フォーラム

書き込みの前に以下の3点をご確認ください。
  1. 1つのトピックにつき1つの質問を書き込んでください
  2. 不具合・カスタマイズ対象ページのURLを提示してください
  3. 該当部分のキャプチャ・環境情報とともに書き込んでいただけると助かります

フォーラム利用ガイドリンク

  1. フォーラムガイドライン
  2. よくある質問と答え(FAQ)
  3. サポート対象外のケース
  4. 原因不明の不具合用トラブルシューティング
  5. トピックにHTMLを貼り付ける方法(推奨ツール:notepad.pw
  6. 真っ白画面でのエラーメッセージの確認方法 
  7. ブラウザ環境チェックツール

フォーラムの内容は、CCライセンス(CC BY-ND 2.1)準じていれば(リンクを貼っていただければ)転載も自由です。カスタマイズ記事を書く際にコード等をコピペ利用していただいて構いません。

フォーラムの使い方がよくわからない場合は、テストトピックで自由にテストしていただいて構いません。

詳細なカスタマイズ依頼をするならこちら。

フォーラムのTwitterアカウント(@CocoonForum)はこちら

スポンサーリンク
Share:

[解決済] AMPを投稿記事にのみ設定したい  


ringoro
(@ringoro)
Active Memberサイト
参加: 1年 前
投稿: 11
ringoro - Twitter
2019年10月12日 21:42  

お世話になります。

コクーンを使用していてAMP対応を考えています。

ただ色々不具合の記事も多く今までためらっていたのですが、ブログ全体をAMPにするのではなく新しく投稿する記事のみをAMPする事は可能なのでしょうか?

(コクーン設定でボタン一つでAMP化できるのは簡単なんですが、その後のエラーが出そうでためらってるので新しい投稿記事にだけAMPできないのかな、、と思いまして)

 

そこで考えた手順が

①今まで投稿した記事の投稿画面にある「AMPページを生成しない」にチェックを全ての記事に入れる

②コクーン設定の「AMP機能を有効化にする」にチェックをいれる

③新しく投稿する記事は「AMPページを生成しない」にチェックをつけず投稿する

 

この手順で行けば新しく投稿した記事のみAMP化できるのかな?と思ったのがどうでしょうか?

(ウェブ知識に関しては素人レベルですので考えが浅はかでしたらすいません)

 

なぜAMPにこだわってるかというと、最近グーグル砲(discover掲載記事)に大きいサムネイルと小さいサムネイルがあり、大きいサムネイルになっている記事がAMP化されているという記事をいくつか読んだからです。

discoverに掲載されるケースが増えてきて、大きいサムネイルで表示できるならAMP化試してみようかな、、という感じです。(その方がクリック率&アクセス増える可能性あるので)

またdiscover掲載記事は新着記事がほとんどですので、新しく投稿した記事のみAMP化できるなら試してみたいといった考えです。

 

伝わりにくかったらすいません。

上記手順で新規投稿のみAMP化できるか教えて頂ければありがたいです。

 

サイトは

https://shiba-inu-ringoro.com

です。


かうたっく
(@kautakku)
メンバーサイト Moderator
参加: 2年 前
投稿: 3784
かうたっく - Facebookかうたっく - Twitterかうたっく - Google+
2019年10月13日 07:20  

ただ色々不具合の記事も多く今までためらっていたのですが、ブログ全体をAMPにするのではなく新しく投稿する記事のみをAMPする事は可能なのでしょうか?

(コクーン設定でボタン一つでAMP化できるのは簡単なんですが、その後のエラーが出そうでためらってるので新しい投稿記事にだけAMPできないのかな、、と思いまして)

「ただ色々不具合の記事も多く」
これは何に対しての不具合ですか?

***

「ボタン一つでAMP化できるのは簡単なんですが、その後のエラーが出そう」
これはAMPエラーが出そう。ってことですよね。

 

AMPエラーになるページは、検索結果上に雷⚡マークがつかない。自動的にAMPがOFF(正確にいえばAMPエラーで通常ページが検索結果に表示されるだけ)状態ってイメージです。

 

AMPエラーってスマホ検索結果ページで、通常ページのリンクが表示されて、SearchConsoleでAMPエラーが出てるよ。AMP表示したいなら修正してね。的なことを「重大なエラー」みたいな書き方をして教えてくれる感じです。

 

 

ここまでが前提です。

カスタマイズが必要だと思われてるけど、上記前提をお話ししただけでしたっと 😊 


わいひら 件のいいね!
かうたっく
(@kautakku)
メンバーサイト Moderator
参加: 2年 前
投稿: 3784
かうたっく - Facebookかうたっく - Twitterかうたっく - Google+
2019年10月13日 07:26  

ついでにAMPエラーが出た場合の対処として。

Cocoon設定・管理者画面 管理者パネル にある AMPエリアの表示 にチェックを入れているとAMPエラーが出ているページを開けば Google AMPテストを表示 で該当ページのAMPエラーの原因がどこにあるかなど、教えてくれるツールへのリンクが出ます。

それを修正したほうが良いかもしれないです。以下のように思われるのであれば。

discoverに掲載されるケースが増えてきて、大きいサムネイルで表示できるならAMP化試してみようかな、、という感じです。(その方がクリック率&アクセス増える可能性あるので)

もうちょっといえば、大抵
Cocoon設定の変更でAMPエラー解消できるよう、これまでに対応されていますよ❦

This post was modified 1か月 前 by かうたっく

わいひら 件のいいね!
たなかま
(@tanakama)
Reputable Memberサイト
参加: 2年 前
投稿: 288
たなかま - Twitter
2019年10月13日 12:57  

こんにちは。

①今まで投稿した記事の投稿画面にある「AMPページを生成しない」にチェックを全ての記事に入れる

②コクーン設定の「AMP機能を有効化にする」にチェックをいれる

③新しく投稿する記事は「AMPページを生成しない」にチェックをつけず投稿する

はい、上記の内容で新しい投稿のみAMPにできます。

私もAMPの不具合が起こるプラグインを使っているページは、AMPを生成してません。

 

AMPの不具合が起こる=AMPで表示されない、ではないのでご注意ください。

例えば、画像が表示されないなどの致命的な不具合が起きても、AMPが解除されず、ずっとAMPのままになっていることがあります。また、Search Consoleで通知が来ないこともあります。

これらの不具合は、プラグインやカスタマイズで起こる可能性がほとんどですね。

また、AMPの解除は時間が掛かる場合があります。(数日とか)

そのため、もし不具合が起きた場合は、不具合を除去するのを最優先にしてくださいませ。

心配な場合、プラグインを使ったり、カスタマイズした後は、Googleモバイル検索からAMPページにアクセスして、こまめに確認すると良いでしょう。


わいひら 件のいいね!
ringoro
(@ringoro)
Active Memberサイト
参加: 1年 前
投稿: 11
ringoro - Twitter
2019年10月13日 22:52  

かうたっく様

ご丁寧にご教授頂きありがとうございます!

不具合というのはサーチコンソールのエラーの事です。(コクーン AMPでググったさいにいくつか出てきた記事を拝見しました)

AMPエラーが出ても通常記事がインデックスされてるだけでという事なんですね。。(知識がなくすいません。)

 

あと一つ質問なのですが、「AMP機能を有効化」にしたあと、なにかしらのエラーが出たとして、自分でエラーを解消できなかった場合に、

「AMP機能を有効化」のチェックを外しただけで、もとのインデックスに戻す事は可能なのでしょうか?(すぐには難しいと思いますが時間をかけてでも放っておけばもとに戻るのか分からずでして・・^^;)


ringoro
(@ringoro)
Active Memberサイト
参加: 1年 前
投稿: 11
ringoro - Twitter
2019年10月13日 22:58  

たなかま様

ご丁寧にありがとうございます!!

上記手順でもできるという事が分かり、少しやる気が出てきました!

また画像が見えないなどの不具合があってもAMPのままという事もあるんですね・・!

プラグインでなにかがひっかった時を考え躊躇してしまう自分がいますが、少しづつトライしていきたいと思いますm(__)m


かうたっく
(@kautakku)
メンバーサイト Moderator
参加: 2年 前
投稿: 3784
かうたっく - Facebookかうたっく - Twitterかうたっく - Google+
2019年10月13日 23:29  

「AMP機能を有効化」にしたあと、なにかしらのエラーが出たとして、自分でエラーを解消できなかった場合に、

エラーが出て解決できなかった場合は、エラーの文字列で検索したら出てくると思われます。

検索でヒットしなくて不明な場合は、AMPを有効化している状態でエラーが出ているページURLと、
https://search.google.com/test/amp このようなページでAMPテストを行った結果のurlをご提示いただいてフォーラムで新規トピックを立てても良いと思いますよ。

 

 

「AMP機能を有効化」のチェックを外しただけで、もとのインデックスに戻す事は可能なのでしょうか?(すぐには難しいと思いますが時間をかけてでも放っておけばもとに戻るのか分からずでして・・^^;)

可能です。AMPページを検索エンジンがクロールした状態であれば、AMPを無効にした状態で再度クロールされるとスマホ検索結果で通常ページがインデックスされます。

時間ですが、すぐクロールされるとすぐ戻りますし、すぐクロールに来なかったら、SearchConsoleにある URLの検査 からクロールを呼べばいい感じで。

またAMPを解除して、スマホ検索結果がAMP(⚡マーク)でも、きちんと記事にアクセスできるので安心してくださいね。

 

あと、読み間違いをしてました。過去記事など全部にチェックを入れるのが手間でなければそれも良いと思いますよ。運営者さん次第なので。


わいひら 件のいいね!
ringoro
(@ringoro)
Active Memberサイト
参加: 1年 前
投稿: 11
ringoro - Twitter
2019年10月14日 17:27  

かうたっく様

分かりやすく説明してくれてありがとうございます!

もしエラーが出た場合は自己解決できるよう頑張ってみますが、それでもダメでしたらこちらでトピックたてて質問させて頂くかもしれませんm(__)m

 

またAMPを無効化すればもとに戻ると分かり安心しました。

現在500記事くらいありチェックいれるのは労力もいるので、全体をAMP化して難しそうでしたら無効化するのも一つの選択肢にいれたいと思います。

 

この度はありがとうございましたm(__)m


わいひら 件のいいね!
わいひら
(@yhira)
メンバーサイト Admin
参加: 2年 前
投稿: 7140
わいひら - Facebookわいひら - Twitter
2019年10月14日 19:30  

最も省エネな方法としては、AMPを有効にして、エラーが出たページだけを全て無効化すればよいのではないかと思います。
AMPでエラーが出たページだけ無効化することで、通常ページがインデックスされます。

This post was modified 1か月 前 2 times by わいひら

ringoro
(@ringoro)
Active Memberサイト
参加: 1年 前
投稿: 11
ringoro - Twitter
2019年10月14日 23:53  

わいひら様

ご返信ありがとうございます!

そしてその方法もあったとは・・全く考えにありませんでした。

AMPでエラーが出たページだけ無効化するのが一番楽ですね!

ご教授ありがとうございますm(__)m


わいひら 件のいいね!
Share:
スポンサーリンク
わいひらをフォローする
おすすめサーバ

性能も兼ね備えながら安くブログ運営を開始したいのであればここ1択。

◎LiteSpeedを用いた高速サーバー(完全SSD)
◎http/2・QUIC(高速化プロトコル)に対応
◎東京・大阪でリージョン選択が可能
◎プランのアップ・ダウングレードが自由自在
◎同サービス内でドメイン管理が可能
◎転送量が多い
◎毎日無料バックアップ(14日分)
◎復元ポイントを指定して復旧可能(無料)
◎アダルト・出会い系サイト可
◎ドメインとサーバー代のチャージ払いが可能
○サーバ引っ越しオプションあり(有料)
サービス運営期間:1年3ヶ月

1年以上の契約をする場合は、クーポンコード入力でさらに10%割引(※2019/12/31まで)。

クーポンコード:PK4JK4RJ

クーポンの使用方法はこちら

安定感抜群のサーバーです。あまり急激なアクセス変動がないアフィリエイトサイトに向いています。

◎nginxを用いた高速サーバー(完全SSD)
◎老舗サーバーなので安定感抜群
◎ディスク容量が多い
◎転送量が多い
◎同サービス内でドメイン管理が可能
○http/2(高速化プロトコル)に対応
○毎日無料バックアップ(14日分)
△DBは7日分だけ無料復旧可能(ファイルは有料)
×プラン変更でCPUのスペックアップができない
×プラン変更しても即時反映されない
×アダルト・出会い系サイト不可
サービス運営期間:16年

とにかく速い。サイトに表示スピードを求めるならココ。

◎nginxを用いた高速サーバー(完全SSD)
◎プランのアップ・ダウングレードが自由自在
◎ディスク容量が多い
◎転送量が多い
○http/2(高速化プロトコル)に対応
○毎日無料バックアップ(14日分)
○DB復旧は無料(ファイルは有料)
○サーバ引っ越しツールあり
○サーバー料金をチャージ払いが可能
△新しいサービスなので運営櫪がまだ短い
サービス運営期間:1年1ヶ月

プラン変更で負荷対策が行えるので、ブログ向きのレンタルサーバーです。

◎LiteSpeedを用いた高速サーバー(完全SSD)
◎http/2・QUIC(高速化プロトコル)に対応
◎プランのアップ・ダウングレードが自由自在
◎転送量が多い
◎毎日無料バックアップ(14日分)
◎復元ポイントを指定して復旧可能(無料)
◎アダルト・出会い系サイト可
○サーバ引っ越しオプションあり(有料)
○サーバー料金をチャージ払いが可能
サービス運営期間:3年

格安な値段で始められる高機能サーバーです。
性能も備えつつ最安ならここ。
サイトを続けるうちにアクセスが増えれば、プランのアップグレートで対応可能です。

◎LiteSpeedを用いた高速サーバー(完全SSD)
◎激安プランが用意してある
◎値段あたりのスペックが高い(コスパ良し)
◎サーバ引っ越しオプションあり(無料)
◎アダルト・出会い系サイト可
○http/2(高速化プロトコル)に対応
△プランのアップは可能だがダウンは不可
△毎日自動バックアップ(1日分)
△前日のバックアップからのみ復元できる(無料)
サービス運営期間:3年

Cocoon
  
動作中

ログイン または 登録 してください

タイトルとURLをコピーしました