現在デフォルトスキンとして「 Like Simplicity」を適用中。

shortcodes-amazon.phpエラーにつきまして | 不具合報告 | Cocoon フォーラム

書き込みの前に以下の3点をご確認ください。
  1. 1つのトピックにつき1つの質問を書き込んでください
  2. 不具合・カスタマイズ対象ページのURLを提示してください
  3. 該当部分のキャプチャ・環境情報とともに書き込んでいただけると助かります

フォーラム利用ガイドリンク

  1. フォーラムガイドライン
  2. よくある質問と答え(FAQ)
  3. サポート対象外のケース
  4. 原因不明の不具合用トラブルシューティング
  5. トピックにHTMLを貼り付ける方法(推奨ツール:notepad.pw
  6. 真っ白画面でのエラーメッセージの確認方法 
  7. ブラウザ環境チェックツール

フォーラムの内容は、CCライセンス(CC BY-ND 2.1)準じていれば(リンクを貼っていただければ)転載も自由です。カスタマイズ記事を書く際にコード等をコピペ利用していただいて構いません。

フォーラムの使い方がよくわからない場合は、テストトピックで自由にテストしていただいて構いません。

詳細なカスタマイズ依頼をするならこちら。

フォーラムのTwitterアカウント(@CocoonForum)はこちら

スポンサーリンク
Share:

[解決済] shortcodes-amazon.phpエラーにつきまして  


おさとら
(@osatra)
Active Memberサイト
参加: 9か月 前
投稿: 6
2019年2月3日 01:48  

いつも大変お世話になっております。

本日未明よりcocoonテーマ使用サイトでエラーが表示されまして、色々と調べながら対応してみたのですが、時間ばかり過ぎてしまい困ってしまいまして、こちらに投稿させて頂きます。

エラーが表示されるページ:

https://ridingbasic.com/naruhodo/winter-shooting-items/

https://ridingbasic.com/naruhodo/bird-shot/

等、数ページで下記エラーが表示されています。

表示されているエラー:

Warning: simplexml_load_string(): Entity: line 9: parser error : Entity 'nbsp' not defined in /export/sd08/www/jp/r/e/gmoserver/3/6/sd0126536/ridingbasic.com/naruhodo/wordpress-3.6.1-ja-jetpack-undernavicontrol/wp-content/themes/cocoon-master/lib/shortcodes-amazon.php on line 200

Warning: simplexml_load_string(): <p>&nbsp;</p> in /export/sd08/www/jp/r/e/gmoserver/3/6/sd0126536/ridingbasic.com/naruhodo/wordpress-3.6.1-ja-jetpack-undernavicontrol/wp-content/themes/cocoon-master/lib/shortcodes-amazon.php on line 200

................

Warning: First parameter must either be an object or the name of an existing class in /export/sd08/www/jp/r/e/gmoserver/3/6/sd0126536/ridingbasic.com/naruhodo/wordpress-3.6.1-ja-jetpack-undernavicontrol/wp-content/themes/cocoon-master/lib/shortcodes-amazon.php on line 203

Warning: First parameter must either be an object or the name of an existing class in /export/sd08/www/jp/r/e/gmoserver/3/6/sd0126536/ridingbasic.com/naruhodo/wordpress-3.6.1-ja-jetpack-undernavicontrol/wp-content/themes/cocoon-master/lib/shortcodes-amazon.php on line 222

..............

など、数ぺージに渡り表示されています。

cocoonを使用させて頂いているサイトが2つあり、他のサイトでも同様のエラーが表示されています。

サーバーは、GMO共用サーバーを使用しています。

今の所当サーバー上でのエラーは、「shortcodes-amazon.php」ファイルに限定されている様なのですが、かなり多岐行においてエラーが表示されております。

一応ファイルを開いてみたのですが、どう修正して良いか分からず、そのままの状態にしております。

エラー排出のタイミング的にcocoonバージョンを下げてもみましたが、同じ状況でした。

お手間取らせまして大変恐縮ですが、もしこちらに関しての原因と修正方法がわかりましたら、ご教示下さると幸いです。

下記がサイトの環境情報です。どうぞよろしくお願いいたします。

----------------------------------------------
サイト名:hmmm
サイトURL: https://ridingbasic.com/naruhodo/wp
ホームURL: https://ridingbasic.com/naruhodo
コンテンツURL:/wp/wp-content
インクルードURL:/wp/wp-includes/
テンプレートURL:/wp/wp-content/themes/cocoon-master
スタイルシートURL:/wp/wp-content/themes/cocoon-child-master
子テーマスタイル:/wp/wp-content/themes/cocoon-child-master/style.css
Wordpressバージョン:5.0.3
PHPバージョン:7.2.14
ブラウザ:Mozilla/5.0 (Macintosh; Intel Mac OS X 10_13_6) AppleWebKit/537.36 (KHTML, like Gecko) Chrome/71.0.3578.98 Safari/537.36
サーバーソフト:Apache
サーバープロトコル:HTTP/1.1
エンコーディング:gzip, deflate, br
言語:ja-JP,ja;q=0.9,en-US;q=0.8,en;q=0.7
----------------------------------------------
テーマ名:Cocoon
バージョン:1.5.8.5
カテゴリ数:8
タグ数:45
ユーザー数:1
----------------------------------------------
子テーマ名:Cocoon Child
バージョン:0.0.5
----------------------------------------------
Gutenberg:0
ホームイメージ:/wp/wp-content/uploads/2018/12/hmmm-blue-logo.jpg
----------------------------------------------
ブラウザキャッシュ有効化:0
HTML縮小化:0
CSS縮小化:0
JavaScript縮小化:0
Lazy Load:0
WEBフォントLazy Load:0
----------------------------------------------
利用中のプラグイン:
Akismet Anti-Spam 4.1.1
Blackhole for Bad Bots 2.1
Broken Link Checker 1.11.5
Contact Form 7 5.1.1
EWWW Image Optimizer 4.6.2
Google Captcha (reCAPTCHA) by BestWebSoft 1.40
Google XML Sitemaps 4.1.0
plugin load filter 3.0.4
SiteGuard WP Plugin 1.4.3
SNS Count Cache 0.11.1
StopBadBots 5.28
TinyMCE Advanced 5.0.1
WebSub/PubSubHubbub 3.0.1
WP Multibyte Patch 2.8.2
----------------------------------------------


かうたっく
(@kautakku)
メンバーサイト Moderator
参加: 2年 前
投稿: 3573
かうたっく - Facebookかうたっく - Twitterかうたっく - Google+
2019年2月3日 07:22  

どのように親テーマをアップロードされましたか?

アップロードしているディレクトリが違ってるように思います。

ridingbasic.com/naruhodo/wordpress-3.6.1-ja-jetpack-undernavicontrol/wp-content/themes/cocoon-master/

正解は以下ではないですか?

ridingbasic.com/naruhodo/wp/wp-content

ブログカードを見ても同様そのようになってますので。

h ttps://ridingbasic.com/naruhodo/wp/wp-content/uploads/2017/12/kingfisher03-300px-160x90.jpg


わいひら 件のいいね!
おさとら
(@osatra)
Active Memberサイト
参加: 9か月 前
投稿: 6
2019年2月3日 11:51  

かうたっく様 ご返信ありがとうございます。

親テーマのアップロードは、ブラウザから行いまして、

ridingbasic.com/naruhodo/wp/wp-content

ディレクトリに、

ridingbasic.com/naruhodo/wp/wp-content/themas/cocoon-master

ディレクトリが存在しております。

ご指摘のディレクトリ(wordpress-3.6.1-ja-jetpack-undernavicontrol/)が存在してないので疑問を持っておりました。ただ、エラー内容からすると、このディレクトリからファイル自体は読み込んでいる模様ですよね。(行を指定されているので)

エラー排出は昨日未明よりで、それまでサイトは通常通り表示されておりました。昨日jetpackプラグイン自体は削除済みですが、cocoonをインストール(昨年11月頃)してから昨日まで「使用停止」のみしておりました。


かうたっく
(@kautakku)
メンバーサイト Moderator
参加: 2年 前
投稿: 3573
かうたっく - Facebookかうたっく - Twitterかうたっく - Google+
2019年2月3日 13:54  

ご指摘のディレクトリ(wordpress-3.6.1-ja-jetpack-undernavicontrol/)が存在してないので疑問を持っておりました

そうでしたか。でしたら私が書いた事をはじめに書いて頂けたら。っと思います❦

 

子テーマをお使いでカスタマイズ済みでしたら、子テーマフォルダ内をバックアップ。オカシイ状態を解消するべく対処するのが良いと思います。※親テーマを入れるべき場所に入れるなど。

 

ただ、エラー内容からすると、このディレクトリからファイル自体は読み込んでいる模様ですよね。(行を指定されているので)

状態が分かりません。

FTPではディレクトリは存在してないとありますが、サーバーの状態は不明で。

/naruhodo/wordpress-3.6.1-ja-jetpack-undernavicontrol/wp-content

こちらはWordPressが入っているフォルダが全く違っているので、なぜ読み込まれているのか、サーバー上の構成を見ているご本人か、見てもらえるサーバーにしか詳細が分からないと思うんですね。

 

wpフォルダをwordpress-3.6.1-ja-jetpack-undernavicontrolフォルダとして誤認識をおこなっているのか、もしくは同じフォルダとして認識されてしまったのか、

またサーバーのサブドメイン形式が、通常どのようなものかも分かりません。

 

サーバーサイドがおかしな状態でキャッシュされたのであれば、キャッシュの削除など。

 

プラグイン全停止・デフォルトテーマでどうなるか・など、検証したあとで問い合わせないと、サーバーに問い合わせてもまともに取り合ってもらえないと思います。

 


わいひら 件のいいね!
おさとら
(@osatra)
Active Memberサイト
参加: 9か月 前
投稿: 6
2019年2月3日 16:41  

現在までトライしているのは、

・プラグイン全停止

・親テーマを有効化(cocoonのAPI設定を空白のままだとエラーが出ませんが、アクセスIDなどを入れるとエラーが出ました)

・デフォルトテーマでの確認(エラーは出ませんでしたが、Amazonアソシエイトはコードのみの表示)

・cocoon-master/以下のshortcodes-amazon.phpファイルを最新ファイルにftpで置き換え。

・ブラウザから最新wordpress(5.0.3)を再インストール

・ネット上で検索をし、

http://seo-nagoya.biz/wordpress%E3%81%AE%E6%9B%B4%E6%96%B0%E3%81%AB%E5%A4%B1%E6%95%97%E3%83%BB%E3%83%BB%E3%83%BB/

http://algorhythnn.jp/blg/2013/08/24/error-wp-dtree-wp_plugin/

https://blog.janjan.net/2018/09/25/wordpress-parse-error-syntax-error-unexpected/

等、のサイト様より、エラー内容などと合わせて情報を得たところです。

当該ディレクトリ(/naruhodo/wordpress-3.6.1-ja-jetpack-undernavicontrol/wp-content)が見当たらない事象が散見されまして、ただおそらくGMOの共用サーバーのみで発生している感じではあります(定かな事は言えません)

これから試そうと思っているのは、

・サーバーPHPバージョンの変更(7.1.26にダウンと7.3.1にアップが選択できる状態。現在は7.2.14)

・cocoonのAPI設定を再セット(Amazonアソシエイトのアカウントを再度取得し、セットアップなど)

・Amazonアドセンスの設置を削除など。

・ftpでwordpressを再セットアップ

・子テーマを再セットアップ

・サーバー側への相談

と言うところで、リスクがある変更の前にこちらにてご相談させて頂きました。

エラー内容は、ワタシにはまったく認識できず、どうしてこうなってしまったのか分からない状態です。

かうたっく様ご指摘の

FTPではディレクトリは存在してないとありますが、サーバーの状態は不明で。

当該ディレクトリが存在してない状況と言うのは、他者様のエラーでも散見されていた様でいずれの方も首を捻っている様でした。

wpフォルダをwordpress-3.6.1-ja-jetpack-undernavicontrolフォルダとして誤認識をおこなっているのか、もしくは同じフォルダとして認識されてしまったのか、

またサーバーのサブドメイン形式が、通常どのようなものかも分かりません。

申し訳ありません。この辺りの誤認識の原因やサブドメイン形式がどの様なモノであるのかと言うサーバーの状況自体ワタシには分かりません。

 

もしこのエラー内容が分かる方であれば、何か修正方法が見つかるのかな、と考えまして、お力添えをお願いした次第です。

cocoonのAPI設定をしない状態や他のAmazonアソシエイトのショートコードを置いてないページでエラーが出ないあたりを焦点にしてましたが、まったく別の問題もあるのかもと考えている次第です。

もし現時点で修正方法や可能性として考えられる事が分かる方がいらっしゃいましたら、ご助言をお願いできますでしょうか?


かうたっく
(@kautakku)
メンバーサイト Moderator
参加: 2年 前
投稿: 3573
かうたっく - Facebookかうたっく - Twitterかうたっく - Google+
2019年2月3日 18:48  

https://www.onamae-server.com/sd/wordpress/

このサーバーですか?

このサーバーでwpフォルダ内にWordPressを導入したんですか?

wordpress-3.6.1-ja-jetpack-undernavicontrolフォルダがなぜ作られてるのかがわかりません。

そこにテーマを入れてるようですが、FTPソフトでwordpress-3.6.1-ja-jetpack-undernavicontrolフォルダ内をチェックしてもらわないと、何ともいえません。

 

ただ。

さっきサイトをみたとき、全てh ttps://ridingbasic.com/naruhodo/wp で表示されているように見えます。

h ttps://ridingbasic.com/naruhodo/wp/wp-content/themes/cocoon-child-master/style.css

ですが、以下でも導入されてるのが変。って事です。

h ttps://ridingbasic.com/naruhodo/wordpress-3.6.1-ja-jetpack-undernavicontrol/wp-content/themes/cocoon-child-master/style.css

 

h ttps://ridingbasic.com/naruhodo/wp/wp-content/uploads/2018/12/hmmm-blue-logo.jpg

上記正常だと思われるディレクトリで画像が表示される。でも、以下でも表示されるのがおかしいんです。

h ttps://ridingbasic.com/naruhodo/wordpress-3.6.1-ja-jetpack-undernavicontrol/wp-content/uploads/2018/12/hmmm-blue-logo.jpg

 

通常思うのはwpフォルダだけで良いのに、wordpress-3.6.1-ja-jetpack-undernavicontrolフォルダにも画像が保存される事自体も変です。

 

その辺りを含めてサーバーに聞いてみるのも良いと思います。あと気になるのが、データベースの紐づけです。

 

どちらのフォルダ内にもwp-config.phpが存在するのか、それがデータベースとの紐づけがどうなっているか。などです。

データベース情報は公開しちゃダメなので、サーバー側で聞いてみるのも良いと思います。

とりあえず。エラーを消すには以下の方法が良いかもしれません。

ridingbasic.com/naruhodo/wordpress-3.6.1-ja-jetpack-undernavicontrol/wp-content/themesフォルダ内にCocoonテーマを解凍してアップロードを試す。

もしくは親テーマの初期化・削除を行ってみる。※Cocoon親テーマのフォルダは再度アップロードは可能ですが、どんな挙動になるかは不明なのでご自身の自己責任の下で行ってください。

 

よくわからない場合はその旨をサーバーに聞いてみるのが良いと思います。


わいひら 件のいいね!
かうたっく
(@kautakku)
メンバーサイト Moderator
参加: 2年 前
投稿: 3573
かうたっく - Facebookかうたっく - Twitterかうたっく - Google+
2019年2月3日 18:54  

たとえば、h ttps://wp-cocoon.com ですがwww有・なしを統一したり通常行うのですが、そんなイメージなのかもしれません!?

それともそうではないのかも分かりません。って事で、サーバーの状況がわからない感じです。

この例えで伝わるか?っとちょっと心配です…


わいひら 件のいいね!
わいひら
(@yhira)
メンバーサイト Admin
参加: 2年 前
投稿: 6886
わいひら - Facebookわいひら - Twitter
2019年2月3日 21:00  

WordPress5時代にwordpress-3.6.1と書かれているのも謎ですね。
Jetpackがインストールされていないのに、jetpack-undernavicontrolというパスのエラーが表示されているということですよね?


わいひら
(@yhira)
メンバーサイト Admin
参加: 2年 前
投稿: 6886
わいひら - Facebookわいひら - Twitter
2019年2月3日 21:05  

FTPで確認しても「wordpress-3.6.1-ja-jetpack-undernavicontrol」というディレクトリはないんですよね?
そうしたら、実際はどのようなパスにWordPressがインストールされているかわかりますか?


かうたっく
(@kautakku)
メンバーサイト Moderator
参加: 2年 前
投稿: 3573
かうたっく - Facebookかうたっく - Twitterかうたっく - Google+
2019年2月3日 21:41  

FTPで確認しても「wordpress-3.6.1-ja-jetpack-undernavicontrol」というディレクトリはないんですよね?

そうなんですよね。ただあるはずなんですよね。

h ttps://ridingbasic.com/naruhodo/wp/wp-content/uploads/2018/12/hmmm-blue-logo.jpg

上記正常だと思われるディレクトリで画像が表示される。でも、以下でも表示されるのがおかしいんです。

h ttps://ridingbasic.com/naruhodo/wordpress-3.6.1-ja-jetpack-undernavicontrol/wp-content/uploads/2018/12/hmmm-blue-logo.jpg

 

h ttps://ridingbasic.com/naruhodo/wp/wp-content/uploads/2018/12/hmmm-blue-logo.jpg

h ttps://ridingbasic.com/naruhodo/wordpress-3.6.1-ja-jetpack-undernavicontrol/wp-content/uploads/2018/12/hmmm-blue-logo.jpg

 

どちらも表示されるって事は存在してて、画像アップロードで保存されてるんですよねぇ 🤔 

そうしたら、実際はどのようなパスにWordPressがインストールされているかわかりますか?

実際はwpみたいですけど‥。サイトを見てもそうなってるし。

 

おさとらさんに。

 

そのような感じでコチラとしても、謎な状態なんです。

イロイロ不明で下手に説明できないって感じなんですよね。今回のエラーの件をサーバーに説明すれば、話がややこしいので➡サーバー的にテーマがどう!?、プラグインは?、デフォルトでどう?などスルーされがち。って印象です。

 

ですが、サーバーの事➡説明した部分で私たちが不明な部分を突っ込んで聞けば、ご回答が得やすいと思うんです。

頑張ってサーバーにお問い合わせ頂けたら。※説明前に不明点があればご説明はします。ただ初心者さんであれば、多少の基礎知識だけ必要かもです!

 

サーバーの返信で不明点があれば、書き込んで頂いても良いとも思います。ただ

※公開しちゃダメデータベース情報はお控えくださいね❦

※サーバー上にあるすべての情報はこちらにはなく確認できませんので、どこまでご対応できるかは不明ですので、その点をご了承頂けたら。


わいひら 件のいいね!
おさとら
(@osatra)
Active Memberサイト
参加: 9か月 前
投稿: 6
2019年2月3日 21:52  

わいひら様 ご返信ありがとうございます。

WordPress5時代にwordpress-3.6.1と書かれているのも謎ですね。
Jetpackがインストールされていないのに、jetpack-undernavicontrolというパスのエラーが表示されているということですよね?

はい。なぜかこの様に表示されてしまいました。jetpackも削除してあるにも関わらずとなっています。ftpで接続して確認しても、wp-content/plugins/jetpackのディレクトリは存在してません。

FTPで確認しても「wordpress-3.6.1-ja-jetpack-undernavicontrol」というディレクトリはないんですよね?
そうしたら、実際はどのようなパスにWordPressがインストールされているかわかりますか?

はい、当該ディレクトリは何度探すも見当たらないのでどうしたモノかと思っている所です。元々GMOサーバーの「簡単インストール」からwordpressをインストールすると、ドメイン/wpディレクトリにインストールされ、「サイトアドレス」から自動的にwpが除かれる仕様ですが(wordpressアドレスは、ドメイン/wpのまま)、

インストール時のサーバー側の初動はそんな感じでして、元々からドメイン/wordpress/と言うディレクトリは作成される筈が無いのですが...。

ちなみに「3.6.1」は、このサイトを立ち上げた時のphpバージョンだったと思います。

cocoonは、

https://ridingbasic.com/naruhodo/wp/wp-content/themes/cocoon-master

のパス上です。

 


かうたっく
(@kautakku)
メンバーサイト Moderator
参加: 2年 前
投稿: 3573
かうたっく - Facebookかうたっく - Twitterかうたっく - Google+
2019年2月3日 22:33  

jetpackも削除してあるにも関わらずとなっています。ftpで接続して確認しても、wp-content/plugins/jetpackのディレクトリは存在してません。

そのディレクトリよりもっと上のディレクトリの話です。

 

そちらで見えないのであっても表示されているんですね。何度も書いてるので省略しますし、伝えたつもりですのでご自身でご確認ください。

さらにいえば、どちらのパスも表示されてると申したんです。それをご自身で確認していただき、サーバー側で確認していただかない限り、このフォーラムでは何もできないですよ。

なぜならサーバーの仕様は知らないので。


わいひら 件のいいね!
かうたっく
(@kautakku)
メンバーサイト Moderator
参加: 2年 前
投稿: 3573
かうたっく - Facebookかうたっく - Twitterかうたっく - Google+
2019年2月3日 22:40  

リラックスしようとしたけど、そのまえに。

WordPress5時代にwordpress-3.6.1と書かれているのも謎

こちらは導入された時古いWPのじだいであれば、そのディレクトリが作成される仕様なのかもしれません。

いま導入すれば、それは今の状態になる可能性もあります。ってことが前提です。

なので、プラグインを導入してようと してなかろうと、WPを導入された時そのバージョンであれば変わるとオカシクなりますし。

って、予想上で思ったまでです❦

**

※いま、全スルーしてる面を見ないと、解決しないと思いますよ。

This post was modified 9か月 前 by かうたっく

わいひら
(@yhira)
メンバーサイト Admin
参加: 2年 前
投稿: 6886
わいひら - Facebookわいひら - Twitter
2019年2月4日 21:37  

こういう場合は、まずはマルウェアチェックをした方が良いのかもしれません。
https://wp-customize.net/wordpress/5781.html
https://blacknd.com/linux-server/wordpress-malware-tampering-guard-block/
WordPressのマルウェアに関する対策方法はこちら。
https://wap-log.com/wordpress-malware-virus/

あと、かうたっくさんも書かれていますが、サーバーのサポートに以下の2つのURLを提示して「/wordpress-3.6.1-ja-jetpack-undernavicontrol/」というディレクトリは存在しないのに、双方とも接続できるのはなんで?と質問するしかないかもしれません。
https://ridingbasic.com/naruhodo/wp/wp-content/themes/cocoon-master/style.css
https://ridingbasic.com/naruhodo/wordpress-3.6.1-ja-jetpack-undernavicontrol/wp-content/themes/cocoon-master/style.css


おさとら
(@osatra)
Active Memberサイト
参加: 9か月 前
投稿: 6
2019年2月5日 12:03  

わいひら様

返信が遅くなってしまい申し訳ありません。

他で事業を持っておりまして、なかなかウェブサイトに費やす時間が取れずに対応が遅れているのですが、昨夜遅くレンタルサーバーの技術者と話をしてみました。

まず、ワーニングが出ているページを確認して貰い、

/wordpress-3.6.1-ja-jetpack-undernavicontrol/は、ワーニング(エラー)を出す際に振られるURLで、この部分は無視して構いません。」

との返答でした。

「なぜ出るのですか?」と伺いましたが、それ以上の返答は貰えませんでした(wordpressについては保証対象外で、サーバーの「簡単インストール」と言う機能を使用しても、この件は対象外だと言われました)。

お名前サーバーと言うGMOのレンタルサーバーを使用しているのですが、取り敢えずサーバー独自のwordpressバージョンが振られている感じの認識と捉えました。

一応、

「他社のレンタルサーバーでもこの様に表示されますか?」

と伺ったところ、「他社様のサーバーは、分かり兼ねますがこうした仕様です」と言われました。

基本、wordpressの運用については、「保証対象外」と言われてたのですが(以前もそう言う対応だったのを知っていたので、今回のエラー内容と対処方法が知りたく、またこの件で何か分かればと思いフォーラムに先に投稿させて頂きました)、サイトに表示されているワーニング(エラー)内容を下記内容で(粘って)伺いました。

「cocoon-master/lib/shortcodes-amazon.phpの、(例えば多くでワーニング指定されている200行目の記述など)のテンプレートphpファイルが、ワタシのwordpressコアファイルやプラグインファイルなどとの相性が悪いとの認識で良いですか?」

と伺ったところ、

「ワーニング内容からすると、おおよそそのイメージで間違えではないかと思いますが、確実な事は言えません」

との返答でした。

であれば、wordpressのコアファイルやプラグインを再セットアップすれば問題が解消される筈なのですが(やる予定ですが)、他で下記内容も気になっています。

 

私はphpの記述はまったく理解できないのですが、例えば、

themes/cocoon-master/lib/shortcodes-amazon.php

ファイルの200行目の記述

$xml = simplexml_load_string($res);

などを検索しながら下記サイトなどを調べていましたが、

PHPエラー対処方法「simplexml_load_file」&「simplexml_load_string」

などとは、まったく関係ない(cocoonデータ記述には問題ない筈)と考えて良いのかどうなのか?を今回の件で教えて頂ければと思っております。

今回私のサイトに表示されているワーニング(エラー)の内容をひとつひとつ改善するのが良いのか?

あるいは、ワーニング内容は無視した方が良いのか?(多くの方が使用しているcocoonテーマで、私のみに起こっている事象であると製作者様がお考えになれば、もちろんそこは正当なご判断だと思いますので)

イメージ的には、ひとつひとつエラーを解消するより、データベースからの全取っ換え(移行)の方が早くて安全なんだろうとも思ってますが。

それと、

こういう場合は、まずはマルウェアチェックをした方が良いのかもしれません。

なるほど、マルウェアの可能性は、考えからまったく抜けていたためすぐに対応してみようと思っています。(ありがとうございます!)確かにコアファイルやプラグインが感染していたら、変な挙動が出るかもしれませんね。まったくノーマークでした。

感染されていれば、データベースにも潜んでいそうな事を考えると、そのまま移行しても解決にはならないですね。移行しなければと思っていたので、精査してから行いたいと思います。

限られた時間の中の対処のため、対応が遅々としておりまして大変恐縮ですが、もしまた何かご助言やご対応がありましたら、お知らせ下さると幸いです。

 

かうたっく様

色々と気を揉ませてしまった様で恐縮です。

ただ、今回このワーニング(エラー)が出た際に、一日中

naruhodo/wordpress-3.6.1-ja-jetpack-undernavicontrol/

このディレクトリを探しても見つからなかったので、この件はサーバーに問い合わせればすぐに回答を貰える物と思っておりましたので、問題が山積みな感覚と、時間が限られている中で問題を取捨選択せねばならず、まずはエラー内容に焦点を当てていた次第です。(件名を見て頂ければ分かると思いますが)

ftpから当該ディレクトリは見えないのは、仕様上データベースでリダイレクトがかけられているかもしれないとイメージもしましたが(jpeg画像をupロードした際に2箇所のディレクトリにupされていれば、その際の挙動が少しは出ると思ったので。例えばjpegのup先パスなどで)、私のレンタルサーバーでは上記仕様の様でした。

数ページでワーニング(エラー)表示されてはいましたが、他の投稿やサイト自体は普通に映っているし、アドセンス等も表示されているので、2つの重複したデータがサーバーに置いてあるとはあまり考えなかったのが経緯です。(リダイレクトされている線は大いに悩みましたが)

そのディレクトリよりもっと上のディレクトリの話です。

URLに"jetpack"が含まれていたので、その話をわいひらさんに話していた内容ですので、この内容は見えないと言われていた当該ディレクトリとは関係ありません。

ドメイン直下の上のディレクトリなど、目に付く所ですから存在していれば、すぐに見つかる筈です。

そちらで見えないのであっても表示されているんですね。何度も書いてるので省略しますし、伝えたつもりですのでご自身でご確認ください。

さらにいえば、どちらのパスも表示されてると申したんです。それをご自身で確認していただき、サーバー側で確認していただかない限り、このフォーラムでは何もできないですよ。

なぜならサーバーの仕様は知らないので。

※いま、全スルーしてる面を見ないと、解決しないと思いますよ。

確かに私も同じ様に考えましたが、いつ繋がるかも分からないレンタルサーバーのサポートにこの件だけで連絡するより、今件の問題解決につながるお話を少しでも多く引き出したかったので、この件を決してスルーしていた訳ではありません(私も事業を他で持っているので時間捻出の問題もあり、すぐには動けない事情もあります)。

私自身もこのパスが表示される事は、まだ疑問だらけなのでいずれ解決しようと思ってますが、レンタルサーバーのサポートにエラー内容を確認して貰いながら「無視して構いません」と言っていたので、今は「レンタルサーバーのバージョン名が自動的にパスに含まれるのだ」と認識しています。まずは違う線で今件を修正できればと思っています。


わいひら
(@yhira)
メンバーサイト Admin
参加: 2年 前
投稿: 6886
わいひら - Facebookわいひら - Twitter
2019年2月5日 21:06  

あるいは、ワーニング内容は無視した方が良いのか?(多くの方が使用しているcocoonテーマで、私のみに起こっている事象であると製作者様がお考えになれば、もちろんそこは正当なご判断だと思いますので)

僕は今回のケースに限って言えば、無視するしかないかと思います。
というのも、僕の環境で同じ不具合は再現できず、「wordpress-3.6.1-ja-jetpack-undernavicontrol/」が出力される仕様にもできないので、なぜそういった警告が出るのかが確認できないからです(再現できない不具合は直せないので)。
同様の書き込みもこれまでなかったですし。

実際、以下のページを見る限りでは、Amazon商品リンクは問題なく動作しています。
https://ridingbasic.com/naruhodo/bird-shot/
もし実際の動作に問題があれば、商品情報は取得できないはず。

なので、Warningは、表示させない方法で対処するのが良いかもしれません。
方法はこちら。
https://haniwaman.com/not-error-message/
http://mislead.jp/1803.html
その他にも「wordpress warning 非表示」と検索すると、解説ページがいろいろ出てくるかと思います。

ただし、サーバーのエラーログ等には書き込まれる可能性は高いので、サーバー容量を圧迫する用であれば、ちょこちょこエラーログを削除する必要はあるかもしれません。


おさとら
(@osatra)
Active Memberサイト
参加: 9か月 前
投稿: 6
2019年2月6日 03:36  

わいひら様

ご返信ありがとうございます。

ウィルスチェックは、早速レンタルサーバーのsitelock(有償)と言うサービスを導入してドメイン全体のファイルをスキャン(sqlインジェクションスキャン、xssスキャン含む)しまして、問題なかった模様です。

warning表示削除方法のご提案ありがとうございます。こちらのフォーラムに投稿していたので、warningを表示したままでしたが、

僕の環境で同じ不具合は再現できず、「wordpress-3.6.1-ja-jetpack-undernavicontrol/」が出力される仕様にもできないので、なぜそういった警告が出るのかが確認できないからです(再現できない不具合は直せないので)。

確かに他者様が再現できなければ、お手伝い頂く要件では無さそうですね。

色々とご助言ありがとうございました。お手数をおかけしまして、大変恐縮しております。今件で少々躓いておりますが、それでもcocoonは素晴らしいテーマだと思っております。この場をお借りして深くお礼申し上げます。


わいひら 件のいいね!
わいひら
(@yhira)
メンバーサイト Admin
参加: 2年 前
投稿: 6886
わいひら - Facebookわいひら - Twitter
2019年2月6日 19:47  

あまりお力になれずに申し訳ないです。
もし今後、不具合の再現方法がなかったり、自分の環境でも不具合が再現出来れば、修正できればと思います。


Share:
スポンサーリンク
わいひらをフォローする
おすすめサーバ

性能も兼ね備えながら安くブログ運営を開始したいのであればここ1択。

◎LiteSpeedを用いた高速サーバー(完全SSD)
◎http/2・QUIC(高速化プロトコル)に対応
◎東京・大阪でリージョン選択が可能
◎プランのアップ・ダウングレードが自由自在
◎同サービス内でドメイン管理が可能
◎転送量が多い
◎毎日無料バックアップ(14日分)
◎復元ポイントを指定して復旧可能(無料)
◎アダルト・出会い系サイト可
◎ドメインとサーバー代のチャージ払いが可能
○サーバ引っ越しオプションあり(有料)
サービス運営期間:1年2ヶ月

1年以上の契約をする場合は、クーポンコード入力でさらに10%割引(※2019/12/31まで)。

クーポンコード:PK4JK4RJ

クーポンの使用方法はこちら

プラン変更で負荷対策が行えるので、ブログ向きのレンタルサーバーです。

◎LiteSpeedを用いた高速サーバー(完全SSD)
◎http/2・QUIC(高速化プロトコル)に対応
◎プランのアップ・ダウングレードが自由自在
◎転送量が多い
◎毎日無料バックアップ(14日分)
◎復元ポイントを指定して復旧可能(無料)
◎アダルト・出会い系サイト可
○サーバ引っ越しオプションあり(有料)
○サーバー料金をチャージ払いが可能
サービス運営期間:3年

安定感抜群のサーバーです。あまり急激なアクセス変動がないアフィリエイトサイトに向いています。

◎nginxを用いた高速サーバー(完全SSD)
◎老舗サーバーなので安定感抜群
◎ディスク容量が多い
◎転送量が多い
◎同サービス内でドメイン管理が可能
○http/2(高速化プロトコル)に対応
○毎日無料バックアップ(14日分)
△DBは7日分だけ無料復旧可能(ファイルは有料)
×プラン変更でCPUのスペックアップができない
×プラン変更しても即時反映されない
×アダルト・出会い系サイト不可
サービス運営期間:16年

とにかく速い。サイトに表示スピードを求めるならココ。

◎nginxを用いた高速サーバー(完全SSD)
◎プランのアップ・ダウングレードが自由自在
◎ディスク容量が多い
◎転送量が多い
○http/2(高速化プロトコル)に対応
○毎日無料バックアップ(14日分)
○DB復旧は無料(ファイルは有料)
○サーバ引っ越しツールあり
○サーバー料金をチャージ払いが可能
△新しいサービスなので運営櫪がまだ短い
サービス運営期間:1年

格安な値段で始められる高機能サーバーです。
性能も備えつつ最安ならここ。
サイトを続けるうちにアクセスが増えれば、プランのアップグレートで対応可能です。

◎LiteSpeedを用いた高速サーバー(完全SSD)
◎激安プランが用意してある
◎値段あたりのスペックが高い(コスパ良し)
◎サーバ引っ越しオプションあり(無料)
◎アダルト・出会い系サイト可
○http/2(高速化プロトコル)に対応
△プランのアップは可能だがダウンは不可
△毎日自動バックアップ(1日分)
△前日のバックアップからのみ復元できる(無料)
サービス運営期間:3年

Cocoon
  
動作中

ログイン または 登録 してください

タイトルとURLをコピーしました