現在デフォルトスキンとして「Bizarre-food(ブルーカレー) 」適用中。近日同梱予定。

AdSenseAMP広告の非表示について | 不具合報告 | Cocoon フォーラム

書き込みの前に以下の3点をご確認ください。

  1. 1つのトピックにつき1つの質問を書き込んでください
  2. 不具合・カスタマイズ対象ページのURLを提示してください
  3. 該当部分のキャプチャ環境情報とともに書き込んでいただけると助かります

フォーラム利用ガイドリンク

  1. フォーラムガイドライン
  2. よくある質問と答え(FAQ)
  3. サポート対象外のケース
  4. 原因不明の不具合用トラブルシューティング
  5. トピックにHTMLを貼り付ける方法(推奨ツール:notepad.pw
  6. 真っ白画面でのエラーメッセージの確認方法 
  7. ブラウザ環境チェックツール

フォーラムの内容は、CCライセンス(CC BY-ND 2.1)準じていれば(リンクを貼っていただければ)転載も自由です。カスタマイズ記事を書く際にコード等をコピペ利用していただいて構いません。

フォーラムの使い方がよくわからない場合は、テストトピックで自由にテストしていただいて構いません。

フォーラムのTwitterアカウント(@CocoonForum)はこちら

スポンサーリンク
AdSenseAMP広告の非表示につい...
 
Share:

[解決済] AdSenseAMP広告の非表示について  

  RSS

masami11205732
 masami11205732
(@masami11205732)
ゲスト
参加: 3か月 前
投稿: 16
2019年4月13日 16:04  

----------------------------------------------
サイト名:主婦のバイナリーオプションで損失額1300万円からの脱出ブログ
サイトURL: https://www.binary-shakkinjigoku.com
ホームURL: https://www.binary-shakkinjigoku.com
コンテンツURL:/wp-content
インクルードURL:/wp-includes/
テンプレートURL:/wp-content/themes/cocoon-master
スタイルシートURL:/wp-content/themes/cocoon-child-master
子テーマスタイル:/wp-content/themes/cocoon-child-master/style.css
スキン:/wp-content/themes/cocoon-master/skins/hygiene/style.css
Wordpressバージョン:5.1.1
PHPバージョン:7.3.1
ブラウザ:Mozilla/5.0 (Linux; Android 7.0; SO-02H) AppleWebKit/537.36 (KHTML, like Gecko) Chrome/73.0.3683.90 Mobile Safari/537.36
サーバーソフト:Apache
サーバープロトコル:HTTP/1.1
エンコーディング:gzip, deflate, br
言語:ja-JP,ja;q=0.9,en-US;q=0.8,en;q=0.7
----------------------------------------------
テーマ名:Cocoon
バージョン:1.7.4.9
カテゴリ数:8
タグ数:83
ユーザー数:1
----------------------------------------------
子テーマ名:Cocoon Child
バージョン:1.0.6
----------------------------------------------
Gutenberg:1
AMP:1
PWA:0
ホームイメージ:/wp-content/themes/cocoon-master/screenshot.jpg
----------------------------------------------
ブラウザキャッシュ有効化:0
HTML縮小化:0
CSS縮小化:0
JavaScript縮小化:0
Lazy Load:0
WEBフォントLazy Load:0
----------------------------------------------
利用中のプラグイン:
BackWPup 3.6.8
Contact Form 7 5.1.1
Force Regenerate Thumbnails 2.0.6
Google XML Sitemaps 4.1.0
Optimize Database after Deleting Revisions 4.7.4
Regenerate Thumbnails 3.1.0
TinyMCE Advanced 5.1.0
Wp-Insert 2.4.5
WP-PostViews 1.76.1
----------------------------------------------

◎AMPタブから
AMP機能を有効化するにチェツクしています

◎AdSenseの最適化ページからlabsを有効化にしています

なにか手順として抜けているところなどありますか?
Cocoon設定から上記方法で完了のブログをみて設定しているのですが💦
御手数ですがよろしくお願いします

----------------------------------------------
サイト名:主婦のバイナリーオプションで損失額1300万円からの脱出ブログ
サイトURL: https://www.binary-shakkinjigoku.com
ホームURL: https://www.binary-shakkinjigoku.com
コンテンツURL:/wp-content
インクルードURL:/wp-includes/
テンプレートURL:/wp-content/themes/cocoon-master
スタイルシートURL:/wp-content/themes/cocoon-child-master
子テーマスタイル:/wp-content/themes/cocoon-child-master/style.css
スキン:/wp-content/themes/cocoon-master/skins/hygiene/style.css
Wordpressバージョン:5.1.1
PHPバージョン:7.3.1
ブラウザ:Mozilla/5.0 (Linux; Android 7.0; SO-02H) AppleWebKit/537.36 (KHTML, like Gecko) Chrome/73.0.3683.90 Mobile Safari/537.36
サーバーソフト:Apache
サーバープロトコル:HTTP/1.1
エンコーディング:gzip, deflate, br
言語:ja-JP,ja;q=0.9,en-US;q=0.8,en;q=0.7
----------------------------------------------
テーマ名:Cocoon
バージョン:1.7.4.9
カテゴリ数:8
タグ数:83
ユーザー数:1
----------------------------------------------
子テーマ名:Cocoon Child
バージョン:1.0.6
----------------------------------------------
Gutenberg:1
AMP:1
PWA:0
ホームイメージ:/wp-content/themes/cocoon-master/screenshot.jpg
----------------------------------------------
ブラウザキャッシュ有効化:0
HTML縮小化:0
CSS縮小化:0
JavaScript縮小化:0
Lazy Load:0
WEBフォントLazy Load:0
----------------------------------------------
利用中のプラグイン:
BackWPup 3.6.8
Contact Form 7 5.1.1
Force Regenerate Thumbnails 2.0.6
Google XML Sitemaps 4.1.0
Optimize Database after Deleting Revisions 4.7.4
Regenerate Thumbnails 3.1.0
TinyMCE Advanced 5.1.0
Wp-Insert 2.4.5
WP-PostViews 1.76.1
----------------------------------------------

よろしくお願いします


未解決
masami11205732
 masami11205732
(@masami11205732)
ゲスト
参加: 3か月 前
投稿: 16
2019年4月13日 16:14  

お世話になっております

先程の送信が文書おかしくて
文章のみ再送信させてください💦

AdSenseAMP自動広告に変更したところ広告が表示されなくなりました💦

 

AMP自動広告をONにした後に、Cocoonの設定で「広告」→「アドセンスの表示形式」で「アドセンスの自動広告のみ利用」か「自動広告とマニュアル広告を併用」に設定します。

◎AMPタブから
AMP機能を有効化するにチェツクしています

◎AdSenseの最適化ページからlabsを有効化にしています

なにか手順として抜けているところなどありますか?
Cocoon設定から上記方法で完了のブログをみて設定しているのですが💦
御手数ですがよろしくお願いします


わいひら
(@yhira)
メンバーサイト Admin
参加: 1年 前
投稿: 5402
2019年4月13日 21:04  

AdSenseAMP自動広告に変更したところ広告が表示されなくなりました

これは、どのように設定を変更されたのですか?
Google AdSenseの管理画面上での設定でしょうか。
よろしければ設定画面のキャプチャ画像をいただければと思います。


masami11205732
 masami11205732
(@masami11205732)
ゲスト
参加: 3か月 前
投稿: 16
2019年4月13日 21:54  

わいひらさま

まずアドセンスのAMPテストで下記のエラーがでました。

先に添付させていただきます。


masami11205732
 masami11205732
(@masami11205732)
ゲスト
参加: 3か月 前
投稿: 16
2019年4月13日 22:06  

わいひらさま

やったことは

<アドセンス>

①AMP自動広告

 テキスト広告とディスプレイ広告のフォーマットをオンにしました

手順2/3の添付のコピー貼り付けも行いましたが改善されなかったので削除しました。

②最適化⇒Labsをオンにしました。コードの取得は特にしていません…

※ここでのコード取得が必要ですか?

<Cocoon>

①Cocco設定 AMP→

AMP機能を有効化する

 

②Coccon設定 広告⇒アドセンス表示方式

  • 自動広告とマニュアル広告を併用

にチェックを入れています。

 


わいひら
(@yhira)
メンバーサイト Admin
参加: 1年 前
投稿: 5402
2019年4月13日 22:29  

Cocoonでは、通常の広告タグ設定でAMP自動広告も自動生成されます。
https://wp-cocoon.com/how-to-set-adsense/
なので、わざわざGoogleが出力するamp-auto-adsタグを貼り付ける必要はありません。

以下のように、自動的に「AMP自動アドセンスタグ」を生成しています。
https://github.com/yhira/cocoon/blob/master/tmp/ad-amp-auto-adsense-in-head.php
https://github.com/yhira/cocoon/blob/master/tmp/ad-amp-auto-adsense-in-body.php


わいひら
(@yhira)
メンバーサイト Admin
参加: 1年 前
投稿: 5402
2019年4月13日 22:31  

これは、CSSサイズが大きすぎるというAMPエラーです。
おそらく、CSSサイズ量が多いスキンを利用されているからだと思います。

改善するには、Cocoon設定「AMP」タブの「スキンのスタイルを有効にする」のチェックを外してください。
※AMPページではスキンが適用されなくなります

This post was modified 2か月 前 by わいひら

masami11205732
 masami11205732
(@masami11205732)
ゲスト
参加: 3か月 前
投稿: 16
2019年4月13日 22:46  

わいひらさま

返信有難うございます。

スキンの表示のエラーがあって苦労してスキンを適用することができたので

AMP対応じゃないように設定を戻したいと思います。

素人質問で申し訳ないのですがはやり、いずれはAMP対応にしたほうが収益化が見込めるのでしょうか?


masami11205732
 masami11205732
(@masami11205732)
ゲスト
参加: 3か月 前
投稿: 16
2019年4月13日 23:04  

わいひらさま

広告が非表示のままになってしまいました(・・;)

<アドセンス>

①AMP自動広告をオフに戻しました

コピーも作自助しています。

②最適化⇒Labsもオフに戻しました

 

<Cocoon>

①Cocco設定 AMP→チェックを外しました

 

 

②Coccon設定 広告⇒アドセンス表示方式

  • 自動広告とマニュアル広告を併用

再度自動広告のコードを張り付けましたが広告がでなくなりました(・・;)

新しいユニットを作って Coccon設定の広告から張り付けてみましたが添付のようになってしまいます

なにか解決策ありますか?

すいません(・・;) なんかわけわからなくなってしまって…

元に戻りますでしょうか…(・・;)

ユニットのコードは

--------------------------

//pagead2.googlesyndication.com/pagead/js/adsbygoogle.js
<!-- アドセンス1 -->
<ins class="adsbygoogle"
style="display:block"
data-ad-client="ca-pub-7368499205699902"
data-ad-slot="8524750609"
data-ad-format="auto"
data-full-width-responsive="true"></ins>

(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});

 

でした。

 


masami11205732
 masami11205732
(@masami11205732)
ゲスト
参加: 3か月 前
投稿: 16
2019年4月13日 23:15  

再度読み直しました…

何も触らなくてもよかったということですよね💦なのになにか触ってしまったため広告が表示されなくなりましたが

改善方法ありますか💦

わからなすぎてパニックです💦💦


masami11205732
 masami11205732
(@masami11205732)
ゲスト
参加: 3か月 前
投稿: 16
2019年4月13日 23:53  

度々すみません

詳しくないので自動広告の設定で元に戻ればいいと思っているのですが再度コピペして親テーマに貼り付けても非表示のままです💦

助けて下さァァァい٩( >̶̥̥̥᷄♦<̶̥̥̥᷅ )۶

 

よろしくお願いします


かうたっく
(@kautakku)
メンバーサイト Moderator
参加: 1年 前
投稿: 2739
2019年4月14日 03:58  

新しいユニットを作って Coccon設定の広告から張り付けてみましたが添付のようになってしまいます

サーバーのセキュリティで閲覧禁止になった感じっぽいですね。

 

https://support.conoha.jp/v/waf/

上記をチェックして設定してみると良いと思われます。

設定が終われば、サーバーのセキュリティでご自身の(Cocoon設定から広告コードをいれて更新する)アクセスも問題ないはずです。

IPが変わればまた添付画像のような事になると思いますが、また対応すればOKです。

 

別途方法は

広告コードにあるscriptを抜いた状態で更新する方法。こちらはWAF対策でテーマが行ってくれてる方法です。

<!-- アドセンス1 -->
<ins class="adsbygoogle"
style="display:block"
data-ad-client="ca-pub-7***2"
data-ad-slot="8***9"
data-ad-format="auto"
data-full-width-responsive="true"></ins>

わいひら 件のいいね!
かうたっく
(@kautakku)
メンバーサイト Moderator
参加: 1年 前
投稿: 2739
2019年4月14日 04:02  

はじめの案内は、広告コード以外の更新で管理者ご自身のアクセスで403閲覧禁止になる場合にも有効で。(たとえば記事などの更新などなど)

次の案内は、広告の更新で有効な方法です。リンク先を見つけたので、該当見出しのリンクを貼っておきますね。

https://wp-cocoon.com/how-to-set-adsense/#toc4


わいひら 件のいいね!
masami11205732
 masami11205732
(@masami11205732)
ゲスト
参加: 3か月 前
投稿: 16
2019年4月14日 04:38  

かうたっくさま

返信ありがとうございます

 

https://support.conoha.jp/v/waf/

上記をチェックして設定してみると良いと思われます

 

は… なにをどう設定していいのかわからないんですが教えて貰ってもいいですか?

ひらいてみたんですがなにをどうすればいいかがわからなくて💦


かうたっく
(@kautakku)
メンバーサイト Moderator
参加: 1年 前
投稿: 2739
2019年4月14日 07:56  

検索方法などの案内として、検索キーワードを書いたつもりだったのに書いてませんね。書き忘れたようです。

サーバー名 WAFで検索しました。

サーバーがconohaだったのでconoha WAF だったと思います。さらに知りたいキーワードを足せば知りたいページが出てくる可能性もあるかもですが、まだメジャーでなければ探しにくいかもしれません?

※私はそのサーバーの内情などは把握してないので、詳細はわかりません。

***

2個目の案内内容ではテーマ側で初心者さん向けにCocoonがやってくれてるので、それを試すのも手だとおもいますよ。

***

サーバーのセキュリティWAFに対して、サーバーの対応も凄く良いモノだとも思います!

またWordPressテーマ側で対応してくれるテーマは少ないので、それを気付いていただけたら、初心者さんも助かると思うんですが・・・。


わいひら 件のいいね!
masami11205732
 masami11205732
(@masami11205732)
ゲスト
参加: 3か月 前
投稿: 16
2019年4月14日 10:04  

かうたっくさま

↓下記方法で広告設定をやってみました。

エラーは出なかったのですが、やはり広告がでないですね…(・・;)

コノハウィングで何の設定を変えればいいのかわからなくて…(・・;)

コノハウィングはいじっていないんですが…

--------------------------------------

別途方法は

広告コードにあるscriptを抜いた状態で更新する方法。こちらはWAF対策でテーマが行ってくれてる方法です。

<!-- アドセンス1 -->
<ins class="adsbygoogle"
style="display:block"
data-ad-client="ca-pub-7***2"
data-ad-slot="8***9"
data-ad-format="auto"
data-full-width-responsive="true"></ins>

masami11205732
 masami11205732
(@masami11205732)
ゲスト
参加: 3か月 前
投稿: 16
2019年4月14日 14:15  

かうたっくさま‼

コノハウィングのWAFをoffにしました‼再度貼り付けました

いけましたぁーーー‼‼‼‼‼‼💜❤💙💚よかったぁーー

ありがとうございます٩( >̶̥̥̥᷄♦<̶̥̥̥᷅ )۶

 

 


わいひら 件のいいね!
わいひら
(@yhira)
メンバーサイト Admin
参加: 1年 前
投稿: 5402
2019年4月14日 16:58  

WAFを無効にする方法は、タグ登録後は、有効に戻しておくことをおすすめします。
無効にしたままだと、セキュリティーが弱くなるので。


かうたっく
(@kautakku)
メンバーサイト Moderator
参加: 1年 前
投稿: 2739
2019年4月14日 17:36  

https://support.conoha.jp/v/waf/

あらかじめiptables等でポート番号、IPアドレスを指定し、許可された通信以外を遮断することができます。

ログをチェックして除外設定からできるようですけど、自分のIPだけ攻撃の除外できるのは凄いと思います。

 

もしご自身のIPだけ除外できなければWAFのON・OFFで対応して、それが面倒であれば普通に攻撃を除外して対応するとかですかね。

わいひらさんの言うとおり、セキュリティが弱くなりますけど。

ってか検索したら、サーバーの公式の案内だけみたいですね。誰かが初心者さん向けに、分かりやすく記事を書いてくれますように❦

*******

記事があった❦

https://it-media2.net/conoha-wingforbidden-access/

自分のIPを確認後、設定すれば良いと思います❦ #良い機能

This post was modified 2か月 前 by かうたっく

わいひら 件のいいね!
masami11205732
 masami11205732
(@masami11205732)
ゲスト
参加: 3か月 前
投稿: 16
2019年4月14日 23:34  

WAFの件めっちゃわかりやすかったです!やっとわかりました。有難うございます。

CocoonとConoHaWINGすごい! この2つを使用させてもらってよかったとまじでおもいます!

今回も勉強になりました。また登場するかと思います(・・;)

宜しくお願いします。


わいひら 件のいいね!
わいひら
(@yhira)
メンバーサイト Admin
参加: 1年 前
投稿: 5402
2019年4月15日 19:29  

あらかじめiptables等でポート番号、IPアドレスを指定し、許可された通信以外を遮断することができます。

ConoHa WINGは、ホワイトリスト設定ができるんですね!
これはいいですね。他のサーバーにも欲しいです。

とりあえず、うまくいったようでよかったです^^


Share:
スポンサーリンク
わいひらをフォローする
おすすめサーバ

プラン変更で負荷対策が行えるので、ブログ向きのレンタルサーバーです。

◎LiteSpeedを用いた高速サーバー(完全SSD)
◎http/2・QUIC(高速化プロトコル)に対応
◎プランのアップ・ダウングレードが自由自在
◎転送量が多い
◎毎日無料バックアップ(14日分)
◎復元ポイントを指定して復旧可能(無料)
◎アダルト・出会い系サイト可
○サーバ引っ越しオプションあり(有料)
○サーバー料金をチャージ払いが可能
サービス運営期間:2年10ヶ月

性能も兼ね備えながら安くブログ運営を開始したいのであればここ1択。

◎LiteSpeedを用いた高速サーバー(完全SSD)
◎http/2・QUIC(高速化プロトコル)に対応
◎東京・大阪でリージョン選択が可能
◎プランのアップ・ダウングレードが自由自在
◎同サービス内でドメイン管理が可能
◎転送量が多い
◎毎日無料バックアップ(14日分)
◎復元ポイントを指定して復旧可能(無料)
◎アダルト・出会い系サイト可
◎ドメインとサーバー代のチャージ払いが可能
○サーバ引っ越しオプションあり(有料)
△新しいサービスなので運営櫪がまだ短い
サービス運営期間:10ヶ月

安定感抜群のサーバーです。あまり急激なアクセス変動がないアフィリエイトサイトに向いています。

◎nginxを用いた高速サーバー(完全SSD)
◎老舗サーバーなので安定感抜群
◎ディスク容量が多い
◎転送量が多い
◎同サービス内でドメイン管理が可能
○http/2(高速化プロトコル)に対応
○毎日無料バックアップ(14日分)
△DBは7日分だけ無料復旧可能(ファイルは有料)
×プラン変更でCPUのスペックアップができない
×プラン変更しても即時反映されない
×アダルト・出会い系サイト不可
サービス運営期間:15年

とにかく速い。サイトに表示スピードを求めるならココ。

◎nginxを用いた高速サーバー(完全SSD)
◎プランのアップ・ダウングレードが自由自在
◎ディスク容量が多い
◎転送量が多い
○http/2(高速化プロトコル)に対応
○毎日無料バックアップ(14日分)
○DB復旧は無料(ファイルは有料)
○サーバ引っ越しツールあり
○サーバー料金をチャージ払いが可能
△新しいサービスなので運営櫪がまだ短い
サービス運営期間:8ヶ月

格安な値段で始められる高機能サーバーです。
性能も備えつつ最安ならここ。
サイトを続けるうちにアクセスが増えれば、プランのアップグレートで対応可能です。

◎LiteSpeedを用いた高速サーバー(完全SSD)
◎激安プランが用意してある
◎値段あたりのスペックが高い(コスパ良し)
◎サーバ引っ越しオプションあり(無料)
◎アダルト・出会い系サイト可
○http/2(高速化プロトコル)に対応
△プランのアップは可能だがダウンは不可
△毎日自動バックアップ(1日分)
△前日のバックアップからのみ復元できる(無料)
サービス運営期間:3年

Cocoon
  
動作中

ログイン または 登録 してください

タイトルとURLをコピーしました