現在「イノセンス」スキンを適用中です。

サイトスピードの改善について | 不具合報告 | Cocoon フォーラム

サイト内検索
書き込みの前に以下の3点をご確認ください。
  1. 1つのトピックにつき1つの質問を書き込んでください
  2. 不具合・カスタマイズ対象ページのURLを提示高速化を無効にしてください
  3. 該当部分のキャプチャ・環境情報とともに書き込んでいただけると助かります

何を書き込んだら良いか分からない場合は、以下のテンプレートをコピペしてご利用ください。

対象のページのURL:

相談内容:

解決のために試したこと:

※文字だけでは正しく伝わらない可能性があるため、画像の添付もお願いします。
※高速化設定をしている場合は無効にしてください。
環境情報:

※↑こちらに「Cocoon設定 → テーマ情報」にある「環境情報」を貼り付けてください。

環境情報の取得方法はこちら。
https://wp-cocoon.com/theme-report/
高速化設定を無効にするにはこちら。
https://wp-cocoon.com/theme-trouble/

フォーラム利用ガイドリンク

  1. フォーラムガイドライン
  2. よくある質問と答え(FAQ)
  3. サポート対象外のケース
  4. 原因不明の不具合用トラブルシューティング
  5. トピックにHTMLを貼り付ける方法(推奨ツール:notepad.pw
  6. 真っ白画面でのエラーメッセージの確認方法 
  7. ブラウザ環境チェックツール

フォーラム質問後、問題等が解決した場合は結果を書き込んでいただけると幸いです。同様の問題で調べている方には、結果が一番気になる部分となります。

また、問題の解決に至った場合には、トピック冒頭の「解決済み」リンクをクリックしていただけますと幸いです。

wpForoの解決済みリンク

また、有用な返信があった場合は「いいね!」リンクもご活用ください。返信者の励みになります。

wpForoのいいねリンク

「いいね!」機能はフォーラム登録者のみが利用できる機能です。

CC BY-ND 2.1)準じていれば(リンクを貼っていただければ)転載も自由です。カスタマイズ記事を書く際にコード等をコピペ利用していただいて構いません。

フォーラムの使い方がよくわからない場合は、テストトピックで自由にテストしていただいて構いません。

最近の書き込みはこちら。

詳細なカスタマイズ依頼をするならこちら。

スポンサーリンク
サイトスピードの改善について
 
共有:
通知
すべてクリア

サイトスピードの改善について


aichm
(@aichm)
Active Memberサイト
結合: 9か月前
投稿: 11
Topic starter  

お世話になっております。

 

サーチコンソールでPCが全て「不良URL」、モバイルが全て「改善が必要」と出ていたので、

PageSpeed Insightsで入れてみたところ

1番大きな原因となっているのが「レンダリングを妨げるリソースの除外」のようです…

 

コーディングはほとんど分からないのですが、どこを改善すればスピードが上がりそうでしょうか…?

最近順位が落ちてきているのでどうにかしたいです。

ざっくりし過ぎた質問で申し訳ございませんが、よろしくお願いいたします。

 

※下記はモバイルの改善箇所です

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
レンダリングを妨げるリソースの除外
6.47 s
次世代フォーマットでの画像の配信
3.24 s
適切なサイズの画像
0.9 s
使用していない CSS を削除してください
0.9 s
使用していない JavaScript の削除
0.6 s
CSS の最小化
0.3 s
効率的な画像フォーマット
0.3 s
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

This topic was modified 4週間前 2回 by aichm

引用
Yamachan11
(@yamachan11)
Estimable Memberサイト
結合: 1年前
投稿: 225
Yamachan11 - FacebookYamachan11 - Twitter
 

 aichm さん

最初に、一言申しあげておきます。

「不具合のカテゴリに挙げておられますが、これはCocoonの不具合ではありません

少なくとも「質問のカテゴリに挙げるべきものです。」

 

その上で、 aichm さんの環境情報及が示されていませんし、

サイトのカスタマイズや、アドセンス、アフリエイトの状況などが不明のため、

 

※下記はモバイルの改善箇所で、挙げられている以下の範囲だけで申し上げます。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
1.レンダリングを妨げるリソースの除外 6.47 s

 これは、外部の情報を取り込んでいたり、アドセンスアフリエイトをやられていたりすると、どうしても遅くなります。(状況が見えませんので何とも言えませんが、アドセンスアフリエイトをやられていたら致し方のないことです)

 それ以外では、カスタマイズが伴うことなので、このフォーラムの範疇外のものになります。

2.次世代フォーマットでの画像の配信 3.24 s

 この件に関しては、適切なプラグインを導入した上で、使用画像を次世代フォーマットに変換することで、所要時間を短縮することが可能ですが、自己責任で行う必要があります。

(私のサイトに方法(次世代フォーマットに変換する)を開示していますが、ここでは敢えて案内は致しません)

 

3.適切なサイズの画像 0.9 s

 これに関しては、使用画像を事前に圧縮(TinyPnG などで適切なサイズに)してからサイトにアップする。

さらに、サムネイルの最適化プラグインを利用するなどの手段があります。

This post was modified 4週間前 2回 by Yamachan11

返信引用
Yamachan11
(@yamachan11)
Estimable Memberサイト
結合: 1年前
投稿: 225
Yamachan11 - FacebookYamachan11 - Twitter
 

以下のテンプレートをコピペしてご利用ください。

相談内容:

解決のために試したこと:

※文字だけでは正しく伝わらない可能性があるため、画像の添付もお願いします。
※高速化設定をしている場合は無効にしてください。
環境情報:

※↑こちらに「Cocoon設定 → テーマ情報」にある「環境情報」を貼り付けてください。

環境情報の取得方法はこちら。
https://wp-cocoon.com/theme-report/
高速化設定を無効にするにはこちら。
https://wp-cocoon.com/theme-trouble/


わいひらmk2 件のいいね!
返信引用
mk2
(@mk2_mk2)
メンバー Moderator
結合: 2か月前
投稿: 617
 

aichmさん

PageSpeed Insightsは、ページ単位で計測してみないと分からないです。
(サイト全体を計測しているのではなく、入力したURLのページのみを計測します。)

サーチコンソールで「不良URL」となったページを1つ1つ確認していかないと、本当のところは分からないと思います。

パッと見ではGoogleフォントが1番重たいように思います。
改善するならば、まずはこれかも知れません。

でも、気にし過ぎなような気はしますが。
サイトの見た目をとるのか、PageSpeed Insightsの数字を気にするのか。
本当にPageSpeed Insightsの数字が原因なのか。

そういうところも考えるべきなのではないかとは思います。

 

それと、やはりご質問がとても乱暴な状態だと思います。

例えるなら。

先程100mを走りましたが、とても遅い数字でした。
何が悪いですか?

と、走るところもフォームも何も見てない人に聞いているようなものかと。


わいひらYamachan11 件のいいね!
返信引用
aichm
(@aichm)
Active Memberサイト
結合: 9か月前
投稿: 11
Topic starter  

@yamachan11

お忙しいところ、丁寧なお返事ありがとうございます。

お聞きするカテゴリが違い、大変申し訳ありませんでした。

 

アドセンスはやっておらず、アフィリエイトのみですが、それが影響していることもあるんですね。

もう少し勉強してから、またお聞きする場合は環境情報と一緒に質問カテゴリに上げさせていただきます。

無理な質問にご回答頂きありがとうございました。


わいひらYamachan11 件のいいね!
返信引用
aichm
(@aichm)
Active Memberサイト
結合: 9か月前
投稿: 11
Topic starter  

@mk2_mk2

mk2さん

お忙しいところ、無理な質問にお返事頂きましてありがとうございました。

 

PageSpeed Insightsはページ単位で調べるツールなんですね…勉強不足ですみません。

フォントは確かに最近変更したので可能性高いです。

変更して様子を見てみてみます。

的確なアドバイスありがとうございました。


わいひら, Yamachan11mk2 件のいいね!
返信引用
Yamachan11
(@yamachan11)
Estimable Memberサイト
結合: 1年前
投稿: 225
Yamachan11 - FacebookYamachan11 - Twitter
 

@aichm さん

外部の情報を取り込みと一括りに申し上げましたが、

mk2 さんが言われた外部フォント(Googleフォント)の取り込みも、アフリエイト広告も、その一部です。

 

外部情報は、様々な形で提供されており、

その中にもサイトの表示を遅くさせる(意図して遅くさせている訳でもないですが、)

広告などをきれいに見せるための装飾で、JavaScript動作や、jQuery の読み込みなども含まれているものも多く、これらが遅くさせる原因の一つになっています。

1.で挙げていただいたものについても、

 これらを複数のプラグインで制御(JavaScript動作や、jQuery の読み込みなどを制御)する方法もありますが、JavaScript動作についてよほど詳しくない限りは、使用するのはやめておいた方が良いかと。

思った次第です。

 

 


わいひら 件のいいね!
返信引用
わいひら
(@yhira)
メンバーサイト Admin
結合: 3年前
投稿: 11965
わいひら - Facebookわいひら - Twitter
 

こちらを見る限りテーマも古いような気がします。
https://aichmlife.com/wp-content/themes/cocoon-master/style.css

/*
Theme Name: Cocoon
Description: SEO・高速化・モバイルファースト最適化済みの無料テーマ。
Theme URI:  https://wp-cocoon.com/ 
Author: わいひら
Author URI:  https://nelog.jp/ 
Text Domain: cocoon
Version: 2.2.0.5
Requires at least: 5.3.0
Requires PHP: 5.6.0
Tags: two-columns, left-sidebar, right-sidebar
License: GNU General Public License
License URI:  http://www.gnu.org/licenses/gpl-2.0.html 
*/

PageSpeed Insightsの結果を見る限り、AdSense、Google Analyticsもが大きく影響しているようにも見えます。
後、Cocoonの高速化機能等は利用されていますか?


返信引用
aichm
(@aichm)
Active Memberサイト
結合: 9か月前
投稿: 11
Topic starter  

@yhira

わいひらさん

 

お忙しいところ調べて頂きありがとうございます!

見直してみたところ、テーマの更新と高速化機能使えてなかったので、先ほど以下のページを見ながら設定を変更してみたので様子をみたいと思います。

https://wp-cocoon.com/site-speed-up/

 

インスタやツイッターの埋め込みを使っているので、それも重くなる原因なんですかね…

アドセンスは使っていないのですが、アナリティクスは利用しているので、もしさらに速度をあげようと思った場合はプラグインを入れるしかないんですかね…?


返信引用
mk2
(@mk2_mk2)
メンバー Moderator
結合: 2か月前
投稿: 617
 

aichmさん

Instagram・Twitterは、外部サイトから情報を持ってきますから、PageSpeed Insightsの数字は間違いなく落ちると思います。

ただ、載せない訳にもいかないと思いますし、あまりPageSpeed Insightsの数字ばかりに気になさらなくても良いのではないかと、個人的には思います。

プラグイン、例えばページキャッシュのことでしょうか。

ページキャッシュはある程度有用だと思いますが、特にアクセス量が多いサイトでは有用なのではないかと。(少ないとあまり効果はないような気がします。)

キャッシュに関するトラブルもありますから、その部分はご理解の上でご使用になるのが良いと思います。

個人的には、1番は記事の内容だと思いますので、PageSpeed Insightsの数字はあくまでも1つの目安でしかないと思っています。
(問題を見つけるのは有用ではあるものの、どうしようもないこともありますから。)


わいひら 件のいいね!
返信引用
わいひら
(@yhira)
メンバーサイト Admin
結合: 3年前
投稿: 11965
わいひら - Facebookわいひら - Twitter
 
投稿者:: @aichm

アドセンスは使っていないのですが、アナリティクスは利用しているので、もしさらに速度をあげようと思った場合はプラグインを入れるしかないんですかね…?

プラグインを使ったとしてもそんな簡単ではないと思います。
というかよくわからないまま高速化プラグインを使うと、エラーなどが発生して逆効果となることも十分考えられます。
プラグインを利用する場合は、機能を十分理解した上で問題発見できる状態(知識・環境など)を整える必要があるなと思います。


返信引用

返信する

投稿者名

投稿者メールアドレス

タイトル *

許可された最大ファイルサイズ 5MB

 
プレビュー 0リビジョン 保存しました
共有:
スポンサーリンク
わいひらをフォローする
おすすめサーバー(コスパ・バックアップ重視型)

性能も兼ね備えながら安くブログ運営を開始できる点においてのNo.1。
それでいてブログ成長後は、十分すぎるほどのスペックアップ余力も担保されている。

◎安く始められる
◎LiteSpeedを用いた高速サーバー(完全SSD)
◎http/3(高速化プロトコル)に対応
◎東京・大阪でリージョン選択が可能
◎プランのアップ・ダウングレードが自由自在
◎同サービス内でドメイン管理が可能
◎ディスク容量が多い
◎転送量が多い
◎毎日無料バックアップ(14日分)
◎DBは14日以内なら無料自動復旧可能
◎ファイルも14日以内なら無料自動復旧可能
◎アダルト・出会い系サイト可
◎ドメインとサーバー代のチャージ払いが可能
○サーバ引っ越し依頼が可能(有料)

サービス運営期間:2年9ヶ月

1年以上の契約をする場合は、クーポンコード入力でさらに10%割引(※2021/6/30まで)。

クーポンコード:PK4JK4RJ

クーポンの使用方法はこちら

とにかく速い。サイトに表示スピードを求めるならココ。
管理画面がシンプルで使いやすい。

◎nginxを用いた高速サーバー(完全SSD)
◎プランのアップ・ダウングレードが自由自在
◎同サービス内でドメイン管理が可能
◎ディスク容量が多い
◎転送量が多い
○http/2(高速化プロトコル)に対応
◎毎日無料バックアップ(14日分)
◎DBは14日以内なら無料自動復旧可能
◎ファイルも14日以内なら無料自動復旧可能
◎サーバ引っ越しツールあり(無料)
○サーバ引っ越し依頼が可能(有料)
◎ドメインとサーバー代のチャージ払いが可能

サービス運営期間:2年7ヶ月

安定感抜群のサーバーです。あまり急激なアクセス変動がないアフィリエイトサイトに向いています。

◎nginxを用いた高速サーバー(完全SSD)
◎老舗サーバーなので安定感抜群
◎ディスク容量が多い
◎転送量が多い
◎同サービス内でドメイン管理が可能
○http/2(高速化プロトコル)に対応
○毎日無料バックアップ(14日分)
○DBは7日以内なら無料自動復旧可能
×ファイルは有料かつ手動での復旧
×プラン変更でCPUのスペックアップができない
×プラン変更しても即時反映されない
×アダルト・出会い系サイト不可

サービス運営期間:17年

常に新しいことに挑戦しているフロンティア精神あふるるレンタルサーバーです。
LiteSpeedやHTTP/2を日本で初めて導入したサーバー。

◎LiteSpeedを用いた高速サーバー(完全SSD)
◎http/3(高速化プロトコル)に対応
◎プランのアップ・ダウングレードが自由自在
◎同サービス内でドメイン管理が可能
◎転送量が多い
◎ディスク容量が多い
◎毎日無料バックアップ(14日分)
◎DBは14日以内なら無料自動復旧可能
○ファイルは14日以内なら無料復旧可能(※手動)
◎アダルト・出会い系サイト可
◎ドメインとサーバー代のチャージ払いが可能
○サーバ引っ越し依頼が可能(有料)

サービス運営期間:4年

格安な値段で始められる高機能サーバーです。
性能も備えつつ最安ならここ。
ただし少し機能は弱い。

◎LiteSpeedを用いた高速サーバー(完全SSD)
◎激安プランが用意してある
◎値段あたりのスペックが高い(コスパ良し)
◎サーバ引っ越し依頼が可能(無料)
◎アダルト・出会い系サイト可
○http/2(高速化プロトコル)に対応
△プランのアップは可能だがダウンは不可
△毎日自動バックアップ(1日分)
△前日のバックアップからのみ復元できる(無料)

サービス運営期間:5年

Cocoon
タイトルとURLをコピーしました