特典機能について

サイドバーにカスタムHTMLウィジェットで広告設置 | 不具合報告 | Cocoon フォーラム

サイト内検索
書き込みの前に以下の3点をご確認ください。
  1. 1つのトピックにつき1つの質問を書き込んでください
  2. 不具合・カスタマイズ対象ページのURLを提示高速化を無効にしてください
  3. 該当部分のキャプチャ・環境情報とともに書き込んでいただけると助かります

何を書き込んだら良いか分からない場合は、以下のテンプレートをコピペしてご利用ください。

不具合・カスタマイズ対象ページのURL:

相談内容:

解決のために試したこと:

※文字だけでは正しく伝わらない可能性があるため、スクショ画像の添付もお願いします。
※高速化設定をしている場合は無効にしてください。
環境情報:

※↑こちらに「Cocoon設定 → テーマ情報」にある「環境情報」を貼り付けてください。

環境情報の取得方法はこちら。
https://wp-cocoon.com/theme-report/
高速化設定を無効にするにはこちら。
https://wp-cocoon.com/theme-trouble/

フォーラム利用ガイドリンク

  1. フォーラムガイドライン
  2. よくある質問と答え(FAQ)
  3. サポート対象外のケース
  4. 原因不明の不具合用トラブルシューティング
  5. トピックにHTMLを貼り付ける方法(推奨ツール:notepad.pw
  6. 真っ白画面でのエラーメッセージの確認方法 
  7. ブラウザ環境チェックツール

フォーラム質問後、問題等が解決した場合は結果を書き込んでいただけると幸いです。同様の問題で調べている方には、結果が一番気になる部分となります。

また、問題の解決に至った場合には、トピック冒頭の「解決済み」リンクをクリックしていただけますと幸いです。

wpForoの解決済みリンク

また、有用な返信があった場合は「いいね!」リンクもご活用ください。返信者の励みになります。

wpForoのいいねリンク

「いいね!」機能はフォーラム登録者のみが利用できる機能です。

CC BY-ND 2.1)準じていれば(リンクを貼っていただければ)転載も自由です。カスタマイズ記事を書く際にコード等をコピペ利用していただいて構いません。

フォーラムの使い方がよくわからない場合は、テストトピックで自由にテストしていただいて構いません。

最近の書き込みはこちら。

詳細なカスタマイズ依頼をするならこちら。

スポンサーリンク
サイドバーにカスタムHTMLウィジェッ...
 
共有:
通知
すべてクリア

サイドバーにカスタムHTMLウィジェットで広告設置


Chico M
(@chico-m)
Trusted Memberサイト
結合: 4年前
投稿: 76
Chico M - FacebookChico M - TwitterChico M - Google+
Topic starter  

いつもお世話になっております。

サイドバーにカスタムHTMLウィジェットで、AdSenseの300x600の広告コードを設置しています。ページを表示した時、表示される広告は1つなのですが、ソースコードを見ると当該広告コードが2箇所に含まれています。

ChromeのPublisher Toolbarの方にも2つの広告コードが含まれており、広告リクエストが発行され配信されているステータスとなっています。

表示自体はされないようにテーマでなっているように思われます。仕様なのか不具合なのか不明ですが、気になっております。

以下、例としてURLを添付致します。

https://www.blogging-life.com/cocoon/cocoon-auto-ads-setting/


引用
わいひら
(@yhira)
メンバーサイト Admin
結合: 4年前
投稿: 13034
わいひら - Facebookわいひら - Twitter
 

HTMLウィジェットで広告を挿入しても2つコードが出力されるということはないような気がします(添付画像)。
他の、広告ウィジェットとかならまだわかるのですが。
HTMLウィジェット自体にそういった機能はつけてないです。


返信引用
Chico M
(@chico-m)
Trusted Memberサイト
結合: 4年前
投稿: 76
Chico M - FacebookChico M - TwitterChico M - Google+
Topic starter  

私の認識違い(勘違い)の可能性もあるのですが、ページのソースコードを表示すると、サイドバーのトップに設置したAdSenseのコードが2回出力されています。また、AdSenseのコードだけでなく、その下の検索や最近の投稿などの他のサイドバーウィジェットも2回コードとして表示されます。(テーマの造りとしてそうなっているのでしょうか?)

300x600 の広告コードは、一回目の登場は568行目です。

 


返信引用
Chico M
(@chico-m)
Trusted Memberサイト
結合: 4年前
投稿: 76
Chico M - FacebookChico M - TwitterChico M - Google+
Topic starter  

2つめは757行目からになります。その下に続いて、検索や最近の投稿ウィジェットのコードも同様に含まれています。


返信引用
Chico M
(@chico-m)
Trusted Memberサイト
結合: 4年前
投稿: 76
Chico M - FacebookChico M - TwitterChico M - Google+
Topic starter  

Chromeの拡張機能Google Publisher Toolbarで表示される表示ページの広告ユニットのステータスの中にも、300x600のLarge Skyscraperが2つあります。ウィジェットでは、サイドバートップに1つ設置の設定です。


返信引用
かうたっく
(@kautakku)
メンバーサイト Moderator
結合: 4年前
投稿: 4764
かうたっく - Facebook
 

横幅が狭くなって『スライドイン』が入るとき出力されますね。考慮された上でid属性を付けてないのかな?と思われますが…

サイドバーにアドセンスを置くとスライドインで広告が隠れそう…と思ってサイドバーにスマホ広告ウィジェットを置くのをやめました。←アドセンス的微妙かな?ってか、詳細を調べるのが面倒だったので^^;

1個目がPC用。id属性がないのがスマホスライドインみたいですね

もし300x600のLarge Skyscraperだとスマホビューでアドセンスならアウトっぽい気もします…


返信引用
Chico M
(@chico-m)
Trusted Memberサイト
結合: 4年前
投稿: 76
Chico M - FacebookChico M - TwitterChico M - Google+
Topic starter  

かうたっくさん、

『スライドイン』というのは、状況、内容から確かにその可能性が高いように思います。 ただし、ページ表示のウインドウが非常に広い(1800px以上)状態でも、同様の状態になります。現象はコンスタントに発生します。

スマホ端末で、300x600のコードは、スマートフォンでは出力されません。(ページソースにも含まれません。)WordPressの条件分岐でパソコン画面のみ表示を指定しているため、スマートフォンでのサイドバーには、Large Skyscraperは表示されない(スライドインの中では非表示になります)様になっています。そのため、AdSenseのポリシー違反にはならないはずです。


返信引用
わいひら
(@yhira)
メンバーサイト Admin
結合: 4年前
投稿: 13034
わいひら - Facebookわいひら - Twitter
 

なるほど、そっちの「2つ」ですか。
僕は「2つ連続」と勘違いしていました(実際2つ連続でコードがある仕様のパーツもあるので)。

実際、サイドバー部分は、スライドイン用にもう一つ出力されています。
Cocoonの広告ウィジェットを利用すれば、レスポンシブ広告ユニットは非表示にされます(アドセンスポリシー的にレスポンシブ広告ユニットのdisplay:noneは問題なかったはず)。
けれど、その他のウィジェットを利用している場合は、スライドインクサイドバーに表示もされると思います。
なので、HTMLウィジェットでスカイスクレイパー表示だと、確かにアウトだと思います。

そういったことも含めて、ウィジェット広告表示のアドセンスポリシーマネージメントは、ユーザー任せで自己責任とさせていただいています。これは、Simplicityの時からそうなんですが、完全にポリシー違反にならない使い方はテーマ側からは制御できず、ユーザーさんに任せるしかなくて^^;


返信引用
Chico M
(@chico-m)
Trusted Memberサイト
結合: 4年前
投稿: 76
Chico M - FacebookChico M - TwitterChico M - Google+
Topic starter  

お返事ありがとうございます。

実際、サイドバー部分は、スライドイン用にもう一つ出力されています。

お陰様で、スライド引用の出力だったということが確認できました。なぜなのだろうと思っていたので、すっきりしました。

カスタムHTMLでも、displaynoneで非表示にする場合、表示はされないのですが、広告リクエストは発行されます。そのため、Google Publisher Toolbarには非表示になっている広告ユニット(今回の場合Large Skyscraper)が含まれて表示されます。

おっしゃる通りレスポンシブ広告ユニットのdisplay:noneは、AdSenseポリシー上問題はありません。

そういったことも含めて、ウィジェット広告表示のアドセンスポリシーマネージメントは、ユーザー任せで自己責任とさせていただいています。これは、Simplicityの時からそうなんですが、完全にポリシー違反にならない使い方はテーマ側からは制御できず、ユーザーさんに任せるしかなくて^^;

至極妥当なお話だと思います。AdSenseの広告の掲載方法や管理は、ユーザー側の責任です。

モバイル端末でサイドバーをスライドインした時に、Large Skyscraperが表示される場合は、広告が大きすぎてポリシー違反となる可能性があります。しかし、今回の場合は、モバイル端末ではLarge Skyscraperの広告は出力もされていないので該当しません。

パソコン画面の表示で、display:noneで非表示となっているレスポンシブではない(Large Skyscraperの)広告ユニットがあることがポリシー上問題かどうかについては、確認が必要だと思います。(この場合、広告のサイズは関係がありません。)

恐らく、現在の状態でも問題はないと考えていますが、機会がある時にGoogleに問い合わせて確認する予定です。


返信引用
Chico M
(@chico-m)
Trusted Memberサイト
結合: 4年前
投稿: 76
Chico M - FacebookChico M - TwitterChico M - Google+
Topic starter  

念のため、サイドバーの広告設置をHTMLウィジェット(WP条件分岐タグでPCのみ表示を設定)からCocoonのPC用テキストウィジェットに変更してみましたが、状態は同じでした。

パソコン画面で通常非表示となっているスライドイン用のサイドバーに広告コードが含まれる仕様であるためだと思います。(広告コードが含まれることを、テーマで除外すべきであるという主旨ではありません。)

実用上は(全く)問題ありません。AdSenseポリシーでも大丈夫だと思っています。しかし、後日、念のため確認する予定です。


返信引用
かうたっく
(@kautakku)
メンバーサイト Moderator
結合: 4年前
投稿: 4764
かうたっく - Facebook
 

念のため、サイドバーの広告設置をHTMLウィジェット(WP条件分岐タグでPCのみ表示を設定)からCocoonのPC用テキストウィジェットに変更してみましたが、状態は同じでした。

分岐タグを使えるプラグインなしで、ウィジェットにPHPは書けなかったか反映しなかった記憶があり、Cocoonで使えるようになったの?と今チェックしてみました。

やっぱり分岐タグは反映しなくて、すべてのページに表示されるようです。

スマホ端末で、300x600のコードは、スマートフォンでは出力されません。(ページソースにも含まれません。)

良かったです!

それぞれ違反にならないよう気を付けなきゃですね^^


返信引用
Chico M
(@chico-m)
Trusted Memberサイト
結合: 4年前
投稿: 76
Chico M - FacebookChico M - TwitterChico M - Google+
Topic starter  

かうたっくさん、

こんばんは。メッセージありがとうございます。

ご参考までなのですが、運営するサイトでは、カスタムHTMLウィジェットの条件分岐タグはの設定は全て動作しています。(場合によって、条件分岐タグはかなり細かい設定をしたりしています。)

Simplicityの方では、ウィジェットだけではなく、他のプラグインや自作のプラグインでも条件分岐タグを使っていますが、全て動作しています。

(条件分岐タグを使う時は、CocoonやSimplicityでの設定と重複することがないようにはしてはいます。)


返信引用
かうたっく
(@kautakku)
メンバーサイト Moderator
結合: 4年前
投稿: 4764
かうたっく - Facebook
 

こんにちは^^

条件分岐タグを使う時は、CocoonやSimplicityでの設定と重複することがないようにはしてはいます。

書いたあと思ったんですが、singleページとして書いたからかも??って思いました^^;

ウィジェットに分岐タグを書ける機能、やっぱり存在したんですね。今特に使う予定はないですけど、凄い無料テーマが出たことにビックリしまくってます笑

教えてくださって(それからこのテーマを作ってくださり)ありがとうです^^


返信引用
わいひら
(@yhira)
メンバーサイト Admin
結合: 4年前
投稿: 13034
わいひら - Facebookわいひら - Twitter
 

カスタムHTMLでも、display:noneで非表示になっています。

そうでしたっけ(笑)大分前に作ったところなので、結構忘れています。

本当は、条件分岐で削除したいところなんですけど、それだと100%レスポンシブにはならないので悩みどころです。

パソコン画面の表示で、display:noneで非表示となっているレスポンシブではない(Large Skyscraperの)広告ユニットがあることがポリシー上問題かどうかについては、確認が必要だと思います。(この場合、広告のサイズは関係がありません。)

Cocoonが出力するものは、一応レスポンシブ広告ユニットのdata-ad-formatをverticalにしてスカイスクレイパー表示させていたと思う(うろ覚え)ので、大丈夫かなと思っているのですが、ちゃんと聞いた方が良いかもしれません。

自前でウィジェットで、スカイスクレイパーを貼り付けた場合は、確かにもう少し抵触レベルは上がるのでこれもちゃんときいたほうがいいかもしれませんね。悪質な使い方ではないと思うけど、結局Googleがどう判断するかですものね^^;


返信引用
Chico M
(@chico-m)
Trusted Memberサイト
結合: 4年前
投稿: 76
Chico M - FacebookChico M - TwitterChico M - Google+
Topic starter  

かうたっくさん、

お返事ありがとうございます。SimplicityやCocoonは、本当に至りつくせりなのですが、私の場合マニュアルで設置しているのに慣れてしまっているので、つい自分で設置したり、設定したくなる傾向があります。

SimplicityやCocoonのウィジェットを使う時は、ウィジェットの機能を使うようにしています。(自分では条件分岐を設定せず、ウィジェットの機能を使う)

自分で設定しても、SimplicityやCocoonは、本当に使いやすいと思うことが多々あります。

 

 

 

 


返信引用
Chico M
(@chico-m)
Trusted Memberサイト
結合: 4年前
投稿: 76
Chico M - FacebookChico M - TwitterChico M - Google+
Topic starter  

わいひらさん、

Cocoonが出力するものは、一応レスポンシブ広告ユニットのdata-ad-formatをverticalにしてスカイスクレイパー表示させていたと思う(うろ覚え)ので、大丈夫かなと思っているのですが、ちゃんと聞いた方が良いかもしれません。

おっしゃるその通りなのです。Cocoonが出力するのはレスポンシブ広告ユニットでdata-ad-formatのパラメーターをverticalにしているので、display:noneでも大丈夫だと思います。

禁止されているコードの改変方法:

display:none などを使用して広告ユニットを隠す(ただし、レスポンシブ広告ユニットを実装している場合を除く)

Cocoonは、パラメーターを変えています(こちらも許可されたコードの改変)が、レスポンシブ広告ユニットであるので大丈夫と認識しています。

後日、Googleに確認する予定です。

尚、Large Skyscraperをサイドバーに設置したことが起因しているのか不明なのですが1週間弱前からサイトのAdSenseの一致率(Coverage)が下がり、広告が表示されないことが増えてきています。

AdSenseは、昨年ごろからシステムで広告配信を細かく制御する傾向が強くなっています。ポリシー違反として処分を受けなくても、広告配信を制限されたりすることが起きるようになっています。

心配なので、一旦、サイドバーのLarge Skyscraperは削除しました。

システムから見て、グレー要素や好ましくない設置をしている場合も注意が必要なこともあるので、気を付けるようにしています。

Cocoonの設定を使って広告表示をしている分には基本的に大丈夫だと思います。(問題ないです。)

 

 


返信引用
Chico M
(@chico-m)
Trusted Memberサイト
結合: 4年前
投稿: 76
Chico M - FacebookChico M - TwitterChico M - Google+
Topic starter  

AdSensen広告掲載に関するポリシーのリンクを貼り忘れていました。

https://support.google.com/adsense/answer/1354736?hl=ja

display:none などを使用して広告ユニットを隠す(ただし、レスポンシブ広告ユニットを実装している場合を除く)


返信引用
わいひら
(@yhira)
メンバーサイト Admin
結合: 4年前
投稿: 13034
わいひら - Facebookわいひら - Twitter
 

そう、広告部分作成当時その記述を根拠にdisplay:none出来るようにテーマが出力するものはすべてレスポンシブユニット表示にしました。

このトピックをでもありっている方で、テーマが出力するコード以外でAdSense広告を設定する場合はアドセンスポリシーにお気をつけください。

Cocoonでは、Simplicityと比べて、広告設定の自由度が高い代わりに、下手な設定をするとアドセンスポリシー違反になりやすいかもしれない作りになっています。

Simplicityを使っていても、ポリシー違反になる時はなるのですが。


返信引用
共有:
スポンサーリンク
SWELLと業務提携しています
WordPressテーマSWELL
わいひらをフォローする
おすすめサーバー(コスパ・バックアップ重視型)

性能も兼ね備えながら安くブログ運営を開始できる点においてのNo.1。
それでいてブログ成長後は、十分すぎるほどのスペックアップ余力も担保されている。

◎安く始められる
◎LiteSpeedを用いた高速サーバー(完全SSD)
◎http/3(高速化プロトコル)に対応
◎東京・大阪でリージョン選択が可能
◎プランのアップ・ダウングレードが自由自在
◎同サービス内でドメイン管理が可能
◎ディスク容量が多い
◎転送量が多い
◎毎日無料バックアップ(14日分)
◎DBは14日以内なら無料自動復旧可能
◎ファイルも14日以内なら無料自動復旧可能
◎アダルト・出会い系サイト可
◎ドメインとサーバー代のチャージ払いが可能
○サーバ引っ越し依頼が可能(有料)

サービス運営期間:3年

1年以上の契約をする場合は、クーポンコード入力でさらに50%割引キャンペーン中!
※BOX2 ~ BOX8プラン契約の場合

クーポンコード:PK4JK4RJ

クーポンの使用方法はこちら

安定感抜群のサーバーです。あまり急激なアクセス変動がないアフィリエイトサイトに向いています。

◎nginxを用いた高速サーバー(完全SSD)
◎老舗サーバーなので安定感抜群
◎ディスク容量が多い
◎転送量が多い
◎同サービス内でドメイン管理が可能
○http/2(高速化プロトコル)に対応
○毎日無料バックアップ(14日分)
◎DBは14日以内なら無料自動復旧可能
○ファイルは7日以内なら無料自動復旧可能
×プラン変更でCPUのスペックアップができない
×プラン変更しても即時反映されない
×アダルト・出会い系サイト不可

サービス運営期間:18年

とにかく速い。サイトに表示スピードを求めるならココ。
管理画面がシンプルで使いやすい。

◎nginxを用いた高速サーバー(完全SSD)
◎プランのアップ・ダウングレードが自由自在
◎同サービス内でドメイン管理が可能
◎ディスク容量が多い
◎転送量が多い
○http/2(高速化プロトコル)に対応
◎毎日無料バックアップ(14日分)
×DBは手動で復旧(データ取得は無料)
×ファイルも手動で復旧(データ取得は無料)
◎サーバ引っ越しツールあり(無料)
○サーバ引っ越し依頼が可能(有料)
◎ドメインとサーバー代のチャージ払いが可能

サービス運営期間:3年

常に新しいことに挑戦しているフロンティア精神あふるるレンタルサーバーです。
LiteSpeedやHTTP/2を日本で初めて導入したサーバー。

◎LiteSpeedを用いた高速サーバー(完全SSD)
◎http/3(高速化プロトコル)に対応
◎プランのアップ・ダウングレードが自由自在
◎同サービス内でドメイン管理が可能
◎転送量が多い
◎ディスク容量が多い
◎毎日無料バックアップ(14日分)
◎DBは14日以内なら無料自動復旧可能
×ファイルは手動復旧(データ取得は無料)
◎アダルト・出会い系サイト可
◎ドメインとサーバー代のチャージ払いが可能
○サーバ引っ越し依頼が可能(有料)

サービス運営期間:5年

格安な値段で始められる高機能サーバーです。
性能も備えつつ最安ならここ。
ただし少し機能は弱い。

◎LiteSpeedを用いた高速サーバー(完全SSD)
◎激安プランが用意してある
◎値段あたりのスペックが高い(コスパ良し)
◎サーバ引っ越し依頼が可能(無料)
◎アダルト・出会い系サイト可
○http/2(高速化プロトコル)に対応
△プランのアップは可能だがダウンは不可
△毎日自動バックアップ(1日分)
△前日のバックアップからのみ復元できる(無料)

サービス運営期間:6年

Cocoon
タイトルとURLをコピーしました