現在デフォルトスキンとして「 Fuwari -海老茶(えびちゃ)- 」を適用中。

Googleでの検索について | ブログ相談 | Cocoon フォーラム

書き込みの前に以下の3点をご確認ください。
  1. 1つのトピックにつき1つの質問を書き込んでください
  2. 不具合・カスタマイズ対象ページのURLを提示してください
  3. 該当部分のキャプチャ・環境情報とともに書き込んでいただけると助かります

フォーラム利用ガイドリンク

  1. フォーラムガイドライン
  2. よくある質問と答え(FAQ)
  3. サポート対象外のケース
  4. 原因不明の不具合用トラブルシューティング
  5. トピックにHTMLを貼り付ける方法(推奨ツール:notepad.pw
  6. 真っ白画面でのエラーメッセージの確認方法 
  7. ブラウザ環境チェックツール

フォーラムの内容は、CCライセンス(CC BY-ND 2.1)準じていれば(リンクを貼っていただければ)転載も自由です。カスタマイズ記事を書く際にコード等をコピペ利用していただいて構いません。

フォーラムの使い方がよくわからない場合は、テストトピックで自由にテストしていただいて構いません。

フォーラムのTwitterアカウント(@CocoonForum)はこちら

スポンサーリンク
Share:

[解決済] Googleでの検索について  

  RSS

kuma
 kuma
(@kuma)
ゲスト
参加: 6か月 前
投稿: 84
2019年3月3日 11:08  

こんにちは。ここの皆さんのおかげでブログがある程度完成し、修正しつつも記事を少しずつ書いていこうと思っているところです。

そこで、検索結果?SEO?について少しアドバイスをいただけるとうれしいです。

先日、 https://avilery.com/table-lamp-r2-c3001-1-review/ をインデックスしました。

SEOタイトルは、

ニトリのテーブルランプが安くてオシャレで読書にぴったりだった!

メタディスクリプションは、

オシャレなニトリのテーブルランプ『R2 C3000-1』のレビュー。暖色と寒色の中間のような光で、ベッドの中での読書、暗いところでのPC作業、映画鑑賞などが捗ります。部屋をレイアウトする家具としてはオシャレな雰囲気を醸し出す最高の商品だと思います。

とそれぞれ設定しています。

google chromeをつかって、どんなワードで検索結果に表示されるのかと確かめると、「ニトリ テーブルランプ R2 C3000-1」で確認することができました。

しかし、「ニトリ  R2 C3000-1 レビュー」や「ニトリ R2 C3000-1」、「R2 C3000-1 レビュー」、また商品名を半角にした「ニトリ テーブルランプ r2 c3000-1」では検索ワードには出てくれません。

上位にでないという意味ではなく、最後まで検索結果をページ送りしてもでませんし、「ここから再検索してください。」を押してもでてきません。そして、なぜか画像検索一覧にはブログ内の画像が表示されています。

これってそういうものなのでしょうか。それとも、画像検索にでてくるということは、時間が経てば「すべて」の検索でも表示されるようになるのでしょうか。

また、「 ニトリ テーブルランプ R2 C3000-1」の検索結果にでたタイトルの下の説明欄がメタディスクリプションの記述ではなく、H2の見出し以下の本文になっています。(画像参照)

これもそういうものなのでしょうか?

原因として、同じような記事を一度あげてそれを削除してまたあげなおしたり、サイト構築の段階でFTPでいろいろいじったのが考えられて、なんだか不安になってしまいます。よくわからないので経験者の方のお言葉がほしいです。

よろしくお願いします。

This topic was modified 5か月 前 by わいひら

未解決
たなかま
(@tanakama)
Estimable Memberサイト
参加: 1年 前
投稿: 207
2019年3月3日 16:40  

こんにちは。

google chromeをつかって、どんなワードで検索結果に表示されるのかと確かめると、「ニトリ テーブルランプ R2 C3000-1」で確認することができました。

検索結果にどのワードで表示されているかは、Search Consoleの検索パフォーマンスで調べると確実で簡単です。

しかし、「ニトリ  R2 C3000-1 レビュー」や「ニトリ R2 C3000-1」、「R2 C3000-1 レビュー」、また商品名を半角にした「ニトリ テーブルランプ r2 c3000-1」では検索ワードには出てくれません。

これはよくあります。基本的には、一番検索されそうなワードを使うのが良いです。小手先のテクニックではありますが、同義語は本文で混ぜるという手もあります。

これってそういうものなのでしょうか。それとも、画像検索にでてくるということは、時間が経てば「すべて」の検索でも表示されるようになるのでしょうか。

時間が経てば出るようになることもあれば、サイトの信頼性に影響されることもあります。Search Consoleの検索パフォーマンスでチャックしながら待って見ても良いと思います。

また、「 ニトリ テーブルランプ R2 C3000-1」の検索結果にでたタイトルの下の説明欄がメタディスクリプションの記述ではなく、H2の見出し以下の本文になっています。(画像参照)

これはリッチリザルトというものです。目次などでアンカーリンクがあると、出やすくなります。その際には、見出し直下の文章がディスクリプションの代わりに出てきます。そのため見出し直下の文章は、その見出し全体の内容を説明するような文章を書くと良いと思います。

原因として、同じような記事を一度あげてそれを削除してまたあげなおしたり、サイト構築の段階でFTPでいろいろいじったのが考えられて、なんだか不安になってしまいます。

ほぼ同じ記事をアップしなおすときは、できれば同じURLにした方がベストです。今回の件では、それほど気にしなくて良いと思います。

 


わいひら 件のいいね!
kuma
 kuma
(@kuma)
ゲスト
参加: 6か月 前
投稿: 84
2019年3月4日 07:50  

たなかまさん、ご丁寧にありがとうございます。Search Consoleの使い方がいまいち分からず、google as fetch的な使い方しかできていません。勉強します。

基本的には、一番検索されそうなワードを使うのがいいです。

というのは「SEOタイトル、見出し1に」という意味でしょうか?
検索に引っかかってほしいワードはメタディスクリプションに書けばとりあえずは検索に引っ掛けると思っていました。
また、「サイトの信頼性」というのは基本的にどのようにすればあがるのでしょうか?
よくあることのようなので、少し安心しました。
こういった経験者の方のアドバイスは本当に力になります。いつもありがとうございます。


たなかま
(@tanakama)
Estimable Memberサイト
参加: 1年 前
投稿: 207
2019年3月4日 10:45  

というのは「SEOタイトル、見出し1に」という意味でしょうか?

これはケースバイケースですが、本文中に使う単語のことです。

タイトルにR2 C3000-1を入れなくて大丈夫です。(すでにR2 C3000-1で検索結果に出ているので)

例えば「スマホ」「スマートフォン」でしたら、「スマホ」を検索入力する人が一番多いので、本文もスマホをメインに使って、時々「スマートフォン」を混ぜるぐらいで、良いと思います。といっても、同義語がGoogleに認識されていれば、あまり気にしなくて良いと思います。

今回のように全角だけの単語が出ている場合は、本文内に半角も混ぜると良いと思います。(小手先テクニックではありますが)

同義語なら時間が経てばGoogleが理解してくれそうですが、そうでない場合は上記のようなテクニックを混ぜるのが良いと思います。

 

検索に引っかかってほしいワードはメタディスクリプションに書けばとりあえずは検索に引っ掛けると思っていました。

メタディスクリプションは、ランク要因ではないので、その中に書いても検索に引っ掛かるとは限りませんね。以下をご参考ください。

https://webtan.impress.co.jp/e/2016/01/22/21996/page/1

 

また、「サイトの信頼性」というのは基本的にどのようにすればあがるのでしょうか?

Googleの公式見解にはないですが、一般的にみんなが言うドメインパワーとかドメインオーソリティというものです。公開されていないので何とも言えませんが、いろいろなサイトから自然にリンクを貼られることで、いろんなキーワードからの検索流入が増えます。リンクの売買や自演リンクなどは違反になるので、役に立つ独自の記事を書くしかないと思います。

余談ですがFetch as Googleは、通常の更新では使わなくて大丈夫です。サイトマップがあれば十分です。


わいひら 件のいいね!
kuma
 kuma
(@kuma)
ゲスト
参加: 6か月 前
投稿: 84
2019年3月5日 17:43  

たなかまさん、ありがとうございます。

本文に、という意味ですね。

R2 C3000-1は、タイトルにいれてしまったのですが、今後記事が増えていく際に、ユーザビリティ的にあった方がいいと思うので、そのままにしておきます。

メタディスクリプションの詳しい説明ありがとうございます。リンク先も読みました。

大きく勘違いしていた部分があったので、はじめの方の段高いで理解できてよかったです。

役に立つ情報…

なかなか難しそうですが地道にやっていこうと思います。

いろいろと心配していたのですがとても安心しました。詳しいアドバイスをしていただきありがとうございました。


わいひら 件のいいね!
たなかま
(@tanakama)
Estimable Memberサイト
参加: 1年 前
投稿: 207
2019年3月5日 18:23  

ごめんなさい、以下のは勘違いしていました。

本文に、という意味ですね。

R2 C3000-1は、タイトルにいれてしまったのですが、今後記事が増えていく際に、ユーザビリティ的にあった方がいいと思うので、そのままにしておきます。

タイトルというのは記事タイトルだと思っていましたが、見出しタイトルですね。

見出しタイトルであれば、今回の件では入れた方が良いです。

見出しに全角のR2 C3000-1を入れているなら、その下の本文は半角でR2 C3000-1を1つでも入れておくと良いでしょう。(どちらかしか検索にでないのであれば)

 


わいひら 件のいいね!
Share:
スポンサーリンク
わいひらをフォローする
おすすめサーバ

性能も兼ね備えながら安くブログ運営を開始したいのであればここ1択。

◎LiteSpeedを用いた高速サーバー(完全SSD)
◎http/2・QUIC(高速化プロトコル)に対応
◎東京・大阪でリージョン選択が可能
◎プランのアップ・ダウングレードが自由自在
◎同サービス内でドメイン管理が可能
◎転送量が多い
◎毎日無料バックアップ(14日分)
◎復元ポイントを指定して復旧可能(無料)
◎アダルト・出会い系サイト可
◎ドメインとサーバー代のチャージ払いが可能
○サーバ引っ越しオプションあり(有料)
△新しいサービスなので運営櫪がまだ短い
サービス運営期間:11ヶ月

「12ヶ月」「24ヶ月」「36ヶ月」契約をする場合は、クーポンコード入力でさらに10%割引(※2019/12/31まで)。

クーポンコード:PK4JK4RJ

クーポンの使用方法はこちら

プラン変更で負荷対策が行えるので、ブログ向きのレンタルサーバーです。

◎LiteSpeedを用いた高速サーバー(完全SSD)
◎http/2・QUIC(高速化プロトコル)に対応
◎プランのアップ・ダウングレードが自由自在
◎転送量が多い
◎毎日無料バックアップ(14日分)
◎復元ポイントを指定して復旧可能(無料)
◎アダルト・出会い系サイト可
○サーバ引っ越しオプションあり(有料)
○サーバー料金をチャージ払いが可能
サービス運営期間:2年11ヶ月

安定感抜群のサーバーです。あまり急激なアクセス変動がないアフィリエイトサイトに向いています。

◎nginxを用いた高速サーバー(完全SSD)
◎老舗サーバーなので安定感抜群
◎ディスク容量が多い
◎転送量が多い
◎同サービス内でドメイン管理が可能
○http/2(高速化プロトコル)に対応
○毎日無料バックアップ(14日分)
△DBは7日分だけ無料復旧可能(ファイルは有料)
×プラン変更でCPUのスペックアップができない
×プラン変更しても即時反映されない
×アダルト・出会い系サイト不可
サービス運営期間:15年

とにかく速い。サイトに表示スピードを求めるならココ。

◎nginxを用いた高速サーバー(完全SSD)
◎プランのアップ・ダウングレードが自由自在
◎ディスク容量が多い
◎転送量が多い
○http/2(高速化プロトコル)に対応
○毎日無料バックアップ(14日分)
○DB復旧は無料(ファイルは有料)
○サーバ引っ越しツールあり
○サーバー料金をチャージ払いが可能
△新しいサービスなので運営櫪がまだ短い
サービス運営期間:9ヶ月

格安な値段で始められる高機能サーバーです。
性能も備えつつ最安ならここ。
サイトを続けるうちにアクセスが増えれば、プランのアップグレートで対応可能です。

◎LiteSpeedを用いた高速サーバー(完全SSD)
◎激安プランが用意してある
◎値段あたりのスペックが高い(コスパ良し)
◎サーバ引っ越しオプションあり(無料)
◎アダルト・出会い系サイト可
○http/2(高速化プロトコル)に対応
△プランのアップは可能だがダウンは不可
△毎日自動バックアップ(1日分)
△前日のバックアップからのみ復元できる(無料)
サービス運営期間:3年

Cocoon
  
動作中

ログイン または 登録 してください

タイトルとURLをコピーしました