サイドバーでスキン動作を確認できます。

AMPページの、クリックされたリンクテキストの計測について | ブログ相談 | Cocoon フォーラム

書き込みの前に以下の3点をご確認ください。

  1. 1つのトピックにつき1つの質問を書き込んでください
  2. 不具合・カスタマイズ対象ページのURLを提示してください
  3. 該当部分のキャプチャ環境情報とともに書き込んでいただけると助かります

フォーラム利用ガイドリンク

  1. フォーラムガイドライン
  2. よくある質問と答え(FAQ)
  3. サポート対象外のケース
  4. 原因不明の不具合用トラブルシューティング
  5. トピックにHTMLを貼り付ける方法(推奨ツール:notepad.pw
  6. 真っ白画面でのエラーメッセージの確認方法 
  7. ブラウザ環境チェックツール

フォーラムの内容は、CCライセンス(CC BY-ND 2.1)準じていれば(リンクを貼っていただければ)転載も自由です。カスタマイズ記事を書く際にコード等をコピペ利用していただいて構いません。

フォーラムの使い方がよくわからない場合は、テストトピックで自由にテストしていただいて構いません。

フォーラムのTwitterアカウント(@CocoonForum)はこちら

スポンサーリンク
AMPページの、クリックされたリンクテ...
 
Share:

AMPページの、クリックされたリンクテキストの計測について  

  RSS

サスケ
 サスケ
(@サスケ)
ゲスト
参加: 2か月 前
投稿: 2
2019年2月5日 23:39  

https://www.naenote.net/entry/amp-gtm-link-click

この記事を読んでみましたが、初心者のわたしにはまったく理解できませんでした。

どのテキストリンクをクリックされたのかを計測するためには、どのようにすればよろしいのでしょうか?

よろしくお願いします。


引用解決済
たなかま
(@tanakama)
Estimable Memberサイト
参加: 1年 前
投稿: 203
2019年2月6日 15:30  

こんにちは。

ご提示いただいたURLは、AMPでもGoogleタグマネージャ(以下GTM)でクリック計測ができるという上級者向けの記事だと思います。(通常はできないんですね)

GTM自体、初心者には難しいので、まずは以下などからGTMの基本を学ばれるのが良いと思いますよ。

https://webtan.impress.co.jp/l/9309

というのも、プレビューでの確認方法など基礎を知らないままだと、GTM解説の記事通りにしても上手く実装できない場合があります。

その上で「gtm クリック 計測」などで検索していただき、計測の解説記事から設定するのが良いと思います。

また、クリック計測は内部リンク・外部リンクに分けないと、データを見てもサイト改善に繋ぐのは難しいかもしれないですね。

GTMが難しい場合、内部リンクだけでしたらChromeのPage Analyticsアドオンで、ざっとしたクリック率を計測できます。

http://www.atmarkit.co.jp/ait/articles/1611/11/news031.html

ただし、このアドオンだと「どの部分のリンクがクリックされているか?」が分からないので、個人的には微妙です。

本格的に計測する場合は、やはりGTMを学ばれるのが一番かと思います。


わいひら 件のいいね!
返信引用
サスケ
 サスケ
(@サスケ)
ゲスト
参加: 2か月 前
投稿: 2
2019年2月6日 20:02  

たなかまさん、こんにちは。返信ありがとうございます。

通常ページは、タグマネージャーでのクリック計測はできています。

そして、jetpackの統計情報のクリック数のところも、AMPページは計測されません。

そのため、どちらも1日のAmazonのクリック数が1000だとすると、Amazonアソシエイトのほうのクリック数は2500ほどで、2.5倍くらいになっています。

つまり、1.5倍の部分がAMPページのリンクをクリックされた回数だと思うのですが、AMPページのどこをクリックされたのかということを知りたいのです。

自分なりに調べてみたのですが、記事数が圧倒的に少ないです。それに、むずかしすぎて、わたしでは理解できませんでした……。


返信引用
わいひら
(@yhira)
メンバーサイト Admin
参加: 1年 前
投稿: 4512
2019年2月6日 20:40  

NAEさんのページでも、詳しく説明されていますが、これ以上に誰にでもわかるように書くというのは難しいです。
誰にでもわかるように説明するには、NAEさんの記事の何倍もの説明が必要でしょう。書くにしても何時間、何十時間かかるかわかりません。
申しわけないですが、無料テーマのサポートでは、そこまでの時間は取れないです。


返信引用

返信する


許可された最大ファイルサイズ 2MB

 
Share:
スポンサーリンク
わいひらをフォローする
おすすめサーバ
mixhost

プラン変更で負荷対策が行えるので、ブログ向きのレンタルサーバーです。

◎LiteSpeedを用いた高速サーバー(完全SSD)
◎http/2・QUIC(高速化プロトコル)に対応
◎プランのアップ・ダウングレードが自由自在
◎転送量が多い
◎毎日無料バックアップ(14日分)
◎復元ポイントを指定して復旧可能(無料)
◎アダルト・出会い系サイト可
○サーバ引っ越しオプションあり(有料)
○サーバー料金をチャージ払いが可能
サービス運営期間:2年8ヶ月

性能も兼ね備えながら安くブログ運営を開始したいのであればここ1択。

◎LiteSpeedを用いた高速サーバー(完全SSD)
◎http/2・QUIC(高速化プロトコル)に対応
◎東京・大阪でリージョン選択が可能
◎プランのアップ・ダウングレードが自由自在
◎同サービス内でドメイン管理が可能
◎転送量が多い
◎毎日無料バックアップ(14日分)
◎復元ポイントを指定して復旧可能(無料)
◎アダルト・出会い系サイト可
◎ドメインとサーバー代のチャージ払いが可能
○サーバ引っ越しオプションあり(有料)
△新しいのでサービス運営櫪がまだ短い
サービス運営期間:8ヶ月

安定感抜群のサーバーです。あまり急激なアクセス変動がないアフィリエイトサイトに向いています。

◎nginxを用いた高速サーバー(完全SSD)
◎老舗サーバーなので安定感抜群
◎ディスク容量が多い
◎転送量が多い
◎同サービス内でドメイン管理が可能
○http/2(高速化プロトコル)に対応
○毎日無料バックアップ(14日分)
△DBは7日分だけ無料復旧可能(ファイルは有料)
×プラン変更でCPUのスペックアップができない
×プラン変更しても即時反映されない
×アダルト・出会い系サイト不可
サービス運営期間:15年

格安な値段で始められる高機能サーバーです。
性能も備えつつ最安ならここ。
サイトを続けるうちにアクセスが増えれば、プランのアップグレートで対応可能です。

◎LiteSpeedを用いた高速サーバー(完全SSD)
◎激安プランが用意してある
◎値段あたりのスペックが高い(コスパ良し)
◎サーバ引っ越しオプションあり(無料)
◎アダルト・出会い系サイト可
○http/2(高速化プロトコル)に対応
△プランのアップは可能だがダウンは不可
△毎日自動バックアップ(1日分)
△前日のバックアップからのみ復元できる(無料)
サービス運営期間:3年

Cocoon
  
動作中

ログイン または 登録 してください

タイトルとURLをコピーしました